俳優


佐藤 (さとう たける、1989年〈平成元年〉3月21日 - )は、日本の俳優、YouTuber。本名同じ。 埼玉県岩槻市(現在のさいたま市岩槻区)出身。Co-LaVo所属。 埼玉県立越谷北高等学校卒業。高校2年時に初めて訪れた原宿でスカウトされ、アミューズに所属。2006年、テレビドラマ『プリン
82キロバイト (10,187 語) - 2022年8月15日 (月) 15:47

(出典 images.microcms-assets.io)


『電王』で共演してましたね。「満島さん出てる!」と驚きました。満島さんは『悪人』の演技が好きです。確かに目が怖いというか、目力があります。

1 湛然 ★ :2022/08/19(金) 05:23:56.15ID:CAP_USER9
佐藤健、満島ひかりの印象は「怖くてめんどくさい人」だった
2022/08/19 02:05 Written by Narinari.com編集部
https://www.narinari.com/Nd/20220873722.html

(出典 cdn.narinari.com)



俳優・佐藤健(33歳)が、8月18日に放送されたラジオ番組「ヴォイスミツシマ」(NHKラジオ第1」出演。女優・満島ひかり(36歳)について「怖くてめんどくさい人っていうイメージだった。マジでハッピーな人で驚きました」と語った。

佐藤は満島とNetflixオリジナルドラマ「First Love 初恋」で初共演したが、「僕は、今回初めて共演させて頂いて、まあ正直、結構印象と違うな、と。もっとね、なんていうんですかね、怖くてめんどくさい人っていうイメージだった。マジでハッピーな人で驚きました。それってみんな知ってるの? みんなどう思ってるの? ひかりちゃんのことを」と、満島に対して抱いていたイメージと、実際の満島の人となりとの違いについて語る。

満島は佐藤の言葉に笑いながら「私の世間のイメージってわからない。でも言われる。健くんみたいに年下の男の子の方が悪いイメージのこともポンと話してくれるから。『怖くてめんどくさい』『ストイック』とか『ワガママ』みたいなのはよく……。でも会ったら違ったって言われることがあるけど。なんだろう、なんのイメージなんだろうね。自然に生きすぎているとまずい人のように見えるのかな?」

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

【佐藤健 満島ひかりの印象は 「怖くてめんどくさい人っていうイメージだった」】の続きを読む


清原 果耶(きよはら かや、2002年〈平成14年〉1月30日 - )は、日本の女優、ファッションモデル、歌手。本名同じ。 大阪府大阪市出身。アミューズ所属。「アミューズオーディションフェス2014」グランプリ。ファッション雑誌『Seventeen』、『nicola』元専属モデル。所属レーベルはColourful
89キロバイト (11,577 語) - 2022年8月18日 (木) 00:40

(出典 www.ntv.co.jp)


原作読みました。イメージに合っていていいと思います。清原さんが、主人公の繊細さをどう表現するのか見てみたいです。

1 湛然 ★ :2022/08/18(木) 05:27:06.16ID:CAP_USER9
2022-08-18 05:00 ORICON NEWS
清原果耶、日テレドラマ初主演 『霊媒探偵・城塚翡翠』実写化&原作オマージュのビジュアル解禁
https://www.oricon.co.jp/news/2246158/full/
10月スタートの新日曜ドラマ『霊媒探偵・城塚翡翠』に主演する清原果耶 (C)日本テレビ

(出典 contents.oricon.co.jp)


(出典 contents.oricon.co.jp)



 俳優の清原果耶が、10月スタートの日本テレビ系連続ドラマ『霊媒探偵・城塚翡翠』(毎週日曜 後10:30)に主演することが決定した。相沢沙呼氏による累計50万部突破の大ヒット小説『medium 霊媒探偵城塚翡翠』(講談社文庫)を実写化。同局連ドラ初主演となる清原は、犯人が視えるヒロイン・城塚翡翠(じょうづか・ひすい)役に起用された。

 同ドラマは“霊が視える”という能力を持つ翡翠が、死者からのヒントを頼りに「霊媒探偵」として難解な事件と向き合っていく物語。霊視によって犯人を特定するも、証拠能力がないため、誰からも信じてもらうことができない翡翠。では、一体、どんな方法で事件を解決に導いていくのか。緻密に構成されたストーリーは、あっと驚く展開へとつながっていく。

 原作は「このミステリーがすごい!2020年版」(国内編)1位をはじめ、「2020本格ミステリ・ベスト10」1位、「2019年SRの会ミステリーベスト10」1位、「第20回本格ミステリ大賞」受賞、「2019年ベストブック」選出など、ミステリーランキングを総ナメにした話題作を連ドラ化する。

