野球


新庄 剛志(しんじょう つよし、1972年1月28日 - )は、日本の野球監督、元選手(外野手、内野手・右投右打)。長崎県下県郡美津島町(現:対馬市)生まれ、福岡県福岡市南区育ち。タレント、実業家、クリエイター(商品プロデューサー、画家、YouTuberなど)、地方競馬全国協会(NAR)の馬主とし
297キロバイト (41,895 語) - 2022年1月18日 (火) 14:45



(出典 hochi.news)


あまり良くないという意見が多いですね。おしゃれ番長の監督がデザインに関われば良かったのに。多忙すぎて、それどころじゃなかったのかな。今年はパ・リーグ面白そうです。

1 爆笑ゴリラ ★ :2022/01/22(土) 07:18:07.66

1/21(金) 18:00配信
スポニチアネックス

<日本ハム>新ユニホームを着てポーズを決める新庄監督(右)と上沢(左)(撮影・高橋茂夫)

 日本ハムの新庄剛志監督(49)が21日、球団の新ブランド・新ユニホーム発表記者会見前にド派手な映像で登場。北海道の澄んだ空と海をイメージしたファイターズ・ブルーと、大地を覆う清らかな雪が表現されたスノー・ホワイト、何物にも屈しない強靭な精神を表したインビクタス・*の3色で構成された新ホームユニホームに身を包み登場し、就任後初めてとなる背番号「1」の姿を披露した。

 新ユニホームお披露目映像に登場した後、ホームユニホームを着て上沢と会見に登場した新庄監督。新ユニホームの率直な感想、印象を聞かれ「まあ、正直言いますと、自分のイメージした感じのユニホームではなかったです。でも、ユニホームってチームが強くなったら、やっぱりオーラも出てくるし、格好良くなると思うし、それをねつくっていきたいなと思います」とビッグボスらしい言葉で語った。

 監督就任後初となる背番号「1」のお披露目となったが「1番もですね〜、僕ね〜カクカクした1番が好きなんですよね」と指で表現しながら新ユニホームの感想に続き“ダメ出し”。「ちょっとそれは、あの〜来年変えたいな、ていう、はい。新しいユニホームになってすいませんけど、僕にもちょっとこだわりがあるんで。でも選手が活躍をしてオーラを出してくれると思います」と笑いながらフォローしつつ、来年のデザイン変更宣言も飛び出した。

 会見は終始、自由奔放な発言を連発する新庄監督を、同席した上沢とリモート参加の近藤がうまくフォローする形で進み、キャンプ前に早くも「チーム・ビッグボス」のチームワークの良さもアピール。今季の新生・日本ハムへの期待感が膨らむ会見となった。

 また、新庄監督は、自分が決めたというチームスローガン「ファンは宝物」も発表。そして「新しい船出の時。ファンの皆さん、暴れまっせ」と語っていた。

 【日本ハムのプライマリーカラー】 青い空と海の広がり、白く清らかな雪が大地を覆う。自然豊かな北海道の誇りを胸に、強靭な精神で挑戦を続ける。ファイターズらしさを、よりシンプルに、より力強く表現した。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/39bb3e28f37a0adae11f3cab5be8a41102a6b6b3


【新庄監督 新ユニホームは不満? 「イメージと違う」】の続きを読む


新庄 剛志(しんじょう つよし、1972年1月28日 - )は、日本の野球監督、元選手(外野手、内野手・右投右打)。長崎県下県郡美津島町(現:対馬市)生まれ、福岡県福岡市南区育ち。タレント、実業家、クリエイター(商品プロデューサー、画家、YouTuberなど)、地方競馬全国協会(NAR)の馬主とし
296キロバイト (41,644 語) - 2022年1月9日 (日) 12:01



(出典 hochi.news)


なるほど。監督が真剣に育成に力を入れていることが、よく分かります。プロとなった以上、自分の頭で考えて、ベストを見つけ出しなさいということですね。今年は野球見てみたくなります。

1 牛丼 ★ :2022/01/10(月) 20:22:30.77

 日本ハムの新人合同自主トレが9日、千葉県鎌ケ谷市の球団施設でスタートした。午後に行われたスタッフ会議では2月1日に始まる春季キャンプの日程や方針をフロント、コーチ総出で話し合い、この席で新庄監督は、新人の質問にコーチは「答えるな」という“お触れ”を発したという。意外な指令の真意は、どこにあるのだろうか。

 スタッフ会議を終えた新庄監督は、少々意外な言葉を口にした。「新人がコーチに対して『どうしたらいいですか』と質問しますよね。これに『答えるな』と言いました」。この日、プロの世界へ第一歩を踏み出した13人の新人への“指導禁止令”だった。

