映画


BUTTERFLY』(レジェンド・アンドバタフライ)は、2023年1月27日に公開された日本映画。監督は大友啓史、脚本は古沢良太。主演は東映映画初出演となる木村拓哉。PG12指定。 東映70周年記念作品として総製作費20億円を投じて製作されている。タイトルの「レジェンド」は織田信長のことであり、「バタフライ
21キロバイト (2,544 語) - 2023年1月30日 (月) 09:56
来週は『鬼滅の刃』に行く予定なのでこっちはどうしようかな。

1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2023/01/30(月) 19:09:38.63ID:EPRZ1YzH9
1/30(月) 18:44配信 スポニチアネックス

 木村拓哉(50)と綾瀬はるか(37)が共演した映画「レジェンド&バタフライ」(監督大友啓史)が公開初日の27日から3日間で37万人を動員、興行収入4億9000万円を記録して週末の興行ランキングで1位を獲得した。配給の東映が30日に発表した。この数字は、同社の歴代実写映画1位の「男たちの大和/YAMATO」(05年12月公開、興収51億1000万円)の3日間対比で117%となっている。

 織田信長と濃姫の激動の生涯を描いた感動巨編。SNS上でも「これぞthe映画」「日本映画の底力を見せつけてくれる映画」などの声が多く寄せられており、東映では最終興収40億円超えを見込んでいる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b6a672c20095093c0418206433baba9dee40d600

【レジェンド&バタフライ 公開3日で興行収入4.9億円 動員37万人】の続きを読む


映画芸術』(えいがげいじゅつ)は、日本の映画雑誌である。季刊誌。 1946年に清水光が、京都で創刊する。 一度休刊しているところを、1955年、後の沢村貞子の夫であり京都・都新聞(みやこしんぶん)出身の大橋恭彦が編集・発行人となって、東京で再刊。なお、各種二次資料で「大橋恭彦が創刊」とされているが、本人の著作と矛盾している内容である。…
34キロバイト (3,919 語) - 2022年9月19日 (月) 16:32
『ケイコ 目を澄ませて』は実話に基づいてるので見たいと思っていました。岸井ゆきのさんは好きな俳優さんなので配信で見たいと思います。でもベスト作品がアカデミー賞にひとつもノミネートされてないのが忖度なしでいいですね。

1 muffin ★ :2023/01/26(木) 16:14:17.88ID:dJkESjT/9
https://natalie.mu/eiga/news/510369
2023年1月26日

季刊誌・映画芸術が「2022年日本映画ベストテン&ワーストテン」を発表。ベストテン1位には三宅唱が監督、岸井ゆきのが主演を務めた「ケイコ 目を澄ませて」が選出された。

脚本家の荒井晴彦が編集長を務める映画批評専門誌で、毎年恒例の企画「日本映画ベスト&ワーストテン」が多くの反響を生む映画芸術。昨年は2022年12月に死去した斎藤久志の遺作「草の響き」がベストテン1位、吉田恵輔による「空白」がワーストテン1位に選ばれた。選者には映画評論家、映画監督、脚本家、プロデューサー、劇場スタッフ、一般の会社員まで幅広く名を連ねている。

続きはソースをご覧下さい

映画芸術 2022年日本映画ベストテン&ワーストテン
ベストテン
1位「ケイコ 目を澄ませて」(監督:三宅唱)
2位「夜明けまでバス停で」(監督:高橋伴明)
3位「天上の花」(監督:片嶋一貴)
4位「冬薔薇」(監督:阪本順治)
5位「夕方のおともだち」(監督:廣木隆一)
6位「こちらあみ子」(監督:森井勇佑)
7位「マイスモールランド」(監督:川和田恵真)
8位「愛なのに」(監督:城定秀夫)
9位「麻希のいる世界」(監督:塩田明彦)
10位「よだかの片想い」(監督:安川有果)

ワーストテン
1位「流浪の月」(監督:李相日)
2位「シン・ウルトラマン」(監督:樋口真嗣)
3位「ある男」(監督:石川慶)
4位「ラーゲリより愛を込めて」(監督:瀬々敬久)
5位「母性」(監督:廣木隆一)
6位「死刑にいたる病」(監督:白石和彌)
7位「LOVE LIFE」(監督:深田晃司)
8位「ケイコ 目を澄ませて」(監督:三宅唱)
9位「東京2020オリンピック SIDE:B」(監督:河瀬直美)
9位「百花」(監督:川村元気)
※「東京2020オリンピック SIDE:B」と「百花」は同率9位


(出典 ogre.natalie.mu)

