サッカー


内田 篤人(うちだ あつと、1988年3月27日 - )は、 日本代表ロールモデルコーチ、元プロサッカー選手、元日本代表、タレント。現役時代のポジションは、DF(右サイドバック)。静岡県田方郡函南町出身。 日本代表では、アルベルト・ザッケローニ監督在任時に長友佑都と両翼のサイドバックを形成し、一時代を築いた。
61キロバイト (4,980 語) - 2021年9月21日 (火) 09:32



(出典 i.daily.jp)


今や冠番組も持ってて、メディアやCMでも引っ張りだこ。報ステでのスポーツコーナーも、すごく明瞭で分かりやすいです。聡明な人だなと感じます。だから余計に言葉の説得力が増すのかもしれません。

1 Egg ★ :2021/10/07(木) 20:01:34.01 ID:CAP_USER9.net

元日本代表DFの内田篤人氏が、DAZNで配信中の冠番組『内田篤人のFOOTBALL TIME』の中で、10月7日に森保ジャパンが相まみえるサウジアラビアについて言及している

 日本代表は、カタール・ワールドカップのアジア最終予選第3節で、敵地ジッダに乗り込み、この中東の雄と対戦する。オーストラリアと並ぶ、グループ最大のライバルとの大一番だ。

 内田氏は、「サウジとかオマーンとかUAEとか(の中東勢)は、わけがわからない。試合の流れがあり、それにガチャンとハマってしまうと、本当に強い。勢いに乗ってハマったらね。ただ、(日本が)先に点が取れてしまうと、『どうしたんだ?』という感じになる」と印象を語った。

 2019年のアジアカップで対戦した時は、ボール支配率77%を許した日本が圧倒された。ただ、内田氏は「蹴られたほうが嫌だけどね。裏にボーンと。繋いでくれたほうが、守備の体形を作れるから」と持論を語った。

 番組内では、サウジの注目選手として、「キャプテンを務める左利きのトップ下」アル・ファラジがピックアップされた。ドリブルやパスの映像を見た内田氏は、「これだけでも上手いのが分かる。優しいパス」と称賛。「ボールミスをしてくれない選手には何人かでいくのがいい。コンパクトな守備をしなければいけない」と対策を明かした。

 最後に「先に点を取られると、同点、逆転までいくのは相当な力がいる。絶対に先に点をとられちゃダメ」と念を押した内田氏。視聴したファンも「内田さんの説得力は凄い」「うっちーが監督かわってやってくれー」「内田の言葉は分かりやすい」「実体験ってすごい貴重」と納得の様子だった。

サッカーダイジェスト 10/7(木) 17:32
https://news.yahoo.co.jp/articles/b03eaa333025a03862b1d05e338b7cb674d36845


【内田篤人 サウジ戦の分かりやすい対策に 「監督かわってやってくれー」】の続きを読む


内田 篤人(うちだ あつと、1988年3月27日 - )は、 日本代表ロールモデルコーチ、元プロサッカー選手、元日本代表、タレント。現役時代のポジションは、DF(右サイドバック)。静岡県田方郡函南町出身。 日本代表では、アルベルト・ザッケローニ監督在任時に長友佑都と両翼のサイドバックを形成し、一時代を築いた。
61キロバイト (4,980 語) - 2021年9月8日 (水) 14:07



(出典 www.soccerdigestweb.com)


ある程度力がついて、活躍し始めると簡単に海外に出ていくけど、出ていかせないように国内のクラブが強くなっていかないとダメだと思います。有望な選手やファンが「こんな所にいたら潰れる」なんて思うようなリーグ自体に問題があるのではないでしょうか。

1 Egg ★ :2021/09/13(月) 12:17:33.25 ID:CAP_USER9.net

「世紀の惨敗」だった。

 9月2日、W杯アジア最終予選第1戦に臨んだ日本代表は、格下のオマーン代表に0対1で敗れた。

「番狂わせというよりは完全な力負け。1カ月の事前合宿で日本対策を徹底してきた相手に対して、決定機さえほとんど作れませんでした」(サッカーライター)

