声優


貴家 堂子(さすが たかこ、1936年2月4日 - 2023年2月5日)は、日本の女性声優。東京俳優生活協同組合所属。 東京府出身。以前はTBS放送劇団第6期生、同人舎プロダクション、ぱらーた企画やワンダフル・ライフ・プロジェクトに所属していた。 『サザエさん』のフグ田タラオ、『ハクション大魔王』…
17キロバイト (1,648 語) - 2023年2月10日 (金) 04:16
87歳で現役だったんですね。長い間お疲れ様でした。安らかにお眠り下さい。

1 ひかり ★ :2023/02/10(金) 12:40:48.02ID:vAoM3h2+9
 フジテレビは10日、アニメ「サザエさん」でフグ田タラオ役を演じた声優の貴家堂子が死去したことを発表した。
ENCOUNT編集部

https://news.yahoo.co.jp/articles/1fb2bb831db23bf9e5ccc0eea91049bf048aa5ed

【タラちゃん役声優・貴家堂子さん(87) 死去】の続きを読む


三ツ矢 雄二(みつや ゆうじ、1954年10月18日 - )は、日本の声優、俳優、音響監督、ミュージシャン、タレント。愛知県豊橋市出身。 声種はテノール。 声優としては、誇張された女性語(いわゆるオネエ言葉)を話す男性キャラクターを得意としているが、ほかにも真面目なキャラクターから間の抜けたキャラク…
85キロバイト (9,716 語) - 2023年2月2日 (木) 00:31
『がきデカ』のOPとこまわり君の声が三ツ矢さんが担当してたのは大人になってしりました。親に怒られながら見てたのが懐かしい。

1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2023/02/02(木) 17:09:20.19ID:tFoCesdp9
2023-02-02 16:57 ORICON NEWS

 一般社団法人Get in touch「まぜこぜ一座」による公演『月夜のからくりハウス「歌雪姫と七人のこびとーず」』(3月5日公演)の記者発表会が2日、都内で開催された。代表を務める東ちづるや、出演者のダンプ松本、三ツ矢雄二らが出席した。

 三ツ矢と言えば2017年、テレビ番組に出演した際に“ゲイ”であることを告白。“グレーゾーン”と曖昧な言い方にしていた理由は、「兄が会社勤めをしていて、(兄が)会社で何か言われると迷惑がかかるなと思って、それで“グレーゾーンっ”て言ってたんです」と明かし、「兄が定年退職しちゃったんで『もういっか』となって」と説明した。

 この日、三ツ矢は改めて「ゲイをカミングアウトしたことで、LGBTの一員になっているわけですけれども、本当に隠したことは一度もなく、ずっと子どものころから、ゲイをみなさんに公表しておりました」と告白。

 続けて「たまたまテレビで取り上げられて、大きく報道されてしまったのですが、全然、恥ずかしいと思っておりません。ごく普通の生活を送らせていただいております」と伝えた。

 「まぜこぜ一座」は全盲のシンガーソングライター、義足のダンサー、ドラァグクイーンなど、多様な個性をもつパフォーマーが集結した劇団。今回、「障がい者を見世物にするな」という“善意の声”によって活躍の場を奪われたこともあった、こびとパフォーマーをフィーチャーした新作舞台『歌雪姫と七人のこびとーず』を公演する。

 この舞台は、2017年に上演して以来好評を博し3度の再演を繰り返してきた「月夜のからくりハウス」の書下ろし新作であり、Get in touch 主催の「まぜこぜ一座」オールスターズとしての最後の公演に。

 ネット・ハラスメントの被害者になり、森に身を隠す謎のアーティスト歌雪姫と、姫を支える芸達者な7人のこびとたち、魔女と化し姫をディスる人々の善悪をかけた闘いを軸に、30人以上の出演者によるパフォーマンスが展開される。

https://www.oricon.co.jp/news/2266360/full/

【三ツ矢雄二 ゲイを隠したことない 「グレーゾーン」と言った理由とは】の続きを読む


声優グランプリ』(せいゆうグランプリ)は、主婦の友インフォス(初期はオプトコミュニケーションズ)が編集・発行し、主婦の友社が発売する声優情報雑誌。原則毎月10日発売の月刊誌。通称「声グラ」(せいぐら)。 1994年11月30日に季刊誌として創刊。その後、隔月化でvol…
12キロバイト (1,346 語) - 2022年12月20日 (火) 20:51
椎名 へきる(しいな へきる、1974年3月12日 - )は、日本の女性声優、歌手。 東京都東久留米市出身、ボイスキット所属。 1991年 日本ナレーション演技研究所主催の第6期特待生オーディションに合格。同年、同研究所在籍者の女性4名で結成したアイドルグループ、クリスタル・A(CRYSTAL・A)でデビュー。…
65キロバイト (5,281 語) - 2023年1月7日 (土) 05:30
知ってる名前もあるけどピンとこないです。90年代はあまりアニメ見てなかったかも。椎名へきるさんは分かります。何のキャラを演じたのかはすぐ出てきませんが。

