タレント


マツコデラックス(1972年〈昭和47年〉10月26日 - )は、日本のコラムニスト、タレント、司会者。千葉県千葉市稲毛区出身。 高校卒業後は美容専門学校に入学し、卒業後は美容業の仕事をしていたが、「何か違う」と感じていた時にアクティビストな同性愛者の姿を見て奮起し、『薔薇族』『SAMSON』『…
61キロバイト (7,563 語) - 2023年1月17日 (火) 12:07
この前『初耳学』に子宮頚がんの権威と言われる先生が出ていてなぜ難しい手術を患者が受けたがるかというと、子供の入学まではとか家族のためにというのが理由で自分のために生きたいという人がいないと話していました。やはりり人は誰かのために生きることでも力を得られるんだなあと思いました。

1 muffin ★ :2023/01/30(月) 22:23:02.67ID:3r8D6Y8v9
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2023/01/30/kiji/20230130s00041000588000c.html
2023年1月30日 19:38

 タレントのマツコ・デラックス(50)が30日、月曜コメンテーターを務めるTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜後5・00)に生出演。「どう見ても長く生きれないって分かる」と語る場面があった。

 “人生100年時代”などと言われている現代だが、健康なまま100歳になれるとは限らず、また長生きすると経済的な問題も出てくる。早く*こと。長く生きること。一体どちらが不安が大きいのか?という話題を取り上げた時だった。

 マツコは「アタシはほら、もう。どう見ても長く生きれないって分かるじゃない」とし、「だから、そっちの恐怖はあんまりないな」と幸せとは限らない長寿問題については自身にあまり関係がないとした。そして「良かった。…良くはないけど」と自嘲気味に語ったうえで「そこは諦めがつくというか。自分でそれ覚悟で、こんな怠惰に生きてるから。逆にそれを望むのは申し訳ない、みたいな思いも昔からあるから。でも、かといって、*ことにそんなに…」といろいろと覚悟している胸中を明かした。

 マツコは一人っ子で、実母はすでに他界。実父は現在91歳だという。「そうなると、子供がいない場合はさ。どうしても生きなきゃいけない理由がもうもはや、なくなるじゃない」と自身の死後に心配な要素もあまりいないことから「早く*ことへの恐怖も…。まかり間違って親父が130歳ぐらいまで生きちゃったらさ、話変わってくるけど。恐らく親父のほうが先に逝くだろうから。そうなったらもう本当に*こともそんなに問題じゃなくなってくるなっていうのがあるから」と淡々と話していた。

【マツコ 「子供がいない場合は生きなきゃいけない理由がもはやなくなる」】の続きを読む


荻野 由佳(おぎの ゆか、1999年〈平成11年〉2月16日 - )は、日本の女優、YouTuberであり、女性アイドルグループ・NGT48の元メンバーでかつてチームNⅢの副キャプテンにも就いていた。また、元バイトAKBのメンバーとしても活動していた。埼玉県越谷市出身。愛称は、おぎゆか。…
39キロバイト (5,090 語) - 2023年1月24日 (火) 05:49
松尾 佑介(まつお ゆうすけ、1997年7月23日 - )は、埼玉県川口市出身のプロサッカー選手。ジュピラー・プロ・リーグ・KVCウェステルロー所属。ポジションはミッドフィールダー、フォワード。 戸塚フットボールジュニアクラブでサッカーを始め、中学校年代からは浦和レッズのアカデミーに所属した。…
9キロバイト (851 語) - 2023年1月30日 (月) 08:56
悪目立ちの果てになんの責任も取らずいつの間にかうやむやになって消えてしまった感じ。くっついて離れてもう腐れ縁なんだろうし頑張ってとしか。

1 muffin ★ :2023/01/30(月) 17:03:21.60ID:3r8D6Y8v9
https://bunshun.jp/articles/-/60315

1月10日16時頃、都内高級住宅街の一角で、黒色のアルファードからスラっとしたスタイルの良い女性が降りてきた。小走りで道路を渡ったことで髪が無造作に乱れたが、まったく気にする様子はみせず、そのまま高級マンションへと入っていった。

この女性は、元NGT48のメンバー荻野由佳(23)だ。

荻野が次に姿を現したのはその4時間後の20時頃、イケメン男性と談笑しながらマンションから出てきた。楽しそうな表情がマスク越しにも伝わってくる。2人は迎車マークのついたタクシーに乗り込み、夜の街へと向かった。

荻野は2015年に結成されたAKB48系列のグループNGT48の第1期メンバーで、チームNⅢの副キャプテンを任されていた。NGT48の表題曲やカップリング曲でセンターを務める中心メンバーだったが、2021年11月にグループを卒業。昨年5月には所属していたホリプロも退所した。現在はフリーで活動し、今年は「素敵に餃子道!?(仮)」で映画初主演を務める予定だ。

荻野と言えば「AKB48総選挙」がきっかけで一躍有名になった人物でもある。2017年に開催された「AKB48 49thシングル選抜総選挙」の速報結果で、指原莉乃や渡辺麻友などの錚々たるメンバーを抑えて、当時まだ無名だった荻野が1位を獲得し大きな話題を呼んだのだ。

