歌手


氷川 きよし(ひかわ きよし、1977年〈昭和52年〉9月6日 - )は、日本の演歌歌手。2000年デビュー。 本名は山田 清志。一部で「kiina」という名前を使用することがある。身長178cm。体重62kg。血液型はA型。レコード会社は日本コロムビア、芸能事務所は長良プロダクションに所属。
71キロバイト (5,163 語) - 2022年7月21日 (木) 08:21

(出典 buzzterr.com)


人間そうやって生きれたらどんなにいいでしょう。LGBT如何にかかわらず、殆どの人は裏表を使わずには生きていけないです。でも自分の中では、精神的にも裏表のない人間でありたいと思います。

1 爆笑ゴリラ ★ :2022/08/14(日) 12:33:17.18ID:CAP_USER9
2022年8月14日 12時5分スポーツ報知

 歌手の氷川きよしが14日までに自身のインスタグラムを更新し、最新ショットを公開した。


 鮮やかなグリーンのパンツにサンダルコーデを披露。その立ち姿からは美しいスタイルが際立ち、「表と裏。表裏一体って言葉が好きなの。表と裏がない人でいたいの。」と“意味深”投稿。続けて「いよいよ初のふるさと博多座。みなさんを毎日待ってます。by kiina」と意気込みをつづった。

https://hochi.news/articles/20220814-OHT1T51030.html

(出典 hochi.news)


(出典 hochi.news)

【氷川きよし 最新おしゃれコーデ披露 「表と裏がない人でいたいの」】の続きを読む


中森 明菜(なかもり あきな、1965年(昭和40年)7月13日 - )は、日本の歌手、女優。本名同じ。1982年5月1日デビュー。1980年代を代表する女性アイドル歌手であり、数多くのヒットナンバーを世に送った。アイドルの当たり年と言われた1982年のデビューで、「花の82年組」の1人であった。
117キロバイト (14,464 語) - 2022年8月5日 (金) 20:58

(出典 cdfront.tower.jp)


出てくれるなら出て欲しいです!たけど、明菜ちゃんは出ないんじゃないかな。ストイックな人だし、妥協はしないと思います。

1 jinjin ★ :2022/08/12(金) 23:02:35.92ID:CAP_USER9
NHKが中森明菜「紅白出演」画策中…“1989伝説ライブ”高視聴率に上層部ビックリ、現実度は?


NHKが“幻の歌姫”中森明菜(57)を担ぎ出そうと躍起になっているという。
大みそかに放送される紅白歌合戦に、どんなスタイルでも構わないという条件で出演を打診しているというのだ。

明菜にとっては、文字通り「最後のテレビ出演」になったのが2014年のNHK紅白だった。


さる音楽プロデューサーはこう話す。

「当時、サプライズゲストとして出演し、大いに盛り上がった。その後も歌手として活動していたが、2017年12月に行ったクリスマスのディナーショーを最後に一度も公の場には出てきていません。持病の帯状疱疹が再発したためと言われています」


■想像以上の数字にニンマリ

明菜が活動を休止してからすでに4年以上経過している。
今回、NHKが明菜に再び接触を始めた理由は視聴者の声に応えようとしたからだという。

「今年の5月1日にデビュー40周年を迎えた明菜をフューチャーするためにNHK-BSプレミアムとBS4Kで『中森明菜 スペシャル・ライブ1989 リマスター版』(4月OA)を放送したんです。ところが番組終了後、再放送を望む視聴者からの声が多数寄せられ、急きょ、先月9日にNHK総合テレビで放送されたのです」(キー局関係者)


ちなみに放送された音源は、ファンの間では“伝説のライブ”と呼ばれているもので、デビュー時からのシングル曲だけを全て歌ったファン垂涎のコンサートだ。

「しかも、明菜が当時、交際していた近藤真彦の自宅マンションで自殺未遂騒動を起こす直前のライブで、歌手として一番、勢いがあったころの映像です」(スポーツ紙芸能担当記者)


視聴者のリアクションに加え、NHK上層部をさらに驚愕させたのがその視聴率だった。

「当初、NHKは6月19日に再放送を予定していた。しかし、石川県能登地方で発生した地震の影響で7月9日に延期されたんです。しかも、放送時間は土曜日の夕方の4時半~。ところが世帯視聴率4.6%、個人視聴率2.3%(共に関東地区)と想像以上の数字を獲得した。本来、この時間帯は世帯視聴率2~3%台。同じ音楽番組の『MUSIC FAIR』(フジ系、7月9日午後6時~OA)やNHK特番『KinKi Kidsの25周年 MUSIC SPECIAL』(7月7日午後10時~OA)も世帯視聴率は4.6%と同数字です。NHKにしてみたら過去の音源をただOAしただけで、コスパもいいうえに視聴率も取れた。これは、紅白に出場させれば……とソロバンをはじいたわけです」(前出のキー局関係者)