1 朝一から閉店までφ ★ :2023/02/03(金) 15:19:08.31ID:+28JYTKv9
2023-02-03 12:28ORICON NEWS

 1994年創刊の声優誌『声優グランプリ』より女性声優を特集する一冊『声優グランプリplatinum(プラチナム)』が誕生し、3月16日に発売されることが決定した。1990年代の声優ブーム時に創刊した声優雑誌『声優グランプリ』。その創刊当時に表紙を飾った女性声優たちを大判グラビアとロングインタビューで特集される。先行してグラビアカットが公開された。

 さらに、発売を記念して4月8日に声優グランプリYouTubeチャンネルにて、表紙を飾る椎名へきるのオンラインサイン会が配信されることが決定した。

 表紙・巻頭には、『声優グランプリ』vol.4ほかの表紙を飾った椎名へきるが登場。10代から活躍し、声優として初めて日本武道館公演を成功させるなど、90年代に数多くの伝説を残した椎名へきる。
新たな道の開拓者として走り続けた当時の葛藤、そして今も活動を続けるうえでの想いを語る。自然の中で撮影した90年代当時をどこか思わせる透明感たっぷりのグラビアは見どころとなる。

 1994年に『声優グランプリ』創刊号の表紙を井上喜久子と共に飾った國府田マリ子。アニメ『ママレードボーイ』小石川光希役などで活躍、ラジオパーソナリティとしても大人気で当時の声優ブームの中心を担ってた“マリ姉”。3月にはミニアルバム『世界はまだ君を知らない』をリリース予定の彼女を特集する。

 『カードキャプターさくら』大道寺知世役などで活躍していた岩男潤子。2022年には第十六回声優アワードで高橋和枝賞を受賞するなど華々しく活躍する一方で、声優生命の危機も含めた多くの苦難も経験。波乱万丈の半生を振り返りながら声優業へかける思いを語る。

 主役を演じた『サクラ大戦』は2.5次元舞台のはしり。高校在学中に声優デビュー、『ジャンプ』放送局アシスタントとして活動するなど、声優界で先駆けとなり続けてきた元祖アイドル声優の岩男潤子。現在は一児の母としても充実の日々を送りながらも、当時とまったく変わらぬ美しさを見ることができる。

 アイドルから声優に転身して、持ち前の歌唱力と演技力を存分に発揮し、人気が爆発した櫻井智。『マクロス7』や『怪盗セイント・テール』などでのヒロインぶりは、多くの人の胸に刻まれているはず。誌面でも輝いていたヴィジュアルの美麗さは今も健在。

 さらに、創刊号の表紙を國府田マリ子とともに飾り、著書『井上喜久子17才です「おいおい!」』が好評発売中の井上喜久子、2023年3月27日に著書『ことのは』を発売予定の三石琴乃の特集記事も掲載される。

<巻頭特集>
椎名へきる

<グラビア特集>
國府田マリ子
岩男潤子
横山智佐
櫻井智

<特集>
三石琴乃
井上喜久子

https://www.oricon.co.jp/news/2266454/full/

【90年代・女性声優特集雑誌誕生  椎名へきる、國府田マリ子、岩男潤子らグラビア公開】の続きを読む


宮野 真守(みやの まもる、本名同じ、1983年〈昭和58年〉6月8日 - )は、日本の声優、俳優、タレント、歌手。 埼玉県大宮市(現:さいたま市)出身、劇団ひまわり所属、音楽活動はKING AMUSEMENT CREATIVEよりリリース。 公式ファンクラブは「Laugh & Peace」。代表作に『DEATH…
291キロバイト (23,946 語) - 2023年1月26日 (木) 11:25
宮野さんは数年前『おげんさんといっしょ』で知りました。めちゃくちゃ面白かったです。これから毎週楽しみです。

