ロックバンド


T-BOLAN(ティー・ボラン)は、日本の4人組ロックバンド。1990年に結成。所属レコード会社はBeing。1991年7月にビーイングからデビューし、1999年12月一旦解散。1995年までの4年間で1,700万枚というセールスを記録。 2012年にオリジナルメンバーによって再結成、2014年4月26日に再び活動休止した。
31キロバイト (2,979 語) - 2022年1月23日 (日) 12:06



(出典 image.pia.jp)


スナックでおじさんが歌ってました。おしゃれなんだけど、男臭い感じもあります。コンビニで流れてたり、カラオケでも歌われてました。T-BOLANと言えば『離したくはない』です。

1 湛然 ★ :2022/01/24(月) 05:08:10.13

T―BOLAN、28年3か月ぶり新アルバム決定、テーマは「愛の爆弾」
2022年1月24日 4時0分スポーツ報知
https://hochi.news/articles/20220123-OHT1T51110.html?page=1
3月14日に、28年ぶりのオリジナルアルバム「愛の爆弾=CHERISH ~アインシュタインからの伝言~」を発売するT-BOLAN

(出典 hochi.news)

T-BOLANの28年ぶりのオリジナルアルバム「愛の爆弾=CHERISH ~アインシュタインからの伝言~」のジャケット写真。

(出典 hochi.news)



 4人組バンド「T―BOLAN」が、3月14日に新アルバム「愛の爆弾=CHERISH ~アインシュタインからの伝言~」をリリースすることが23日、分かった。1993年12月の「LOOZ」以来、28年3か月ぶりのオリジナルアルバムになる。

 今作のテーマは「愛の爆弾」。物理学者のアインシュタインが晩年、娘のリーゼルに宛てたといわれる手紙のフレーズで、その中で「愛は何もかもすべてを超越する能力がある」と述べている(諸説あり)。過去に手紙の文献を読んでいたボーカル森友嵐士(56)が、コロナ禍の時代にこそ「このメッセージを伝えたい」と思い立ち、制作した。

 表題曲を始め、「Re:I」「声なき声がきこえる」など13曲を収録。ジャケット写真には、アインシュタインの弟のひ孫にあたる証券アナリストのマーク・アインシュタイン氏が登場。奇遇にも森友の釣り仲間だった縁で、撮影モデルのオファーを快諾し、舌だし写真を再現した。発売日の3月14日は、アインシュタインの誕生日にあたる。

 森友は「充実した制作期間を経て、やり切った気持ちでいっぱいです。みんなの愛へとつながりますように。90年代に俺たちの音楽を聴いてくれたみんなが『やっぱT―BOLAN、期待裏切らないよね』って感じてくれる作品に仕上がっています」と自信。「あの頃、1枚でも俺たちの曲を手にしてくれた全てのみんなに、俺たちを知らない世代のみんなにも今届けたい、俺たちからの『愛の爆弾』です。ライブでみんなと盛り上がれる日を楽しみにしてる。カラオケでも楽しんでもらえたらうれしいよ」と話した。

 4月15日の千葉・成田市国際文化会館から全国ツアーを行う。

(おわり)


【T-BOLAN 28年ぶり最新アルバムリリース 「俺たちからの『愛の爆弾』です」】の続きを読む


THE ALFEE(ジ・アルフィー)は、1973年に結成、1974年8月25日にデビューした、日本のロックバンド。ユニバーサルミュージック内の社内レーベルであるVirgin Music所属。事務所はProject III(田辺エージェンシーのグループ会社。1985年3月30日設立)。
134キロバイト (19,390 語) - 2022年1月12日 (水) 13:31



(出典 m.media-amazon.com)


ALFEEと言えば『星空のディスタンス』かな。今聞いても飽きません。他の曲もそうですが、コーラスがきれいで美しくて、カッコいい。

1 フォーエバー ★ :2022/01/20(木) 17:38:38.37

本日1月20日は、「THE ALFEE」のボーカル・ベースギター担当、桜井賢さんのお誕生日です。THE ALFEEは1973年に、明治学院大学で出会ったメンバーにより結成され、翌1974年8月25日にシングル「夏しぐれ」でデビュー。デビュー9年目にしてシングル「メリーアン」の大ヒットにより注目を集め、以降「星空のディスタンス」「恋人達のペイヴメント」などのヒット曲を連発しました。

