サッカー


本田 圭佑(ほんだ けいすけ、1986年6月13日 - )は、日本のサッカー選手、サッカー指導者、解説者、実業家。ポジションはMF。元日本代表。カンボジア代表のGM・監督を務めた。 アジア(日本)、ヨーロッパ(オランダ・ロシア・イタリア・アゼルバイジャン・リトアニア)、北中米(メキシコ)、オセアニ…
159キロバイト (18,847 語) - 2023年1月10日 (火) 02:09
企業名入れると名前がコロコロ変わってしまうんじゃないのかな。

1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2023/01/10(火) 19:01:17.44ID:XcFn96yK9
1/10(火) 17:52配信 デイリースポーツ

 サッカー元日本代表の本田圭佑(36)が10日、自身のツイッターを更新し、Jリーグについての思いをつぶやいた。

 「Jリーグ。サッカークラブに企業名を入れられるようにするべき。地元に根付いたクラブにしたいという構想は分かるけど、事実としてほとんどのクラブが親会社やスポンサーがいないと経営が成り立ってない。お金を広告費として出しやすいようにルールを変えるべき」と、持論をつづった。

 Jリーグは方針としてクラブ名称は「地域名+愛称」で、企業名は原則排除されている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5cd0ee28ecbddb6492e1e060b341a24e9a3f26e0

【本田圭佑 Jリーグに 「広告費を出しやすいように…クラブに企業名を入れるべき」】の続きを読む


三浦 知良(みうら かずよし、1967年〈昭和42年〉2月26日 - )は、静岡県静岡市葵区出身のプロサッカー選手。リーガ・ポルトガル2・UDオリヴェイレンセ所属。ポジションはフォワード。元日本代表。血液型はA型。 Jリーグ史上最高齢の54歳でJ1リーグでプレーした経験を持ち、世界最高齢での得点記…
148キロバイト (18,728 語) - 2023年1月8日 (日) 09:03
この歳で生活環境を変えるなんて考えただけで無理です。しかも海外。このバイタリティは一体どこからくるのだろう。

1 マングース ★ :2023/01/08(日) 03:55:45.63ID:LFzbChMo9
横浜FCが保有権を持つ元日本代表FW三浦知良(55)がポルトガル2部オリベイレンセに今夏まで期限付き移籍することで基本合意したことが7日、分かった。
近日中にも正式発表される。昨季JFL鈴鹿ポイントゲッターズでプレーしたカズは複数のクラブからオファーを受けていた。カズはこの日、横浜FCのキャンプ(8~21日)に合流するため、宮崎入りした。
不屈の魂はポルトガルに新天地を求めた。
移籍期間は今夏までの半年間、条件面なども基本合意したことが判明した。
背番号はカズの代名詞でもある「11番」が用意されているという。
今月末までに登録を済ませ、2月上旬のデビューを目指す。
15歳で単身ブラジルに渡ってから40年。

通算5カ国目の海外挑戦が始まる。
ペドロ・ミゲル監督からはFW起用も示唆された。
カズ自身、全盛期のスピードはないことも打ち明けたが、高評価は変わらない。
好機はつくるが、決定力を欠くチーム事情から主にフィニッシュの部分を期待される。
「基礎体力と技術があれば組み合わせ次第で新しい自分が見せられる」がカズの流儀。まだまだ伸びしろもある。
2月26日には56歳になる。

過去、ベラルーシで56歳の選手がプレーした記録が残るが、世界でも類を見ない高齢移籍だ。
もちろん準備に抜かりはない。
「いつものメンバーがそろうよ」とカズ。

異国での食、体のケアを担う専属シェフ、同マッサーの帯同も決定。
ポルトガル語が堪能なカズに言語の不安もなく、本拠地はポルトから車で30分の距離で「凄く便利」と笑った。
1922年創設のオリベイレンセは昨年11月から横浜FCの親会社ONODERA GROUPが経営権を持つ。
現在は2部14位と低迷するが、将来性ある若手も多く、カズの経験や姿勢が注入されれば、一気に化ける可能性を秘める。
現在、天然芝のピッチ3面も建設中で将来の1部昇格に向けた明確なビジョンを持っている。
カズは8~21日まで横浜FCの宮崎キャンプに参加。
渡欧後に試合出場できる肉体に仕上げていく。
欧州でのプレーはクロアチア・ザグレブ(現ディナモ・ザグレブ)時代の99年以来、実に24年ぶり。
キングの新たな挑戦が始まる。

1/8(日) 3:00 Yahoo!ニュース 21
https://news.yahoo.co.jp/articles/36c4e5996834aecdaeb5459b195984dedbb3ea9f

【三浦知良(55) ポルトガル2部オリベイレンセと合意 通算5カ国目の海外挑戦】の続きを読む


2022 FIFAワールドカップ(英: 2022 FIFA World Cup)は、2022年11月20日から12月18日にかけてカタールで開催された22回目のFIFAワールドカップ。大会スローガンは、“Now is All“(今こそがすべて)。日本の報道では「W杯カタール
108キロバイト (12,066 語) - 2023年1月3日 (火) 00:57
サッカーW杯は時間帯が肝なのかもしれませんね。スペイン戦がコスタリカ戦と同じ時間ならもっといってたと思います。今回は決勝まで見てしまいました。面白かった!

