テレビ番組


有吉 弘行(ありよし ひろいき、1974年〈昭和49年〉5月31日 - )は、太田プロダクションに所属する日本のお笑いタレント、司会者。妻はフリーアナウンサーの夏目三久。 猿岩石の元ボケ・ネタ作りを担当。広島県安芸郡熊野町中溝出身。身長172cm・体重62kg、血液型はA型。広島県観光大使、江戸川区インド人会名誉アンバサダー。
70キロバイト (10,421 語) - 2021年4月19日 (月) 07:50



(出典 img.jisin.jp)


絶対見ます。これは粋な計らいですね。有吉さんは絶対こういうの嫌いそうだけど、ケジメをきちんとつけるところはさすがです。楽しみ。

1 爆笑ゴリラ ★ :2021/04/21(水) 21:53:26.94 ID:CAP_USER9.net BE:479098569-2BP(0)


(出典 img.5ch.net)

4/21(水) 21:31
オリコン

「怒り新党」一夜限り“復活”へ 新婚・有吉&夏目にマツコから容赦ない質問
(左から)有吉弘行、夏目三久アナウンサー (C)ORICON NewS inc.
 4日に結婚を発表したお笑いタレントの有吉弘行(46)とフリーアナウンサー・夏目三久(36)が、23日放送のテレビ朝日系『マツコ&有吉 かりそめ天国』(後8:00)に出演することが同番組のインスタグラムで発表された。かつてマツコ・デラックスと3人で出演していた同局の番組『マツコ&有吉の怒り新党』が一夜限りの復活を果たし、マツコから新婚の2人へ“容赦ない”質問がぶつけられる。

 インスタグラムでは有吉、夏目、マツコの3ショットを掲載し、「祝!有吉結婚!!
夏目三久が緊急出演で『#怒り新党』が一夜限りの再結党! マツコから結婚した2人に容赦ない質問が次々と!」と告知している。

 『怒り新党』は2011年4月から17年3月まで放送されたバラエティー番組。結婚発表の際、2人の出会いは同番組がきっかけであったことが明かされていた。


(出典 i.imgur.com)

https://news.yahoo.co.jp/articles/2151199df2d3058543c106709c7bd4bcde8b1c84


【有吉弘行・夏目三久 交際のきっかけ『怒り新党』一夜限り“復活” 】の続きを読む


週刊さんまとマツコ』(しゅうかんさんまとマツコ)は、2021年4月18日からTBS系列で放送されているトークバラエティ番組。明石家さんまとマツコ・デラックスの冠番組。 番組は、全世代の国民から圧倒的な支持知名度を誇る明石家さんまとマツコ・デラックスの二人がお互いの「知られざる顔」「新しい魅力」
11キロバイト (855 語) - 2021年4月19日 (月) 09:54



(出典 pbs.twimg.com)


確かにこれだけ?とは思いましたが、雰囲気もよくて面白かったです。次回からが本番なのかな。

1 muffin ★ :2021/04/19(月) 21:55:14.53 ID:CAP_USER9.net

https://npn.co.jp/article/detail/200012847

4月18日にTBS系で新番組『週刊さんまとマツコ』がスタートしたが、その内容が物議を醸している。

明石家さんまとマツコ・デラックスの2人のトーク番組。公式HPによると、2人の「知られざる顔」「新しい魅力」を引き出す番組で今後、ロケやスタジオでのトークなど幅広い企画を打ち出していくという。

記念すべき第1回は、さんま、マツコの楽屋でそれぞれ撮影。マツコは「なかなか(美容院の)予約がとれない」とボヤキながら白髪染めをし、さんまはスタッフを前に弁当を食べるという珍しい光景で始まり、その後も楽屋でスタッフと談笑する2人の姿が延々と放送された。

この日の放送は「普段の楽屋のおしゃべり」というテーマ。さんまとマツコがお互いに顔を合わせることはなく、本格的な絡みは次回以降に回された模様。初回は30分間、まるまる楽屋でのおしゃべり「のみ」が放送された。

最初からさんまとマツコのトークが聞けると思った視聴者たちは、この内容にガッカリしたらしくネットでは「え?これで終わり?」「楽しみにしてたのに詐欺にあった気分」「もう次は見ない」といった声が相次ぐことになった。

多くの視聴者は番組のコンセプト通り2人の知られざる顔、新しい魅力が見たかったはずなのに、「スペシャル感」を押し出すあまりに「出し惜しみ」してしまったようであった。

『さんまとマツコ』は日曜18時半から放送。この枠はフジテレビでは『サザエさん』、日本テレビでは『真相報道バンキシャ!』、テレビ朝日は『相葉マナブ』と、長寿番組もしくは固定視聴者をしっかりつかんだ番組が多数放送されている。いくら大物のさんまとマツコがそろったところで苦戦をしいられる可能性は十分にあり、初回を「2人の絡みなし」にしたのは、かなりの冒険だったと言える。

また、ネットではこの「内容の無さ」「出演者だけは豪華」「日曜日の視聴率激戦枠での放送」という状況を危惧している。2012〜13年に低視聴率で、わずか10回で打ち切りになった石橋貴明とビートたけしの番組『日曜ゴールデンで何やってんだテレビ』をほうふつとさせる、との声も。「意外と短命に終わりそう」「いつまで続くのか逆に注目したい」といった声も相次いでいる。

出だしとしては「最悪」なスタートを切った『週刊さんまとマツコ』。果たして、次回こそ実力を発揮するか……?


