お笑い


松本 人志(まつもと ひとし/1963年〈昭和38年〉9月8日 - )は、日本のお笑いタレント・漫才師・司会者・映画監督・作家・コメンテーター。兵庫県尼崎市出身。お笑いコンビ・ダウンタウンのボケ・ネタ作り担当。相方は浜田雅功。愛称は松っちゃん(まっちゃん)。妻は元タレントの伊原凛。吉本興業東京本部所属。(ペンや箸を持つ時は)左利き。
59キロバイト (7,778 語) - 2022年8月5日 (金) 11:42

(出典 news.mynavi.jp)


その分、生徒になめられる教師も悲惨でしたね。中学3年の時に担任のえこひいきが目に余り、クラス全員で授業をボイコットしたことがあります。最後は謝ってましたけど。いい先生もいて、今でも年賀状のやり取りが続いています。

1 伝説の田中c ★ :2022/08/17(水) 19:43:21.53ID:CAP_USER9
 お笑いコンビ「ダウンタウン」松本人志(58)が、13日放送の日本テレビ系「ダウンタウンのヤバイ昭和の世界!」(後7・00)にMCとして出演し、少年時代の忘れられない教師について語った。

 番組では、今では考えられない昭和の常識を、昭和世代とZ世代に分かれて振り返り、世代間ギャップについてトーク。学校にまつわる話題では、生徒に体罰を加える教師の姿がVTRで再現された。

 松本が実際に体験した教師とのエピソードも、再現VTRで披露された。「松本、お前、俺のことなめてるやろ」と言いがかりをつけられ、殴られたという。また、その教師はクラスの生徒たちに向けて「言うといたる。お前らどんな夢あるか知らんけど、この中のほとんどが不幸になるからな」と、信じられない暴言を吐いていたことも再現された。

 このエピソードは、松本が中居正広とダブル主演した00年放送のドラマ「伝説の教師」でも採用された。教師役の松本が、「お前らのほとんどの者が不幸になるわな」と吐き捨てるという場面だった。

 相方・浜田雅功から「あの言葉は松本さんの中でインパクトがあったってことですか?」と聞かれた松本は「夢を捨てろってことやろな。ビンタされて鼓膜破れる子とかいたもんね」と回想。Z世代メンバーから驚きの声が上がった。

 昭和世代メンバーの清水ミチコは「親も“うちの子が悪いんです”って言うもんね」と、当時の親のあるあるな対応を告白。「麒麟」川島明は、「うちの地元は、前日タイガースが負けたら(教師に)全員、ビンタされてましたもんね。阪神ファンすぎて。阪神ファンやから、とりあえず機嫌悪くて、とりあえず立てって男子全員ビンタ。俺、*気でタイガース応援してましたから」と、信じられないエピソードを明かしていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/56ad2efc88ac5ee4e99659164bd1f5b311c28750

【松本人志 『伝説の教師』で採用された 昭和の教師のひどすぎる暴言】の続きを読む


松本 人志(まつもと ひとし/1963年〈昭和38年〉9月8日 - )は、日本のお笑いタレント・漫才師・司会者・映画監督・作家・コメンテーター。兵庫県尼崎市出身。お笑いコンビ・ダウンタウンのボケ・ネタ作り担当。相方は浜田雅功。愛称は松っちゃん(まっちゃん)。妻は元タレントの伊原凛。吉本興業東京本部所属。(ペンや箸を持つ時は)左利き。
59キロバイト (7,778 語) - 2022年8月5日 (金) 11:42

(出典 www.crank-in.net)


今でもたまに使われる『ぶりっ子』は山田邦子さん、『バツイチ』は明石家さんまさんのように、造語を生み出す芸能人もいます。まっちゃんはそれとは違う、埋もれてた言葉をタイミングよく放り込んで、定着させたんですね。

1 伝説の田中c ★ :2022/08/18(木) 19:43:02.55ID:CAP_USER9
 お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(58)が、13日放送の日本テレビ系「ダウンタウンのヤバイ昭和の世界!」(後7・00)にMCとして出演し、自身が広めたと言われる言葉の数々について語った。