「1年目は自由に暴れてほしいんですよ。だから『言わないでくれ』ということです」

 プロに入って時間が経つごとに、スカウトに高く評価されたはずの“自分らしいプレー”を見せられなくなる選手は多い。投手で言えば、どんどん球速が落ちていくといった例も決して珍しくはない。新庄監督も、そうしていつしか球界を去っていった才能を、たくさん見て来たという。

「せっかくいい素質の子がプロに入ってもコーチに押さえつけられて、2、3年でいなくなるのを本当にたくさん見てきた。かわいそうだなと」

 そんな悲劇が生まれる原因はどこにあるのだろうか。
「クビになって、責任を取るよというコーチがいますか?」

「指導を聞かないといけない状況になっているんですよね。でも、(選手が)クビになって責任を取るよというコーチがいますか? いないじゃないですか。それなら思い切りやりなさいということです」

 1年目はまず、思い切り自分の力を見せてほしい。その上でプロの壁を乗り越える必要を感じたら、手を差し伸べるという親心だ。

 指揮官はキャンプまでの毎日が楽しくて仕方がないという。自らのテレビやSNSを通じた発信を目にした選手たちの、目の色が変わったのを感じている。「誰を使いたいとかメンバー組みますよね。ラインナップを作っていたら、頭がおかしくなるんじゃないかと思う。1つのポジションに2~3人固まっている。ここに助っ人外国人も入って来る。もう(決めるのは)じゃんけんでもいいのかなくらいの悩み」。チームを強くするために不可欠な“競争”が、あちらこちらで生まれている。もちろん、即戦力候補を始めとした新人の名前も、その中にある。

「今年はテスト段階です。選手も僕もコーチも全部テスト。それくらいガンガン攻めていこうということ。日本ハムの動きが気になるという1年にはしたいですね」

 年末まではテレビ番組への出演が続き、多忙を極めた。その中で、残念に思っていることがある。「番組ごとに『これからのプロ野球をお願いします』って言ったけど、使われないんだよね。ショックで、言い続けてやろうと思っている」。言葉でもやり方でも、新しい日本プロ野球の姿を生み出していく。
https://news.yahoo.co.jp/articles/38116686ec89996db9c473b5268b511f9d4a7fda


【新庄監督 「新人の質問に答えるな」 コーチらに指導禁止の真意とは】の続きを読む


大谷 翔平(おおたに しょうへい、1994年7月5日 - )は、日本のプロ野球選手。右投左打。MLBのロサンゼルスエンゼルス所属。岩手県奥州市出身。 投手としても打者としても活躍する「二刀流」の選手として広く知られる。 高校3年生時に、当時としては高校生最速となる球速160km/hを記録した。
209キロバイト (27,474 語) - 2021年12月31日 (金) 10:03



(出典 www.nhk.jp)


録画で見ました。こういう番組を、子供たちの学習教材にすればいいと思います。自分が好きなことをやってるというよりも、やってることを好きになって成功した好例になるのではないでしょうか。

1 爆笑ゴリラ ★ :2022/01/05(水) 14:32:22.17

1/5(水) 12:42配信
デイリースポーツ

大谷翔平

 昨年12月31日のNHK総合「BS1スペシャル『大谷翔平』」(前7・20)の平均世帯視聴率が12・0%をマークしたことが5日、わかった。午前9時まで100分間の放送のうち、午前8時10分からの50分間で記録した。同時間帯の前4週平均は10・8%。12月26日にNHK BS1で午後7時から放送された番組の再放送で、早朝にもかかわらず高数字となった。個人全体視聴率は6・4%。

 番組は投打の二刀流で大活躍したMLB・エンゼルスの大谷翔平を特集。渡米から4年間、密着取材を続けてきたNHKの10時間に及ぶインタビューと膨大な映像から進化の軌跡を追った。(数字は関東地区、ビデオリサーチ日報調べ)


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/49c5d72f7fb4d373a339ffb863cc3f26a863a19d


【大谷翔平 NHK総合で再放送された『BS1スペシャル』 大みそか早朝でも高視聴率!】の続きを読む


落合 博満(おちあい ひろみつ、1953年12月9日 - )は、秋田県南秋田郡潟西村(現・男鹿市)出身の元プロ野球選手(内野手、右投右打)・監督、野球解説者。血液型はO型。 選手時代は1979年から1998年にかけてロッテオリオンズ・中日ドラゴンズ・読売ジャイアンツ(巨人)・日本ハムファイターズの
138キロバイト (20,434 語) - 2021年12月29日 (水) 15:10



(出典 contents.oricon.co.jp)


