女優


池田 エライザ(いけだ - 、IKEDA Elaiza、本名および旧芸名:池田 依來沙(読み同じ)。1996年(平成8年)4月16日 - )は、日本の女優・歌手・ファッションモデル・映画監督・タレント。フィリピン生まれ、福岡県福岡市出身。エヴァーグリーン・エンタテイメント所属。第13回ニコラモデル
72キロバイト (9,492 語) - 2022年8月18日 (木) 19:54

(出典 img.news.goo.ne.jp)


昔『ドッキリ』の番組で、当時大人気だった田原俊彦さんや、近藤真彦さんの名前をわざとアナウンスして、その場にいる一般の人の反応を撮ってたことがあります。ものすごくザワザワするんだけど、似ても似つかない役者さんが現れて、ガッカリするところが面白かったです。

1 Anonymous ★ :2022/08/19(金) 12:44:28.82ID:CAP_USER9
https://www.narinari.com/smart/news/2022/08/73728/all#more

女優・池田エライザ(26歳)が、8月18日に放送されたバラエティ番組「ぐるぐるナインティナイン」(日本テレビ系)に出演。「日本に1人しかいない」名前を呼び出され、恥ずかしい思いをしたことがあると語った。

顔から火が出るほど恥ずかしい思いをした話として、池田が「地元、福岡なんですけど、福岡にある地元からすぐ近くの、その場所では1番デカいショッピングモールがあって。東京に上京してから2年ぶりくらい経って帰って、家族で行ってたんですけど、財布をなくしてしまって。お買い物をしてる時に。捜しても捜しても全然見つからなくて、どうしようかなと思ってた時にアナウンスが鳴って。『池田エライザ様』みたいな。『サービスカウンターで…』ってアナウンスが鳴った時に『池田エライザ』って、日本に1人しかいないじゃないですか」と本名で呼び出されたという。

池田が「『ヤバい、ヤバい、取りにいかんと!』と、サービスカウンターに行ったら、地元の人たちがワーって集まってきていて。おばちゃんたちに『東京で頑張ってきんしゃい!』とか『帰ってくるんじゃないわよ』みたいな感じでお声がけしていただいたんですけど、すごい恥ずかしかったですね」とコメント。

岡村隆史が「いい思い出でもありますけどね」と言うと、池田は「そうですね、めちゃめちゃ嬉しかったです」と語った。


(出典 cdn.narinari.com)

【池田エライザ 顔から火が出るほど恥ずかしかった思い出も 「嬉しかったです」】の続きを読む


のん(1993年7月13日 - )は、日本女優、ファッションモデル、歌手、芸術家、YouTuber。本名は能年玲奈。現在兵庫県神崎郡神河町出身。株式会社non、および音楽レーベル「KAIWA (RE) CORD」代表を務める。 2006年、第10回ニコラモデルオーディションでグランプリを獲得し、
73キロバイト (8,544 語) - 2022年8月1日 (月) 17:13

(出典 s.eximg.jp)


布袋さんのマスク越しの笑顔がいいですね。のんさんが持ってるのは、布袋さんのギター柄のカバンでしょうか。

1 フォーエバー ★ :2022/08/03(水) 19:24:12.08ID:CAP_USER9
8/3(水) 9:23配信

スポニチアネックス
のん公式インスタグラム(@non_kamo_ne)から

 女優、のん(29)が2日、自身のインスタグラムを更新。ギタリストの布袋寅泰(60)とのツーショットを披露し、反響を呼んでいる。

【写真】「わくわくしすぎて」ライブ前にはツアーTシャツも着て気合十分の、のん(インスタから)

 「布袋寅泰さんのライブ、Still Dreamin' Tourに行ってきました」と記し、ライブ後と思われる布袋とのツーショットを公開。「元気出たー!もう最高の気分です。本当に、ゾクっとするほどかっこよかった」と満喫した様子で「ビートがガツガツ心臓まで届いて、布袋さんのギターも振る舞いも全てが感動的でした」と興奮気味につづった。

 さらに「会場に入って速攻着替えた。わくわくしすぎて」とツアーTシャツに着替え、客席に座る姿も披露している。

 この投稿に、フォロワーからも「最高ですね 羨ましいかぎりです」「布袋氏とツーショットですか 凄いですね」「とてもステキな2ショットです!」「いいお写真 布袋さんの隣に並んでその背丈…のんさん身長高いんですね。180cmくらいありましたっけ?(笑)」「大好きなお二人がまた並んでるぅ!」「かっちょえぇなぁ!」「素敵なツーショットですね!!」などの声が寄せられている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/cd65dd9a1da183e0f38d58357dfdacf03c0e1428

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/08/03/jpeg/20220803s00041000214000p_view.webp