【『2022年日本映画ベスト&ワースト作品』 映画芸術が発表】の続きを読む


13日の金曜日」(Friday the 13th)シリーズは、1980年公開アメリカ映画13日の金曜日』に端を発する一連スラッシャー映画シリーズこと。映画他に、テレビシリーズ、小説、コミック本、ビデオゲームといった作品があり、タイアップ商品も販売されている。最初
72キロバイト (6,961 語) - 2023年1月21日 (土) 06:42
小学生の時友達とメガネかけて見た記憶があります。あれは1作目だったのかな。映像が飛び出してくるのにもビクビクしながらだったし、怖くてほとんど内容は記憶にありません。

1 湛然 ★ :2023/01/26(木) 05:42:49.69ID:VpLnUR609
2023年1月26日 2時24分 ナリナリドットコム
「13日の金曜日」リブート版を製作へ
https://www.narinari.com/Nd/20230177169.html

(出典 cdn.narinari.com)



大ヒットホラー作品「13日の金曜日」のリブート版が製作されるようだ。オリジナル作品を監督したショーン・S・カニンガムが、脚本家のジェフ・ロッカーと監督のジェレミー・ワイスと共に、同ホラー映画シリーズの新作の企画を進めていることを明らかにしている。

同シリーズは、カニンガムと脚本家ヴィクター・ミラーとの間での法廷争いにより製作が中断していたが、脚本家のロッカーにより2009年以来となる新作が実現することになりそうだ。

ホラー映画情報サイトのブラディ・ディスガスティングに、ロッカーはこう話している。

「ショーンが『ナイト・ドライバー』を書き直すために私を雇い、監督のジェレミー・ワイスと彼とこの作品で密接に関わった後、その成り行きで『13日の金曜日』と『パズル・スリラー ガバリン』のことを話し始めたんです」
「ジェレミーと私は、『13日の金曜日』の夢のリブートの話を売り込みましたよ。ショーンのお墨付きで、彼と構想を練っているところです」
一方でミラーが企画を進めている前日譚テレビドラマ「クリスタル・レイク」については「明らかに前日譚ドラマは新作に向けた関心に再び火をつけましたから、周囲の興奮により両サイドが歩み寄り、14年ぶりにジェイソンの映画が実現することを私たちは願っていますが、オリジナル作品の続編というプランBも用意していますよ。

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

【13日の金曜日 リブート版製作へ】の続きを読む


週刊少年ジャンプ』(しゅうかんしょうねんジャンプ)は、集英社が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。略称は『ジャンプ』・『WJ』 。1968年に『少年ジャンプ』として月2回刊誌として創刊し、翌1969年より週刊となり『週刊少年ジャンプ』に改名した。また、2014年9月22日よりアプリケーションとして『少年ジャンプ+』を配信している。…
147キロバイト (16,477 語) - 2023年1月23日 (月) 02:22
BLEACH』(ブリーチ)は、久保帯人による日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2001年36・37合併号から2016年38号まで連載された。 2005年に第50回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。単行本の全世界シリーズ累計発行部数は2022年7月時点で1億3000万部を超え、国内外で熱烈な支持を集めている。…
210キロバイト (31,160 語) - 2023年1月21日 (土) 16:02
『BLEACH』面白かった。そこまで気にして読んだことはないけどバトルシーンも見やすいし何より絵が好きです。また読みたいです。

1 ネギうどん ★ :2023/01/23(月) 16:37:24.73ID:pjlEkcVz9
 漫画のなかには、途中でストーリーがガラッと変わるものがある。それまで主人公や周辺の人物との日常風景がメインで描かれていたのに、突如なにかに巻き込まれる形でバトルに強制参加させられ、そこからアクションメインの作品になるという例は少なくない。

 まったく異なった方向性・ジャンルへの展開に戸惑いを感じてしまうファンもいるようだが、結果的に物語はどんどん深みを増し、さらなる魅力を発揮するケースも。

 そこで今回は、作品の方向性が途中でガラッと変わった『週刊少年ジャンプ』(集英社)の漫画について紹介したい。

■方向転換によって一気に物語が加速した『BLEACH』
 現在シリーズ最終章となるアニメ「千年血戦篇」が放送中の、久保帯人氏による人気漫画『BLEACH』もその一つ。

 当初は、霊感が強く、ガラは悪そうに見えても成績優秀な主人公・黒崎一護が死神の朽木ルキアと出会ったことをきっかけに、自身の住む町・空座町で死神代行をはじめる……というストーリーだった。

