サッカー


本田圭佑(ほんだ けいすけ、1986年(昭和61年)6月13日 - )は、大阪府摂津市出身のプロサッカー選手。ポジションはミッドフィールダー。元日本代表。サッカー指導者、サッカークラブ経営者、実業家。カンボジア代表のGM・監督を務める傍ら慈善活動にも取り組む。
147キロバイト (17,291 語) - 2021年8月22日 (日) 12:39



(出典 www.football-zone.net)


将来を見据えてなのか、YouTuberもどきなことをしたり、およそサッカーとは関係ないジャンルに進出したり。それなりに結果を出してきたのかもしれないけど。こういう生き方もこの人にとっては大切なのかな。

1 爆笑ゴリラ ★ :2021/08/24(火) 12:26:56.48 ID:CAP_USER9.net

8/24(火) 10:49
スポニチアネックス

本田圭佑 お団子ヘア&スーツ姿披露に「色男半端ない」「イケメンすぎる」の声
本田圭佑
 元日本代表の本田圭佑(35)が24日までに自身のインスタグラムを更新。お団子ヘアを披露し、反響を呼んでいる。

 「日本のライフスタイル雑誌にどれだけ椅子が好きなのか、インタビューを受けた時の写真!」とつづり、髪の毛を後ろでまとめたお団子ヘア姿でアンティーク調のいすに座ってインタビューを受ける様子の写真をアップ。本田はスーツを着用し、身振り手振りで話している様子がうかがえる。

 この投稿にファンからは「素敵すぎます」「本田さん相変わらずカッコいいです」「髪型お似合いです」「カッコいいでしかない」「髪が長い本田さんも素敵です」「スーツ姿カッコいい」「色男半端ないです」「イケメンすぎる」などの声が集まっている。

【写真】カッコいい!本田圭佑のお団子ヘア&スーツ姿(インスタから)

(出典 www.sponichi.co.jp)


(出典 www.sponichi.co.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/b141aad5fa3e85bd10b03c5f29c80daf9e72f0a8


【本田圭佑 お団子ヘアでインタビュー受ける イケメンすぎる姿披露】の続きを読む


リオネル・アンドレス・メッシ・クッシッティーニ(Lionel Andrés Messi Cuccittini, スペイン語発音: [ljoˈnel anˈdɾes ˈmesi], 1987年6月24日 - )は、アルゼンチン・サンタフェ州ロサリオ出身のサッカー選手。パリ・サンジェルマンFC所属。ア
180キロバイト (21,927 語) - 2021年8月10日 (火) 23:54



(出典 spread-sports.jp)


ワオ!一昨年泣いてバルサに残りたいっていってたのに。ひょっとするとあの時点で契約済んでて、あとはサインだけだったのかも。

1 シャチ ★ :2021/08/10(火) 23:38:03.18 ID:CAP_USER9.net

8/10(火) 23:30配信 スポーツ報知
https://news.yahoo.co.jp/articles/fa707c116586432b61419c64ced80b5bf68ffe46
画像 空港に詰めかけたサポーターに向かって手を振るメッシ(ロイター)

(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

 フランスのスポーツ紙「レキップ」は10日、スペイン1部FCバルセロナ退団が決まったアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、パリ入りしたことを動画を使いながら公式サイトやSNSで速報した。メッシはパリSG入りが報じられていた。

 動画には白地に黒い文字で「Ici c'est Paris」(ここはパリ)と書かれたTシャツを着たメッシが、窓から手を振り、集結したサポーターが発煙筒をたきながら「メッシ! メッシ!」と雄たけびを上げる様子が映っていた。

