女優


小泉 今日子(こいずみ きょうこ、1966年2月4日 - )は、日本の女優、歌手。制作事務所「株式会社明後日」代表取締役。身長153cm。血液型O型。アイドルとして松田聖子と中森明菜の2強に続いた存在であり、歌手として筒美京平・馬飼野康二の作曲作品でヒットを連発した。KYON2(キョンキョン)の愛称…
110キロバイト (12,049 語) - 2023年1月13日 (金) 14:45
秋元 (あきもと やすし、1958年〈昭和33年〉5月2日 - )は、日本の作詞家、音楽プロデューサー、放送作家。東京都目黒区大橋出身。 中央大学文学部中退。妻は元アイドルの高井麻巳子。株式会社秋元康事務所所属。日本映画監督協会会員。2010年6月、日本放送作家協会理事長に就任。2016年4月、…
237キロバイト (23,435 語) - 2023年1月3日 (火) 12:11
キョンキョンの歌は『魔女』が好きです。

1 冬月記者 ★ :2023/01/13(金) 21:46:57.91ID:nx7TRZPd9
https://news.yahoo.co.jp/articles/02f3f8f6078abd2e8963255e1ee196da11d7a892

小泉今日子「なんてったってアイドルは大嫌いだった」作詞の秋元康氏「大人の悪ふざけと」


 作詞家の秋元康氏が12日放送のフジテレビ「トークイーンズ」に出演。自身が作詞した代表曲の一つ、小泉今日子の「なんてったってアイドル」をキョンキョンが嫌っていたことを明かした。

 セルフプロデュースの難しさを「自分の背中は見えないように」と説いた秋元氏は「自ら進んでやらない事にヒットの可能性がある」と話した。

 その一つの例として「『なんてったってアイドル』は小泉今日子さんは大嫌いな曲だった。やっぱり『大人の悪ふざけみたいで、あんな曲嫌だ』っておっしゃってて」と回想。

 1985年に発売し、小泉がこれまでのアイドル像から突き抜けた存在に飛躍した代名詞的な楽曲に対して、消極的だったことを認めた。

 秋元氏は、AKB48の「恋するフォーチュンクッキー」についても、選抜総選挙で1位となり、センターで歌う指原莉乃が「こんな曲じゃ売れない。こんな曲じゃいやだ」と泣いて拒絶したことを告白した。

 指原も「みんなで曲を聴いたときに小嶋陽菜さんが『これ、カップリングじゃないよね?』と言ったんですよ。それくらい、当時は全力アイドル曲じゃなくてちょっと落ち着いた感じがするよねって」と認めた。

 秋元氏は「ちょっとスローだけど、指原のキャラからいって、みんなで踊ると思ったんですよ、僕は」と、のちに社会現象になるブームを見越していたことを語った。

【小泉今日子 『なんてったってアイドル』は「大嫌いだった」】の続きを読む


image layout frameless
福原 (ふくはら はるか、1998年〈平成10年〉8月28日 - )は、日本の女優、声優、歌手、ファッションモデル、元子役。埼玉県出身。研音所属。 かつてはNEWSエンターテインメントに所属していた。愛称は「まいんちゃん」であり、これは子役時代の2009年から2013年にかけてNHKで放送された料理アニメ『クッキンアイドル…
118キロバイト (12,398 語) - 2022年10月8日 (土) 21:35
関西人ではないくせに「知らんけど」は時々使ってるかも。個人的な意見を、重くならないようにマイルドに和らげたりする良い言葉だなあと思います。「知らんのかい!」と誰も突っ込まずスルーされるのが切ない。大阪の文化は憧れます。

1 フォーエバー ★ :2022/10/09(日) 07:06:13.56ID:CAP_USER9
2022年10月9日 6時0分 Smart FLASH

「作品の中で舞ちゃんと一緒に自分も強くなっていきたいです」

「こんなに長い時間、撮影で大阪にいるのは初めてでした。東京から大阪の現場に到着すると、スタッフの皆さんが毎回『おかえり』って言ってくださるんです。温かく迎えてもらって本当に嬉しかったです」

 NHKの連続テレビ小説『舞いあがれ!』でヒロイン・岩倉舞を演じる福原遥。大阪の撮影では関西弁を勉強中だ。

「『知らんけど』をご指導いただききました(笑)。どのタイミングで使うかを『今だよ!』って教えてもらっています。『こうらしいよ~、知らんけど』って語尾につけるのが楽しいです」

 東大阪で生まれ、長崎・五島列島で幼少期を過ごすヒロインは、福原自身に似たキャラクターだ。

「五島列島の自然の中で育つ舞ちゃんは、自分と重なりますね。私は埼玉県出身で、家のまわりは畑が広がっていました。おばあちゃんと一緒に野菜の収穫をしたり、アスレチックで友達と遊んだり。広々とした自然の中で自由に育ったので、舞ちゃんと同じだなって!