【新番組『週刊さんまとマツコ』 「詐欺にあった気分」 内容に不満の声】の続きを読む


ドラゴン桜 > ドラゴン桜 (テレビドラマ) 『ドラゴン桜』(ドラゴンざくら)は、メディアミックス・ジャパン(MMJ)・TBSテレビ制作によりTBS系「金曜ドラマ」枠で2005年7月8日から9月16日まで毎週金曜日22:00 - 22:54に放送された日本のテレビドラ
45キロバイト (5,769 語) - 2021年4月3日 (土) 05:01



(出典 livedoor.blogimg.jp)


リアルタイムで見てたのに、ガッキーが出てたなんて気づきませんでした。印象薄かったんですよね。再放送楽しみます!

1 jinjin ★ :2021/04/05(月) 21:24:54.45 ID:CAP_USER9.net

<ドラゴン桜>長谷川京子、山下智久、新垣結衣ら出演 2005年のドラマが今夜、再放送スタート


俳優の阿部寛さん主演で、2005年7月期にTBSの金曜ドラマ枠(金曜午後10時)で放送され社会的ブームとなった「ドラゴン桜」が、4月5日午後11時56分から再放送される。
25日から「日曜劇場」枠(日曜午後9時)で続編がスタートすることを受けて放送。


ドラマは、「週刊モーニング」(講談社)で連載された三田紀房さんの人気マンガが原作。
阿部さん演じる元暴走族で弁護士の桜木健二が、倒産寸前・低偏差値の私立龍山高校にやって来て、超進学校に生まれ変わらせようと生徒と共に奮闘する姿を描いた。
桜木の歯に衣(きぬ)着せぬ物言いや、物理の公式の実践、卓球やトランプをしながらの計算といった「桜木メソッド」と呼ばれる勉強法も注目を集めた。


桜木率いる東大合格を目指すクラスの講師を務めることになる教師・井野真々子を長谷川京子さん、生徒の矢島勇介を山下智久さん、水野直美を長澤まさみさん、奥野一郎を中尾明慶さん、緒方英喜を小池徹平さん、香坂よしのを新垣結衣さん、小林麻紀を紗栄子さんが演じた。


第1話は、桜木建二が倒産寸前の三流私立校・龍山高校に債権者代理として乗り込む。教師・井野真々子らを前に、学校の解散と教師の解雇を通達するも、自らの弁護士としての名を上げるため、
桜木は「東大合格者を輩出する超進学校にする」と宣言。全員が度肝を抜かれる中、3年生の矢島勇介が猛反発して……というストーリー。


https://news.yahoo.co.jp/articles/431bce05da1041b4341d8fd01366adbdf9702db2


【新垣結衣ら出演 『ドラゴン桜』2005年のドラマ再放送スタート】の続きを読む


世界まる見え!テレビ特捜部』(せかいまるみえ!テレビとくそうぶ、英称: WORLD GREAT TV)は、1990年7月9日から日本テレビ系列で、毎週月曜日の20:00 - 21:00(JST)に放送されているドキュメンタリーバラエティ番組。通称「まる見え」。 2009年10月4日から2013年3月31日までは毎週日曜日の12:45
64キロバイト (8,593 語) - 2021年3月15日 (月) 13:06



(出典 www.cinemacafe.net)


祖母が『まる見え』大好きで、一緒に見てたのを思い出します。いっぱい笑ってたなあ。

1 幻の右 ★ :2021/03/21(日) 12:26:32.43 ID:CAP_USER9.net

「テレビ離れ」の深刻化が叫ばれて久しい昨今。

2018年に総務省が公表した「平成30年版 情報通信白書」でも、テレビの視聴時間が減少し、インターネットの利用時間が増加傾向にあるとの調査結果が出ている。しかし、こうした状況下においても、長い間人気をキープし続けている番組は少なくない。

そこでgooランキングは、多くの人が「末永く続いてほしい」と思うご長寿バラエティー番組について調査を行い、ランキングにした。

末永く続いてほしいご長寿バラエティー番組ランキング
3位は『ザ!鉄腕!DASH!!』
3位には、ジャニーズのアイドルグループ「TOKIO」がさまざまなことに挑戦する『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)が、ランク・インした。

1995年11月に前身となる『鉄腕!DASH!!』が放送を開始し、1998年からは現在のタイトルで日曜ゴールデン枠に放送されている本番組。廃屋を再生して自給自足生活を送る「DASH村」や、無人島を開拓していく「DASH島」など、メンバーが体を張った企画が支持を集め、息の長い人気を誇っている。