 同紙WEB版によると、メッシが乗った飛行機は、ル・ブルジェ空港に着陸。この後、メディカルチェックを受け、問題なければ契約を結ぶとしている。


【メッシ 歓喜に沸くファン集結のパリに到着 メディカルチェック後契約へ】の続きを読む


リオネル・アンドレス・メッシ・クッシッティーニ(Lionel Andrés Messi Cuccittini, スペイン語発音: [ljoˈnel anˈdɾes ˈmesi], 1987年6月24日 - )は、アルゼンチン・サンタフェ州ロサリオ出身のサッカー選手。アルゼンチン代表。ポジションはフォワード。レオ・メッシ(Leo
178キロバイト (21,746 語) - 2021年8月8日 (日) 13:19



(出典 kicker.town)


詳しくないけど、バルサにとってはビジネス的にはどうなんだろう。当然移籍金もないし、他のチームはただで獲得できるわけでしょ?こういう形はよくないと思うんだけど。

1 れいおφ ★ :2021/08/08(日) 19:43:58.52 ID:CAP_USER9.net

バルセロナ退団が決定したFWリオネル・メッシが8日、カンプ・ノウで公式会見を行った。

下部組織時代からバルセロナ一筋で、プロデビューから17年間を捧げたメッシ。
クラブ歴代最多出場(775)や最多ゴール(670)、最多タイトル獲得(35)など偉大な記録を残してきたが、5日に退団が決定。
バルセロナ側は、ラ・リーガの定めるサラリーキャップをクリアできなかったことが原因であると発表している。

そして8日、メッシは長年ホームスタジアムとして戦い続けてきたカンプ・ノウで退団会見を行った。
家族やチームメイトも見守る中、登壇直後から溢れる思いをこらえきれず。声を震わせながら、語っている。

「話をできる状態か分からない。ここ数日、僕から何を言えるのか頭を巡らせていた。実際、何も出て来なかったんだ。
僕にとってはとっても難しいことだ。これだけ長い間、ここで人生を築いて来たんだから。準備なんてできていない」

「去年は退団することを確信していた。でも今年はここで続けることを、自分の家で続けることを確信していた。
それが僕たちの望みだった。僕はバルセロナでの人生を楽しんでいきたかった。スポーツ面でも、美しい日々の営みも」

「今日は別れを告げることになってしまった。小さい頃、13歳でここにやって来て、21年後に妻と3人の子供たちとここを去る。
あらゆることをともに経験してきたチームメート、クラブの人々、会ったこともない人々にも感謝したい。
僕はいつだって謙虚さと敬意を忘れずにいようとした。この僕の家で、そうしようと努めてきたんだ。
クラブに残していくものの一つとして、そのことを覚えておいてくれるとうれしい」

「とても素晴らしいこと、同様に辛いこともあった。それが僕を成長させた。
僕は初めてここにやって来たときから、このクラブ、このユニフォームのためにすべてを捧げた。だから、自分自身で満足している。
こうした形で別れを告げられたら良いと思っていたけど、でもピッチで、サポーターと一緒にそうできたらもっと良かった。
最後の喝采を感じたかった。パンデミック中、彼らがいないことを寂しく思っていた。喝采とともに叫ばれる僕の名前を聞きたかった。

満杯のスタジアムを想像すると、本当に良い別れ方ができたんじゃないかと思えてしまう。
こうなってしまったけど、でもこれまでに受けてきた愛情に感謝したい。人々の愛情はいつだって変わらなかったし、このクラブの愛と称賛を感じてきた。
いつかこのクラブに戻ってきたい。このクラブが世界最高のクラブであり続けるために貢献していけたらと思う」

https://news.yahoo.co.jp/articles/6ec98d63839de386623dc67f08eda39458ca5f24

画像

(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)



関連スレ
【サッカー】メッシ、現在はショック状態…悲しみに打ちひしがれている模様 再契約のためバルセロナ入り→クラブから退団伝えられる★2
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1628238963/


【メッシ 涙の退団会見 「喝采とともに叫ばれる僕の名前を聞きたかった」】の続きを読む


西 大伍(にし だいご、1987年8月28日 - )は、北海道札幌市清田区(出生当時は豊平区)出身のプロサッカー選手。Jリーグ・浦和レッズ所属。ポジションはディフェンダー、ミッドフィールダー。元日本代表。 コンサドーレ札幌U-15およびU-18で育った生え抜き選手。U-15時代はFWとしてハーフナー
18キロバイト (1,591 語) - 2021年8月8日 (日) 00:50



