音楽・アーティスト


BAND-MAID(バンドメイド)は、世界的人気を獲得している日本のガールズロックバンド。所属事務所はプラチナム・パスポート。レーベルはポニーキャニオン。海外のマネジメントはユナイテッド・タレント・エージェンシーが行い、ライブ・ネイションと提携。 メイドの衣装を身に纏いつつビジュアルとは相反する重…
58キロバイト (5,487 語) - 2023年5月21日 (日) 00:58
日本での知名度はあまりないけどワンマンライブも成功したと記事になっていたので実力があるということなのでしょう。日本人が評価されるのは素直に嬉しいことです。

1 フォーエバー ★ :2023/05/20(土) 19:03:24.27ID:RM43R6cg9
5/20(土) 18:11配信

MusicVoice
BAND-MAID

 世界的人気のガールズバンド・BAND-MAIDが、2023年5月14日より北米ツアーを開催中。初日からの2公演と、延べ2万人がステージに集まった、米国大型野外フェスの速報レポートをお届けする。

【写真】「Welcome to Ro*ville」の模様

 北米ツアー初日となったヒューストン・Bayou Music Center公演とオースティン・Emo's公演では、サポート・アクトに現地のアーティストSHADOW CLIQを迎え開催。力強い演奏で会場を盛り上げると、場内は熱気を帯びていく。満を持してメイン・アクトのBAND-MAIDが登場し、代表曲のひとつである「DOMINATION」がスタートすると、会場は一気に最高のボルテージへ。英語でのMCも昨年行われた前ツアーより手慣れ、トークでも一気に観客の心をつかむと、両公演セットリストの異なる19曲を一気に駆け抜けた。2日間ともにラストを飾った「endless Story」ではシンガロングで会場をひとつにし、テキサス州での公演を締めくくった。

 3日目はフロリダ州デイトナビーチにあるサーキットレース場・Daytona International Speedwayで4日間に亘り開催された超大型の野外フェス「Welcome to Ro*ville」へ出演。Slipknot、PANTERA、TOOL、AVENGED SEVENFOLDなどの世界的人気のロック・バンドがヘッドライナーに名を連ねる本フェス。初日となったこの日は、Slipknotをヘッドライナーに迎えて開催された。

 晴れ渡る青空の下始まったフェスだが、夕方には突如天候が崩れ、観客も含めてステージ周りから避難するようにアナウンスがされる。当初は夕方の予定だったBAND-MAIDのステージも、雨風の通過を待ち、約2時間押しとなる20時50分からのパフォーマンスとなった。

 天候のトラブルがあったにも関わらず、BAND-MAIDを待ち侘びる観客でいっぱいとなったROCKVILLIAN STAGE にメンバーが現れると、大歓声が響き渡る。北米ツアー1曲目と同様「DOMINATION」で幕を開け、「One and only」「Blooming」と立て続けに演奏すると、激しく力強いパフォーマンスで聴衆を惹きつける。観客がみるみる増えていき、ステージ間にある歩道も見えなくなるほどに、BAND-MAIDの観客で会場が埋め尽くされていく。ツアーではラストを飾り会場をひとつにしていた「endless Story」を3曲目に演奏すると、初見の観客も多いだろうフェスにも関わらず、シンガロングが巻き起こる。30分という短い時間ながらも、こうやって海外の観客をしっかり魅了できるのは、この10年間、海外での公演も数多く重ねてきたBAND-MAIDだからこそ。お給仕(ライブ)人気の特に高い「NO GOD」からの「Warning!」で締めくくり、鳴り止まない歓声のなか、ステージを後にした。