 唯一の“見せ場”は、むしろ試合後にあった。

「0ー1という結果ですが、どう感じていますか」

 キャプテンの吉田麻也(33)に対して、単刀直入にそう切り込んだのは、昨年8月に現役を引退した元日本代表の内田篤人(33)。

「今年3月からテレビ朝日の『報道ステーション』でスポーツキャスターを務める内田は、東京五輪でも同局のレポーターを担当。元選手ならではの核心を衝いた質問が好評でした。日本代表の森保一監督も『ウッチーが相手なら』と予定外の取材に応じたほどサッカー界での信頼が厚い」(同前)

 この日はプライベートで“マイブラザー”と呼ぶほど仲がいい吉田に対して厳しい口調で迫り、「負けるべくして負けた」という言葉を引き出すと、最後にこう呼びかけた。

「本来なら結果がついてきてインタビューしたいんで、次はぜひ勝ってください」

 すると吉田は、「あの……」と何か言いかけたが、結局「はい、頑張ります」とだけ応じたのである。

「いつも冷静に喋る吉田にしては珍しい瞬間でした。相手が内田だったからこそ、本音を垣間見せたのでしょう。ネット上でも〈今日のMVPはウッチー〉といった声が溢れました」(同前)

現役引退会見でのバッサリ発言

 実はサッカー界きっての“直言居士”として知られる内田。昨年の現役引退会見では、「(日本と世界の差は)広がったなと思う、正直」とバッサリ。若手の海外挑戦についても、まずは国内で実績を残すべきとして「行きたきゃ行けばいい、今すぐ。どうせすぐ帰ってくるんだろうなと思います」と切り捨てた。

「その忖度のなさが取材者としての“突破力”になっている。現役引退後は、『何でもやってみよう』というスタンスで、キャスターのほか、ユニクロのCMにも出演して話題になりました」(スポーツ紙記者)

 日本サッカー協会では若年層の強化に関わる「ロールモデルコーチ」を務める。

「自分の経験を若手に伝えたいという想いは強い。18年のクラブW杯で、当時所属していた鹿島がレアル・マドリードに1対3で敗れたとき、若手の安部裕葵(ひろき・現バルセロナB)が号泣していた。それを見て、ウッチーが『オレにはその気持ちがわかる』と涙ぐんだんです」(同前)

 ウッチーの“突破力”を、日本代表も見習ってほしい。

週刊文春 9/13(月) 11:12
https://news.yahoo.co.jp/articles/bf7938f106e6a18be26ca8c9ab3b91fbb73c5ac3

写真

(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
?w=426&h=640&q=90&exp=10800&pri=l


【内田篤人 サッカー界きっての“直言居士” 忖度のなさが取材者としての“突破力”】の続きを読む


内田 篤人(うちだ あつと、1988年3月27日 - )は、静岡県田方郡函南町出身の 日本代表ロールモデルコーチ。元プロサッカー選手。元日本代表。タレント。俳優。。現役時代のポジションは、DF(右サイドバック)。 日本代表では、アルベルト・ザッケローニ監督在任時に長友佑都と両翼のサイドバックを形成し、一時代を築いた。
61キロバイト (5,010 語) - 2021年9月4日 (土) 09:41



(出典 www.risovec.jp)


“上から目線”の逆ですね。身内寄りだからこそ出た言葉でしょう。内田さんの解説は分かりやすくて好きです。変に気を遣ったような、当たり障りないインタビューより、斬り込んでくれていいと思いました。

1 数の子 ★ :2021/09/05(日) 21:24:44.38

サッカーファンが、元日本代表の大スターに誤ってブチギレるという珍事が発生した。

9月2日、ワールドカップアジア最終予選が行われ、日本はオマーンと対決。ホームで格下相手に0-1で敗れるという大失態を*た。

試合後のインタビューでは、キャプテンの吉田麻也選手が登場。インタビュアーからの質問に答えていったのだが、最後にインタビュアーは「本来なら結果がついてきてインタビューしたいので、次はぜひ、勝ってください」となかなか辛辣な言葉を投げかけた。吉田選手は少し口ごもり、「はい、頑張ります」と答えていた。

するとネット上では、インタビュアーが失礼だと批判が殺到。

《何この吉田選手へのインタビュー! 失礼にも程があるだろ》
《このインタビューした奴なんなん》
《吉田選手にインタビューした人ちょっと言葉選びが無礼じゃね》
《ちょ、今の吉田に対するインタビュー酷すぎん?》
《吉田麻也に対してすんげー無礼なインタビューアーだな。何様だよ》
《吉田にインタビューしたインタビュアーの最後の一言なんだ? 感情を持ち込むなよ》
といった声があがった。