【のん 布袋寅泰との2ショット公開 「ゾクっとするほどかっこよかった」】の続きを読む


本田 (ほんだ つばさ、1992年(平成4年)6月27日 - )は、日本の女優、ファッションモデル、YouTuber、タレント。 東京都三鷹市出身、スターダストプロモーション所属。愛称はばっさー。 2006年に、当時の所属事務所であったスプラッシュから、それぞれ別々の7人によってスカウトされる。2
80キロバイト (11,117 語) - 2022年7月14日 (木) 20:59

(出典 woman-type.jp)


どちらかが仕事を辞めるか、セーブでもしない限り、職業的にこうなることは最初から分かりきってることだと思うんだけど。世間一般でもそういうご夫婦は多いですよ。

1 爆笑ゴリラ ★ :2022/08/01(月) 19:04:00.55ID:CAP_USER9
8/1(月) 16:25
女性自身

本田翼 年下研修医と破局していた!結婚検討し同居も多忙ですれ違いに

「本田さんは現在、10月クールに放送予定の主演ドラマ『君の花になる』(TBS系)の撮影に臨んでいます。人気女優の本田さんですが、意外にもプライム帯の単独主演は今回が初めて。ロケでは相当気合が入っているように見えましたね」(映像制作関係者)

6月には出演した映画『鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成』が公開。7月にニホンモニターが発表した「’22上半期タレントCM起用社数ランキング」では、1位と2社差の3位と、ドラマ、映画、CMに引っ張りだこの本田翼(30)。

近ごろ、一段と仕事に邁進しているのには理由があると、芸能関係者は言う。

「昨年6月に交際報道があった年下の研修医と数カ月前に別れたと聞いています。女優業の大変さをわかってくれ、一時期は結婚も考えていただけにかなり落ち込んでいたそうです。

’20年の夏に本田さんが、急性虫垂炎でその方の勤務する病院に入院した際に、2人は距離を縮めたそうです。研修医の方が本田さんのファンで、趣味がゲームで一致していたとか。

本田さんたちは同居していたものの、お互いに多忙ですれ違いが生じてしまったといいます。芸能人である本田さんはもちろん、研修医も激務ですから……。今は時間的な余裕ができて、女優業により専念しやすい状況にあるのでしょう」

今年の6月に30歳を迎えた本田。’17年10月に放送された『踊る踊る踊る!さんま御殿!! 超豪華ゲスト夢の共演20周年危ない生放送祭』(日本テレビ系)で、司会の明石家さんま(67)に「結婚の夢はあるの?」と聞かれ、本田は「ありますよ」と即答。さらに「子どもを30(歳)前に産みたいなって気持ちがある。第1子を」と語っていた。

『ar』’22年6月号では、「最近モテたい気分かも(笑)」と発言していた本田だが、彼女を知るテレビ局関係者はこう語る。

「最近も結婚願望を吐露していましたね。昨夏のテレビ番組で、“仕事を辞めて家庭に入ってほしいと言われたら”と質問された際に、『無理。絶対無理』と答えていました。その理由を『仕事の楽しさを知ってしまっているし、誰かに世話になりっぱなしっていうのはちょっと……。わたしゃ、できないねっていう状態』と説明。彼女も本心ではわかっていると思いますが、彼女の仕事への理解を示してくれやすい同業者が最適なのではないでしょうか。ほかの業種でも、彼女の仕事のスタイルに合わせられる人が結婚相手に向いているのでは……」

YouTuberとしても活躍する本田。次なる“新たな出会い”はどこにあるのかーー。

https://news.yahoo.co.jp/articles/3b678995bf2296395da776a93614197a32ee358b

【本田翼 年下研修医と破局していた!】の続きを読む


浅倉 (あさくら ゆい、1996年6月8日 - )は、日本の女優。青森県弘前市出身。LIBERA所属。 大学進学のために上京後、2年生時からアイドルとして3年ほど活動。当初、親には内緒で芸能活動をしていた。 2021年9月5日から放送のテレビ朝日系ドラマ『仮面ライダーリバイス』にて、悪魔崇拝組織「
16キロバイト (1,572 語) - 2022年6月29日 (水) 00:03

(出典 img.news.goo.ne.jp)


ストーカー被害にあってるなら、事務所はホテルとか準備してあげないんですかね。まあ、本人に芸能界でやっていきたいという、プロ意識がないようだし、結果は同じことか。

1 れいおφ ★ :2022/07/02(土) 02:56:20.76
記録的な猛暑に列島が悲鳴を上げていた6月のある夜。
黒ワンピースに黒キャップを目深に被ったダークな装いの女性がこぢんまりしたマンションの前で歩みを止め、バックから鍵を取り出して部屋に入った。
少しして、今度は丸メガネのショートカットの美女が件の部屋に入っていった。
これから女子会――が始まるのではない。ここで夜な夜な「悪の女王」と「悪のヒーロー」の競演が行われているのだ。