 このほど、人気イラストレーター・遠田志帆氏が描いた原作表紙イラストをオマージュした清原の撮り下ろしショットも解禁。翡翠の“犯人が視える”翠(みどり)色の瞳や、手に巻かれたスカーフまでが再現されたこだわりのビジュアルとなっている。

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

【清原果耶 『霊媒探偵・城塚翡翠』実写ドラマ化で主演 ビジュアル公開】の続きを読む


鈴木 亮平(すずき りょうへい、1983年3月29日 - )は、日本の俳優。兵庫県西宮市出身。ホリプロ所属。身長186cm。 西宮市立津門小学校高学年の頃、アニメを観て声優に憧れた。児童会長を務めていた小学校6年の時に、1995年1月17日の阪神・淡路大震災に遭遇する。震災後に亮平
60キロバイト (7,751 語) - 2022年8月3日 (水) 17:28

(出典 www.crank-in.net)


肉体は完璧たけど、雰囲気は違うような。でも、鈴木さんは『変態仮面』もやれる位、演技の振り幅が大きいから、クールも3枚目もどちらもいけそうです。

1 jinjin ★ :2022/08/18(木) 00:31:44.30ID:CAP_USER9
鈴木亮平の大願成就!
実写版「シティーハンター」で冴羽獠役オファー


夢が叶った――。俳優・鈴木亮平(39)が人気漫画「シティーハンター」の実写版に主演することがわかった。

ネットフリックスで来年以降に映像化されるという。


北条司氏原作で1985年に「週刊少年ジャンプ」で連載開始。
87年にはアニメ放送がスタートし、シリーズ全140話、スペシャル作品3作、劇場版3作が製作された。

フランスでも大人気で、2019年にひと足早く実写版「シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション」が公開され、人気を博した。


鈴木が演じるのは主人公の冴羽獠。
無類の女好きだが、いざという時に世界一の銃撃テクニックを発揮するスイーパー(始末屋)だ。
ヒロインの槇村香は女優の森田望智(25)で内定しているという。


鈴木にとってシティーハンターの冴羽獠役は悲願だ。
10年以上も前から、インタビューなどで〝やりたい役〟を聞かれては「冴羽獠」と即答。

子どものころからの憧れで、いずれ大役を任される日が来ると確信し、日々生きていることを明かしていた。


「鈴木さんの役者人生において唯一無二の役です。オファーが来た時は全身で喜びを表現したそうです。冴羽獠は二枚目と三枚目のキャラが共存しており、これも鈴木さんに通ずる部分があるとか。撮影はこれからのようですが、気合十分ですよ」(ドラマ関係者)


人気漫画の実写化ではキャスティングをめぐって物議を醸すことが多々あるが、鈴木はかねて愛を叫んできただけに、異論はなさそう。
公開が今から楽しみだ。


https://news.yahoo.co.jp/articles/45982bfd890170b692f87807893214f32cc15b03

【鈴木亮平 『シティーハンター』実写化で 主人公・冴羽獠役に!】の続きを読む


橋本 環奈(はしもと かんな、1999年〈平成11年〉2月3日 - )は、日本の女優。福岡県福岡市出身。ディスカバリー・ネクスト所属。 二卵性の双子として生まれ、双子の兄と7歳上の兄がいる。パイプオルガン奏者の諸岡亮子は伯母にあたる。 2007年(小学3年生当時)、「テレビに出たい」と思い、母に頼
209キロバイト (24,292 語) - 2022年8月5日 (金) 06:39

(出典 www.crank-in.net)


仲いいんですね。環奈ちゃんはよく美波ちゃんのことを話してますしね。楽しそう!ディズニーシーに行きたいです。

1 ひかり ★ :2022/08/17(水) 21:44:20.05ID:CAP_USER9
 女優の橋本環奈(23)が17日、自身のツイッターを更新し、女優の浜辺美波(21)とのツーショットを公開した。

 橋下は「カンナとミナミの夏休み 笑 めっちゃ暑かったなぁ~ 楽しかったなぁ~」とつづり、浜辺と東京ディズニーリゾートを楽しむ様子をアップ。橋本は「美女と野獣」に登場するベルのカチューシャ、浜辺は「リトルマーメイド」に登場するアリエルのカチューシャを身につけて、仲むつまじい姿を見せた。

 さらに「何か変な人(浅川梨奈)に遭遇したなぁ~」とコメントし、女優の浅川梨奈を含めた3ショットも投稿した。

 このツイートに「このふたりがディズニーやばい!!!」「カンナとミナミ美しすぎる…」「最高なんですけど」「天使と天使が夢の国に行ってるだと…?!」「美少女しかいない」「尊いの極み」と反響が寄せられ、わずか10分で「いいね!」が1万5千件を超えるなど話題となった。