「うっちーしかこんなインタビューできない」

しかし実はこのインタビュアーは、元日本代表でブンデスリーガなどで輝かしい経歴を持つ内田篤人。吉田の先輩にもあたるため、あえて厳しい言葉をかけたことは明白だ。

ネット上では、インタビュアーの正体が分かった途端に手のひら返しする声が相次ぎ、

《選手にこんなインタビューするアナウンサー居るのって思ったら…うっちーだったのね あっ…あぁ~と納得!!》
《インタビュアーがすごく怒ってて上から目線で何事?と思ったら、うっちーだったw まぁ、うっちーなら納得。そりゃ怒るだろうなっていう内容だったし、うっちーしかこんなインタビューできない》
《吉田選手への インタビューなんなん。 ちょっと失礼すぎん? って思ったけど うっちーだったww 仲が良いからこそ 厳しく言ってくれるの めっちゃ良きでした》
《インタビュー嫌なやつだな。アナウンサー?と思ったら…うっちーだった… うっちーなら仕方ない》
《インタビューしてたのうっちーだったのか気づかんかった! ならあれだけ厳しくても納得》
など、インタビュー内容を褒めたたえる声があがっている。

内田の喝で、次は是非勝利を勝ち取ってほしい。

https://myjitsu.jp/archives/302232


【内田篤人 辛口インタビューでも好評価 「うっちーしかこんなインタビューできない」】の続きを読む


本田圭佑(ほんだ けいすけ、1986年(昭和61年)6月13日 - )は、大阪府摂津市出身のプロサッカー選手。ポジションはミッドフィールダー。元日本代表。サッカー指導者、サッカークラブ経営者、実業家。カンボジア代表のGM・監督を務める傍ら慈善活動にも取り組む。
147キロバイト (17,291 語) - 2021年8月27日 (金) 04:29



(出典 www.football-zone.net)


それぞれに遠慮とか思いやりがなくなってるからギスギスする。何か言うと逆ギレして自己主張ばかりする世の中、大人も子供も公園で仲良く譲り合って遊ぼうなんて一昔前にできてたことができないんでしょ。近所にも広い公演があるけど、誰も使ってません。近隣からクレームきたらしい。世知辛いですね。

1 爆笑ゴリラ ★ :2021/09/01(水) 08:12:37.57 ID:CAP_USER9.net BE:432377336-2BP(0)


(出典 img.5ch.net)

8/31(火) 23:18
日刊スポーツ

本田圭佑、怒り「マジでヤバいルールやから」公園でのボール使用禁止に苦言
本田圭佑(20年3月撮影)
サッカー元日本代表MF本田圭佑(35)が8月31日、珍しく怒りをあらわにした。ツイッターで、子どもたちが思うように遊べない状況になっていることに、苦言を呈した。

「子供らが公園で遊んでたら、うるさいって苦情がくるらしい。さらにボールの使用が禁止の公園が多いらしい。どう考えたって苦情をいう大人は頭がおかしいよ。あなたも迷惑ばっかかけてた、やかましい子供やったでしょう?公園でボール使ったらあかんとかマジでヤバいルールやからね」とつぶやいた。

この日は、欧州主要リーグの移籍期間最終日。無所属で、新天地を探している本田はこのツイートの半日前には英語で「身近な目標は9つめの国でのゴールを決めること。ただ、皆さんが考えるより難しく、ほとんどのクラブが若い選手に興味がある。自分は35歳」と、つぶやいていた。

同じ35歳、同学年の盟友、岡崎慎司はスペイン2部カルタヘナ入りが決まった。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/53de09cae9ac05e736ce47cfac3257837ef2b78e


【本田圭佑 公園でのボール使用禁止に「苦情をいう大人はおかしい」】の続きを読む


中村 俊輔(なかむら しゅんすけ、1978年6月24日 - )は、神奈川県横浜市戸塚区出身の日本のプロサッカー選手である。ポジションはミッドフィールダー。J1リーグ・横浜FC所属。元日本代表。 2000年と2013年にJリーグMVPを獲得。Jリーグ史上初のMVP複数回受賞者。ほかにアジアカップ20
75キロバイト (8,709 語) - 2021年8月2日 (月) 03:45



(出典 number.ismcdn.jp)


