漫画


ジョジョの奇妙な冒険』(ジョジョのきみょうぼうけん、英語: JOJO'S BIZARRE ADVENTURE, イタリア語: LE BIZZARRE AVVENTURE DI GIOGIO)は、荒木飛呂彦による日本漫画作品。略称は「ジョジョ」。 集英社
177キロバイト (23,749 語) - 2022年8月12日 (金) 20:40

(出典 ultra.shueisha.co.jp)


それなりに楽しんで読んでますが、スタンドの能力が複雑すぎるし、デザインも覚えられません。年かな。

1 ネギうどん ★ :2022/08/13(土) 11:45:03.00ID:CAP_USER9
『週刊少年ジャンプ』を代表する人気漫画『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズ。テレビアニメ化やドラマ化も大成功し、“ジョジョブーム”が巻き起こっていたが、ここ最近は勢いに陰りが。その理由は、最新作である第8部『ジョジョリオン』にあるのかもしれない。

多方面で大ヒットする「ジョジョ」

「ジョジョ」シリーズは、1987年に始まった第1部「ファントムブラッド」から、長きにわたってヒットし続けている人気作。奇抜なキャラクターデザインや独特なセリフ回し、作中に登場する「スタンド」という特殊能力が人気を博し、多くのファンを獲得してきた。

また、原作だけでなくテレビアニメも大ヒットしており、2022年時点で第6部「ストーンオーシャン」までアニメ化済み。2020年にはスピンオフ作品『岸部露伴は動かない』がNHKのテレビドラマとしてヒットするなど、立て続けにメディアミックスを成功させている。

かつては「ジャンプ」の“ちょっと変わった漫画”枠だった印象だが、第3部『スターダストクルセイダース』がアニメ化された2010年代半ば頃から、急速にメジャー作品へと成長。漫画好き以外にも広く知られるタイトルとなった。

しかし最近では、「ジョジョ」人気の波が落ち着きつつあるように見える。とくに原作漫画に関しては、最新作だった第8部「ジョジョリオン」が賛否両論のまま完結。シリーズのファンからも不満が出てしまい、《ジョジョリオン酷いわ。話進まねえわ初期設定なんてまるでなし》《8部は褒めるところないわ》《全体的に何が何だか。ハッキリ言って失敗作だった》《ジョジョリオン、一番ストーリー失敗してないか》といった声が上がっている。

はたして、本当に「ジョジョリオン」は失敗作だったのだろうか…。

いろいろとチャレンジングだった長編
なぜ「ジョジョリオン」の評価がここまで低いのかというと、最も大きな理由はストーリーがあやふやなことだろう。それまでの「ジョジョ」シリーズでは、主人公や仲間たちが目指すゴールが明確で、ラスボスのキャラクター像もハッキリしていることが多かった。

しかし「ジョジョリオン」では主人公がやりたいことや、目指すものが不明瞭に。また、ラスボスの正体も最終盤まで明かされないなど、物語のテイストが大きく変更された。よく言えば新たな境地を切り開こうとしたのだろうが、結果的に「ジョジョ」らしさが失われてしまったとも言える。

さらに、「ジョジョ」は第1部から第7部までがつながっており、第8部からはパラレルワールドという設定。実際に「ジョジョリオン」では元の世界を思わせるような要素も登場するのだが、とくに重要な役割を果たすことなく完結した。これでは、わざわざパラレルワールドにした意味が見い出せない。

そして「ジョジョ」の魅力といえば、何といっても個性溢れるキャラクター。しかし、「ジョジョリオン」は過去シリーズと比べると、どうしても魅力的なキャラに欠けているように思えてしまう。

次なるシリーズとしては、第9部「JOJOLANDS(仮)」の連載が決定している。そこでふたたび「ジョジョ」ブームの火を灯してくれることを期待したい。

https://myjitsu.jp/enta/archives/109802

【ジョジョの奇妙な冒険 勢いに陰り 理由は第8部『ジョジョリオン』のせい?】の続きを読む


大友 克洋(おおとも かつひろ、本名同じ、1954年4月14日 - )は、日本の漫画家・映画監督。息子はイラストレーターの大友昇平(SHOHEI)。 宮城県登米郡迫町(現:登米市迫町)出身。宮城県佐沼高等学校卒。血液型はA型。 1973年『漫画アクション』にてデビュー。代表作に『童夢』『AKIRA
37キロバイト (4,991 語) - 2022年7月9日 (土) 08:57