■現状つながりがあるテレビ局はNHKだけ

しかし、気になるのは明菜の現状。現在、どうしているのか。

「体調は徐々に回復しているようです。作詞作曲やボイストレーニングを始めたという噂もある。仮にNHKサイドが事前収録などの条件をのめば、紅白出演はあり得ると思います」(芸能プロ関係者)


NHKホールのリニューアル工事も終了。
現状、テレビ局で明菜とつながりがあるのはNHKだけだというから、“隠し玉”ではなく、堂々と目玉歌手として出場を果たしてほしいが、さて。


https://news.yahoo.co.jp/articles/83b26a966304d3080832071eaf5ae1418f019444

【中森明菜 NHKが紅白出演画策中 “伝説のライブ”が高視聴率も 実現度は?】の続きを読む


Ado(アド、2002年〈平成14年〉10月24日 - )は、日本の女性歌手。所属事務所はクラウドナイン。所属レコード会社はUNIVERSAL MUSIC JAPANで、所属レーベルはVirgin Music。「令和の歌姫」の一人とされる。 小学1年生の頃から父親のパソコンでVOCALOID楽曲を
36キロバイト (3,330 語) - 2022年8月12日 (金) 00:15

(出典 visual-matome.com)


Adoさんのライブは行ってみたいです。以前『初耳学』で林先生との対談を見て、その人となりがとても素晴らしくて、好きになりました。

1 フォーエバー ★ :2022/08/12(金) 17:46:58.74ID:CAP_USER9
[ 2022年8月12日 05:30 ]

ボックスの中で手を上げて歌うAdo
Photo By 提供写真
 「歌い手」として活動しているAdo(19)が11日、自身2度目のライブをさいたまスーパーアリーナで行った。観客数は2万人で、800人だった初開催時の25倍。ミュージカル女優のような感情表現豊かなパフォーマンスで大観衆を魅了した。
 2020年10月のメジャーデビュー曲「うっせぇわ」の大ヒットに続く「踊」「ギラギラ」のヒットで、昨年最もブレークしたと言われる新星。一方で、テレビ番組で歌ったことはなく、ベールに包まれた活動スタイルで知られる。この日、2度目の公演にして大規模なアリーナ会場を超満員にしてみせた。

 「この光景を見られて幸せ。ここに立っているなんてうそみたい。もしこれが夢ならずっと覚めないでほしい」

 同じ「歌い手」と言われるアーティストのライブを見て以来、夢見てきたさいたまスーパーアリーナでの公演。まばゆいほどの映像が映し出されるスクリーンをバックに、時に長い髪の毛を振り乱し、バレエダンサーのように舞い、仰向けに倒れ込んで歌う場面も。「どうか私を目に焼きつけてください」と呼びかけ、独特の低音ボイスと抑揚をつけた歌い方で「新時代」など最新アルバム「ウタの歌」の収録曲や「うっせぇわ」など全24曲を披露した。

 4月4日に東京・台場のZepp DiverCityで開催した初ライブでは、800枚のチケットを巡って100倍以上の争奪戦に。2万枚のチケットが売り出された今公演もチケットは即完売した。

 デビュー2年足らずで夢をかなえたが「凄くうれしいのに正直怖い。どんな未来がこの先に待っているのか、この先をどう描いていこうか不安です。でもきっと大丈夫。また皆さんと一緒にかなえていきたいです」と声を震わせた。この日、大手音楽サービス「アップルミュージック」のグローバルランキングで「新時代」が世界1位を記録。勢いを増すばかりのAdoの今後から目が離せない。

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/08/12/kiji/20220811s00041000669000c.html


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
?exp=10800

【Ado 『たまアリ』ライブ 2万人を魅了 「ここに立っているなんてうそみたい」】の続きを読む


氷川 きよし(ひかわ きよし、1977年〈昭和52年〉9月6日 - )は、日本の演歌歌手。2000年デビュー。 本名は山田 清志。一部で「kiina」という名前を使用することがある。身長178cm。体重62kg。血液型はA型。レコード会社は日本コロムビア、芸能事務所は長良プロダクションに所属。
71キロバイト (5,163 語) - 2022年7月21日 (木) 08:21

(出典 www.ch-ginga.jp)


楽しそうな笑顔ですね。カート・コバーンも「偽りの自分を愛されるより ありのままの自分を憎まれる方がいい」と言っていますが、心からそうだなあと思います。自分らしくいることが、どれほど大切なことか。