1 爆笑ゴリラ ★ :2023/01/26(木) 20:17:42.39ID:I0lzdwQi9
1/26(木) 20:15配信
オリコン

 26日放送の日本テレビ系バラエティー『ぐるぐるナインティナイン』(後8:00)では、木村佳乃、出川哲朗をVIPチャレンジャーに迎えた「ゴチになります!24」初戦の後半戦を放送。小芝風花、盛山晋太郎(見取り図)に続く、3人目の新メンバーとして宮野真守が加入することが発表された。1998年10月からスタートした『ゴチ』だが、声優のレギュラー起用は、これが初となる。

 これで今シーズンの陣容が明らかになり、ナインティナイン、増田貴久、小芝、盛山、宮野という顔ぶれとなった。

 ナイナイ、増田、小芝、盛山、木村、出川が、新メンバーについて予想をめぐらせる中、シルエット姿を現すと「めちゃめちゃノリが良いよ」(岡村隆史)とお茶目なポーズを披露。となりの席の増田貴久も一気に新メンバーとの距離を縮めて、今年もクセ者コンビ誕生を予感させる。

 初戦の舞台は東京マリオットホテルの「G~和Selection」で、設定金額は2万円という高額ゴチ。前回自腹の木村、出川は過去のゴチバトルで背負った250万円の自腹額を取り返そうと必死となる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/6f9ce253ab0f9983125ac29b94f7aeacf4ef04bd

(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

【宮野真守 『ゴチ』新メンバーに 声優界から初レギュラー】の続きを読む


木村 (きむら すばる、1990年6月29日 - )は、日本の声優、ラッパー、俳優、ナレーター。ドイツ出身。アトミックモンキー所属。天才劇団バカバッカ主宰。東京都立晴海総合高等学校卒業。 1990年、ドイツ・ライプツィヒにて、ドイツ人でオペラ歌手の父と日本人でバロック音楽のソリストで声楽家の母との…
115キロバイト (11,023 語) - 2023年1月13日 (金) 01:31
井上 雄彦(いのうえ たけひこ、本名:成合 雄彦(なりあい たけひこ)、1967年1月12日 - )は、日本の漫画家。男性。鹿児島県伊佐市(旧・大口市)出身。血液型はB型。 代表作に『SLAM DUNK』・『バガボンド』・『リアル』など。スポーツや闘いを通じて青年の成長を描いた作品、現実的な人物描写やストイックな作風で知られる。…
23キロバイト (3,021 語) - 2023年1月14日 (土) 02:00
アニメの方は途中尻切れトンボになってしまいましたが、アニメから入った私はアニメがなければ原作も見なかったと思います。関連する歌もヒットしたし声優含めアニメがあったからというのはあると思います。

1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2023/01/14(土) 11:04:12.20ID:+UBxefOA9
1/14(土) 10:47配信 デイリースポーツ

 大ヒット中のアニメ映画「THE FIRST SLAM DUNK」で桜木花道の声を担当している声優でタレント・木村昴が8日に放送されたTBS系「アッコにおまかせ!」に出演し、原作者でもある井上雄彦監督の濃密な演出について語った。

 公開前にはアニメ放送時から声優が変更になったことも話題となった。木村は「プレッシャーもすごいあったんですけど、運命的なものも感じたので、心を込めて一生懸命やろうという気持ちで臨みました」と作品への思いを語った。

 収録では、井上監督が「生々しさ、リアリティー」にこだわっていたと説明。「声優人生でまったくやったことのないお芝居に挑戦してる。なるべく生々しい、実写映画に近いお芝居をしてる」とアニメ的な極端な演技は排除したことを明かした。

 公開まで、作品の情報が極秘にされていたこともヒットにつながっているが、木村は「めちゃくちゃ言いたかったです」と機密保持に苦心したと語った。「アフレコ自体も2年くらいの歳月をかけて収録したんです。一言に3時間かけて収録する時もあったり、2行のせりふを丸1日かけてとか」と通常のアニメでは考えられないようなスケジュールだったことも明かした。

 井上監督もアフレコにつきっきりだったという。「井上監督がぼくの横にずっといて収録している感じだったんです」とブースの中で直接指導されたと説明。原作者でもある監督がすぐ隣にいるという重圧はあったが「監督が『おもしろい。そういう花道もいるんだなぁ』って。『こうしてほしい』っていうよりも一緒に、先生(井上監督)がイメージする桜木花道に近づいていくような作業ですよね」と共同作業だったと語った。収録後には井上監督から「木村君と一緒に桜木花道を作っていたような感覚になって、とても楽しかったです」とメッセージを送られたことも明かした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a40f89e3b2feb929123581fa3a6702b362c3ac30

【木村昴 『スラダン』アフレコ秘話 井上雄彦が2年間つきっきりだった!】の続きを読む

このページのトップヘ