1 征夷大将軍 ★ :2023/01/04(水) 10:41:56.70ID:SHa0+bHf9
スポニチ2023年1月4日 10:17
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2023/01/04/kiji/20230103s00041000426000c.html

2022年の年間高視聴率番組上位30番組が出そろった(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

トップは11月27日にテレビ朝日で生中継されたサッカーFIFAワールドカップ(W杯)カタール大会の日本―コスタリカ戦で、世帯平均42・9%。個人視聴率も30・6%を記録した。試合は0―1で日本が敗れた試合だった。ゴールデンタイムでの放送だったこともあり、驚異的な数字を記録した。個人、世帯いずれも同番組がトップ。W杯の日本戦は軒並み高視聴率を記録した。

芸能では、大みそかの「第73回紅白歌合戦」の後半、世帯35・3%が世帯で3位に入った。個人視聴率も26・0%で、2位に入った。

※≪2022年年間高個人視聴率番組ベスト30≫(関東地区) ()内は世帯視聴率

(1)FIFAワールドカップ2022・日本×コスタリカ 11月27日 テレビ朝日(後6・40) 30・6%(42・9%)
(2)第73回NHK紅白歌合戦・後半 12月31日 NHK総合(後9・00) 26・0%(35・3%)
(3)FIFAワールドカップ2022・日本×ドイツ 11月23日 NHK総合(後9・50) 23・2%(36・8%)
(4)第72回NHK紅白歌合戦・前半 12月31日 NHK総合(後7・20) 23・0%(31・2%)
(5) FIFAワールドカップ2022・日本×クロアチア 12月5日(後11・40) フジテレビ 20・1%(34・6%)


※原文
≪2020年年間高個人視聴率番組ベスト30≫(関東地区) ()内は世帯視聴率

【2022年・年間視聴率上位30番組 年間トップはサッカーW杯日本-コスタリカ戦】の続きを読む


森保 (もりやす はじめ、1968年8月23日 - )は、静岡県掛川市生まれ、長崎県長崎市出身の元プロサッカー選手、サッカー指導者(JFA 公認S級コーチ)。現役時代のポジションはミッドフィールダー。元日本代表で、現在は日本代表の監督を務める。 静岡県掛川市で生まれたが、父親が造船関係者だったため…
42キロバイト (4,129 語) - 2022年12月28日 (水) 02:05
順位も勝った相手からしてもW杯日本代表歴代最高の結果を出した監督だから、辞めさせる理由はないのでしょうね。

1 久太郎 ★ :2022/12/28(水) 12:09:29.49ID:de+bUn9r9
 日本サッカー協会は28日、臨時理事会を開き、次期日本代表監督に森保一氏の就任を承認した。森保氏は、きょう午後5時30分から都内のホテルで会見に臨む予定。W杯後の続投は史上初めて。2026年の米国・カナダ・メキシコの3か国共催W杯を目指す。

 次期監督については、「W杯8強入りの可能性を高められる監督」と基準が設けられた。田嶋幸三会長ら幹部はカタールW杯の16強入りを受け、続投を支持。4度跳ね返された16強の壁を、今後の成長で打ち破るとの目算が根拠になった。一方、人選の中心的な役割を担う反町委員長は、前ドイツ代表監督のレーヴ氏らに接触するなど、外国人指揮官による戦術面での上積みを探った。

 最終的には、カタールW杯でドイツ、スペインの強豪に勝利を挙げた森保氏の手腕に期待し、続投方針を決めた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ce3368b3f9f25f7ad77c4eb74c024d65e3aca5ed

【森保一 日本代表監督続投が決定 臨時理事会で承認】の続きを読む


堂安 (どうあん りつ、1998年6月16日 - )は、兵庫県尼崎市出身のプロサッカー選手。ドイツ・ブンデスリーガ・SCフライブルク所属。ポジションはミッドフィールダー、フォワード。日本代表。 尼崎市立浦風小学校・尼崎市立小田南中学校出身。小学生時代には浦風FCに所属していた。ヴィッセル神戸のサッ…
51キロバイト (5,456 語) - 2022年12月17日 (土) 08:45
本当なら夢のある話しです。プロとして挑戦したい気持ちはあるでしょうね。どれだけの実績をあげれるのか、試合に出続けられるのか。個人的には頑張って欲しいです。

1 マングース ★ :2022/12/24(土) 19:49:41.45ID:ijeftd6p9
カタールW杯で大活躍した日本代表MF堂安律(24=フライブルク)の争奪戦に、
イングランド・プレミアリーグ王者の強豪マンチェスター・シティーも参戦だ。

堂安は今回のW杯で優勝候補のドイツとスペインからゴールを奪い、森保ジャパン16強躍進の象徴として世界中から脚光を浴びている。

欧州の強豪クラブも続々と関心を寄せており、これまで海外メディアの間でイタリア1部ローマ、ACミラン、ユベントス、イングランド・プレミアリーグのアーセナルなどの名が報じられている。

そうした中、ドイツの放送局「スポルト1」はW杯後に〝メガオファー〟が期待できる選手を特集。
その一人に堂安をピックアップした。

「日本がドイツ、スペインを破って16強に行くことは想像できなかったが、堂安が重要な役割を果たした」と絶賛。
そして「堂安は現在、マンチェスターCとローマからの関心を受けている。最初のオファーを考慮中という話もある」と報じた。
堂安はこれまで「プレミアに行きたいというのはずっと言っている」と最高峰のリーグでのプレーを熱望。
しかも「プレミアリーグでやりたいけど、下位のチームに行くのは厳しい」とも語っており、
プレミアの強豪クラブを希望している。
マンチェスターCは同リーグを連覇している常勝軍団で、チームを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督は世界一の名将とも呼ばれるだけに、
堂安にとって最高のチームと言える。 日本の若きスターが最強軍団に電撃移籍なるか、来年1月の移籍市場における動向から目が離せなくなってきた。 東スポWEB

12/24(土) 17:21
https://news.yahoo.co.jp/articles/501ec8e3d5929da2ef0d25b8acd55de274aad3b2

【堂安律 〝争奪戦〟にマンCも参戦  本人もプレミア強豪希望】の続きを読む

このページのトップヘ