中略

そんな辛い日々を経て、冒頭のシーンで荻野が笑顔を向けたのが、荻野と一緒にマンションから出てきたイケメン男性、サッカー選手の松尾佑介(25)なのだ。1月20日に浦和レッズのトレーニングキャンプからチームを離脱したが、同チームでは背番号11番を背負ってエースとして活躍してきた。

「元々浦和レッズユース出身の選手で、仙台大学卒業後は横浜FCの所属を経て2022年シーズンに古巣の浦和レッズに加入しました。スピードを活かしたキレのあるドリブルを得意とする選手で、2022年シーズンは11ゴールを獲得しました。今季から海外クラブへ移籍する意向を示しており、“未来の日本代表”と目されている」(別のスポーツ紙記者)

 実は、荻野と浦和レッズは縁が深い。新潟で活躍していた荻野だが、出身は浦和レッズのお膝元である埼玉県。2021年には「こしがやの未来を創る魅力宣伝大使」に任命されている。家族は昔から浦和レッズファンで、荻野自身も試合観戦している様子をインスタグラムに投稿したこともある。

《家族みんな昔から浦和レッズ大好きで その影響で本当に最近の今月からなのですが応援にいかせてもらい、とても楽しくて、今日で3回目の観戦でした最高でした!》(2022年7月31日)

「荻野さんが積極的に試合観戦しているのは松尾さんの影響も大きいと思いますよ。昨年の夏から秋頃に2人は交際を始め、松尾さんの家で半同棲をしているそうです」(2人を知る人物)

全文はソースをご覧ください

【元NGT48・荻野由佳 “未来のサッカー日本代表”松尾佑介選手とお泊り愛】の続きを読む


マツコデラックス(1972年〈昭和47年〉10月26日 - )は、日本のコラムニスト、タレント、司会者。千葉県千葉市稲毛区出身。 高校卒業後は美容専門学校に入学し、卒業後は美容業の仕事をしていたが、「何か違う」と感じていた時にアクティビストな同性愛者の姿を見て奮起し、『薔薇族』『SAMSON』『…
61キロバイト (7,563 語) - 2023年1月17日 (火) 12:07
私は昔から陰キャも陽キャも両方できる特異体質でした。それは多分自己防衛術のようなものだったと思います。その場の空気に合わせることが普通にできてしまう。陰、陽どちらかしかできない人の方が素直でいいと思いました。

1 首都圏の虎 ★ :2023/01/29(日) 10:26:16.47ID:G4KVkaVk9
 ロックバンド「マカロニえんぴつ」が、28日放送の日本テレビ「マツコ会議」(土曜後11・00)に出演。ボーカルのはっとり(29)が“幸せ”について語った。

かねてから「幸せを感じたことがない」と発言していたマツコ。「なんでだと思う?」とマカロニえんぴつに尋ねると、はっとりは「自分をだませないんじゃないですかね、やっぱり。なん*ぐ楽しくなれる人って、割り切るんですよね。“今は楽しい時間!”とか。“幸せってことにしとこう”みたいな」と答えた。

 マツコは「わかる」と共感し「海辺で半裸ではしゃいでる連中ってさ、クソって思うじゃん。でもあいつらが正しいんだよ。もうその瞬間スイッチを入れて、無邪気にはしゃげるって、私とか多分はっとりちゃん…っていうかこのバンド全体的にそういう雰囲気するけど、なんか“恥ずかしい”とか、“はしたない”とか、“そういうふうに自分が見られたくない”とか変な作用が働いて、その輪の中に行けないのよ。で、それを見ながら“ああなったらおしまいよね、人間”って言うことで、どうにか自分を律しているっていう」と語った。

 そして、そうした思考について「それはもうあっちに行った人の勝ちなのよ。行ってない人間が悪いの。だから、はっとりちゃんが言ったみたいにスイッチを入れてるのよ、彼らはね。みんながみんな、そういうふうにできると思ったら大間違いなんだっていうね。できる人は一個才能なんですよ、あれは」という。

 マツコは「なんかさ、人と違うことをやってる自分が好きなのよ。私たちみたいな偏屈な人間って」とコメントした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c01741c185eaa5e56e9929d8e140adbccf99ca25

【マツコ 幸せについて語る 「海辺ではしゃいでる連中…あいつらが正しい」】の続きを読む


IMALU(イマル、1989年9月19日 - )は、日本のモデル、タレント、歌手である。本名:大竹 いまる(おおたけ いまる)。 東京都出身。エスター、リトルトウキョウプロダクションを経て、TWIN PLANET所属。星座はおとめ座。 1989年9月19日14時4分頃、東京都内の病院で生まれた。生…
40キロバイト (4,865 語) - 2023年1月24日 (火) 20:47
昔職場の先輩も旦那さんの実家(田舎)に葬式に行って驚いたそうです。朝7時頃から近所の女性たちが数人台所で大量の煮物やおにぎりを作っていたそうです。昔ながらの助け合いの習慣が残っているんですね。

1 muffin ★ :2023/01/27(金) 13:58:36.28ID:7L4RoQ139
https://sirabee.com/2023/01/27/20163015296/
2023/01/27 08:45