 昨年出演した米国の野外フェス「Aftersho* Festival」では延べ1万人以上の集客をしたが、今回の「Welcome to Ro*ville Fest」では昨年の倍となる延べ2万人以上を集める超満員を記録するなど、急激に注目度を上げているBAND-MAID。公式インスタグラムには超満員の動員の様子がアップされており、全世界の様々な言語でのコメントが殺到。さらにはこの日、ヘッドライナーのSlipknotメンバーもSNSでBAND-MAIDのライブの模様をSNSでアップするなど、海外での人気がとどまるところを知らない彼女たち。国内でも、11月に行われる10周年ツアーファイナルは横浜アリーナと、国内でもますます人気を拡大している。横浜アリーナ公演のチケットは本日から先行販売が始まるとのこと。

■WELCOME TO ROCKVILLE 2023

開催日程:2023年5月18日〜22日 ※米現地時間
https://welcometoro*ville.com/

MAY 18 Welcome to Ro*ville Fest
BAND-MAID Set List

1 DOMINATION
2 One and only
3 Blooming
4 endless Story
5 Screaming
6 Play
7 NO GOD
8 Warning!

https://news.yahoo.co.jp/articles/e2c3dcf9534f342f97fd1da2410517d659410d9f


(出典 www.musicvoice.jp)

【BAND-MAID 米大型フェス・Welcome to Rockvilleで超満員動員!】の続きを読む


Ayase(あやせ、1994年〈平成6年〉4月4日 - )は、日本の作詞家、音楽プロデューサー、作曲家、編曲家、ボカロP、歌手。 物心ついたときから当たり前のように家にピアノが置いてあり、ピアノの先生だった祖母と一緒に遊び感覚で3~4歳からピアノを弾いていた。小学生になってから「本気でピアノをやり…
27キロバイト (2,368 語) - 2023年5月10日 (水) 23:09
海外のアニメファンも日本に負けず劣らず熱いから狙えるかもしれません。でもヘビメタやロックのように先細っていくと思うしその時間は他の音楽ジャンルよりも早そう。その時にどう対処して乗り越えるかも考えておく必要はあると思います。

1 湛然 ★ :2023/05/23(火) 05:58:52.82ID:w/zArOiG9
YOASOBI・Ayase「J-POPすごいじゃんっていうのを世界に示したい」叶えたい夢を明*!
投稿日:2023/05/22 16:29 更新日:2023/05/22 16:29
https://coconutsjapan.com/etm/post-98129/98129/


5月22日放送の「めざまし8」(フジテレビ系)では、YOASOBI・AyaseさんとikuraさんがVTR出演。Ayaseさんが今後の目標を明かし、話題を集めました。

(※中略)

■YOASOBI・Ayase、今後叶えたい夢を明*

対談の最後、古市さんが「今後の2人の夢は?次に何かしたいっていうのはある?」と尋ねると、ikuraさんは「やっとライブパフォーマーとしてスタート地点に立ったぐらいの気持ちなので、ここからどんどんいいライブをするアーティストになっていきたいっていうのはすごくあって、今の何十倍も強くなっていかなきゃいけないなって」と答えました。

古市さんは「強くなる? プロレスラーみたいに? どういう感じ?」と、もっと詳しく聞かせてほしいと伝えます。

すると、ikuraさんは「筋肉をつけるっていう感じではなくて、インナーマッスルというか…。歌うのが難しそうとか、キツそうって聴いていて思うのは、それはノイズで。YOASOBIの音楽が素晴らしいって言ってもらうためには、そこは絶対感じて欲しくないので。それで『J-POPどうですか?』って言えるようなぐらいには成長しないと、海外では通用しないかなと」と、海外を見据えていることを明かします。

また、Ayaseさんも「ワールドワイドに活躍したいみたいなのはやっぱりありますね。どうしても日本の海外に対する苦手意識じゃないですけど、世界は世界みたいな隔たり。J-POPは戦えないと思い込んでる空気みたいなのを一個打破したいっていうのは、未熟なりにもすごく思っていたので」と、同じく世界を意識していることを話しました。

さらに、「今しっかり乗れる勢いには乗って、海外にガンガン乗り込んでいって、『J-POPすごいじゃん』っていうのを世界に示したいっていうのはありますね。僕らがそもそも好きなのがJ-POPだし、歌謡曲で育ってきた身として、究極のJ-POPみたいなものを追い求めて、それで世界で戦いたいっていうのは思いますね」と、J-POPの良さを生かして世界進出したいと熱弁を振るいます。