結果が全てですから。大谷選手は、メジャー投手のあの重いボールを楽勝でスタンドに運んでしまいますからね。ああいう打ち方で、打率関係なしに結果を残したんだから、文句なんて誰も言えません。

1 爆笑ゴリラ ★ :2021/12/29(水) 21:43:24.48 ID:CAP_USER9.net BE:535660386-2BP(0)


(出典 img.5ch.net)

12/29(水) 21:34
スポニチアネックス

落合博満氏 MVPの大谷に「文句の言いようがない」 ただ打法は「他の人にあの打ち方しろとは言わない」
落合博満氏
 現役時代に三冠王を3度獲得し、監督としては中日を4度のリーグ優勝に導いた落合博満氏(68)が、29日に放送されたMBSラジオの「JA淡路日の出スポーツスペシャル 〜MBSベースボールパーク番外編〜 落合博満×掛布雅之 THE・野球談議」に出演。現役時代は阪神の4番に座り、阪神2軍監督なども務めた掛布雅之氏(68)との対談で打撃論などを熱く交わし、大リーグでMVPにも輝いた大谷翔平投手(27)について語った。

 メジャー4年目の今季は投打二刀流で46本塁打&9勝など歴史的な活躍を見せた大谷について、落合氏は「彼はあれで結果を残しているんだから、あれでいいんですよ。誰も文句の言いようがないんだから」と絶賛。「ただ、他の人にあの打ち方しろとは言わない。ちょっと難しすぎる。彼にしかできないんじゃないのかな」と評した。

 打法の難解な点について解説を求められると、落合氏は「あれだけ、アッパースイングするということは、だから三振も多いでしょ。点で捉えるから」と言及。ボールを線で捉えると、当たる確率は増えるが、大谷は違うと指摘した。そのうえで掛布氏が「だから、飛ぶんですよね」と合の手を入れると、落合氏も「飛ぶ」とキッパリ。「ダウンスイングしろと言っても、必ず途中から平行に振る部分はあるの。それがボールの軌道に合わせて、平行に振っていくということで。下に振ることはあり得ないから」と、振り下ろすスイングでも体はレベルスイングで回っていることを挙げて「そこが必要なんだ。“普通に考えれば”」と笑いながら改善点を挙げた。

 “普通ではない”大谷に改善点がいるのか、という点で笑っていたようだ。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/02a5d4e177e974bbd3b5a310c50cc96915607bfe


【落合博満 大谷翔平を絶賛 「結果を残しているんだから、あれでいいんですよ」】の続きを読む


大谷 翔平(おおたに しょうへい、1994年7月5日 - )は、日本のプロ野球選手。右投左打。MLBのロサンゼルスエンゼルス所属。岩手県奥州市出身。 投手としても打者としても活躍する「二刀流」の選手として広く知られる。 高校3年生時に、当時としては高校生最速となる球速160km/hを記録した。
207キロバイト (27,232 語) - 2021年12月23日 (木) 16:33



(出典 president.ismcdn.jp)


日本でさえ二刀流なんてと、非難する人が大い中、その常識をぶっ壊したという意味では、評価に値すると思います。パイオニアを称える風土があるアメリカならではですね。

1 影のたけし軍団ρ ★ :2021/12/22(水) 10:24:24.57

米老舗メディア、スポーティング・ニューズは21日、「スポーツ史上最高のシーズン50選」と題した特集を組み、
投打の「二刀流」で大リーグ史に足跡を残したエンゼルスの大谷翔平の今季を1位に選出した。

創設された1886年以降の野球やテニス、ゴルフといったシーズン制のスポーツが対象。

記事は投手で9勝、打者で46本塁打の大谷について「前代未聞の活躍で野球の見方を変えた」と評価。
マドン監督の「唯一、比較できるのはベーブ・ルースだが、それも妥当ではないくらい」との言葉も紹介した。

2位はバスケットボールNBAで1試合平均50・4得点、25・7リバウンドをマークした1961~62年のウィルト・チェンバレン、

3位は北米アイスホッケーNHLで92ゴール、120アシストを挙げた81~82年のウェイン・グレツキー。

野球界ではメジャーで32本塁打を放ち、フットボールNFLでも活躍した89年のボー・ジャクソンが7位。
21年のルースが11位、2001年のバリー・ボンズが12位で続いた。
https://www.sanspo.com/article/20211222-JMVDETP6XRPTVJHYWX6WRHDQWA/
https://hochi.news/articles/20211222-OHT1T51017.html?page=1


【大谷翔平 米有名メディアによる『最高のシーズン50選』第1位に選出】の続きを読む

このページのトップヘ