ロックバンド


モトリークルー(Mötley Crüe)は、アメリカ合衆国出身のヘヴィメタル・バンド。 1980年代前半から後半にかけて、北米を中心としたスタジアムロック・ムーブメント(LAメタルも含む)の代表的なグループ。全米だけでアルバム総売り上げ2500万枚以上、全世界で1億枚以上を売り上げている。201…
46キロバイト (6,367 語) - 2022年11月9日 (水) 10:50
デフレパード(Def Leppard)は、イングランド出身のロック・バンド。 1980年代初頭の「NWOBHM」ムーブメントから台頭したグループの一つ。アルバム『炎のターゲット』と『ヒステリア』が、どちらも全米で1000万枚を超える空前の大ヒットを飛ばし、世界的な成功を収めた。VH1「最も偉大な…
35キロバイト (2,560 語) - 2023年3月2日 (木) 17:57
『ドクター・フィールグッド』は知り合いはほぼ聞いてたと思います。久々に聞きたくなりました。

1 湛然 ★ :2023/03/26(日) 05:46:39.88ID:ri3MdLSa9
モトリー・クルーとデフ・レパードの来日公演決定
2023/03/25 11:17掲載(Last Update:2023/03/25 17:04) amass
https://amass.jp/165489/


モトリー・クルー(Motley Crue)とデフ・レパード(Def Leppard)の来日公演が決定。ダブル・ヘッドライナー・ツアーが今秋に日本上陸します。詳細は今後発表されます

●Motley Crue Def Leppard日本公演今秋開催決定!


(出典 Youtube)


【モトリー・クルーとデフ・レパード 来日公演決定! 今秋日本上陸】の続きを読む


BAND-MAID(バンドメイド)は、世界的人気を獲得している日本のガールズロックバンド。所属事務所はプラチナム・パスポート。レーベルはポニーキャニオン。海外のマネジメントはユナイテッド・タレント・エージェンシーが行い、ライブ・ネイションと提携。 メイドの衣装を身に纏いつつビジュアルとは相反する重…
57キロバイト (5,512 語) - 2023年3月24日 (金) 08:33
日本での知名度や人気があまりないのが残念。メイドのコスプレがオタクのイメージから抜け出せないのがもったいない気がします。『スリル』好きで今もよく聞いてます。

1 muffin ★ :2023/03/23(木) 23:08:22.62ID:iJTFTxFS9
https://www.barks.jp/news/?id=1000231482
2023.3.22 1:00

BAND-MAIDがアメリカ三大ロックフェス<Lollapalooza Chicago(ロラパルーザ・シカゴ>に出演することが決定した。

世界最大級の野外音楽フェスティバルでもある<Lollapalooza Chicago>への出演は、日本人アーティストとしては13年ぶり、日本の女性アーティストとしては史上となる快挙だ。

BAND-MAIDは2023年、海外フェスに多数出演が決定しており、フロリダでの<Welcome to Ro*ville>、オハイオでの <Sonic Temple>、セントルイスでの<POINTFEST RADIOSHOW>に続き四本目となり、いずれもアメリカで人気を誇る大型フェスへの出演となっている。

全文はソースをご覧ください


(出典 img.barks.jp)

【BAND-MAID、アメリカ三大ロックフェスに出演決定 日本女性アーティスト史上初】の続きを読む


男闘呼組(おとこぐみ)は、1988年にジャニーズ事務所からデビューした4人編成のロックバンド。メンバーは、成田昭次、高橋和也、岡本健一、前田耕陽の4人。1993年6月30日付で活動休止。2022年7月16日、およそ29年ぶりに2023年8月末までの期間限定での活動再開を発表した。…
69キロバイト (6,300 語) - 2023年3月25日 (土) 10:54
親戚のおばちゃんが成田さんの大ファンで多分当時40歳過ぎてたと思うけどコンサート行ってたなあ。従姉妹に嫌がられてたっけ。私は今の男闘呼組の方が好きです。

1 湛然 ★ :2023/03/25(土) 05:26:23.51ID:OxMddsYz9
男闘呼組・岡本健一「態度悪かったね、みんな」 ヤンチャすぎるインタビュー映像に赤面
[ 2023年3月24日 22:10 ] スポニチ
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2023/03/24/kiji/20230324s00041000733000c.html
男闘呼組 Photo By スポニチ
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2023/03/24/jpeg/20230324s00041000715000p_view.webp