 現在も精力的に活動しており、2022年3月31日からは「THE ALFEE 2022 Spring Tour」も予定されています。そこで今回は、「『THE ALFEE』のシングル曲人気ランキング」(2021年8月ねとらぼ調べ・回答数8108票)の結果を見てみましょう! 長きにわたって愛され続ける名曲を多数発表しているTHE ALFEE。なかでも人気上位となった曲は?

2022/01/20 07:30
https://nlab.itmedia.co.jp/research/articles/533635/

(出典 i.imgur.com)


(出典 i.imgur.com)


【THE ALFEE 『あなたが好きなシングル曲は?』 愛され続ける名曲の数々】の続きを読む


SOPHIA(ソフィア)は、1995年にメジャーデビューした日本のヴィジュアル系ロックバンド。 1994年 大阪にて松岡、豊田、都の3人で結成。間もなく黒柳、赤松が加入し東京進出。インディーズ盤『SOPHIA』を5000枚限定でリリースし、即完売。また2ndプレスも完売した。 1995年
48キロバイト (4,422 語) - 2022年1月8日 (土) 07:59



(出典 visual-matome.com)


『仮面ライダードライブ』の主題歌『SURPRISE-DRIVE』です。平成ライダーの中でも、好きな曲です。スカッとするし、さあやるぞって気分になります。『黒いブーツ』は悲しい歌詞なのに、メロディが明るくて、そのバランス加減が素晴らしい名曲だと思います。

1 湛然 ★ :2022/01/20(木) 21:29:48.31

「SOPHIA」の好きなシングル曲ランキングNo.1が決定! 第3位は「little cloud」【2021年最新結果】
1/19(水) 19:45 ねとらぼ https://news.yahoo.co.jp/articles/052643edc557a9dfe83ede3bbe4eae052c0cbde0
【画像:ランキング43位~1位を見る】 
(出典 research.image.itmedia.co.jp)


 2021年6月10日から2021年6月23日までの間、ねとらぼ調査隊では「あなたが一番好きな『SOPHIA』のシングル曲は?」というアンケートを実施していました。

 1994年に結成され、数々のヒット曲を世に送り出した「SOPHIA」。2013年に活動休止しましたが、「あの歌声やメロディーが今も大好き!」というファンも少なくありません。そんなSOPHIAの数ある楽曲の中で、最も人気があったのは何だったのでしょうか?

 今回のアンケートでは合計3105票の投票をいただきました。たくさんの投票いただきありがとうございます! さっそく結果をチェックしてみましょう。

●第3位:little cloud

 第3位は「little cloud」です。獲得票数は288票、全体の9.3%の票を獲得しました。
 1997年にリリースされた4枚目のシングル曲で、当時はまだ夕方に放送されていた「ぐるぐるナインティナイン」のテーマソングとしてお茶の間に流れました。スケールの大きな歌詞に惹きつけられますよね。

●第2位:街 (Single Version)

 第2位は「街 (Single Version)」。獲得票数は340票、得票率は全体の11%の票を獲得し2位となりました。
 1997年にアルバム「little circus」からシングルカットされた曲で、SOPHIAのシングルでもっとも売れた作品。プレイステーション用のゲーム「ブレス オブ ファイアIII」のCMで流れたことをきっかけにじわじわと人気を上げ、当時は街中のいたるところでこの曲が流れていました。
 コメント欄には「最高」というひと言のほか、カップリング曲の「Eternal Flame」を支持する声もたくさんいただいています。

●第1位:Believe

 第1位は「Believe」です! 獲得票数は427票、得票率は全体の13.8%の票を集めて、1位となりました。 (※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

