ベッキー(1984年3月6日 - )は、日本のタレント、女優、歌手である。歌手活動時の名義は「ベッキー♪♯」である。 神奈川県川崎市出身。亜細亜大学経営学部卒業。GATE所属。AB型。夫は元プロ野球選手でプロ野球指導者の片岡治大。 14歳の時に参加した下着モデルのオーディションで審査員をしていたサ…
48キロバイト (5,154 語) - 2023年5月14日 (日) 11:10
自分から声かけて和やかな雰囲気作ればいいんじゃないかな。大人なんだから。

1 ネギうどん ★ :2023/05/19(金) 15:05:04.81ID:kKvx+yC89
タレント、ベッキー(39)が17日、日本テレビ系「上田と女が吠える夜」(水曜後9・0)に出演。日本のバラエティー業界に苦言を呈した。

番組では後ろ向きすぎて生きづらいネガティブ女子が集合。収録の失敗を引きずるといったトーク内容でベッキーは「私、ちょっと日本のバラエティー業界に言いたいことがあるんですけど」と切り出し、「スタッフさんが収録終わった後、冷たすぎる」と物申した。

収録が終わるとスタッフは「お疲れっした」「ありがとうございました」という言葉であっさり終わるとし、出演者に対して「もっと褒めてくれないと!」と指摘。失敗や反省などネガティブを収録後に引きずらないためにも、「収録終わって円陣組んで、(スタッフが)『今日最高でしたよ!皆さん』って」と締めの挨拶を提案したが、MCのくりぃむしちゅーの上田晋也(52)は「俺、そんな現場、絶対嫌だ!うっとおしいわ」と拒絶。

なおも「やってほしいー」と食い下がるベッキーに、出演していた大久保佳代子(51)は「ベッキー、私たちなんて代わりがいっぱいいるわけよ。使い捨てなのよタレントなんて。だから、そんないちいち褒めることなんてない!」とピシャリ。辛らつな言葉にベッキーは「あぁ…」とショックを隠せず、上田はこの収録もベッキーが引きずらないように「忘れてベッキー!とりあえずマネージャーさんに大久保と共演NGって言っときな。精神衛生上悪いから」とフォローした。

https://www.sanspo.com/article/20230518-3Z6DHVPWKZGHFDZ2KAJCNDNKBM/

【ベッキー バラエティー番組に不満 「スタッフさんの対応が冷たい」】の続きを読む


プロジェクト ジャニーズ 株式会社ジャニーズ事務所ジャニーズじむしょ、英: Johnny & Associates, Inc.)は、日本の芸能プロダクション。 1975年1月23日に東京都港区六本木にて「株式会社ジャニーズ事務所」がジャニー喜多川(本名 喜多川擴)によって設立される。…
175キロバイト (19,770 語) - 2023年5月16日 (火) 10:59
日本放送協会 > NHKの放送波 > 国内向け放送/NHKのテレビ放送 > NHK総合テレビジョン NHK総合テレビジョン(エヌエイチケイ そうごう テレビジョン)は、日本放送協会(NHK)による地上基幹放送の一種別のテレビジョン放送で国内放送でもある。 通称はNHK
89キロバイト (10,001 語) - 2023年4月28日 (金) 08:50
被害者でもそうじゃなくてもタレントまで出さないってのは気の毒だと思います。風通しの悪い社風を改善してメディアも変わらなければなんともならない気がします。

1 ネギうどん ★ :2023/05/19(金) 10:33:11.20ID:lk+/Bp9A9
 ジャニーズ事務所の故ジャニー喜多川前社長の性加害疑惑について、17日にNHK総合テレビで放送されたニュース・報道ドキュメンタリー番組「クローズアップ現代(クロ現)」が「誰も助けてくれなかった 告白・ジャニーズと性加害問題」として被害者の元所属タレントによる顔出しの証言などを報道した。