スポニチ

https://news.yahoo.co.jp/articles/160d745cf03728d9b57b28321f39a8b2629ad407

(出典 www.sponichi.co.jp)


(出典 www.sponichi.co.jp)


(出典 www.sponichi.co.jp)


(出典 www.sponichi.co.jp)

【橋本環奈 浜辺美波とディズニーデート 仲良しショットに大反響】の続きを読む


松重 (まつしげ ゆたか、1963年1月19日 - )は、日本の俳優。ザズウ所属。 西南学院高等学校、明治大学文学部文学科卒業(演劇学専攻)。 かつては東京サンシャインボーイズ、蜷川スタジオに参加していた。 中学生の時、友達が持っていたセックス・ピストルズのレコードを聴き、パンクロックなどの激しい
102キロバイト (13,622 語) - 2022年8月14日 (日) 06:12

(出典 fu3-akaneko.com)


同い年だったんですね。高校生になってバイト代で『THE BLUE HEARTS』のCD買いました。今も大切に持ってます。

1 湛然 ★ :2022/08/17(水) 05:21:56.00ID:CAP_USER9
松重豊、THE BLUE HEARTSにまさかのダメ出し!?「青い心?何じゃそれ」
投稿日:2022/08/14 14:09 更新日:2022/08/14 14:09 COCONUTS
https://coconutsjapan.com/entertainment/post-86588/86588/


8月13日放送の「おげんさんのサ*ク堂」(NHK総合)では、松重豊さんが同じ店でバイトしていた甲本ヒロトさんとの思い出を明かし話題を集めました。

■松重豊、甲本ヒロトに伝えた事とは?

松重さんは、過去に甲本さんと共に中華料理屋「珉亭」でアルバイトをしていた事がありました。

甲本さんは伝説のロックバンド・THE BLUE HEARTSの元メンバーで、現在はザ・クロマニヨンズとして活動中。また、松重さんが甲本さんと出会ったのはTHE BLUE HEARTSを組む前だったとのこと。

今回の番組で、星野源さんが「BLUE HEARTSが生まれる前から知ってて、THE BLUE HEARTSが出てきた時ってどんな感じだったんですか?世の中って」と当時について尋ねます。

すると、松重さんは「モッズ系のバンドとかビート系のバンドとかブリティッシュロック系のバンドとかいたんだけど…。すごくやっぱり歌詞の力とかそういうのを持って、バンと音楽ってああこういうのだよねっていうのをやっぱりまざまざと見せつけてくれるのはああTHE BLUE HEARTSすげえなと思いましたけど」とTHE BLUE HEARTSの登場に衝撃を受けた事を明かします。

■松重豊、THE BLUE HEARTSにまさかのダメ出し!?「青い心?何じゃそれ」

一方で、松重さんは「でも最初に更衣室でね、今度のバンドはこういう名前じゃってヒロト君に見せられた時『ブルー?かっこ悪いなブルー』って言ったのは覚えてます『青い心?何じゃそれ』って言ったのは覚えてる」とTHE BLUE HEARTSというバンド名はダサいと思った事を告白。

そんな当時を明かし「基本的に見る目がないんですよ、僕は。若い頃から…」と松重さん。続けて「三谷(幸喜)さんとかと一緒に芝居やりながらもこの人は才能ないなと思ってたら全然違う道いっちゃってるし。何かね、結構見る目ないんですよ僕」と過去の自分の発言を反省します。

また、星野さんが「でもそのダサいなって言った時ヒロトさん何て言ってたか覚えてます?」と尋ねると、松重さんは「いや覚えてないけど『いいんじゃこれで』みたいな事言ってたんじゃないかな。あの人は全く変わんないんで」とコメント。

このタイミングで、THE BLUE HEARTSの『未来は僕らの手の中』『ダンス・ナンバー』がオンエアされると、星野さんは「ヒロトさんもそうですし真島(昌利)さんの曲だったり歌詞とかが本当に世代関係なく響いてくる。今の若い人がBLUE HEARTS聴いて感動してるの見ると、すごい時代関係なく聴かれる音楽ってすごいな。改めて思います」と語ります。

続けて、松重さんは自虐交じりに「かっこ悪い名前だなって言った。俺の先見の明の無さ」と話し、笑いを誘いました。

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

【松重豊 “THE BLUE HEARTS”のバンド名に 「ダサい」「青い心?何じゃそれ」】の続きを読む

このページのトップヘ