 しかし9巻からは、ルキアが一護に力を分け与えたことが重罪となったことで彼女は連行され、囚われて処刑を待つ身に。一護らはルキアを救うため、尸魂界へ潜入。作中でも人気キャラの多い護廷十三隊の隊員たちもここで初登場し、そこから一護らはさらに大きな陰謀に巻き込まれていく。

 死神代行という設定がその後の死神界でのバトルを見越したうえでの壮大な前フリだったのかは定かではないが、序盤の空座町での日々から考えると、ルキアが囚われてから『BLEACH』の物語が一気に加速したのは紛れもない事実だ。

 死神たちが多く登場し物語は人気を集めている本作だが、一護の現世での友人らの出番はめっきり減ってしまったのは少々残念でもある。

■似たような展開はかなり多い!? キャラが登場するきっかけにも
 冨樫義博氏の『幽☆遊☆白書』も、大きな方向転換を遂げた作品のひとつだろう。

 第1話で不良の浦飯幽助は、交通事故に遭いそうな子どもを助けた代わりに自分が*でしまう。しかしその死が霊界にとって予定外の死であったため、幽助は霊界案内人のぼたんとともに生き返るための試練を受けることに。

 その後、妖怪が人間界で起こす悪事を取り締まる霊界探偵として活躍する幽助だったが、桑原和真や蔵馬、飛影という仲間が増えたタイミングで物語は大きな転機を迎える。

 それは作中でも強烈なインパクトを誇る戸愚呂兄弟が初登場した暗黒武術会編。ここからはさらにバトルがメインとなり、魔界を舞台にしたストーリーや、幽助の出生の秘密にも迫っていくこととなった。

 また、女性から圧倒的な支持を集めた天野明氏による『家庭教師ヒットマンREBORN!』も、この系譜だ。

 当初は何をやってもダメダメな主人公・沢田綱吉(通称:ツナ)が、突然家庭教師として現れた赤ん坊に「*気弾」を撃たれ、毎回、目の前の困難を*気で頑張るようになるというコメディテイストの日常系漫画だった。

 しかし学校の風紀委員が何者かに襲われるという事件や、ほかのマフィアのファミリーが続々と現れ、ツナは仲間とともに強敵と戦っていくうちに、嫌々ながらも次第にボンゴレファミリーの10代目のボスだという自覚が芽生えていく。

 同作は多彩なイケメンキャラクターやボンゴレリングなど心くすぐる設定だけでなく、各キャラクターの10年後の姿が登場したりと、ファンには嬉しい展開が盛りだくさんだった。

『幽☆遊☆白書』にしろ『家庭教師ヒットマンREBORN!』にしろ、作品の方向転換で世界観が広がったことで、さらに多くのキャラクターが登場するきっかけになったことは言うまでもない。

続きはソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/5432643c652e62ba821f6c2bf2917b6e5fbc53c7

【成功?失敗?『週刊少年ジャンプ』 大胆な方向転換をした名作をご紹介】の続きを読む


アバターシリーズ > アバター:ウェイオブウォーターアバターウェイオブウォーター』(原題: Avatar: The Way of Water)は、2022年のアメリカ合衆国のSF映画。製作・脚本・監督はジェームズ・キャメロン。 同年12月16日に日米同時公開された。『アバター
28キロバイト (3,714 語) - 2023年1月4日 (水) 11:10
見ようとしたんだけど、先に『SLAM DUNK』を見て感動をしてしまいその余韻がしばらく続き、新しく装丁された単行本を買ってしまったので倹約のために結局見てません。

1 シコリアン ★ :2023/01/20(金) 08:53:04.53ID:4auh9RsZ9
 昨年12月、13年ぶりに続編が公開された映画アバターシリーズの最新作「アバター:ウェイ・オブ・ウォーター」。上映された世界135ヶ国で公開週の興行収入ランキング首位を獲得する中、唯一1位を逃したのはなんと日本。実は、週間ランキングでは初登場から3週連続でまさかの3位に沈んでいる。

 ちなみに2009年公開のシリーズ第1作の全世界の興行収入は28.8億ドル(3802億円)で、日本でも国内歴代12位となる159億円を記録。今作も全世界ではすでに15.2億ドル(2003億円 ※1月6日時点)でさらに伸びそうな勢いだが、国内では27.6億円(※1月5日時点)。数字だけ見ればヒットと言えるものの、正直物足りないという印象だ。

 ネット上には《アバター続編を観にシネコン行ったらガラガラだった》などの書き込みも少なくない。こうした状況を業界関係者はどのように見ているのだろうか?

(全文はソースでご確認下さい)
https://asagei.biz/excerpt/53641

【映画・アバター 続編が日本で低調だったワケ】の続きを読む

このページのトップヘ