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)


めざまし8@cx_meza8

(出典 pbs.twimg.com)

【YOASOBI・Ayase 「J-POPを世界に…」 今後の夢を明かす】の続きを読む


大黒 摩季(おおぐろ まき、1969年(昭和44年)12月31日 - )は、日本のシンガーソングライター、作詞家、作曲家、編曲家。本名、大黒摩紀。所属事務所はビーイング。所属レコード会社はB ZONE。北海道札幌市南区出身、藤女子高等学校卒業。血液型はA型。代表曲にミリオンセラーとなった「ら・ら・…
95キロバイト (7,907 語) - 2023年5月20日 (土) 02:02
ヒットし始めた頃はほとんど顔出ししてなかったですよね。最初有線で声聞いた時小比類巻かほるさんだとずっと思ってました。

1 フォーエバー ★ :2023/05/19(金) 21:51:33.77ID:7+7eQI2u9
5/19(金) 21:06配信

スポニチアネックス

 歌手の大黒摩季(53)が19日放送のTBS「中居正広のキンスマ」(金曜後8・00)に出演。波乱万丈な音楽人生を赤裸々に語った。

 3歳でピアノを母親に買ってもらったことで始まった大黒の音楽人生。ピアノを弾く日々で培われた絶対音感。中学時代にはバンドを組み、そのころには力強い歌声も評判に。高校時代はいくつものバンドを掛け持ちしボーカルを担当した。すでの当時、地元・札幌では知られた存在で、大黒は「16歳でグランドキャバレーのステージに立って歌っていた」と回想。高校卒業後に、歌手になるために上京し、そこで人生を大きく動*出会いがあった。

 上京後に目にしたのは、当時B’zやTUBEなどを手掛け、新進気鋭のレコード会社として勢いのあった「Being」のオーデション。デモテープを送り連絡をもらって事務所を訪ねた際に言われた言葉に衝撃を受けた。

 「デモテープ聞いたよ。コーラスとしてウチで勉強しないか。君みたいな子は正直たくさんいる。才能は全然ないと思うよ」

 大黒は「カチンと来ましたね。天才だと思って当時は上京していますから」と笑って振り返る。しかし、そのプロデューサーは「可能性は感じてるよ」とも。その当時、違うレコード会社から複数のオファーを受けていた大黒だったが「私より凄い人いるよね〜って気づき始めてもいた。“ですよね〜”みたいな。このプロデューサーに賭けてみよう」と成長するために、あえて厳しい道を選びバックコーラスとして活動をスタートさせた。

 想像以上に厳しい道のりだった。「声を出せるというのは、歌えるとは言わないんだよ、と。すごいしごかれました」と苦笑いを浮かべた大黒。「いつかギャフンと言わせてやるって思っていました。ギャラを(自主的に)返したこともありました」と18、19歳とは思えないハートとガッツで下積み時代を過ごしていたと明かした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/3bfcbe0af21d656456c9688657077855088cbeb8


(出典 follow-pctr.c.yimg.jp)
?up=0

【大黒摩季 上京後に受けた厳しい一言 「“声を出せる”と“歌える”は違う」】の続きを読む


ウィリアム・パトリック・コーガンJr.(William Patrick Corgan Jr.、1967年3月17日 - )、通称ビリーコーガン(Billy Corgan)は、アメリカのミュージシャン、詩人である。オルタナティヴ・ロックバンド、スマッシング・パンプキンズ、及びズワンの中心人物として知…
10キロバイト (1,067 語) - 2023年5月17日 (水) 13:06
カート・ドナルド・コバーン(英語: Kurt Donald Cobain, 1967年2月20日 - 1994年4月5日)は、アメリカ合衆国のシンガーソングライターである。 ロックバンド「ニルヴァーナ」のフロントマンであり、ギタリスト、リードボーカリスト、メインソングライターとして活躍していた。怒…
41キロバイト (5,171 語) - 2023年5月20日 (土) 17:24
当時のグランジはニルヴァーナとパールジャムがいなければそこまでカウンターにはなってなかっただろうと個人的には思います。