 番組には「さまぁ~ず」三村マサカズ、「フットボールアワー」後藤輝基ら、松本と近い芸人たちがVTR出演。松本のワードセンスについて証言した。

 三村はギャグがウケなかった時に使う「スベる」という表現を、初めて聞いたのが松本からだったと回想。「関東では言ってなかったと思う。松本さんの功績ですよね、それは。全国の人がスベるって言うじゃないですか?」と指摘した。後藤も「ドヤ顔」という言葉を発信したのは松本ではないかと推測。「06年のM-1で漫才が終わって、“松本さん、感想お願いします”という時に、松本さんが“後藤君ね。突っ込んだ後にドヤ顔で僕のことを見るのやめてもらえますか?”って(言われた)」と振り返った。そのほか、「ココリコ」遠藤章造は下ネタ要素のない「SとM」という表現を、「ハイヒール」モモコは「引き出し」という表現を、ともに松本発信で初めて聞いたと証言した。

 さらに番組調べでは、「かぶる」「グダグダ」「空気を読む」「ハードルを上げる」など、常用されている表現の数々が、松本から発信されている可能性があるとした。

 松本は「(もともと)ない言葉じゃなくて、あったんでしょうけど、あんまりそんなふうに使わなかった言葉とか。グダグダとかは普通、グズグズって言ってた。俺の感覚では、グズグズよりグダグダの方がもっとグズグズな感じがする」と、自身の感覚を説明した。

 数々の言葉が生まれる瞬間を最も多く見ているとみられるのが、相方の浜田雅功。「前からある言葉でも、全然使ってなかったから、(松本が)言い出したということがもうスタート。俺らはちらっと大阪で聞いてたけど、そこから聞かへんようになった言葉を、ええ使い方してた。“ここでこの言葉使う?”みたいな」と、松本の言葉の魔術に舌を巻いた。

 松本は「俺が広めたとは思わへんけど、レジェンドだなとは思う」と笑わせつつも、「ちょっともう、このコーナーやめない?」と照れていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/01e68b0df7df14434f887743fed5b0e7af6937f2

【松本人志 最初に広めた? 『スベる』『ドヤ顔』 ワードセンスに浜田雅功も舌を巻く】の続きを読む


加藤 浩次(かとう こうじ、本名:加藤 浩二、1969年〈昭和44年〉4月26日 - )は、日本のお笑いタレント、俳優、司会者。お笑いコンビ・極楽とんぼのツッコミ担当。相方は山本圭壱。身長177cm。 北海道小樽市出身。小樽ふれあい観光大使。 吉本興業(東京吉本)との専属マネジメント契約→エージェ
59キロバイト (8,547 語) - 2022年8月14日 (日) 23:51

(出典 hochi.news)


知り合いでもない集まりに来てくれと言われて簡単に行っちゃうものなんですね。知りませんでした。

1 ひかり ★ :2022/08/18(木) 14:04:59.98ID:CAP_USER9
 お笑い芸人の加藤浩次(53)が18日、司会を務める日本テレビ系「スッキリ」に出演。自民党の萩生田光一政調会長と生稲晃子参院議員が参院選の公示前の6月に世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の関連施設を訪問していたことに関する両議員側の説明に「どこに行くのか調べないんですか?」と疑問を呈した。

 番組では、6月に八王子駅前で遊説していた生稲氏と、応援演説に駆けつけた萩生田氏がその後に旧統一教会の関連施設を訪問していた件を取り上げた。萩生田氏は事務所を通じ「聴衆の方から『近くで仲間が集まっているのでお話を聞かせてもらえないか?』と申し出があり、スタッフが調整したと聞きました。突発的な日程に(生稲)候補者も不慣れだったため、現場にいた私も同行しました」と説明。生稲氏の事務所も「新人の立場ですので、より多くの方に政策を聞いていただきたいという思いでスタッフが判断しました」と説明したという。

