シンガーソングライター


シンシア・アン・ステファニー・ローパー(英語: Cynthia Ann Stephanie Lauper、1953年6月22日 - ) は、アメリカ合衆国のシンガーソングライター、女優。グラミー賞、エミー賞、トニー賞の受賞経験がある。夫はデヴィッド・ソーントン。
51キロバイト (6,935 語) - 2021年7月5日 (月) 17:09



(出典 www.110107.com)


イントロ聞いただけで気分が上がって、青春時代を思い出します。この曲のジャケットは今見てもワクワクして、青春時代がよみがえります。人柄も含め、色褪せないってこういうことなんですね。

1 湛然 ★ :2022/01/25(火) 23:15:11.06 ID:CAP_USER9.net

シンディ・ローパー「Girls Just Want to Have Fun」のミュージックビデオのYouTube再生回数が10億回突破
2022/01/25 11:21掲載 amass
https://amass.jp/154704/
Cyndi Lauper - Girls Just Want To Have Fun (Official Video)

(出典 Youtube)



シンディ・ローパー(Cyndi Lauper)の代表曲のひとつ、「Girls Just Want To Have Fun」のミュージックビデオのYouTube再生回数が10億回を突破。シンディ楽曲では初めて。

また、ガンズ・アンド・ローゼズ「Sweet Child O' Mine」、a-ha「Take on Me」、マイケル・ジャクソン「Billie Jean」、リック・アストリー「Never Gonna Give You Up」と並んで、YouTubeで再生回数が10億回を超えた5番目の1980年代の楽曲です。

この曲のミュージックビデオは2009年10月にYouTubeにアップロードされました。

シンディは声明でこう話しています。

「フェミニストの私が“Girls Just Want to Have Fun”を手にしたとき、この曲をすべての女性のためのアンセムにしたいと思ったの。サウンド的には、高揚感と喜びに満ちた曲にしたかった。

ビデオを制作する際には、あらゆる分野の女性を登場させることがとても重要だった。ビデオを見るすべての少女に、スクリーンに自分が映っているという喜びの体験をしてもらいたかったのよ。私たちはコミュニティでありたいと思ったの。

ビデオを作った当時は、YouTubeもなかったので、考えてみると本当にすごいことよね。この曲が持つ影響力。長く愛されていること。今でも人々はわざわざこのビデオを探し出して再生しているのだから、すごいことよね。本当に感謝しています。ありがとう」

(おわり)


Cyndi Lauper
@cyndilauper

(出典 pbs.twimg.com)

https://twitter.com/cyndilauper/status/1485649485715976197
(deleted an unsolicited ad)


【シンディ・ローパー 『Girls Just Want to Have Fun』MV再生数10億回突破 80年代の代表曲】の続きを読む


ウィークエンド(英語: The Weeknd)、本名:エイベル・マッコネン・テスファイ(英語: Abel Makkonen Tesfaye、1990年2月16日 - )は、カナダ・スカーバロー出身のシンガーソングライター、音楽プロデューサー。 フランク・オーシャンやミゲルらと共に、コンテンポラ
66キロバイト (5,399 語) - 2022年1月19日 (水) 15:18



(出典 www.udiscovermusic.jp)


シティポップというと、夜、海、黄昏、都会みたいなワードが思い浮かびます。とにかく大人っぽい雰囲気と、ファンクみたいなノリが心地よくて、車で聞くとすごく合います。昭和の歌謡曲が、若い人たちに受け入れられているのもうなずけますし、日本の良質な音楽が世界で評価されてることは、嬉しいです。

1 フォーエバー ★ :2022/01/23(日) 00:40:52.91

 今月7日にリリースされたザ・ウィークエンドの新作『Dawn FM』で、亜蘭知子の1983年作「Midnight Pretenders」をそっくりそのまま引用した楽曲「Out Of Time」が話題を呼んでいる。

【写真】竹内まりや「September」などを作曲した林哲司

 竹内まりやの「プラスティック・ラブ」、松原みき「真夜中のドア~Stay With Me」をはじめとした日本のシティポップが世界中でムーブメントを巻き起こしているのは数年前から周知の事実であり、ザ・ウィークエンドの耳にそのメロディが届いていることはなんら不思議ではないが(彼は三池崇史監督のファンでもあり、日本映画から大きな影響を受けたと明言している)、この「Out Of Time」のインパクトが国内外でのブームをさらに後押しすることは確実だろう。

 2010年代に起こったヴェイパーウェイブ/フューチャーファンクの盛り上がりでも、主に80年代の日本のシティポップがサンプリングとして多用されたこと。また、偶然か否か、一時期海外のYouTubeレコメンドに「プラスティック・ラブ」が頻繁に登場したことなど、シティポップムーブメントのきっかけについては各所で語り尽くされているのでここでは少し割愛。本稿では、2022年の音楽シーンを代表する作品となるであろう『Dawn FM』の世界とも並行しつつ、現在のR&B/ヒップホップとシティポップの親和性について掘り下げていく。