 当初は別の内容を放送予定だったが、予定を変更して放送することを16日に番組の公式ツイッターで告知した。

 番組冒頭のVTRでは、3月に英の公共放送・BBCが特集番組で報じ、4月には日本外国特派員協会で歌手の元所属タレント、カウアン・オカモトが被害を受けたと証言したことを紹介。14日に同事務所の藤島ジュリー景子社長が公式サイトで謝罪したことも伝えた。

 ​>>ひろゆき、ジャニー氏報道の事務所対応に「知らなかったと言い続ける簡単なお仕事」NHK報道にも言及

【NHK ジャニーズ性加害問題に忖度ナシ?  所属タレントの紅白出場は?】の続きを読む


大河ドラマ > どうする家康どうする家康』(どうするいえやす)は、2023年(令和5年)1月8日から放送されているNHK大河ドラマ第62作。徳川家康の生涯を新たな視点で描く。 2021年(令和3年)1月19日、原案・脚本は古沢良太、主演は松本潤と発表された。 2022年6月5日、愛知県内でクランクイン。…
85キロバイト (11,701 語) - 2023年5月16日 (火) 14:48
見せ方が悪いと言う意見がありますがその通りで作品としてちゃんと出来てるかどうかですね。これは令和版の徳川史観だと思って見ています。

1 ネギうどん ★ :2023/05/16(火) 09:50:56.57ID:a5Yx+1HL9
 戦国武将には気が休まるときがなかった。奪うか奪われるか、*か*れるか、いつも紙一重の状況に置かれ、ひとつの判断ミスが文字どおり命とりになった。だから、常に情実を排除した冷静な判断が求められ、キレイごとをいっている余裕などなかった。

 むろん家臣たちも、正しい判断を重ねられない主人に仕えて一緒に滅ぶのはいやだから、主人に判断力がなければすぐに離れた。また、すぐれた武将ほど、家臣の力量や人間性をシビアに評価した。天下をねらうほどの名将であれば、人を見る目も一級だった。

 ところが、NHK大河ドラマ「どうする家康」では、徳川家康(松本潤)は情にほだされてばかりで、ほかの武将たちも、よくいえばエッジが立ち、厳しくいえば、一面的なキャラクターでわかりやすく描かれすぎている。

 感情の起伏を誇張したほうがドラマとして描きやすい、という事情はわかる。だが、その結果、歴史への理解どころか誤解を促してしまうとしたら、いかがなものだろうか。

<略>

秀吉も光秀もキャラクターが一面的すぎる

 同様のこと、すなわちキャラクターの極端な単純化は、ほかの登場人物の描き方にも指摘できる。たとえば、周囲のだれもがわかる体で信長に露骨に媚びを売る、ムロツヨシ演じる木下秀吉(のちの豊臣秀吉)である。

 朝倉を討つために越前(福井県)の金ヶ崎にいた織田信長は、浅井の裏切りを知って急いで逃げ、しんがりを秀吉に託す。なんとか役目を果たして京都に帰った秀吉は、家康が見ている前で額に鉢巻を巻き、それを木の実で赤く染め水で濡らし、這う這うの体で帰ったように見せかけて信長に面会した。

 秀吉はいつもこのように描かれているが、コバンザメのように主君だけを見て周囲を顧みない人物が、家臣を厳しい目で見て、信賞必罰を貫いた信長のお眼鏡にかなったはずがない。周囲を惹きつけて天下をとることもできなかっただろう。

 明智光秀(酒向芳)も同様で、ひたすら陰湿で嫌味っぽい人物に描かれている。 第14話「金ヶ崎でどうする!」では、家康が重臣とともに信長に、浅井が裏切った可能性を打診した際には、「戦には流言が飛び交うもの」「三河者は臆病にすぎる。足手まといにならぬといいが」と、家康に嫌味を言う。

 だが、以前は足利義昭に仕えていた光秀は、信長の家臣としては新参者なのに、うなぎ上りの出世を遂げた人物だ。このように外れたことばかり言っていたら、信長が登用したはずもなく、その後、出世を遂げたわけもない。