26日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に、タレント・IMALUが出演。今回、そんなIMALUが昨年移住した奄美大島で生活する上での苦労を語った。

2023年に心機一転をはかる芸能人たちがスタジオに集結した今回。そのうちの1人として登場したIMALUは、去年8月に東京から鹿児島県の奄美大島に移住し、東京と奄美大島の2拠点で生活を始めた。そんなIMALUは昔から海沿いに住むことが夢だったそうで、3年ほど前から神奈川県や千葉県、静岡県など、東京から通える距離で家を探していたとのこと。海がキレイな奄美大島への移住を思い切って決めたそうだ。

番組MCの浜田雅功は新天地での生活を満喫するIMALUに「海は良いですけどやっぱり田舎ですから、生活すんのに困ったこととかやっぱりあるでしょう?」と尋ねる。

これにIMALUは「ありますね」と返すと「Amazonも一応届くんですけど、やっぱ台風が来ると荷物送れないとか、野菜がスーパー空っぽになったりとか…」「あと湿気がものすごくて…」「なので洗濯物が乾かない」と、島で生活する上での悩みを語った。

そんな中、IMALUは「でも一番やっぱ最初びっくりしたのが、ご近所付き合いがすごい大事で…」と話し、週に3回ほど「島のおじちゃん」が家に来ることを告白する。IMALUいわく、朝9時に「おはようございます!」と言いながら家に入って来ることもあるそうで、最初は慣れるまで困ったとのこと。だが、今では「島ならではのことかな」と思うようになり、ご近所付き合いにも少しずつ慣れてきたそうだ。

【 IMALU 移住先の奄美大島で 島ならではの習慣に悩み 「島のおじいちゃんが家に…」】の続きを読む


杉村 太蔵(すぎむら たいぞう、1979年〈昭和54年〉8月13日 - )は、日本の政治家、コメンテーター、政治評論家、タレント、実業家。元衆議院議員(1期)。株式会社Coco Harete 代表取締役社長。既婚。3児の父。 北海道旭川市に生まれる。父と祖父は歯科医、曾祖父は弁護士で、男三兄弟の長男である。…
35キロバイト (4,912 語) - 2022年12月31日 (土) 05:58
あまり情報番組とか見ないからよく分かりませんが、江口のりこさんしか思い浮かばなかったです。ごめんなさい。でも時間制限がある中で話すからカンペあった方が間違いもないし効率いいと思います。

1 jinjin ★ :2023/01/28(土) 17:53:42.53ID:rAF49QjB9
杉村太蔵「よくバラエティー班は我慢してるな」番宣女優への不満が大爆発


元衆院議員でタレント杉村太蔵(43)が、28日放送の読売テレビ「今田耕司のネタバレMTG」に出演。
番組宣伝(番宣)に来る女優への不満を爆発させた。


番組では仕事現場での不満が話題となり、杉村は「頭にくるのは、よく皆さん、逆に我慢してるなって思うのが、たまにバラエティーに番宣に来る女優さん。あのやる気のない、あの若手女優のムカツクことムカツクこと」と不満を漏らした。

「一番腹立つのはね、四六時中、“番宣のために来てます”って顔して、最後に“番宣は”って振ったら、自分が出てる作品ね、その魅力ぐらい自分の言葉でしゃべればいいのに見事なカンペ読みでしょ。あれを見たときは、よくバラエティー班は我慢してるなと」と番宣に来たにも関わらず出演作品についてカンペで喋ると余計に腹が立つとまくし立てた。


杉村は「バラエティー班のスタッフが悪いと思う。バラエティー班は腹の中ではドラマ班をバカにしてるから」とバラエティー班が女優を持ち上げるから、そうなっているとチクリ。
慌ててMCの今田耕司が「バカにしてないよ」と否定したものの「必要以上に持ち上げるでしょ。同じ制作なのに。あの感じが極めて腹立たしい」と意見を変えなかった。


杉村の不満に今田は「誤解生むようなことやめて!昔に比べて今の女優さん、俳優さんはすごいサービス精神ある。もっと協力的じゃなかった」と現在は杉村の言うような役者はいないと断言。

「野球選手も昔はめっちゃ怖かったから。バラエティーで誰も喋ってくれへん。サービス精神の欠片もなかった」と振り返り「今の野球選手、スポーツ選手ってテレビを通して子供達に見てもらう、競技に興味持ってもらいたい意識の高さが全然違う」と役者に限らずアスリートもバラエティーに出ると、サービス精神旺盛という。

そして「オフシーズン、ゴルフ特番にプロ野球選手が集まるって番組、レポーターで行った時なんかでも全然喋ってくれへんよ。今の監督さんクラス、もっと上かな。朝飯食いながら落合(博満)さんとか、不動産の話しかしてなかった」と昔を懐かしみ、笑っていた。


https://news.yahoo.co.jp/articles/1651143b394313fd02a49ade3b100319857d397e

【杉村太蔵 番宣女優のやる気のなさに怒り 「バラエティー班が女優を持ち上げてる」】の続きを読む

このページのトップヘ