松本 人志(まつもと ひとし、1963年〈昭和38年〉9月8日 - )は、日本のお笑いタレント・漫才師・司会者・映画監督・作家およびコメンテーター。左利き。お笑いコンビ・ダウンタウンのボケ・ネタ作り担当。相方は浜田雅功。愛称は松っちゃん、松ちゃん(まっちゃん)。妻は伊原凛。吉本興業東京本部所属。
33キロバイト (4,333 語) - 2021年2月19日 (金) 01:07



(出典 cdn.bg-mania.jp)


挨拶できない人多いです。会釈からでもいいから習慣付けないと、社会生活する上で、上下関係や、人間関係に間違いなく影響しますよ。

1 朝一から閉店までφ ★ :2021/02/25(木) 21:00:11.07 ID:CAP_USER9.net

エンタメ・アイドル 投稿日:2021.02.25 20:00FLASH編集部

 大御所芸人たちはそれぞれ先輩たちから受け継いだルールを大切にしている。

 オール阪神・巨人のオール巨人は、2月22日放送の『なるみ・岡村の過ぎるTV』(ABCテレビ)で「あいさつルール」を語った。

 なるみは「巨人師匠の前では目を見て止まってあいさつしろ」と先輩芸人たちから教わったという。その点について巨人は、「歩きながらはアカン。ダウンタウンの松本くんが前を通ったときに、帽子を取って、めがねを取って『おはようございます』って」と松本人志すら脱帽してあいさつするという。

 ナインティナイン岡村隆史も、「巨人師匠の前で帽子をかぶるっていうのは、絶対だめ」と明*。帽子をかぶったままあいさつする若手芸人に、「お前、なに帽子かぶってんねん」と注意する巨人をよく見かけたという。巨人は「あいさつで始まる朝に非行なし」と教訓を語っていた。

 巨人の盟友である明石家さんまも礼儀に厳しいという。

 ナイツの塙宣之は、2月22日公開のYouTube動画『ナイツ塙の上石神井ラジオ#21』でさんまに怒られたことを明かしている。

 塙は『お笑い向上委員会』(フジテレビ系)で、漫才協会の先輩である新山ひでやのカツラ芸に対し、「それやったら師匠、頭ズレちゃいますよ」とネタにしたという。するとその芸を知らなかったさんまから鬼の形相で「お前、それ絶対アカンやろ!」と叱られたという。

 塙は「公認でやってるんです」と伝えて納得してもらったが、「さんまさん、上下関係はすごい(厳しい)のよ」と明かしていた。

 芸人界の掟にSNSではさまざまな意見が寄せられた。

《巨人さんは賛否あるけど、言ってる事は間違ってないんよな。 挨拶なんて基本中の基本。業界は違っても、今はそれができない連中が多過ぎるわ》

《まっちゃんも巨人師匠への挨拶しっかり》

《名言出ました( ≧∀≦)ノ “挨拶で始まる朝に非行無し”》

「徒弟制から養成所で学ぶ形式に変わった芸人の世界。2016年5月8日放送の『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日系)では、ビートたけしさんが『お笑い学校がメインになって、先輩後輩の区別がつかなくなって、失礼な若手がいっぱい出てきている』と指摘しています。

『われわれは先輩後輩で育ってきているから、どんなに売れていない先輩でも敬語を使ってお茶ぐらい出すっていうのが常識だった』と苦言を呈していました」(芸能ライター)

 楽しい笑いの世界だからこそ、東西ともに厳しいルールがあるのだ。

https://smart-flash.jp/entame/133554


【松本人志も オール巨人の前では帽子取って挨拶 受け継がれる厳しい掟】の続きを読む


津川 雅彦(つがわ まさひこ、1940年1月2日 - 2018年8月4日)は、日本の俳優、映画監督、芸能プロモーター、評論家。京都府京都市中京区出身。別名義であるマキノ 雅彦(マキノ まさひこ)は映画監督をする際に名乗っていた。芸能事務所グランパパプロダクションに所属し、同社の代表取締役を務めた。
83キロバイト (10,729 語) - 2021年1月31日 (日) 02:50



(出典 www.zakzak.co.jp)


津川雅彦さんです。家康を見たこともないのに「家康でしょ、これ」っていう説得力のある演技は、素晴らしいと思います。

1 愛の戦士 ★ :2021/02/21(日) 17:03:39.76 ID:CAP_USER9.net

ねとらぼ調査隊 2/21(日) 12:05
(調査期間:2021年1月4日~2月4日、有効回答数:8943票、質問:【大河ドラマ】徳川家康役で好きな人は?)