あの光秀に本能寺の変は起こせない
 脚本家の古沢良太は『コンフィデンスマンJP』と同じ感覚で、戦国武将たちのキャラクターを設定したのだろうか。詐欺師の世界を描いたコメディなら、人物のキャラクターは一面的なほうがおもしろく描けるかもしれない。

 しかし、当時の信長や家康、その周囲にいた人たちは、生き馬の目を抜くような連中ばかりのなかで生き残ってきた人物である。みなしたたかで、冷静で、複雑だったはずで、人前で簡単に馬脚を現さなかったと思われる。

 たとえば、昨年の『鎌倉殿の13人』では、主役の北条義時は冷徹に判断して人を*ながら、心に負の感情を積み重ね、私情を*て鎌倉のために働きながら、私情とのせめぎ合いに苦しむ、複雑な人物に描かれていた。

 残念ながら、『どうする家康』の登場人物は、いずれもあまりにも単純だ。光秀がたんに陰湿でものの見方が浅薄な武将だったら、信長は彼に大軍を預けていない。だから本能寺の変も起きなかったことになる。そのあたりの真実味を、せめて後半から少し増してはもらえないものだろうか。

デイリー新潮編集部
https://news.yahoo.co.jp/articles/c0bf8e5d8b7d27e25474f30a6b5e7f922772ebd8?page=3

【どうする家康 家康は弱すぎ、秀吉は媚びすぎ キャラ造形に批判】の続きを読む


はだしのゲン、中沢啓治による、日本漫画作品。中沢自身原爆による被爆体験を元にした自伝的な内容である。同漫画を原作として実写映画やアニメ映画・テレビドラマも製作された。戦中戦後激動時代を必死に生き抜こうとする主人公中岡ゲン姿が描かれている。 自伝的な作品で、作中エピソード
147キロバイト (21,074 語) - 2023年4月26日 (水) 15:47
『はだしのゲン』は知ってるのですが今まで一度も手を出したことがありませんでした。この機会に読んでみようかな。

4 名無しさん@恐縮です :2023/05/18(木) 16:24:31.06ID:th4TAYao0
宣伝してくれたんだな

【はだしのゲン 教材削除で再注目 売り上げ10倍に急上昇!】の続きを読む


坂本 龍一 (さかもと りゅういち、Ryūichi Sakamoto、1952年〈昭和27年〉1月17日 - 2023年〈令和5年〉3月28日)は、日本の作曲家、編曲家、ピアニスト、俳優、音楽プロデューサー。東京都出身。 世界的に活動し、高い知名度も持つ日本人ミュージシャンであった。その音楽性は幅…
142キロバイト (16,314 語) - 2023年5月17日 (水) 02:08
坂本龍一さんが選んだ楽曲には彼自身が生きてきた人生や多様な文化が反映されていますね。その普遍性と多様性が人々をつなぐ数々の名曲を生んだのですね。合掌。

1 muffin ★ :2023/05/15(月) 16:12:31.64ID:Sapom3pJ9
https://amass.jp/166724/
2023/05/15

坂本龍一が自分の葬儀で流すために個人的にまとめていた「最後のプレイリスト」が、坂本龍一のマネージメントチームによって公開されています。

以下、坂本龍一のマネージメントチームより

https://twitter.com/ryuichisakamoto/status/1657914258200440836

Ryuichi’s Last Playlist.