 こうした両議員側の説明に、加藤は「(聴衆からの申し出が)あったとし、どこに行くのか調べないんですか?フラッと行くんですか?人がみんな集まっているからって聞いて、参院選に立候補している人間がその団体も調べずに、人が集まっているからってフラッと行きます? それ、絶対に調べますよね」と疑問を投げかけた。

 また、番組では萩生田氏が八王子市議だった1991年から教団と関係があったとする現役信者の証言も紹介。旧統一教会の問題に詳しい元参院議員でジャーナリストの有田芳生氏は「これ実はスクープなんですよ。これまで萩生田さんは衆議院選挙に落選した2009年くらいから教団と関係があるのではと見られていた」とし、1992年に同教団の国際合同結婚式や霊感商法が話題となり、各メディアで大きく取り上げられるなど社会問題となったことに触れ、「市会議員をやっていた萩生田さんが知らないわけはないんですよ」とした。

 また有田氏は自身が参院選に立候補した経験から、「本当に朝から夜まで*リのスケジュール。そんなときに聴衆が『近くで人が集まって話をしてるから来て』と言ったとしても、それが何の集まりかと聞きますよね、普通は。それが統一教会関係だったらちょっと危ないなという判断をするのが当たり前であって、それを『新人だからわからない』というのは確かにあるんだけども、横についていた萩生田さんが知らないわけはないし、ましてや1991年からの深いつながりがあるんだったら、『ああ、統一教会関連の施設なんだな。行きましょう』っていうことになっているはず」とし、両議員側の説明を「極めて不自然な説明」だとした。

日刊スポーツ

https://news.yahoo.co.jp/articles/d1ed691a273fd8437b643f8e39bf4fca28258aae

【加藤浩次 萩生田・生稲の旧統一教会施設訪問に 「フラッと行くもの?調べますよね」】の続きを読む


明石家 さんま(あかしや さんま、1955年〈昭和30年〉7月1日 - )は、日本のお笑いタレント、テレビ司会者。本名は杉本 高文(すぎもと たかふみ)。番組企画や構成等では、本名名義でクレジットされることもある。吉本興業所属。 和歌山県東牟婁郡古座町(現在の串本町)生まれ、奈良県奈良市出身。
139キロバイト (19,568 語) - 2022年8月13日 (土) 18:51

(出典 www.fujitv.co.jp)


一般と比べようもないけど、こんなに長い間ひとつのことを突き詰め、トップに居続けられるのはすごいことです。普通では考えられない苦労もあるでしょうが、極めた人であることは間違いないと思います。

1 伝説の田中c ★ :2022/08/16(火) 19:52:50.37ID:CAP_USER9
 明石家さんまらが、8月10日放送の『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)で『ONE PIECE』の作者・尾田栄一郎氏の自宅を訪問し、禁断の質問をぶつけた。

 かまいたち・山内健司が「尾田さんと、さんまさん、どっちが貯金あるんですか?」と質問。

 さんまは「尾田」と予想して「当たり前や。桁が違う」とコメント。山内、EXITらに「芸人辞めて、漫画家になれ!」と呼びかけた。

 尾田氏は「本当にお金に興味なくて。(貯金額)知らない」と明*と、さんまも「明細書見ない」と同じ感覚であることに同意した。

 尾田氏の家には、52万円のブルース・リーの胸像などがあり「バカみたいなことでお金をもらっているから、バカみたいなことにお金を使おう」と告白。

 尾田氏はさんまとLINEする仲で「夜中にLINEするとすぐ返ってくる」と明かした。LINEのやり取りで、尾田氏が血圧が高いことを知ったさんまは「手首式血圧計」をプレゼントしていた。

 また、挫折経験を聞かれると尾田氏は「あんまりない。ないように、必死にやっている」と返答。さんまも「忙しいから、挫折する暇ないと思うねん。俺も挫折する暇なかった」と、思わぬ共通点を見出していた。