■どこか遠い地の香りがする、実態のないロマンティック

 まず押さえておきたいのは、1970年代後半~80年代にかけて隆盛したシティポップが、同時代にアメリカで流行していたR&B/ソウルの多大なる影響下にあったこと。当時の*ミュージック事情といえば、70年代前半のニューソウル期とディスコの変遷を経て、より人種間を超えたポップでメロディアスなダンスミュージックが誕生したころ。ロックとジャズがミックスされたAORやブルー・アイド・ソウル、テクノロジーの進化とともに洗練されたサウンドを生み出した*コンテンポラリー(通称ブラコン)といったジャンルが代表的だ。

 日本人クリエイターたちは、そんな遠いアメリカの地の音楽と風景を、経済成長を遂げた東京に投影してオリジナルサウンドを確立していった。東京そのものでありながら、どこか漂う遠い地の香り。永井博や鈴木英人らによるアートワークも相まって、例え一度も訪れたことがなくてもカリフォルニアの地のそよ風すら音楽に乗せて届けてくれた。オシャレで、アダルトで、キラキラとときめく……これらの曖昧な言葉は、どこか抽象的でもあるシティポップのロマンティックさを表すのにピッタリな形容詞だったのだ。

 今回発表されたザ・ウィークエンド『Dawn FM』のコンセプトは、架空のラジオ局。案内人役を務めるのは、彼とご近所づきあいもあるジム・キャリーだ。

 「君はあまりに長い間暗闇の中に居続けた。今こそ光の中へと歩き始めるときだ」。イントロで語られるジムの言葉は、コロナ禍の世界について言及しているようでもあり、前作『After Hours』におけるザ・ウィークエンド自身とも呼応している。

 ラジオが流れるのはトンネルの中の渋滞で、そのトンネルは煉獄を意味するという。このアルバムは、その先に待ち受けている光=天国に向かうまでの刹那のダンス空間。アルバムの発売に合わせてTwitchのAmazon Musicチャンネルなどから生配信されたライブ映像では、ダンスフロア上でアルバムの世界=“103.5 Dawn FM”の世界が再現されていた。ヘヴィな題材の中で鳴り響く軽快なダンストラックはサウンドこそ80sだが、懐古主義というよりは宇宙のFMのようであった。

 「Out Of Time」がもしアメリカで馴染み深いブラコンの引用であったら、ザ・ウィークエンドにとってはあまりに直接的な懐かしさになってしまう。「Midnight Pretenders」の持つシティポップ特有のロマンティックさの方が、『Dawn FM』の浮遊空間にしっくりとハマったのだろう。

1/23(日) 0:10配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/e23af891f222a2cc835af72bfc01601b312873c2?page=1

(出典 i.imgur.com)


【ザ・ウィークエンド 『Out Of Time』が話題   R&B/ヒップホップとシティポップの親和性】の続きを読む


藤井 (ふじい かぜ、1997年6月14日 - )は、日本のシンガーソングライター。身長181cm、血液型はB型。 岡山県浅口郡里庄町出身。4人兄弟の末っ子として生まれる。3歳からピアノを習いジャズ・クラシック・ポップス・歌謡曲・演歌など、あらゆる音楽を聴いて育った。
41キロバイト (4,091 語) - 2022年1月23日 (日) 06:56



(出典 img.hmv.co.jp)


ドラマの主題歌だった『旅路』は、一度聞いて大好きになりました。切ないけど、歩いていかなきゃなあと思える優しい曲です。

1 湛然 ★ :2022/01/21(金) 22:19:20.31

藤井風の2ndアルバム発売決定、タイトルは「LOVE ALL SERVE ALL」
2022年1月21日 18:00 音楽ナタリー
https://natalie.mu/music/news/462539

(出典 ogre.natalie.mu)



藤井風の2ndアルバム「LOVE ALL SERVE ALL」が3月23日にリリースされる。

本作には「へでもねーよ」「青春病」「旅路」やストリーミング累計再生回数が2億回を突破した「きらり」、「第72回NHK紅白歌合戦」でサプライズ生演奏された「燃えよ」といった既発曲に未発表6曲を加えた全11曲を収録。Yaffleがサウンドプロデューサーを務め、2020年5月発売の1stアルバム「HELP EVER HURT NEVER」同様、藤井とともに全楽曲のアレンジを手がけた。

アルバムの初回限定盤には“Piano arranged cover”11曲を収録したCD「LOVE ALL COVER ALL」と、このアルバムのために撮り下ろされた全52ページのフォトブックが付属。アルバム発売の告知に合わせて新たなアーティスト写真も公開された。