日本が成長してるということは、世界も成長してるわけで。スペインがやってる試合を見てたんだけど、パスが早いだけでなく正確。日本はとにかくダラダラしてて、ミスが多い。サッカーに必須の空間認知能力が不足してるのかな。

1 Egg ★ :2021/08/25(水) 06:26:02.04 ID:CAP_USER9.net

「日本サッカーとして進歩は絶対している。そんなに一気には変わらないし、全然ネガティブな結果ではないと思うよ」

 目の前の現実をどう受け止めるかは、中村が言うように、どんな時間軸で見るかによっても変わってくるだろう。

 振り返れば中村がセリエAのレッジーナに渡った19年前は、日本人選手がサッカーの本場ヨーロッパに移籍するだけで国中が湧き立つような時代だった。それが令和の現在、オリンピック代表のほとんどが海外組で構成され、「目標は金メダル」と本気で口にできるところまで来ている。

 自国開催の東京五輪で日本U-24代表が健闘したのは間違いない。しかし、最後は準決勝でスペイン、3位決定戦でメキシコに連敗して幕を閉じた。加えて敗戦の記憶を強くしたのが、MF田中碧(デュッセルドルフ)の言葉だった。

「個人個人でみれば、別にやられるシーンというのはない。でも、2対2や3対3になる時に、相手はパワーアップする。でも、自分たちは変わらない。コンビネーションというひと言で終わるのか、文化なのかそれはわからないが、やっぱりサッカーを知らなすぎるというか。僕らが。彼らはサッカーを知っているけど、僕らは1対1をし続けている。そこが大きな差なのかな」(『スポーツ報知』より)

 サッカーを知らなすぎる----。若手選手が語ったこの言葉を、中村はどう感じたのだろうか。

「"俺が勝負してやる"というのは、トライとしては悪くないと思う。結果として抜けないと、それは周りから言われるよね。メキシコ戦では個々が突っ込みまくって横パスして、(三笘薫が)切り替えて1点とった。ああいうことも起こるから、一概に突っ込むことがいいとか、悪いとかは言えない。

でも、もう少し工夫して突っ込む時と、外から上がってきた選手を使う時があってもよかったと思う。酒井(宏樹)君が右サイドを上がってきて、待っていることが何回もあった。うまく使えればよかったよね。それがうまいのがメキシコとスペイン。ここが差か......というのがわかったと思う」

 中村自身、世界との距離感を知らしめられたことが、サッカーを追求する原動力のひとつになっている。

 2002年日韓W杯の日本代表メンバーから土壇場で外れ、自身をレベルアップさせようとイタリアのレッジーナに新天地を求めた。それからスコットランドのセルティックで経験を重ね、迎えた2006年W杯ドイツ大会。グループリーグ最後のブラジル戦で、世界トップに猛烈な差を見せつけられた。

「レベルが全然違うなって感じて、『ブラジルはサッカーが染みついている』という言葉を使った。とにかく引き出しが多かったから。東京オリンピックの日本代表も、そんなことを感じたんじゃないかな」

 1993年のJリーグ誕生以降、日本サッカーは急速に成長してきた。それはW杯で3回達成したベスト16という結果に表れているだろう。

 一方、W杯の常連となったなか、どうしても越えられない壁がある。昨年には世界とJリーグの差について内田篤人(元鹿島アントラーズ)が引退会見で口にし、酒井高徳(ヴィッセル神戸)のインタビューも話題になった。それ以前には、2015年から2018年まで日本代表を率いたヴァイッド・ハリルホジッチは選手たちに"デュエル"を強く求めている。

 果たして中村の目に、世界との距離感はどう見えているのか。

「まず、日本代表とJリーグは違うからね。ましてや今、代表は海外組がほとんどだし。そのなかで日本代表の選手たちは海外の考え方をわかってきたと思う。たとえばデュエルも、ボールをずっと持っていれば関係ないし。チームで相手をハメてパスカットすれば、デュエルは関係ない*。

8/20(金) 6:35 スポルティーバ
https://news.yahoo.co.jp/articles/22aea2624617eb8937b24aa0e875f7089c19045a

写真

(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
?w=640&h=480&q=90&exp=10800&pri=l


【中村俊輔 世界との差はどこに? Jリーグでは作れない環境にも要因】の続きを読む

このページのトップヘ