(出典 i2.wp.com)


『AKIRA』は、ずいぶん年月が経ってから読んだのですが、荒々しくてパワーを感じる作品ですね。安定志向の人が増えた昨今と比べると、この頃の若い人は熱かったんだなあと思います。

1 muffin ★ :2022/08/07(日) 17:46:25.06ID:CAP_USER9
https://www.famitsu.com/news/202208/07271366.html
2022.08.07 1

漫画家・映画監督で知られる大友克洋氏が新たにマンガを描いていることを発表した。

これは8月6日にTwitterで行われた大友氏への質問の中で明らかになったこと。今後はマンガを描かないのかという質問に対して、大友氏は「実は描いていて、もう少ししたら何処かに載るかもしれません。漫画は大変です。」とコメントしている。

 大友克洋氏は『銃声』で漫画家デビュー。『AKIRA』や『スチームボーイ』、『童夢』などで知られる。2022年からは大友氏の作品をまとめた『大友克洋全集』が刊行されている。


(出典 www.famitsu.com)


https://twitter.com/otomo_zenshu
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

【『AKIRA』の作者・大友克洋 新作マンガ制作中を報告】の続きを読む


ベルサイユのばら』は、池田理代子による漫画作品。通称「ベルばら」。フランス革命前から革命前期ベルサイユを舞台に、男装麗人オスカルとフランス王妃マリー・アントワネットら人生を描く、史実を基にしたフィクション作品。 この項目では、集英社マーガレットコミックス第1巻から第10巻までを「本編」、第
254キロバイト (38,910 語) - 2022年7月21日 (木) 13:49

(出典 img2.animatetimes.com)


最近のが少ないですね。アンケートに協力してくれた人の年齢層が高かったのかな。近年は、男女の垣根なく、読まれてる気がします。

1 muffin ★ :2022/08/05(金) 20:04:04.41ID:CAP_USER9
https://nlab.itmedia.co.jp/research/articles/861409/
2022/08/05 19:07

アンケートサイト「ボイスノート」協力のもと、全国の男性を対象に「初めて買った少女漫画」というテーマでアンケート調査を実施。多くの男性が初めて買ったのは、どの少女漫画だったのでしょうか。

第1位:ベルサイユのばら
第2位:キャンディ・キャンディ
第3位:リボンの騎士
第3位:ちびまる子ちゃん
第5位:エースをねらえ!

第6位:ガラスの仮面
第7位:花より男子
第8位:美少女戦士セーラームーン
第9位:君に届け
第9位:パタリロ!

第11位:のだめカンタービレ
第11位:アタックNo.1
第13位:魔法使いサリー
第13位:カードキャプターさくら
第13位:あさりちゃん
第16位:NANA

第17位:11人いる!
第17位:ポーの一族
第17位:生徒諸君!
第17位:動物のお医者さん
第17位:ひみつのアッコちゃん
第17位:はいからさんが通る
第17位:スケバン刑事
第17位:お父さんは心配症
第17位:ふしぎ遊戯
第17位:BASARA
第17位:紅グモ
第17位:ママレード・ボーイ
第17位:赤ずきんチャチャ
第17位:フルーツバスケット
第17位:魔法騎士レイアース

第2位は『キャンディ・キャンディ』でした。1975年から1979年にかけて、少女漫画雑誌『なかよし』にて連載されていた作品です。漫画は大ヒットを記録し、1976年からはアニメが放送されるなど幅広い層に人気となりました。

第1位は『ベルサイユのばら』でした。1972年から1973年に少女漫画雑誌『週刊マーガレット』(現在のマーガレット)で連載された作品。フランス王妃マリー・アントワネットと、男装の麗人オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェを中心に、ルイ15世末期からアントワネットの処刑までを描いた物語です。
1974年には宝塚歌劇団で舞台化され、大ヒット。空前の「ベルばら」ブームを引き起こし、今に続く宝塚歌劇団の代表作品の1つとなりました。1979年から放送されたテレビアニメも人気を博し、2022年には誕生50周年を記念した展覧会も開催。現在も多くのファンを魅了しています。