 さらに尾田氏は「挫折したら、打ち切りになるので」と返していた。

 さんまと尾田氏の話に、SNSでは大きな反響が寄せられた。

《尾田先生とさんまさんめっちゃ仲良しだなぁ》

《尾田栄一郎とLINEのできるさんまさん羨まし過ぎる 神とLINEだなんて》

《尾田先生が血圧高いのを気にしている話。気にしてよいと思う。座りっぱなしで描き続け大動脈乖離や脳梗塞を発症した漫画家の方が過去何人いたか。さんまさんが贈った携帯血圧計。素敵な贈り物。家族のために長生きして、ずっと健康で仕事に取り組んでほしい》

「番組内で、尾田さんは妻子について『週に1回しか会わない』と告白。『家族に会うとフニャっとなっちゃって、仕事ができない』というのが理由だそうです。

 妻が登場キャラのナミに似ているという説には『漫画家は好みの女性を描く。ヒロインに似た人と結婚する』とコメントしました。

『ONE PIECE』連載終了後については『旅しまくり。ルフィたちばっかり旅行して。今度は僕が』と話していました」(芸能ライター)

 漫画とお笑い、世界は違えど、トップを行く2人には共通点も多い。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f6da8f4b0b7c1468777acb9d67198b8fd8c366d9

【さんま&尾田栄一郎 トップランカーの2人に共通する価値観】の続きを読む


有吉 弘行(ありよし ひろいき、1974年〈昭和49年〉5月31日 - )は、太田プロダクションに所属する日本のお笑いタレント・司会者。妻は夏目三久。 コンビ『猿岩石』の元ボケ・ネタ作りを担当。広島県安芸郡熊野町中溝出身。身長172cm・体重62kg、血液型A型。広島県観光大使、東京銀座の広島県ア
79キロバイト (11,712 語) - 2022年8月13日 (土) 18:47

(出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)


私も挫折しました。単行本派なので、何ヵ月か経つと、もう一度前の巻を読み直さないと話の続きが分からなくなってしまうようになりまして。70巻あたりからもう一度読まないとついていけなくなってます。

1 フォーエバー ★ :2022/08/14(日) 20:32:29.66ID:CAP_USER9
8/14(日) 19:10配信

TOKYO FM+
(左から)和賀勇介、有吉弘行、松崎克俊

有吉弘行がパーソナリティをつとめるラジオ生放送番組「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」。8月7日(日)の放送は、アシスタントに和賀勇介と松崎克俊を迎えてお送りしました。

有吉は「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中の人気マンガ「ONE PIECE」が最終章に突入したことに触れ、和賀と松崎に「ONE PIECE」を読んでいるかどうか聞いてみると、2人とも“NO”。これには「信じられないけどね!」と驚きを隠せない様子の有吉。

松崎はいわゆる“日常系”と呼ばれるマンガを読んでいるようで、有吉が「ああいうのはどこがいいの? ほのぼのするところ?」と聞くと、「ストーリーがなくても、僕が生きているこの世界のどこかに(マンガの)キャラクターたちもいるんじゃないか、って思えるのが好きなんですよね」と力説します。

一方、和賀は普段からあまりマンガを読まないものの、「ONE PIECE」は途中まで読んだことがあると告白。それを聞いた有吉が「どこで読むのをやめたの!?」と不思議そうにしていると、和賀は「(デンジャラスの)安田(和博)さんと一緒でエースが*だところ」と回答。これに有吉は「エースが*でからなんて、もう感情移入してずっと読んじゃうけどね。おかしいな……」と信じられない様子。

和賀が「そこで止まっているので、(今から読んでも)もう追いつけないかも……」とつぶやくと、有吉も「追いつかないだろうね。(『ONE PIECE』の連載が開始した時期が)俺が仕事を始めたのと同時期ぐらいだから、もう30年ぐらいやっているもんね」としみじみ語り、「まあいいですよ、好きにやってください。みなさん」と、後輩2人が「ONE PIECE」を読んでいないことにガッカリする有吉でした。

(「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」8月7日(日)放送より)

https://news.yahoo.co.jp/articles/b297f77fae670160a9e1aa84b6d4b17f0a34e025

【有吉弘行 後輩が『ONE PIECE』を途中で挫折にがっかり 「好きにやってください」】の続きを読む

このページのトップヘ