2020年7月にはメンバーの長瀬智也がジャニーズからの退所を発表しましたが、退所予定の2021年3月末までは本番組への出演が予定されているとのこと。ファンにとっては最も見逃せない番組の一つと言える。

2位は『笑点』
2位に続いたのは、1966年に放送を開始し、日本のテレビで最も古くから続く演芸番組として知られる『笑点』(日本テレビ系)だった。

前半に漫談やマジックなどの演芸コーナー、後半に落語家による大喜利コーナーという二部構成でおなじみの本番組。初代の立川談志をはじめ、三波伸介や三遊亭圓楽(五代目)など数々の名司会者を輩出してきた。現在は、2016年に就任した春風亭昇太が司会を務めている。

2021年5月には55周年を迎えるが、「愛すべきマンネリ」とも評される、いい意味での変わらなさ、安心感が、幅広い年代の視聴者に支持されている理由なのかもしれない。

1位は『世界まる見え!テレビ特捜部』
1位に選ばれたのは、ビートたけしと所ジョージの軽妙なトークでおなじみの『世界まる見え!テレビ特捜部』(日本テレビ系)だった。

1990年7月に放送を開始した本番組は、世界各国のテレビ番組の中から厳選した映像を紹介するバラエティー番組。衝撃映像や爆笑映像から真面目なドキュメンタリーまで、幅広いジャンルの映像を紹介しているのが特徴だ。

そんな番組の名物となっているのが、スペシャルパネリスト・ビートたけしのはじけっぷり。2020年に放送された30周年スペシャルでは、ゲストの明石家さんまをクリームまみれにしたが、番組で彼の元気な姿を見るのが楽しみ、という人も多いのではないだろうか。

gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングが提供する投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものとなる。

投票数合計:1,551票

調査期間:2020年12月14日~2020年12月28日

※イメージやグラフなどの画像が削除されていない元記事は「@DIME」にてご覧になれます。

構成/ino.

@DIME
3/21(日) 12:16
https://news.yahoo.co.jp/articles/4cfc477c67154a41a7592f72b2d2015d8cabe47b


【『永く続いてほしいバラエティ番組ランキング』 第1位はビートたけしの…】の続きを読む


木村 拓哉(きむら たくや、1972年〈昭和47年〉11月13日 - )は、日本の俳優、タレント、歌手、声優。東京都出身。ジャニーズ事務所所属。男性アイドルグループSMAPの全活動期(1988年 - 2016年)のメンバー。「キムタク」の愛称が報道などで使われている。
74キロバイト (9,598 語) - 2021年2月6日 (土) 18:30



(出典 www.vodzoo.com)


月曜含め、週3とかでDISCO通いしてたから、当時の人気ドラマは1つも見たことがありませんでした。同僚から、あらすじ聞いてました。

1 牛丼 ★ :2021/02/27(土) 12:34:22.87

フジテレビが月曜夜9時から放送する、1時間ドラマの枠を指す言葉として知られる「月9(げつく)」。数々の名作を生み出してきたこの枠の全盛期と言われているのが、1990年代です。

そこで今回は、1990年代の月9ドラマの中で、最も素晴らしかったのはどの作品なのかについてアンケートを行い、ランキングにしてみました。

1位 ロングバケーション
2位 東京ラ*トーリー
3位 ひとつ屋根の下

1位は『ロングバケーション』!

売れないピアニストの瀬名秀俊(木村拓哉)と、結婚するはずだった相手に逃げられた葉山南(山口智子)の、奇妙な同居生活を描くラ*トーリー。
放送期間:1996年4月~6月
放送局:フジテレビ系
出演:木村拓哉、山口智子、竹野内豊、稲森いずみ、松たか子、りょう 他

2位は『東京ラ*トーリー』!

新人会社員・永尾完治(織田裕二)と、海外育ちで何事にもストレートな同僚・赤名リカ(鈴木保奈美)、その仲間たちの恋愛模様を描いた都会派ラ*トーリー。
放送期間:1991年1月~3月
放送局:フジテレビ系
出演:鈴木保奈美、織田裕二、江口洋介、有森也実、千堂あきほ、中山秀征 他

3位は『ひとつ屋根の下』!

実業団のマラソン選手だった柏木達也(江口洋介)が、結婚を機にクリーニング店をオープンし、かつて生き別れた弟や妹たちと共に暮らしながら絆を深めていく物語。続編も制作された。
放送期間:1993年4月~6月
放送局:フジテレビ系
出演:江口洋介、福山雅治、酒井法子、いしだ壱成、大路恵美、山本耕史、内田有紀 他
時代を彩った名作ドラマが上位に名を連ねた今回のランキング。気になる4位~37位のランキング結果もぜひご覧ください。
★ソース
https://article.yahoo.co.jp/detail/1cb2bc5e7175764bf625643d88590e73dca623ad


【懐かしい! 90年代 名作揃いの「月9ドラマ」人気ランキング】の続きを読む

このページのトップヘ