 性格もどこか似ていて。自分自身、いつもお母さんの後ろに隠れて、大人の方と全然しゃべれない子供でした。舞ちゃんはすごく人の気持ちを理解できる優しい女の子だけど、自分のことより相手のことを考えすぎちゃったりして、想いや意見が言えなかったりする。でも、人との出会いを通して、少しずつ成長していきます。今の私も、まだ人見知りなところがあったり、自分の意見が言えないときがあります。だから、作品の中で舞ちゃんと一緒に自分も強くなっていきたいです」

 タイトルの『舞いあがれ!』にこめる想いとは。

「舞ちゃんにも舞いあがってほしいんですけど、舞ちゃんをこれから見守ってくださる視聴者の皆さんにも一緒に舞いあがってほしいです。困難を乗り越えながら進んでいく舞ちゃんの姿を見て、『自分も夢に向かってめげずに頑張ろう』と思ってもらえたら嬉しいですね」

ふくはらはるか
24歳 1998年8月28日生まれ 埼玉県出身 T160 子役としてデビューし、現在は女優として活躍。2022年は『今どきの若いモンは』(WOWOW)に加え、4月スタートの『正直不動産』(NHK)で主人公の後輩役に。2022年下期の連続テレビ小説『舞いあがれ!』(NHK総合 月~土 午前8時ほか)でヒロインを演じる。YouTubeチャンネル「福原遥とふくはらはるか」も随時更新中。そのほか最新情報は、公式Instagram(@haruka.f.official)にて

https://news.livedoor.com/article/detail/22993036/


(出典 image.news.livedoor.com)

【福原遥 『舞いあがれ!』に込める想い 「皆さんにも一緒に舞いあがってほしい」】の続きを読む


唐田 えりか(からた えりか、1997年〈平成9年〉9月19日 - )は、日本の女優、ファッションモデル。韓国でも活動している。フラーム(日本)及びBHエンターテインメント(韓国)所属。 1997年9月19日千葉県君津市出身。田んぼが広がるのどかな風景に囲まれた地域で幼少期を過ごす。4歳と2歳年上の…
57キロバイト (7,779 語) - 2022年9月26日 (月) 08:42
ゆりやんさんもすごいけど、唐田さんも剛力さんもパッと見て太った感じが分かります。体が大きいと思いました。見てみたいです。

1 jinjin ★ :2022/10/05(水) 21:22:52.90ID:CAP_USER9
唐田えりかがプロレスラー役に挑戦!椅子で殴られ首締めシーンでNG連発
現場に響く本気の悲鳴


「ゴタゴタ言ってるヤツは全員ぶっ*ゾ!」

ドスの利いた声で威嚇する、ゆりやんレトリィバァ。
9月中旬、千葉県の市民体育館では、ドラマ『極悪女王』の撮影が行われていた。


東出昌大との不倫発覚から本格復帰

「'80年代の女子プロレスを描いた作品で、'23年にNetflixで配信予定です。ゆりやんは“最凶ヒール”として人気だったダンプ松本役。ライバルのアイドルレスラー『クラッシュギャルズ』のライオネス飛鳥役を剛力彩芽さん、長与千種役を唐田えりかさんが演じます」(映画ライター)


唐田といえば'20年に、東出昌大との3年間にわたる不倫が発覚。
出演を予定していたドラマを降板して休業していたが、活動を再開した。

「'21年9月に公開された短編映画で約1年半ぶりに復帰。今年11月公開の映画『の方へ、流れる』では主演を務めています。『極悪女王』でも主人公のライバル役ですから、晴れて“本格復帰”ということになりますね」(同・映画ライター)

女子プロレスラーを演じるために、出演者は体重を増やして肉体改造。
ゆりやんは一時、45kgものダイエットに成功したのに、また30kg増やしての役作りだった。

「ゆりやんはさすがのド迫力。顔のちっちゃい剛力さんもすぐにわかりましたが、唐田さんはショートヘアだし以前とは違うムッチリした体形で、すぐには気づきませんでした。こういうハードな役もやらなきゃいけないほど、仕事を選んでいられないのかな……」(撮影に参加したエキストラ)

撮影現場での唐田の様子は、まさに“踏んだり蹴ったり”だったという。


チェーンで首を絞められる場面も“忠実に再現”

「この日の撮影では、唐田さんは頭を踏まれたり、椅子で殴られたり。剛力さんも髪の毛をつかまれて、観客席の椅子に向かって頭から突っ込むシーンでした。激しすぎて、エキストラからは本気の悲鳴が上がっていました」(会場スタッフ)

とはいえ、カメラが回っていないときは和やか。
休憩時間には、ゆりやんが廊下でプロレスごっこに興じる場面も。

「唐田さんは悪役レスラーの女優のひとりと、お弁当を食べながら楽しそうに談笑していました。スタッフひとりひとりの名前を覚えてくれているので、評判もいいですよ」(撮影スタッフ)

唐田が演じる長与千種は、実際いつもダンプ松本に痛めつけられていたので、撮影でもボコボコにされるシーンが多くなる。

「長与がダンプ松本に、チェーンで首を絞められる場面も忠実に再現していました。唐田さんがNGを出されてしまい、何度も撮り直しに。合計8回ほど首を絞められて、グッタリとしていましたね。でも、弱音も吐かずに本気でぶつかっていて、根性あるなと」(前出・エキストラ)

ダンプが乗り移ったように強烈な技を繰り出すゆりやんに気合で対抗。

「体力的にもキツいシーンが続きましたが、撮影の合間にはケロッとした様子で、ほかの女優さんとリングから足をブラブラさせて笑っていました」(前出・撮影スタッフ)

女優としての新たな覚悟を見せた唐田。
不倫騒動でついた“極悪イメージ”は、身体を張って吹き飛ばせ!


https://news.yahoo.co.jp/articles/bc1fed7cbec36cfee0c7dae33fa6a764d30a9bee

(出典 i.imgur.com)


(出典 i.imgur.com)


(出典 i.imgur.com)

【唐田えりか ドラマで長与千種役に 体重増量で肉体改造 試合を忠実に再現もNG連発】の続きを読む

このページのトップヘ