サッカー


公益財団法人日本サッカー協会(にほんサッカーきょうかい、英語: Japan Football Association、JFA)は、日本サッカー界を統括し代表する国内競技連盟として、サッカー競技の普及および振興を図り、もって国民の心身の健全な発達に寄与することを目的とする。 日本プロサッカー
139キロバイト (18,044 語) - 2022年1月17日 (月) 05:17



(出典 www.soccer-king.jp)


実績優先なんですかね。メンバーは固定にした方がいいのかもしれませんが、競争が生まれないデメリットもあると思います。調子のいい選手を見極めるのも必要な気がします。

1 爆笑ゴリラ ★ :2022/01/22(土) 16:22:34.30

1/22(土) 14:15
SOCCER KING

日本代表がW杯最終予選のメンバーを発表! 負傷の吉田麻也は選外、久保建英が復帰
日本代表メンバーが発表された [写真]=Getty Images
 日本サッカー協会(JFA)は22日、FIFAワールドカップカタール2022アジア最終予選・中国戦(27日)およびサウジアラビア戦(2月1日)へ臨む日本代表メンバーを発表した。

 ここまで6試合を終え、日本代表は勝ち点12(4勝2敗)でグループBの2位。今回のシリーズは同5位の中国、そして同1位のサウジアラビアと、いずれもホームでの戦いを迎える。

 今月のリーグ戦で負傷したキャプテンの吉田麻也(サンプドリア)の招集は見送られ、センターバックとしては谷口彰悟(川崎フロンターレ)、植田直通(ニーム・オリンピック)、板倉滉(シャルケ)らの起用が予想される。状態が不安視されていた冨安健洋(アーセナル)は20日のリーグ杯リヴァプール戦に出場しており、今回のメンバー入りを果たした。

 MF/FWでは、大迫勇也(ヴィッセル神戸)の一人を除いて全員が“海外組”の面々に。これまで日本代表として活躍を見せている伊東純也(ヘンク)や南野拓実(リヴァプール)に加え、久保建英(マジョルカ)が約4ヶ月ぶりの代表復帰を果たした。

 今回発表されたメンバーは以下の通り。

▼GK
川島永嗣(ストラスブール/フランス)
権田修一(清水エスパルス)
シュミット・ダニエル(シント・トロイデン/ベルギー)

▼DF
長友佑都(FC東京)
酒井宏樹(浦和レッズ)
谷口彰悟(川崎フロンターレ)
山根視来(川崎フロンターレ)
植田直通(ニーム・オリンピック/フランス)
板倉滉(シャルケ/ドイツ)
中山雄太(ズヴォレ/オランダ)
冨安健洋(アーセナル/イングランド)

▼MF/FW
大迫勇也(ヴィッセル神戸)
原口元気(ウニオン・ベルリン/ドイツ)
柴崎岳(レガネス/スペイン)
遠藤航(シュトゥットガルト/ドイツ)
伊東純也(ヘンク/ベルギー)
浅野拓磨(ボーフム/ドイツ)
南野拓実(リヴァプール/イングランド)
守田英正(サンタ・クララ/ポルトガル)
前田大然(セルティック/スコットランド)
堂安律(PSV/オランダ)
田中碧(デュッセルドルフ/ドイツ)
久保建英(マジョルカ/スペイン)


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/69358dd36eed7168b927d1d8ef8aae5905b0c883
前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1642828654/


【【サッカー】W杯最終予選のメンバーを発表!  吉田麻也招集見送り】の続きを読む


中村 俊輔(なかむら しゅんすけ、1978年6月24日 - )は、神奈川県横浜市戸塚区出身の日本のプロサッカー選手である。ポジションはミッドフィールダー。J2リーグ・横浜FC所属。元日本代表。 2000年と2013年にJリーグMVPを獲得。Jリーグ史上初のMVP複数回受賞者。ほかにアジアカップ20
75キロバイト (8,709 語) - 2021年12月23日 (木) 13:56



(出典 www.football-zone.net)


フリーキックで、中村選手が躊躇してたら「お前が蹴れよ」とヒデさんが譲ってたことがありました。トップ選手がグイグイ前に出たりするのも必要だけど、こういうところで人間性が垣間見れますね。

1 爆笑ゴリラ ★ :2021/12/25(土) 09:08:33.19 ID:CAP_USER9.net

12/25(土) 6:38
SOCCER DIGEST Web

「世界に流れに置いていかれる」

「ヒデさんの存在が大きかった」中村俊輔がマドリーBを蹴ってレッジーナに移籍した真相を告白!「東洋のバッジョなんて…」
02夏にレッジーナへ移籍し、3シーズンに渡ってプレーした中村。 (C)SOCCER DIGEST
 横浜FCに所属する中村俊輔が、日本代表でも共闘した鈴木啓太氏のYouTubeチャンネルで、2002年夏に横浜F・マリノスからレッジーナへ移籍した際の舞台裏について語った。