投票結果(票数)
順位  曲名  票数
1  Believe  427
2  街 (Single Version)  340
3  little cloud  288
4  ヒマワリ  210
5  ビューティフル  185
6  ゴキゲン鳥 ~crawler is crazy~  153
7  君と揺れていたい  126
8  one summer day  117
9  -僕はここにいる-  100
   Place~  100
11  Thank you  95
12  黒いブーツ ~oh my friend~  92
13  KURU KURU  83
14  STRAWBERRY & LION  82
15  エンドロール  77
16  青い季節  71
17  cod-E ~Eの暗号~  59
18  Early summer rain  46
19  未だ見ぬ景色  36
20  rainbow rain  28
    OAR  28
22  ANSWER-イチバンタダシイコタエ-  23
   進化論 ~GOOD MORNING! -HELLO! 21st-CENTURY~  23
24  ミサイル  20
    walk  20
26  花は枯れて また咲く  19
27  BANDAGE  18
28  理由なきNew Days  17
29  HARD WORKER  15
30  Baby Smile  14
   月光  14


【SOPHIA 『あなたが好きなシングル曲は?』 第1位は 3rdシングルの…】の続きを読む


JUN SKY WALKER(S)(ジュン・スカイ・ウォーカーズ)は、日本の3人組(結成当時は4人組)ロックバンドである。1988年5月21日にメジャーデビューし、1997年6月14日に一度解散したが、2007年に再結成した。略称はジュンスカ、J(S)W。 宮田和弥(ボーカル) 森純太(ギター、リーダー)
37キロバイト (3,510 語) - 2021年11月23日 (火) 07:30



(出典 prtimes.jp)


3.11の後に、東北でライブを開催するアーティストがとても増えて、その中にジュンスカもいました。復興支援ライブに行った友達が、興奮しながら話してくれました。寺岡さんがまだいた頃だったんだなあと、ふと思ったりします。

1 muffin ★ :2022/01/16(日) 18:05:26.47

https://natalie.mu/music/news/461857

JUN SKY WALKER(S)の約4年ぶりとなる全国ツアー「TOUR 2022 BRAND NEW WORLD」が5月から行われる。

2021年に3人体制となったJUN SKY WALKER(S)。“ジュンスカの日”に制定されているメジャーデビュー記念日の5月21日に、バンドの縁の深い東京・保谷こもれびホールでツアーをスタートさせ、全国11カ所を回る予定だ。各公演の詳細やチケット情報などは近日中に発表される。

JUN SKY WALKER(S)「TOUR 2022 BRAND NEW WORLD」
2022年5月21日(土)東京都 保谷こもれびホール
2022年6月4日(土)宮城県 SENDAI CLUB JUNK BOX
2022年6月5日(日)栃木県 HEAVEN'S ROCK Utsunomiya VJ-2
2022年6月11日(土)広島県 Live space Reed
2022年6月12日(日)鳥取県 米子 AZTiC laughs
2022年6月25日(土)北海道 cube garden
2022年7月2日(土)大阪府 梅田CLUB QUATTRO
2022年7月3日(日)愛知県 ElectricLadyLand
2022年7月9日(土)長野県 NAGANO CLUB JUNK BOX
2022年7月16日(土)高知県 X-pt.
2022年7月18日(月・祝)福岡県 DRUM Be-1


(出典 ogre.natalie.mu)


【JUN SKY WALKER(S) 4年ぶり全国ツアー開催決定 全国11カ所で予定】の続きを読む


ローリングストーンズ(英語: The Rolling Stones)は、イギリスのロックバンド。1962年4月のロンドンで、ブライアン・ジョーンズ、イアン・スチュワート、ミック・ジャガー、キース・リチャーズによって結成、その後間もなくビル・ワイマンとチャーリー・ワッツが参加した。
147キロバイト (18,659 語) - 2022年1月9日 (日) 02:55



(出典 auctions.c.yimg.jp)


生まれる前ですが、音楽好きの私は、その時代を代表する音楽や、名盤に出会えるのはとても嬉しいです。昔のものというだけで笑う人も多いけど、もったいない気がするんだけどな。これはそのまま音楽の歴史でもあるのだから。