◆藤井風「LOVE ALL SERVE ALL」収録内容
DISC 1

・へでもねーよ
・青春病
・旅路
・きらり
・燃えよ
ほか未発表6曲を含む全11曲収録
※曲順未定

初回限定盤付属DISC 2

・LOVE ALL COVER ALL(piano arranged covers)
※全11曲、曲目未定


【藤井風 2ndアルバム『LOVE ALL SERVE ALL』  3月発売決定】の続きを読む


宇多田 ヒカル(うただ ヒカル、1983年〈昭和58年〉1月19日 - )は、日本の歌手、シンガーソングライター、ミュージシャン、音楽プロデューサー。本名:宇多田 光(読み同じ)。音楽プロデューサーの父・宇多田照實と、歌手の母・藤圭子の下、アメリカ合衆国ニューヨークで生まれた。所属芸能事務所はU3
163キロバイト (17,928 語) - 2022年1月24日 (月) 04:37



(出典 images.genius.com)


『キングダム ハーツ』で海外で認知されたのも大きいです。なんとかアメリカでも頑張って欲しいですね。

1 湛然 ★ :2022/01/25(火) 06:09:55.44 ID:CAP_USER9.net

宇多田ヒカル「想像の15倍目立ってて恥ずかしい」NYタイムズスクエアの8thアルバム特大広告に驚く
1/24(月) 21:24 中日スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/d38ccda481076cde71376e31a132ec72eef62987
宇多田ヒカル

(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

宇多田ヒカルSTAFFのTwitterより

(出典 static.chunichi.co.jp)



 歌手の宇多田ヒカル(39)が24日、自身のツイッターを更新。居住する米ニューヨークのタイムズスクエアに自らの屋外広告が出て驚く心境を日本語と英語でつづった。

 「デザインにもオッケー出してこうなることはわかってたんだけどなんじゃこりゃ想像の15倍くらい目立ってて恥ずかしい」と恥ずかしがるサルの絵文字を添えた。

 8枚目のアルバム「BADモード」の発売に合わせた大広告。赤を背景にし、宇多田の名前と写真がデザインされた電子広告がビルの側面に縦長に掲示されている。「地元に今私がいなくて私の写真と名前だけが表示されてるのもなんか不思議」と書き込んだ。

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


【宇多田ヒカル 最新アルバム NYタイムズスクエアの特大広告に 「目立って恥ずかしい」】の続きを読む


米津 玄師(よねづ けんし、Kenshi Yonezu、1991年3月10日 - )は、日本のシンガーソングライター・音楽プロデューサーである。徳島県出身。本名同じ。所属レーベルはソニー・ミュージックレーベルズ内のSME Records。身長188cm。血液型はO型。ボカロPとしての名義はハチ。
103キロバイト (11,697 語) - 2022年1月24日 (月) 10:42



(出典 livedoor.blogimg.jp)


言われてみればそんな感じ。今でも不思議なのは、『Lemon』のPVでなぜハイヒールを履いていたのかということ。様々な考察はあるんだけど、本当の理由が知りたいのです。

1 muffin ★ :2022/01/24(月) 20:16:05.42 ID:CAP_USER9.net

https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2201/24/news146.html

“ミサミサとリュークが混ざったみたい”と話題。

シンガー・ソングライターの米津玄師さんが、1月24日からオンエアされているプレイステーションの新CM「遊びのない世界なんて|Play Has No Limits」に出演。オレンジの髪と黒い羽根、メタリックブルーのタイツと普段とは違った姿で登場しており、ネット上では「デスノートのミサミサとリュークが混ざったみたい」と人気漫画『DEATH NOTE』に登場する死神・リュークとヒロイン・弥海砂を連想する声があがっています。

CMの舞台は無数の兵士たちが整然と並んでいる遊びのない世界。その中で突然1人の兵士が魔法少女のように変身。その正体は米津さんで、ツインのおだんごにしたオレンジ髪に黒い羽根の死神のような衣装で登場します。米津さんは不敵な笑みを浮かべながら兵士たちを翻弄(ほんろう)。巨大な扉を解放すると、兵士たちはいざなわれるように外の世界、すなわち遊び心あふれるプレイステーションの世界へと歩みだすというストーリーです。

米津さんは楽曲制作だけでなく、変身というアイデアからキャラクターデザインまでコンセプト企画にも参加。幼いころからゲームを愛する米津さんらしい遊び心に触発され、プレイステーションのDNAである「Play Has No Limits」を象徴する遊びの世界が生まれたとのことです。

道化や死神のような姿へと変身した米津さんに、ネット上では「死神化したミサミサかと思った」「米津玄師、ミサミサとリューク足して2で割ったみたいな見た目」「デスノートに出てくる新しい死神みたいになってた」と『DEATH NOTE』に登場しそうなルックスに圧倒される声が多く見られました。


(出典 image.itmedia.co.jp)


(出典 image.itmedia.co.jp)


(出典 image.itmedia.co.jp)


(出典 image.itmedia.co.jp)


動画
米津玄師 x PlayStationCM 30秒ver

(出典 Youtube)


【米津玄師 プレステ新CMで“戦う少女” アニメキャラを合体させたみたいなビジュアル!】の続きを読む

このページのトップヘ