龍一が自身の葬儀で流すために個人的にまとめていたプレイリストを、逝去に伴って共有したいと思います。彼は本当に最後の最後まで音楽とともにあったのです

- skmtマネジメント


(出典 pbs.twimg.com)


(出典 pbs.twimg.com)



全33曲のコレクションで、坂本龍一とアルヴァ・ノト(Alva Noto)によるコラボレーション作品で始まります。このコレクションには、バッハ、ドビュッシー、ラヴェルのクラシック作品が含まれており、またエンニオ・モリコーネ(Ennio Morricone)やニーノ・ロータ(Nino Rota)のサウンドトラック作品や、デヴィッド・シルヴィアン(David Sylvian)やビル・エヴァンス・トリオ(Bill Evans)の作品もあります。2020年の『Possessed』からローレル・ヘイロー(Laurel Halo)の「Breath」で締めくくられています。

https://open.spotify.com/embed/playlist/31OIme0YdF4ORWvEdTyE6V?utm_source=generator
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

【坂本龍一 自身の葬儀のための『最後のプレイリスト』公開】の続きを読む


エクソシスト』(The Exorcist)は、1973年のアメリカ合衆国のホラー映画。監督はウィリアム・フリードキン、出演はリンダ・ブレア、エレン・バースティン、ジェイソン・ミラーなど。 少女に憑依した悪魔と、自らの過ちに苦悩する神父の戦いを描いたオカルト映画の代表作であり、その後さまざまな派生作…
28キロバイト (2,955 語) - 2023年3月25日 (土) 03:12
『エクソシスト』は怖かった。『エミリー・ローズ』も怖かった。裁判で悪魔は実在するという判決が下った実在の話に基づく内容でした。映画の最後に録音された悪魔に取り憑かれた女性の恐ろしい声が流されるのは鳥肌が立ちました。

1 ネギうどん ★ :2023/05/18(木) 10:49:13.05ID:WUfqZiI99
 イギリスの名優ラッセル・クロウが「ローマ法王庁公認エクソシスト」のガブリエレ・アモース神父を演じた「法王のエクソシスト」(原題「The Pope’s Exorcist」)が、この4月からイギリスで一般公開されている。

 アモース神父はバチカンのエクソシスト長で、同時に国際エクソシスト協会を共同設立した、この世界では知らぬ者がいない人物だ。物語は2016年に91歳でその生涯を閉じた、神父の生涯を描いたものである。

 説明するまでもないが、エクソシストとは、悪霊や悪魔を退治する祓魔師のことだ。73年にリンダ・ブレア主演の映画「エクソシスト」が大ヒットした。

「同作では、アモース神父が手がけた壮絶な現場を忠実に再現。青年の悪魔祓い中には、部屋の窓や壁に霜が降り始めたり、子供の体を押さえつけていた4人の男が瞬間で投げ飛ばされたり…。文字通り、そこには人知を超えた現象があり、それがリアリティー溢れる映像で描かれています」(映画ライター)

 ただ、悪魔祓いをテーマにした映画では、撮影中に出演者やキャストなどが事故に見舞われることがあり、中には命を落とすというケースも少なくない。

「『エクソシスト』では、映画監督役のジャック・マッゴーラン、神父の母親を演じたバシリキ・マリアロスが公開直前に死亡。クランクインから公開までに関係者9人が死亡した、という噂もあります。また、76年公開の『オーメン』でも、主役のグレゴリー・ペックの息子が頭部を撃ち抜いて自死。ペック自身が搭乗する飛行機に雷が落ち、エンジンが燃え上がる事故が発生したというのは有名な話です」(前出・映画ライター)

 さらには82年の「ポルターガイスト」をめぐっても、公開後に長女役が元恋人に絞*れ、86年の続編公開後には、牧師役のジュリアン・ベックと、祈祷師役のウィル・サンプソンが次々に死去。第3弾(88年)公開前には、悪霊から狙われる少女を演じた12歳位の女の子が急*るという事案が発生した。

 これらを単なる偶然とみるか、別の要因とみるかは意見が分かれるところだが、現代科学では解明しにくい「何か」があることは間違いなさそうだ。

https://www.asagei.com/excerpt/259858

【死者2名を出した『エクソシスト』 新作『法王のエクソシスト』は大丈夫?】の続きを読む

このページのトップヘ