 まず鈴木氏から「なぜセリエAに行ったんですか?」と問われた中村は、「ヒデ(中田英寿)さんの存在がすごく大きかった」と明かしている。

「(小野)伸二やイナ(稲本潤一)も海外に行っていたけど、みんなが(日本代表で)帰って来た時に『ヒデさんはやっぱり違う』と感じた」
    
 海外移籍を強く意識したのは、フィリップ・トルシエ監督率いる日本代表が、2001年に敵地サンドニで0‐5の大敗を喫した、フランスとのフレンドリーマッチだったという。

「これは本当に急がないとだめだ。今のままでは、世界に流れに置いていかれると思った。(シドニー)オリンピックに出た時は、『俺、平気じゃん』と思った。相手チームとタメだし。それがちょっと甘かった。もっと海外を意識して、もった早く海外に行きたかった」


 レアル・マドリーのBチームや中田がプレーしたペルージャからも話があるなか、セリエAに昇格したばかりのレッジーナからオファーが届いたが、まったく知らないチームだったため「代理人と『どこ?』って話していた」。

「レッジーナのパスクアーレ・フォーティ会長が来て、横浜のホテルで会って、『俺は明日の便で帰るから早く決めてくれ』と言って。俺も早く(海外に)行かなきゃと思ってるから、選んでいる場合でもない。他はそこまで積極的じゃなかったけど、(レッジーナは)積極的だったし、10番をやるって言ってて。セリエBから上がったチームだから、盛り上げようと会長が力を入れていた」

 結局、「朝まで悩んだ」というレフティは、早朝4〜5時頃に「行きます」と返答。レッジーナ移籍が決まった。そしていざイタリアに到着すると、その盛り上がりぶりに驚かされたようだ。

「(記者会見で)ミラノのホテルの1階をとっていて、『ナカタの次にすごいやつが来た』とすごい数の記者が来ていて、『なんでこんなに盛り上げってるの?』ってびっくりした。『東洋のバッジョが来た』みたいな。やめて、やめて」

 こうして加入したレッジーナで、中村は1年目から主力を担い、32試合に出場して7ゴールをマーク。在籍3シーズン連続で残留に貢献したのだった。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/78456b544a6ae59c91d6a5ce7f5e43e05d3ed748


【中村俊輔 “世界においていかれる” レッジーナに移籍の理由と 大きな存在明かす】の続きを読む


小野 伸二(おの しんじ、1979年9月27日 - )は、静岡県沼津市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・北海道コンサドーレ札幌所属。ポジションはミッドフィールダー。元日本代表。 FIFAワールドユース準優勝、FIFAコンフェデレーションズカップ2001準優勝、日韓ワールドカップGL1位通過、UEF
45キロバイト (5,156 語) - 2021年12月13日 (月) 14:34



(出典 www.football-zone.net)


テングになったファンペルシー選手が、小野選手から指導を受けたおかげで改心して、スターダムへとのしあがったという話を聞いて、若いのに人格者みたいだと思いました。年齢もそれほど離れてないのにね。さすがだ!

1 愛の戦士 ★ :2021/12/18(土) 11:28:12.33

Football ZONE web 12/18(土) 6:50

YouTubeチャンネル「蹴球越後屋」で、MF小野伸二の凄みに言及

 サッカー解説者のセルジオ越後氏が、自身のYouTubeチャンネル「セルジオ越後チャンネル『蹴球越後屋』」を更新。J1北海道コンサドーレ札幌の元日本代表MF小野伸二の人間性に触れ、ピッチ外での一面にも凄みがあったと強調している。

「セルジオ越後チャンネル『蹴球越後屋』」の最新回では、セルジオ越後氏が選んだ歴代Jリーガーベスト11を紹介。今回は「幼少期から知る天才・小野伸二の素顔」と題し、テクニシャンの凄みや知られざる一面についての話題が展開されている。

 小野との初めての出会いは、自身のサッカー教室だったと語るセルジオ越後氏。サッカーの普及活動のため、静岡県内を巡回し、小野の出身地である沼津市にも滞在したという。その当時から小野のテクニックはずば抜けていたようで身体は大きくなかったが「ブラジル人の血が流れているんじゃないかと思うくらい、足技とかちょっと特別」と明かしている。

「一緒にプレーしてもズバ抜けて上手かった。両足のボールの扱い方、足の裏からとにかく群を抜いてスゴかった。日本にいないタイプ。それ(技術)は誰も小野に教えていないのに、素質がある子っていうのは、現代みたいにコーチが教えるのではなく遊びの一環。どこで学んだのかは分からない」

 幼少期からそのテクニックに驚きを覚えていたというセルジオ越後氏は、浦和レッズでプロデビューを果たした小野を「日本人選手をビックリさせた唯一の日本人。それくらい技術はすごかった」と称賛。その凄みはピッチ外でも感じられたといい、小野の人間性が垣間見られたあるエピソードをまじえて展開した。