1 フォーエバー ★ :2022/08/10(水) 17:36:17.50ID:CAP_USER9
2022年8月10日 15時10分スポーツ報知 # 芸能# 話題

 歌手の氷川きよしが10日に自身のインスタグラムを更新し、最新ショットを公開した。

 氷川は「スワベックに久しぶりに会えて元気出たー!3年前から一緒にお仕事をしたドイツ出身の作曲家の大好きなお友達 by Kiina」とつづり、音楽家との2ショットをアップ。氷川は首をかしげてほほ笑んでおり、「#kiinatural #キヨラー」とタグを付けた。

 氷川は6日のストーリーズに「生放送NHKライブエール観てくれた皆さま ありがとう御座いました!」とばっちりメイクし、笑顔でウインクをする様子をアップしていた。

https://hochi.news/articles/20220810-OHT1T51133.html?page=1


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
?pri=l&w=611&h=640&exp=10800

【氷川きよし 外国人音楽家との2ショット 大好きな友人に会えて 「元気でたー!」】の続きを読む


串田 アキラ(くしだ アキラ、1946年10月17日 - )は、日本の歌手。本名は串田 晃(くしだ あきら)。1980年代後半から2000年代にかけては本名で活動していた。愛称「クッシー」。神奈川県横浜市出身。未婚。 1969年、「からっぽの青春」で東芝EXPRESSレーベルよりデビュー。NHKの
28キロバイト (3,310 語) - 2022年8月6日 (土) 14:57

(出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)


以前アニソンの特集で、テレビで歌う姿を見て、なぜだかキュンとしました。串田さんが歌うアニメなどのOPは分かりませんが、声量がすごかったです。

1 フォーエバー ★ :2022/08/07(日) 22:49:46.87ID:CAP_USER9
8/7(日) 21:40配信

 1969年のデビュー以降、数多くのアニメや特撮番組の主題歌を歌い、アニソン歌手として確固たる地位を確立している串田アキラさん。70歳を超えてなお、パワフルな歌声は衰えろえを知らず、多くのファンを魅了し続けています。

【画像:ランキング26位~1位を見る】

 本記事では、串田アキラさんのアニメソングから3曲を紹介します。

●疾風ザブングル(1982年「戦闘メカ ザブングル」OP主題歌)串田あきら名義
 「疾風ザブングル」は、1982年から1983年にかけて放送されたロボットアニメ「戦闘メカ ザブングル」のOP主題歌。テロップでは串田あきらでクレジットされています。作詞は作品監督・井荻麟(富野由悠季)さん、作曲・編曲は人気作曲家の馬飼野康二さんが務めました。

 「戦闘メカ ザブングル」は重いテーマを扱いながらも、全体的にはコメディ展開が多い作品。「疾風ザブングル」からは、主人公ジロンたちが前向きに困難へと立ち向かっていく意思を感じられます。

●キン肉マン Go Fight!(1983年「キン肉マン」前期OP主題歌)
 「キン肉マン Go Fight!」は、1983年から放送されたプロレスを題材としたバトルアニメ「キン肉マン」の前期OP曲。串田アキラさんの代表曲としてはもちろん、アニソン史に残る名曲です。

 作詞は森雪之丞さん、作曲は芹澤廣明さん、編曲は川上了さんが務めました。「私は(ドジで)強い(つもり)」といったように、ダメ超人と呼ばれてなお、平和のために戦い続けるキン肉マンの姿を歌う歌詞が印象的です。

●神魂合体ゴーダンナー!!(2003年「神魂合体ゴーダンナー!!」OP主題歌)
 「神魂合体ゴーダンナー!!」は、2003年に放送された同名ロボットアニメの第1期OP主題歌です。1970年代のロボットアニメを彷彿とさせる熱いノリが特徴の曲で、作詞を桑原永江さん、作曲・編曲を渡辺宙明さんが務めました。

 「鋼の拳(けん)でバンバン 邪悪な敵をガンガン」「魂込めフルパワーでダダッ!ダダッ!ダダッ!」など、ゴーダンナーを応援する熱い歌詞が印象的ですね。

●「串田アキラ」が歌うアニメソングで一番好きなのは?
 串田アキラさんのアニメソングから3曲を紹介しました。あなたが一番好きなアニメソングはどれでしょうか?

https://news.yahoo.co.jp/articles/f920757d7325ea919d158db690e8217553e22db5

【パワフルな歌声 『串田アキラが歌うアニソン』人気ランキング! 】の続きを読む

このページのトップヘ