 江戸幕府を開き、天下泰平の世を築いた偉人として知られる「徳川家康」。家康は日本人なら誰もが知る歴史上の重要人物であり、NHK大河ドラマでも数多くの名俳優が演じてきました。

 2021年1月4日から2月4日まで「大河ドラマで一番好きな家康役は?」というアンケートを実施。総投票数8943票の中から、第1位に輝いた俳優は果たして誰なのでしょうか?

 投票してくださった皆様、ありがとうございました。さっそく気になるTOP3を見ていきましょう!

●第3位:滝田栄(徳川家康)
 第3位に選ばれたのは、1983年放送「徳川家康」で主演した滝田栄さん。849票を獲得し、得票率は9.5%でした。

 滝田さんと言えば、身長185cmの二枚目俳優。ふくよかなイメージのある家康役に滝田さんを起用するというチャレンジが、当時大きな話題になりました。いざ放送されると、英雄としての家康を描くストーリーと滝田さんの存在感が見事にマッチ。投票した方々からも「堂々たる主役ぶりにはまった」「見ごたえがあった」といったコメントが寄せられました。

●第2位:内野聖陽(真田丸)
 第2位に輝いたのは、2016年放送「真田丸」で徳川家康を演じた、内野聖陽さん。得票数は1000票超えとなる1152票で、全体の12.9%の票を獲得しています。

 戦国の三傑として成功した側面が強調されがちな家康ですが、「真田丸」で内野さんが演じたのは、時に臆病で慎重な人間らしい家康。内野さんが持つ高い表現力と相まって、多くの人に強い印象を残しました。コメントでも「捉えて演じるのに抜群に秀でた役者さん」「本当に家康はこんな喋り方だったのかな?」といった意見が寄せられ、説得力のあるキャラクターだったことから票を集めています。

●第1位:津川雅彦(独眼竜政宗・葵 徳川三代)
 そうそうたる名優がそろい踏みの中、第1位に輝いたのは津川雅彦さんでした。大河ドラマ史上最高の平均視聴率を誇った1987年放送「独眼竜政宗」、2000年にミレニアム大河として作成されたNHKの意欲作「葵 徳川三代」の2作品で徳川家康を演じています。得票数3724票、得票率は圧巻の41.6%となりました。

 一般的に思い描く家康像をそのまま生き写したかのような、存在感や表現力が高く評価されています。「津川雅彦さん一択」「家康イコール津川さん」といったコメントも見られ、津川さんの演技が我々の家康像を作り上げたと言っても過言ではないでしょう。「葵 徳川三代」では、家康の癖だったと言われる爪を噛む仕草を演技に取り入れるなど、徹底したリアルの追求がこれだけ多くの人の共感を得たようです。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210221-10004342-it_nlab-ent
画像は「NHK公式サイト」より引用

(出典 i.imgur.com)


【【大河ドラマ】 徳川家康役で好きな俳優は? TOP3発表!】の続きを読む


上白石 萌音(かみしらいし もね、1998年1月27日 - )は、日本の女優、歌手、声優、タレント。本名同じ。 鹿児島県鹿児島市出身。所属事務所は東宝芸能。所属レーベルはユニバーサルJ。妹は女優の上白石萌歌。 子供の頃から歌ったり踊ったりすることが好きで、母親の勧めで小学校1年生の頃より鹿児島市内の
135キロバイト (18,561 語) - 2021年2月18日 (木) 05:15



(出典 cdfront.tower.jp)


九州弁は、西郷さんのイメージが強いのに、女性が話すとかわいく聞こえますね。

1 爆笑ゴリラ ★ :2021/02/21(日) 07:29:37.28 ID:CAP_USER9.net

2/21(日) 6:04配信
女性自身

(撮影:秋倉康介)

ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』(TBS系・毎週火曜22時~)で大手出版社のファッション雑誌編集部に配属された“仕事も恋もほどほどに”という、上京したての新人社員・奈未を演じている上白石萌音(23)。私生活の彼女にとって、仕事と恋愛とは……。

「仕事は全力、恋は究極いりません! 私、そんなに器が大きくないので……仕事だけでいっぱいになっちゃうんです。作品中に相手役の方に素敵だなって感情は抱いても、撮影が終わったら『よし、次のお仕事!』って切り替えて、心のアルバムにしまっちゃいますね。だから、恋に関しては“奈未”以下なんです(笑)」

彼女自身も、15歳のころに鹿児島県から上京してきた。いまだに方言が抜けずに苦しむことも。

「妹と方言で話すせいか、まだ標準語のイントネーションに慣れてないんです。外国語をしゃべってるみたい……やっぱり演技をするうえでも、関東生まれの役者さんたちと比べてハンデはあるなって思います(笑)」