「僕が凄いなと思ったのは、生意気になってもいいくらいすごい選手なのに、それを全然見せない。美しいよね。取材にいったマスコミが帰るときに小野が道路の真ん中に出てずっとお辞儀していた。旅館の女将さんがやっていることと同じことをする。そういうところが人間的に好かれる」

 ピッチ上で見せる驚愕のテクニックで観る者を魅了してきた天才・小野伸二。周囲から高い評価を受けても決して奢らず、ピッチ外では謙虚に振舞っていたその人間性もまた、小野の凄みだとセルジオ越後氏は指摘していた。

Football ZONE web編集部
https://news.yahoo.co.jp/articles/24419c5c89197b1762af6c65becd8c97d570677f
札幌の元日本代表MF小野伸二【写真:グレアトーン】

(出典 i.imgur.com)


【小野伸二 テクニシャンの凄みだけじゃないんです! その人間力をセルジオ越後が絶賛】の続きを読む


三浦 知良(みうら かずよし、1967年〈昭和42年〉2月26日 - )、日本のプロサッカー選手。J1リーグ・横浜FC所属。ポジションはフォワード。 Jリーグ史上最高齢の54歳でJ1リーグでプレーしており、世界最高齢での得点記録を持っている。 日本代表としてもFIFAワールドカップ初出場に貢献。ワ
135キロバイト (17,014 語) - 2021年11月27日 (土) 18:28



(出典 livedoor.blogimg.jp)


イチローさんの引退の理由は「結果が出せなかったこと」でした。カズさんはそれでもモチベーションが下がらないから、続けていけるのでしょう。自身が身を引く気持ちがなければ、引退はないですし。色んな意味ですごい人だと思います。

1 牛丼 ★ :2021/12/04(土) 20:37:19.18 ID:CAP_USER9.net

 来季J2に降格する横浜FCの元日本代表FW三浦知良(54)が現役続行の意向で、出場機会を求めて移籍も視野に入れていることが4日、複数の関係者への取材で分かった。今季リーグ戦の出場はJ1最年長出場記録を54歳12日に更新した3月の浦和戦の1分間だけで、カップ戦も出場3試合にとどまった。

 静岡県出身の三浦は05年から横浜FCでプレー。ブラジル時代を含めてプロ36年目の今季、2017年以来となる公式戦でのゴールはなかった。
https://nordot.app/839822106677641216?c=39550187727945729


【三浦知良 現役続行を決断 プロ36年目 移籍も視野に】の続きを読む


ネイマール(Neymar)ことネイマール・ダ・シウバ・サントス・ジュニオール(Neymar da Silva Santos Júnior [nejˈmaʁ dɐ ˈsiwvɐ ˈsɐ̃tus ˈʒũɲoʁ], 1992年2月5日 - )は、ブラジル・サンパウロ州モジ・ダス・クルーゼス出身ののサッカー
91キロバイト (8,908 語) - 2021年11月27日 (土) 18:19



(出典 sportiva.shueisha.co.jp)


痛そう。でもこれは悪質には見えません。ネイマールの着地の仕方が悪いように感じました。無事に復帰できるといいですね。

1 Egg ★ :2021/11/29(月) 06:15:47.70

衝撃のシーンが世界中を駆け巡っている。

 11月28日に開催されたリーグ・アンの第15節で、首位を独走中のパリ・サンジェルマンは、敵地でサンテティエンヌと対戦。3‐1で勝利し、4連勝を飾った。

【動画】世界が震撼…敵のタックルでネイマールの足首が90度にぐにゃりと曲がった衝撃シーン
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=101694

 新加入のセルヒオ・ラモスが待望のデビューを飾り、リオネル・メッシが3アシストをマークするなど、明るい話題が少なくなかったこの一戦で、目をそらしたくなるようなシーンが訪れたのは85分だ。

 サンテティエンヌのイバン・マソンのタックルを受けたネイマールの左足がぐにゃりと曲がり、ピッチに倒れたのだ。痛みに悶えたブラジル代表FWは涙を流しながら担架で運ばれ、試合後に松葉杖をつきながら取材ゾーンを通り過ぎる姿がカメラに捉えられている。


 このニュースは各国メディアで取り上げられ、スペイン紙『MARCA』は、「彼の足首は90度曲がり、泣きながら担架でピッチを去った。苦痛に悶える姿を見せており、深刻な怪我の可能性がある」と報じている。

 まだクラブから怪我の詳細は発表されていないが、長期離脱となれば大打撃だ。

サッカーダイジェスト 11/29(月) 4:18
https://news.yahoo.co.jp/articles/48fa19f754ef4185306c48bc509134eeff60794e

写真 
(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
?pri=l&w=640&h=455&exp=10800


【ネイマール 敵のタックルで左足首負傷 苦痛に悶える表情 「深刻な怪我の可能性」】の続きを読む

このページのトップヘ