1 湛然 ★ :2022/01/16(日) 16:24:24.11

1972年に発売されたアルバム・ベスト63:50年前に生まれた名盤たちをランキング【動画付】
Published on 1月 15, 2022 uDiscoverMusic
https://www.udiscovermusic.jp/stories/best-1972-albums


1972年に発売された傑作アルバムの中には、音楽史に残る不朽の名作がいくつも並んでいる。この年、ザ・ローリング・ストーンズ、デヴィッド・ボウイ、カーティス・メイフィールド、スティーヴィー・ワンダー、そしてエルトン・ジョンといった顔ぶれがそれぞれ世界的に人気を博すアルバムをリリースした (スティーヴィーに至っては、そんな作品を2枚も発表している)。

また、アレサ・フランクリン、アル・グリーン、ザ・ステイプル・シンガーズもそれぞれのキャリア最高傑作に数えられる作品を残している。要するに、以下のランキングは聴き手を選ばないものになったというわけだ。あなたがまだ知らない (あるいは馴染みのある) お気に入りのアルバムを是非見つけてほしい。(※中略)


1位: ザ・ローリング・ストーンズ『Exile On Main St. (メイン・ストリートのならず者)』

2位: スティーヴィー・ワンダー『Talking Book』

3位: カーティス・メイフィールド『Superfly』

4位: デヴィッド・ボウイ『The Rise and Fall of Ziggy Stardust and the Spiders From Mars (ジギー・スターダスト)』
5位: アレサ・フランクリン『Young, Gifted and Bla*』
6位: アル・グリーン『I’m Still In Love With You』
7位: マイルス・デイヴィス『On The Corner』
8位: スティーヴィー・ワンダー『Music Of My Mind (心の詩)』
9位: ニール・ヤング『Harvest』
10位: エルトン・ジョン『Honky Chateau』

11位: ディープ・パープル『Machine Head』
12位: ヴァリアス・アーティスツ『The Harder They Come』
13位: ミルトン・ナシメント&ロー・ボルジェス『Lo Borges: Clube Da Esquina (街角クラブ~クルービ・ダ・エスキーナ)』
14位: ニック・ドレイク『Pink Moon』
15位: ロキシー・ミュージック『Roxy Music』
16位: ビッグ・スター『#1 Record』
17位: ルー・リード『Transformer』
18位: スティーリー・ダン『Can’t Buy A Thrill』
19位: カン『Ege Bamyasi』
20位: チャック・ベリー『The London Chu* Berry Sessions』

21位: カーペンターズ『A Song For You』
22位: ジェスロ・タル『Thi* As A Bri* (ジェラルドの汚れなき世界)』
23位: ザ・ステイプル・シンガーズ『Be Altitude: Respect Yourself』
24位: ノイ!『Neu!』
25位: ジェネシス『Foxtrot』
26位: オールマン・ブラザーズ・バンド『Eat A Peach』
27位: テリー・キャリアー『What Color Is Love』
28位: アーチー・シェップ『Attica Blues』
29位: チック・コリア『Return To Forever』
30位: ザ・テンプテーションズ『All Directions』

31位: ニッティー・グリッティー・ダート・バンド『Will The Circle Be Unbroken (永遠の絆)』
32位: ニール・ダイアモンド『Hot August Night』
33位: *・サバス『Vol. 4 (*・サバス4)』
34位: ジャクソン・ブラウン『Ja*son Browne (ジャクソン・ブラウン・ファースト)』
35位: フランク・ザッパ『The Grand Wazoo』
36位: カエターノ・ヴェローゾ『Transa』
37位: アリス・クーパー『School’s Out』
38位: トッド・ラングレン『Something / Anything?』
39位: ロッド・スチュワート『Never A Dull Moment』
40位: ジョニ・ミッチェル『For the Roses (バラにおくる)』

※41位以下略


【1972年に発売されたアルバム・ベスト63 音楽史に残る不朽の名盤の数々!】の続きを読む

このページのトップヘ