昨年、ドラマ『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)でブレーク。躍進の裏には、原動力となっている場所があった。

「地元ですね! おじいちゃん、おばあちゃんとか、近所の人たちに『楽しみにしてるよ、見てるよ』って方言で言われると、みんなのために頑張ろう! って思うんです。両親も、『いつでも帰ってきて、休んでいいんだよ』って言ってくれていて……そんな心配かけちゃいけないなって。私にとって“地元”という存在は、支えでもあるし、アメでもムチでもある、特別な場所なんです」


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/f7f25f8840a8febc705f8354b28de12caccfae26


【上白石萌音 いまだに方言が抜けず 「ハンデもある」も “地元”は支え】の続きを読む


田中 邦衛(たなか くにえ、1932年11月23日 - )は、日本の俳優。旭日小綬章受章。岐阜県土岐郡土岐津町出身。麗澤瑞浪高等学校、麗澤短期大学英語科卒。 麗澤短期大学卒業後、故郷の岐阜で中学の代用教員(助教諭)生活を経て、3度目の受験で1955年(昭和30年)に俳優座養成所へ入る。3度目の受験
42キロバイト (5,311 語) - 2021年2月13日 (土) 12:42



(出典 samurai-trader.net)


いいドラマでしたよね。でも、内容が重くて、もう一度見たいと思えないんですよね。

1 フォーエバー ★ :2021/02/14(日) 19:56:49.64

倉本聰さんが原作・脚本を手掛けた『北の国から』。1981年に連続ドラマが放送されて以来、20年以上も続いた人気ドラマシリーズです。過酷な北国を舞台とするヒューマンドラマであり、俳優たちの熱演に涙した人は多いでしょう。シリーズ終了から19年経った今でも、根強いファンを持つ作品です。

【画像:ランキング15位~1位を見る】

 そこで今回は、「北の国から」のメインキャストのうち代表的な3人を紹介します。あなたはどの俳優の演技が最も「味がある」と思いますか?

●黒板五郎(田中邦衛)
 物語のメインとなる黒板家の大黒柱、黒板五郎を演じた田中邦衛さん。芝居をやるために上京したのち、22歳で俳優養成所へ入所しました。映画にテレビドラマに、日本人なら知らぬ人のいない名優と言えるでしょう。

 さまざまな経験を経た田中邦衛さんの深みある演技は、他の追随を許しません。シャイで生真面目な人柄も知られています。黒板五郎については、「俳優人生で最高の役」だとも語っています。

●黒板純(吉岡秀隆)
 田中邦衛さん演じる黒板五郎の長男であり、第1話では小学4年生だった純。都会っ子で母親っ子な彼は作中で数々のトラブルを起こしていきます。視聴者はハラハラしたり泣かされたり、大変忙しいものでした。

 純を演じた吉岡秀隆さんは、5歳で劇団に所属した生粋の子役。本作に出演する前から『男はつらいよ』シリーズにレギュラー出演するなど、山田洋次監督に才能を見出されていたそうです。第14回日本アカデミー賞優秀助演男優賞など、受賞歴も多数。

●黒板(笠松)蛍(中嶋朋子)
 田中邦衛さん演じる黒板五郎の長女であり、純の妹。第1話では小学2年生だった蛍は、純とは対照的な父親っ子でした。作中では上京や不倫など波乱に満ちた展開が続きますが、子どもを育てるために強い女性へと変わっていく様を、中嶋朋子さんは見事に演じきりました。

 中嶋さんは1975年に「劇団ひまわり」に入団した後、2歳で子役デビューを果たしています。1990年にエランドール賞、1990年にはブルーリボン賞助演女優賞などを受賞しています。

2/14(日) 19:05配信 ねとらぼ調査隊
https://news.yahoo.co.jp/articles/803fdbd85e9a2bb24c568932c5c29db04f4bf46a

(出典 i.imgur.com)


【「北の国から」 最も《味がある》俳優は誰?】の続きを読む


島崎 遥香(しまざき はるか、1994年〈平成6年〉3月30日 - )は、日本の女優、YouTuberである。女性アイドルグループ・AKB48の元メンバー。愛称はぱるる。埼玉県出身。ビッグアップル所属。 9月20日、『AKB48 第六回研究生(9期生)オーディション』に合格した。 5月から6月にかけて実施された『AKB48
60キロバイト (7,743 語) - 2021年2月9日 (火) 21:19



(出典 www.rbbtoday.com)