「ダークな装いの美女」は『仮面ライダーリバイス』(テレビ朝日系)で悪魔崇拝組織デッドマンズの女王・アギレラを演じる浅倉唯(26)。

「ショートカットの美女」は女性ではなく、同じくテレ朝系で放送された『機界戦隊ゼンカイジャー』で
悪の王朝トジテンドの幹部の息子・ステイシーを演じた世古口凌(25)である。

美形の悪役として人気を博した二人は、番組の枠を超えて『GRACIAS! 暗黒本』という悪役ムックで共演を果たすのだが、
特撮関係者は「昨年秋には通い愛が始まっていたそうです」と言うのだった。
たしかに本誌が見た限り、”プライベートでの共演”は週3以上。半同棲と言っていいだろう。世古口を直撃した。

――浅倉さんとお付き合いされてますね。

「いや、付き合ってはないですね!」

――何度か浅倉さんが世古口さんの家を訪れているところを拝見しましたが。

「家族ぐるみで仲が良いので。僕がこの世界に入る前から知り合いだったので」

二人の所属事務所LIBERAは、お泊まりは否定せず、こう回答した。

「普段から共通の活動や悩みについて話し合う親友です。浅倉の自宅に悪質なストーカー事案があって、なかなか帰れなくなっており、世古口が相談に乗っていたとのことです」
ならば、家賃約10万円のワンルームと思しき世古口宅に連泊するより、ホテルに泊まるべきだが……。

もっと気になったのが、浅倉が地方ロケに行っている間に別の美女が部屋を訪ねていたことだ。

「お泊まりはしてないです。僕の家族も(自宅に)出入りしているので」

と世古口は否定したのだが、アギレラ様は許してくれるだろうか。悪の女王が許すわけないか(笑)。

『FRIDAY』2022年7月15日号より
https://friday.kodansha.co.jp/article/251476

6月22日夜7時、外出先から戻ってきた浅倉

(出典 cldx.friday.kodansha.co.jp)

本誌取材に世古口は恋愛感情を否定

(出典 res.cloudinary.com)

【浅倉唯 熱愛発覚 特撮俳優と半同棲】の続きを読む


芦田 愛菜(あしだ まな、2004年6月23日 - )は、日本の女優、タレント、歌手、声優、ナレーター。兵庫県西宮市出身。ジョビィキッズプロダクション所属。所属レコード会社はユニバーサルミュージック。 2007年(平成19年)、芦田が3歳の時に母親からの勧めにより、芸能界に入る。 2009年(平成21年)、『ABC
99キロバイト (14,104 語) - 2022年6月18日 (土) 07:42

(出典 ranran-entame.com)


女性ですが、どこがいけないのか分かりません。たかが個人の感想に、いちいち怒ってる人たちは、相当なストレスを溜め込んでるのかな?

1 muffin ★ :2022/06/29(水) 15:11:48.06
https://www.jprime.jp/articles/-/24400

芦田愛菜が主演を務める映画『メタモルフォーゼの縁側』が、6月17日に公開した。

映画は漫画家・鶴谷香央理氏による同題作品を実写化したもので、書店でアルバイトをしている17歳の女子高生・佐山うらら(芦田)と、75歳で一人暮らしをしている老婦人・市野井雪(宮本信子)が、共通の趣味“ボーイズラブ漫画”を通じ、年の差を越えた友情を育んでいくという内容。なにわ男子・高橋恭平なども出演している。
中略

「キネマ旬報社の映画鑑賞記録サービス『KINENOTE』でも、一般ユーザーの多くが高評価の書き込みをしているのが確認できます。また、同サイトには映画評論家などによる新作映画批評『キネ旬 Review』というページも。

『メタモルフォーゼの縁側』には映画監督で脚本家の井上淳一氏、映画ライターの服部香穂里氏、日本経済新聞社の編集委員・古賀重樹氏がレビューを寄せているのですが、実は、古賀氏のレビュー内容が業界内外の一部で問題視されています」(映画関連会社社員)

井上氏のレビューは、芦田の演技を見て印象が変わったという評価で、服部氏のレビューには、作品の演出から感じ取ったことなどが記されているのだが、古賀氏のレビューには、芦田について「すでに少女ではないけれど、性的な魅力にあふれるというわけでもない。そんな中途半端な年ごろの感情を、実に理知的に表現している」とある。

「批判されているのは、古賀氏が映画の内容と無関係な性的魅力云々を指摘しているという点。ネットユーザーからは“気色悪い”“女を性的な面でしか評価できないのか”“醜悪な視線”と嫌悪感を示す声も出ています。

しかも、芦田はまだ女子高生とあって、古賀氏のたちの悪さが際立つ。そもそも「デジタル大辞泉」(小学館)で「少女」を引くと、普通は「7歳前後から18歳前後まで」を指すというし、そういう意味でも古賀氏の見解はおかしいのだが、“不適切レビュー”の撤回、もしくは釈明はあるだろうか。


(出典 jprime.ismcdn.jp)

【芦田愛菜 主演映画をレビューした評論家が炎上】の続きを読む

このページのトップヘ