(出典 www.football-zone.net)


スタメンは固定しなきゃいけないわけではないのでしょ?そうせざるを得ない選び方が悪かったのでは?ローテーションもしないっていうのも不思議です。当然疲れも溜まって悪循環な気がします。

1 ゴアマガラ ★ :2021/08/08(日) 08:06:51.09 ID:CAP_USER9.net

「日本のサッカーが本当に強くなるにはさ」と投稿

浦和レッズのDF西大伍が8月7日、自身のツイッターを更新。東京オリンピックでのU-24日本代表の戦いぶりについて言及し、ファン・フォロワーからの反響を呼んでいる。

東京五輪において、U-24日本代表はグループステージを3連勝で首位通過。決勝トーナメント進出を果たすと、準々決勝ではニュージーランドに0-0からのPK戦を4-2で制し、2012年ロンドン五輪以来のベスト4に進出。
しかし、準決勝でスペインに延長戦の末に0-1で敗れ3位決定戦に回ると、銅メダルを懸けた一戦ではメキシコに1-3で敗れ、53年ぶりのメダル獲得はならなかった。

西は7日に更新した自身のツイッターで「日本のサッカーが本当に強くなるにはさ 選考する側のレベルをもっと上げていかなきゃダメだよな って感じたな スペイン戦で」と、準決勝のスペイン戦で抱いた自身の印象をそう綴った。

西は続く投稿で「誰かのことというより、全体で 見てくれている皆さんも含めて」と綴り、さらに続けて「勝つ確率を高めるために評価の基準を変えていくべきかと 特に過密日程の中では スペインの選手は難しいことをしているわけではない 日本の選手も出来る」と投稿。
世界の舞台で結果を残すために日本サッカーがどう変わっていくべきか、独自の見解を述べている。

これらの投稿にフォロワーも反応し、「よくぞ言ってくれました」「激しく同意します」「同感です」「ごもっともですわ」と賛同のコメントとともに、「今の日本代表には決定力が足りないと思いませんか?」
「OAに後ろ目の選手を選んでいる時点でチームの重心が重い?守り勝つじゃなく、攻め勝つ志向じゃないと勝てないと思う」「サポーター側もレベルを上げるというか意識の改革が必要な気がします」などと、思い思いの意見が寄せられた。

西はこれまでも、独自の分析眼でたびたびサッカー界に一石を投じる投稿を行なってきたが、今回もサッカーファンの間に大きな反響を呼ぶ形となっている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

https://news.yahoo.co.jp/articles/6a93ca06310bd59bf4feadbb7356615a8615cb98


【西大伍 日本のサッカーが強くなるための見解 「選考する側のレベルを上げないと」】の続きを読む


セルジオ越後セルジオ えちご、Sergio Echigo、1945年7月28日 - )は、ブラジルサンパウロ出身の元プロサッカー選手。日系ブラジル人(二世)。現役時代のポジションは右ウイング。五輪のブラジル代表の候補にも選ばれる(本人談・公式記録は無し)。現在は、サッカー評論家・指導者。
17キロバイト (2,050 語) - 2021年7月25日 (日) 19:03



(出典 pbs.twimg.com)


日本人は五輪に限らず、スポーツは感動を与えるものだし、与えられるものって思ってるからいいのでは?でも、少なくとも久保選手はアナウンサーの慰めに対し、勝たなければ意味がないと言ってましたよ。選手はじめ、関係者が今後どう行動していくかでしょう。