井戸端会議のおばちゃん気質なところがありますね。でも、ゆる~く見るにはいいかもしれません。

1 フォーエバー ★ :2021/02/14(日) 15:58:35.75 ID:CAP_USER9.net

“ぱるる”こと島崎遥香が、YouTubeチャンネル「ぱるるーむ」の最新動画で、乃木坂46のオーディションの裏側を紹介。「スタイルで選んでるって言ってました」などと語り、「この動画削除になったらこの話、NGだったと思って」と呼びかけた。

  【動画】ほろ酔いで裏側を話す島崎遥香と永尾まりや

 今回、「【前編】元AKBが今までの出来事をお話しします」とのタイトルをつけて動画を投稿した島崎。AKB48で同じ9期生の永尾まりやと、缶チューハイを飲みながら思い出を振り返った。

 9期生オーディションの裏側などを語り合い、思い出に花を咲かせる2人。合間には島崎が缶チューハイをこぼしてしまうアクシデントも発生するなど、トークは大いに盛り上がった。

 歌うことが苦手という島崎は、歌唱審査の後、秋元康氏から「『ふだん、カラオケ行かないの?』っていう質問をされたの…」と苦笑い。永尾は「よく言うじゃん、秋元先生から質問された人は良いというか」との噂があるとし、島崎は「そうなんだ」と驚き。質問されなかったという永尾だったが「オーディションの参考になれば」と視聴者への参考に供していた。

 すると、「あっ、じゃあ乃木坂を受けたい子たちのために、一つ情報をあげましょう」と乃木坂46のオーディションを受けたい人に呼びかけた島崎は、「これ言っていいのかわからないんだけど」としつつ、裏話を紹介。

 島崎は「乃木坂のオーディションは、スタイルで選んでるって言ってました、顔じゃなくて。顔じゃないんだって、スタイル」と言及。驚きの表情を見せた永尾が「ちなみにスタイルがどう良いといいんですかね?」と尋ねると、島崎は「顔がちっちゃい子」と説明。

 カメラのほうに視線を向けた島崎は「この動画が削除になったら、この話、NGだったっていうことでみなさん思ってください」とも述べ、乃木坂46にまつわる話を暴露(?)していた。

2021年2月14日 13時27分 ミュージックヴォイス
https://news.livedoor.com/article/detail/19694994/


(出典 image.news.livedoor.com)


【島崎遥香 乃木坂46のオーディション必勝法暴露「顔じゃなくて、スタイル」】の続きを読む


伊達 みきお(だて みきお、1974年〈昭和49年〉9月5日 - )は、日本のお笑いタレント。お笑いコンビサンドウィッチマンのツッコミ担当。相方は富澤たけし。本名は伊達 幹生(読み同じ)、伊達氏庶流・大條氏の出身。 宮城県泉市出身。グレープカンパニー所属。身長170cm、体重90kg、B:110 c
35キロバイト (4,569 語) - 2021年2月13日 (土) 13:00



(出典 bert-bert.com)


震度6強は立てません。家中の物が倒れる音だけが響き、身を守るのが精一杯です。でも、3・11よりは弱く感じたので、落ち着いてたと思う。

1 爆笑ゴリラ ★ :2021/02/14(日) 06:04:33.58 ID:CAP_USER9.net BE:402788407-2BP(0)


(出典 img.5ch.net)

2/14(日) 0:55配信
東スポWeb

伊達みきお

 13日午後11時過ぎに宮城県、福島県で最大震度6強を観測する地震があったことを受け、お笑いコンビ「サンドウィッチマン」の伊達みきお(46)がブログを更新した。

 伊達は「いやぁ、都内も揺れた揺れた。また、我が宮城県か。。宮城県と福島県で、震度6強。取り敢えず、23:08発生の地震では津波の心配なしと。それが何より。余震に注意ですね」と冷静に反応。

「テレビの緊急地震速報や映像を見て、どうしても10年前を思い出して僕も震えました」と素直な感想を語り「でも、どんな地震でも、きっとあの10年前の地震よりは軽いだろ…って思って行動するしかない。しっかり備えましょう。本当に、津波が発生しなくて良かった……。夜は特に」とつづけた。

 最後に「まだまだ心臓がバクバクしてる方に、地元・宮城県のスター!狩野くんの写真をどうぞ!」とコントメイクの狩野英孝の写真をアップ。「冷静に、落ち着いて、3・11を乗り越えたんだから大丈夫だから」と呼びかけた。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/eb32ff52eb219b0b5ebdd1ae38cb1c8c5a37423e


【サンド・伊達 地震に「10年前(3.11)を思い出して…」 と呼びかけ】の続きを読む

このページのトップヘ