 昨年29年ぶりに再結成した男性4人組ロックバンド「男闘呼組」が24日放送のTBS系「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(金曜後7・57)に出演。若かりし頃のインタビュー映像を見て赤面する場面があった。

 「男闘呼組」の軌跡を振り返るVTRの中で、当時20、21歳だったメンバーたちのインタビュー映像があった。そこではサングラス姿の高橋和也が「俺たち仲良し4人組で~す」と前田耕陽と岡本健一の肩を組みながら笑みを浮かべていた。

 リポーターから「でも、ケンカすることもあるでしょ?」と聞かれると、成田昭次は「ある。しょっちゅうぶん殴り合いだよ」と巻き舌になりつつ回答。これには「すごいノリになってきましたけど…」とリポーターも引いていた。

 やんちゃ全開のインタビューに、中居正広は「ヤバいな。昭次くんヤバいな」と視線を移すと、成田は申し訳なさそうな表情。さらにインタビュー映像は続き、「どうですか?この1年」という質問には、成田が「まぁ、よくね、人気が落ちないで頑張ってきたね」。これに岡本が「どうしたの?お前」と成田の言動を心配しつつ「えっ!?すごく仕事してましたね。でもみんなのおかげです」と質問に答えた。

 さらに高橋はマイクを向けられると「えっ!?馬車馬みてぇに働かされたよ」とぶっちゃけ。続けてカメラマンに向かって「嫌々来てるでしょ?わかるよ。こんな顔してたもんね」と顔をしかめるマネをしていた。成田が「いろんな人に愛されたいよ」と言えば、岡本も「このままの姿を愛されたいわけ」と気取らず自然体を愛されたいとした。すると高橋がいきなり言葉にならない声で叫んだ。すかさず岡本は「こういう姿とかを嫌がらずにさ」と伝えていた。

 このヤンチャすぎるインタビューに岡本は「態度悪かったね、みんな」と苦笑いしつつ「よく周りのスタッフが許してくれてたなと思って」と改めて感謝した。

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


関連
【テレビ】今夜放送『金スマSP』に「男闘呼組」が4人揃って出演! 29年ぶり奇跡の復活の真実に後輩・中居正広が迫る [jinjin★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1679655066/

【男闘呼組・岡本健一 ヤンチャな過去映像に赤面】の続きを読む


U2(ユートゥー)は、アイルランドのロックバンドである。『グラミー賞』22回受賞(46回ノミネート)、アーティストグループでのグラミー賞世界最多受賞記録を保持している。 1980年のデビューから現在に至るまで活動休止は勿論、オリジナル・メンバーの脱退や変更もなく活動しており、これまでに発表した作品は…
63キロバイト (7,021 語) - 2023年1月22日 (日) 12:54
『New Year’s Day』はよくディスコでかかってました。『ヨシュア・トゥリー』も聞きましたがメンバーも20代半ばと知りびっくり。大人になった今だから良さがよく分かります。

1 湛然 ★ :2023/03/23(木) 06:56:37.44ID:8TRpDOc19
U2の名曲ベスト50選
3/20(月) 19:00 Rolling Stone Japan
https://news.yahoo.co.jp/articles/c72f253acf519d98e33b3c88b5dbb3c4e368ad1a?page=1



U2の歴史を一挙総括。話題の新録アルバム『Songs Of Surrender』のリリースを記念して、米ローリングストーン誌が厳選した名曲ランキングをお届けする。


■U2の名曲ベスト50選


1位「One」★

2位「I Still Haven’t Found What I’m Looking For」★

3位「Beautiful Day」★

4位「Sunday Bloody Sunday」★
5位「Bad」★
6位「Where the Streets Have No Name」★
7位「With or Without You」★
8位「Moment of Surrender」
9位「I Will Follow」★
10位「Even Better Than the Real Thing」


11位「New Year’s Day」
12位「Pride (In the Name of Love)」★
13位「Every Breaking Wave」★
14位「Please」
15位「Mysterious Ways」
16位「Zooropa」
17位「Walk On」★
18位「Gloria」
19位「Running to Stand Still」
20位「Out of Control」★

※21位以下は省略。


1位「One」


(出典 Youtube)