1 jinjin ★ :2021/08/07(土) 01:54:37.38 ID:CAP_USER9.net

【セルジオ越後】久保くんの涙に感動とか言ってる場合じゃない! プロにドンマイ、ドンマイなんて必要ないよ


53年ぶりのメダルの期待が懸かった東京オリンピックだけど、3位決定戦でメキシコに1-3の敗戦。
キャプテン吉田の一言がまさに、この試合を言い当てていたよ。



「完敗です」

さすがオーバーエイジで経験のある選手の言葉だったと思うよ。紛れもない完敗。
前半、日本は主導権を握られて2点をリードされた。
そのまま前半はこれといった反撃もできず、後半も追撃の1点を奪う前に、セットプレーからしてやられて、相手はもう無理をする必要がなくなった。
 
日本はそこから三笘や上田を入れて反撃に転じたけど、メキシコはがっちり引いて最後のところを集中して凌いでいた。
最終的なスタッツは日本がボール保持率で上回って、シュート数もメキシコ8本に対し、日本19本と大きく上回った。

でもそれは結局、守りに入った相手を攻め切れずに終わったということ。
枠内シュートはメキシコ4本、日本5本と、シュート本数に比べて差がないところにも、両チームのクオリティの差が表われているよ。


オーバーエイジに守備的な選手を3人入れたにもかかわらず、セットプレーから3点を奪われた。
これはもうチームプランとして、あってはいけないゲーム展開だった。

チームの課題は明らかで、トーナメントに入って点を取れなくなっていた。
要するに、決勝トーナメントに進んでくるハイレベルな相手に研究されたなかでは、点を取り切るクオリティがなかったということ。

三笘をもっと早く入れておけば良かったという見方もあるかもしれないが、日本がそれで決定機を作ったのと同じように、メキシコも同じようにいつゴールを奪ってもおかしくない展開だった。
リスクを冒せば点を取るチャンスが増えるのと同時に、ピンチも増える。この展開での起用なら、あるいはもっと差をつけられて負ける可能性もあったよ。


森保監督の采配も試合展開にあまり変化をつけるものじゃなかったけど、結局それだけのメンバーがいなかったんでしょ。
コックさんに例えるなら、実は料理をつくるのにあまりいい材料が揃っていなかったということだよ。


プロ選手が結果を残せなければ、普通は厳しく批判されるだけ

それにしても、今回の日本男子サッカーは本当にビッグチャンスを逃してしまった。
これを逃したら、あとはいつメダルを獲るんだろうというくらいのチャンスだった。

オーバーエイジにはA代表の中心選手を6月から招集して、早くからチーム作りを進めてきたし、トレーニングも幕張の専用施設でずっと続けることができて、準備は万全だった。
他の国でこれだけ準備に時間をかけられたチームはないよ。
 

そんななかで結果を残せなかったチーム、とりわけプロの選手に与えられるのは、普通は手厳しい批判しかないと僕は思っている。
それこそスペインやブラジルなら、どんな罵声を浴びせられるか……。

国民性だから、日本人にはそういうのは向かないとは思うけど、少なくとも選手の涙に感動したとか、最後までよくゴールを目指して頑張ったとか、そういう論調が出てくるようなら勝ち癖のある国にはなれない。
負けたのに「よくやりました。この試合は次に結びつきます」とか、テレビの実況の人は言うけど、そういうのはアマチュアの考えで、プロ選手にかける言葉じゃない。

もうみんな知っていると思うけど、五輪はもうアマチュアの祭典なんかじゃない。
戦っているのはプロの選手だよ。

そういう世界で「ドンマイ、ドンマイ」なんてやってたら、もう日本のサッカーは二度とメダルなんて獲れないよ。


https://news.yahoo.co.jp/articles/67dcad0c8b7969dc886f52c83c7a2c3d0c20462a?page=1


前スレ
【セルジオ越後】「久保くんの涙に感動とか言ってる場合じゃない! プロにドンマイなんて必要ない。結果を残せなければ批判されるだけ」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1628262678/


【セルジオ越後 「選手の涙に感動した」そういう論調なら勝ち癖のある国にはなれない】の続きを読む

このページのトップヘ