1 湛然 ★ :2023/05/17(水) 06:27:13.93ID:oVktyo509
スマッシング・パンプキンズのビリー・コーガン、カート・コバーンへの思いについて語る
2023.5.16 火曜日 NME Japan
https://nme-jp.com/news/129240/


スマッシング・パンプキンズのフロントマンであるビリー・コーガンは亡くなったニルヴァーナのカート・コバーンへの思いについて語っている。

スマッシング・パンプキンズは3部作となる最新作『オータム:ア・ロック・オペラ・イン・スリー・アクト』を今月リリースしており、アップル・ミュージックのゼイン・ロウのインタヴューを受けている。

ビリー・コーガンはグランジというムーヴメントを担った同世代のミュージシャンへの思いについて語っている。「スマッシング・パンプキンズには自分たちの世代で一番上に立ってもらいたいと思っているんだ」

「そのために800曲を書かなきゃいけないんだとしたら、そうするし、それに尻込みすることもない。カート・コバーンが僕らの世代で最も才能のある人物だったということは今後も言っていくだろう。カートにはすごく才能があったし、恐ろしいくらいだった。ジョン・レノンぐらいの才能で、『どうしてこんなに才能があるんだ?』と思うような感じだった。あとはプリンスかな? でも、悲しいことにカートはもういない。だから、見てみても『じゃあ、他の奴らは間違いなく倒せる』と思ったんだ」

カート・コバーンが亡くなったことについてビリー・コーガンは次のように続けている。「カートが亡くなった時、僕は泣いた。最高の相手がいなくなったわけだからね。最高の相手を倒したかった。選手権を優勝したいわけじゃない。プロレス用語を使うなら、自分と噛ませ犬しかいないわけだからね。マイケル・ジョーダンは人生で観た最高のスポーツ選手だと思うけれど、やっぱり一番上の存在について話をしたいだろ」

ビリー・コーガンはデフトーンズのチノ・モレノを「本物」、レディオヘッドを「地球上のどのバンドよりも先に来たるべき世界を分かっていた」と評しながら、U2が2000年に発表したアルバム『オール・ザット・ユー・キャント・リーヴ・ビハインド』にまつわる逸話も明かしている。

「2000年頃、ダブリンにいて、ボノの家を訪れたんだ。夜通し起きていて、朝になると、起きているのは彼と僕だけになって、『何か音楽をかけたいけど、家の人たちを起こしたくないから、車で出掛けないといけないな』とボノが言ったんだ」

「車道で僕と彼で凍えていたら、彼は車に飛び乗って、“Beautiful Day”が収録されるアルバムを聴かせてくれた。全編じゃなくて一部だったけど、『正直に思ったことを言ってくれ』と彼は言ってね。僕は『私の意見が聞きたいんですか?』と言いながら、自分の思ったことを言った。そうしたら、僕のアドバイスを採用してくれて、後々になって『君のアドバイスを使わせてもらったよ』と教えてくれたんだ」

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

【ビリー・コーガン カート・コバーンへの思い 「最高の相手を倒したかった」】の続きを読む


エアロスミス(英: Aerosmith)は、アメリカ合衆国のロックバンド。 東海岸(ボストン)出身で、第一次ブリティッシュ・インヴェイジョン期の英国バンド等を主な対象として青写真を描きながらも、同時に自国のルーツ・ミュージック(ブルース、ロックンロール、R&B、カントリー・ミュージック、ファンク等)…
83キロバイト (7,200 語) - 2023年5月2日 (火) 20:50
『Walk This Way』です。もちろんRUN D.M.C.がカバーした方ですが。ロックとラップの融合の元祖ですね。