至極のソウルバラードだが、U2がロマンチックな愛、精神的な信念、社会的正義という3つのテーマを同時に前面に出すシングル曲は他にない。「一体化を呼びかける曲だが、“皆で一緒に生きて行こう”という昔ながらのヒッピー的な考えではない」とボノは説明する。「むしろ逆で、“僕らは一つだが、同じではない”と歌っている。我々がこの世界で生き残るためには、互いに調和を保って生きなければならないのさ」

2位「I Still Haven’t Found What I’m Looking For」


(出典 Youtube)


「僕が夢中になる音楽は、神の領域に近づくか、或いは遠ざかる音楽のどちらかだ」とボノはローリングストーン誌に語っている。U2にとって2度目となるナンバー1シングル曲は、両面性を備えている。「信じるというよりも、疑いのアンセムだ」とボノは評価した。この曲は『The Joshua Tree』のレコーディングセッションの中から、苦労を重ねて生まれた。元々のタイトルは「Under the Weather」で、いつものようにジャムセッションしながら作られた。

3位「Beautiful Day」


(出典 Youtube)


90年代のU2は、多くのオーディエンスを引きつけた80年代のアンセム的なアルバムを出さずに終えた。そこでバンドは2000年代をスタートするにあたり、初心に返ろうと決めた。「曲のギターサウンドに関しては、かなり話し合った。僕ら自身が作り出したU2のオリジナルサウンドは、長い間放置されてきた。昔のサウンドに戻すべきか否か、というのが話し合いのテーマだった」とジ・エッジは証言した。最終的に、無駄を削ぎ落とした典型的なU2サウンドと、ブライアン・イーノによる華やかなエレクトロニックサウンドを融合させることで落ち着いた。

※抜粋 全文は引用元サイトをご覧ください。

【U2ファン必見! 『名曲ベスト50』】の続きを読む


ディープパープル(英語: Deep Purple)は、イングランド出身のハードロック・バンド。 日本ではレッド・ツェッペリンと並びハードロック・バンドの代表格の一つに数えられ、後のハードロック、ヘビーメタル・バンドにも大きな影響を与えた。いくつかの段階に分けられるがバンドとしての結成は1968年…
75キロバイト (8,842 語) - 2023年3月10日 (金) 03:04
イントロのリフは何度も弾き直されたという話を聞いたことがあります。結果的にあの有名なリフが生まれたんですね。

1 湛然 ★ :2023/03/15(水) 05:40:24.55ID:mG11pmOZ9
ディープ・パープル、“Smoke on the Water”のレコーディング中の逸話について語る
2023.3.13 月曜日 NME Japan
https://nme-jp.com/news/126951/


ディープ・パープルのメンバーは名曲“Smoke on the Water”のレコーディング中にスイスの警察といざこざがあったことについて語っている。

『クラシック・ロック・マガジン』誌のインタヴューで結成メンバーであるドラマーのイアン・ペイスはスイスで“Smoke on the Water”のジャムを行っていたが、地元警察と「敵対的」な関係に陥ったと語っている。

1971年、フランク・ザッパのファンが信号拳銃で火をつけて、モントルー・カジノが焼け落ちたため、ディープ・パープルは移動式ユニットでジャム・セッションを行っていた。その際、スイスの警察は「とんでもない騒音」を起こしたとして、移動式ユニットのドアをノックしてきたという。

イアン・ペイスは次のように語っている。「防音設備もなく、夜にレコーディングを行っていたから、とんでもない騒音だったんだよ」

結成メンバーであるギタリストのリッチー・*モアは次のように続けている。「あそこで“Smoke on the Water”をやっていたんだ。あのリフは咄嗟に作ったんだよ。イアン・ペイスと一緒に作って、ロジャー・グローヴァーもそこに加わることになったんだ」

「移動式ユニットの外で、やったテイクを聴き返していたら、ドアを叩く音が聞こえたんだ。それは地元の警察で、うるさいということで、すべてを止めさせようとしてきた。全部を終わらせようとしているのが分かったから、エンジニアだったマーティン・バーチに『テイクがあるなら聴いてみよう』と言ったんだ。警察は外でドアを叩いていて、銃を手に取ろうとしていた。かなり敵対的だったね」

バンド側はテイクをちゃんとレコーディングして終わらせるまで、ドアに鍵をかけて警察をかわさなければならなかったという。

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


Deep Purple - Smoke On The Water (Live)


(出典 Youtube)


【ディープ・パープル メンバーが語る『Smoke on the Water』誕生秘話】の続きを読む

このページのトップヘ