1 湛然 ★ :2023/05/20(土) 19:23:34.00ID:MxZuYbFy9
Jon Hadusek and Jordan Blum
Mon, May 15, 2023 at 11:46 PM GMT+9・8 min read
Consequence ※DeepL翻訳
https://consequence.net/2023/05/aerosmith-best-songs-list/


エアロスミスにとって、それはワイルドな道のりだった。1970年代に登場した伝説のロックバンドは、数々のヒット曲を生み出し、今も世界中のクラシック・ロック・ラジオ局の定番曲となっています。そして今、この伝説のバンドは、2023年から2024年にかけて行われるお別れツアーで別れを告げる準備ができている。

1970年にボストンで結成されたエアロスミスは、スティーブン・タイラーとジョー・ペリーという "毒舌ツインズ "を中心に、50年以上にわたって精力的に活動してきた。ブラッド・ウィットフォード、トム・ハミルトン、ジョーイ・クレイマーも参加したバンドは、1975年の『トイズ・イン・ザ・アティック』で、感染力の強い "Sweet Emotion"(初のトップ40入り)とリフなストラッター "Walk This Way "で本格的に成功した。

エアロスミスのハードロックは、レッド・ツェッペリン、AC/DC、ジャーニーといった同時代のバンドが発表していたものより、少しルーズで、おそらく少しきわどいものだった。

70年代後半から80年代前半にかけて、ペリーが一時的にバンドを離れた時期があったものの、エアロスミスは何十年にもわたって、移り変わるトレンドの波に乗り、商業的な関連性を維持してきました(※中略)

ここ数年、メンバーの年齢が上がり、様々な健康上の問題に直面したため、状況はやや減速しているが、エアロスミスは依然として、史上最も売れたアメリカのハードロックバンドである。(※中略)
エアロスミスのお別れツアーが今年後半に予定されているので、彼らのベストソング10曲を振り返ってみよう。ヒットシングルの長い履歴を持つバンドにとって、簡単な仕事ではありません。


■Aerosmith’s 10 Best Songs


01. “Dream On”

02. “Sweet Emotion”

03. “Ba* in the Saddle”

04. “Walk This Way”
05. “Janie’s Got a Gun”
06. “Same Old Song and Dance”
07. “Cryin’”
08. “Toys in the Attic”
09. “Jaded”
10. “Love in an Elevator”


01. "ドリーム・オン"


(出典 Youtube)


ドリーム・オン」がメインストリームのスポットライトを浴びるまでには数年かかったが、「天国への階段」や「ボヘミアン・ラプソディ」などの名曲と並んで、クラシック・ロックの真の傑作のひとつに数えられることは間違いないだろう。タイラーの純粋な声と詩的なソングライティング、雄弁にかき鳴らすギターワーク、優しいピアノのコード、アンセミックなリズム、ダイナミックなプロダクションなど、この曲は職人技と完成度の高さを誇っています。もちろん、タイラーの最後の叫び声はケーキの上の象徴的なトッピングであり、エアロスミスは偉大であり続けているが、これ以上素晴らしいものはない。- J.B.

02. "スウィート・エモーション"


(出典 Youtube)


エアロスミスの初期の商業的成功の多くは、"Sweet Emotion "にさかのぼることができる。(※中略)
ダイナミックなアレンジ、チャンキーなギターリック、サイケデリックなプロダクションで最初に世間の注目を浴びたのは「Sweet Emotion」だった。トム・ハミルトンの象徴的なベースラインに導かれた雰囲気のあるイントロから、ガッツのあるハードロックのヴァースに入り、下降しながらクライマックスのギター・リフに流れ込む。イントロでのペリーのトークボックスの使い方、タイラーの4小節にわたるコーラス、コーラスリフのテープ効果など、この曲の小さな癖はすべて、最大の効果を生むように計算されている。- J.H.

【エアロスミス 『ベストソング TOP 10』発表】の続きを読む

このページのトップヘ