【男性対象 『あなたが初めて買った少女漫画は?』 懐かしの名作がランクイン】の続きを読む


巨人の星』(きょじんほし)は、原作:梶原一騎・作画:川崎のぼるによる日本漫画作品。本項では、続編である『新巨人の星』についても併せて解説する。 主人公の星飛雄馬は、かつて巨人三塁手だった父・一徹により幼年時から野球ため英才教育を施される。プロ野球読売ジャイアンツに入団後、ライバル
85キロバイト (13,762 語) - 2022年4月30日 (土) 14:15

(出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)


『ひゅうま』っていう響きがいいなと思っていました。リアル世代ではないですが、歌も歌えるし、その人気の高さが分かります。現役のプロ野球選手がそのまま出てきてたのも、びっくりしました。

1 征夷大将軍 ★ :2022/07/30(土) 08:07:19.31ID:CAP_USER9
現代ビジネス2022.07.30
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/97858

(前略)
文学青年の宮原が以前から考えていたのは、「文学と肩を並べるマンガ」だ。マンガは絵本に毛が生えた程度の「子どもの読み物」と見られていた時代。『ちかいの魔球』で引き上げた年齢層もせいぜい高校生までで、まだ「マガジン」を読む大学生や社会人などいなかった。

出版業界でもマンガ編集者は一段低く見られており、その反発もあったようだ。この機会に、吉川英治の『宮本武蔵』のようなひとりの男の人生を描いた重厚な物語を作りたいと考えたという。

「人間を描ける原作者ということで、以前からマガジンでやっていた梶原(一騎)さんに目をつけました」と宮原は話す。

梶原は「マガジン」史上初めて実写ドラマ化されたプロレスマンガ『チャンピオン太』(画・吉田竜夫)以来、『ハリス無段』(画・吉田竜夫)、『魔犬ムサシ号』(画・石川球太)、『姿なき英雄』(画・荘司としお)など、「マガジン」で原作者として活躍していた。

内田編集長とともに、練馬区大泉学園の建売住宅に住んでいた梶原を初めて訪ねたのは10月に入った頃だった。

■「星飛雄馬」の名前の由来
当初、梶原は決して乗り気ではなかったらしい。

180センチを超える巨体や素人離れした風貌に似合わず、梶原は宮原にも負けない文学青年という一面も持っている。それまで「マガジン」の仕事はしていたが、内心はあくまで小説家志望であり、マンガ原作など「食うための日銭稼ぎ」でしかない。

その梶原も三十路を目前にし、いよいよ本格的に小説に取り組もうと考えていた。いつまでもマンガの筋書き作りなんてやってられるかよ――という気持ちが強かったようだ。

渋っていた梶原の心を動かしたのは、「マガジンの佐藤紅緑になってください」という内田編集長の言葉だった。佐藤紅緑とは、梶原や内田の少年時代に活躍した大衆小説家。「少年倶楽部」に発表した『ああ玉杯に花うけて』などの“熱血”少年小説でも人気を博した。

その気になった梶原は、「巨人軍に入団したサウスポーの天才投手が、数々の魔球を投げて活躍し、最後は破滅する」という『ちかいの魔球』のプロットをベースに、『宮本武蔵』と『ジャン・クリストフ』(ロマン・ロラン)を合わせた主人公を生み出した。

「主人公が武蔵だと、ちょっと荒々しいと梶原さんは言いました。そういう要素は持っているんだけど、表面はもう少し穏やかにして、次々と襲ってくる苦難を乗り越えていくジャン・クリストフのような人物にしたいと。それから1ヵ月くらいで、キャラクターやストーリーの大筋を作ってきたんです。『青春群像劇にしたい』というのは僕の意見ですが、具体的な人物像はすべて梶原さんが考えたものです」(宮原)

「飛雄馬」という印象的な名前は、「ヒューマン」と「(坂本)龍馬」から梶原が命名したもの。マンガで「人間を描きたい」という梶原や宮原の熱い志が感じられる。ちなみに内田編集長は少年読者に読みにくいことを心配して「明」という代案を出し、この名前は飛雄馬の姉(明子)に使われることになった。

宮原は「巨人軍での活躍を経て、最後は大リーグ(メジャーリーグ)に行くのはどうか」という構想を話したが、「リアリティがないよ」と梶原に却下されたという。60年代当時は日米の野球レベルに大きな差があり、今のように日本人選手がメジャーリーグで活躍するなど少年マンガでさえ無理があると思われていたのだ。

「飛雄馬が投げる魔球が『大リーグボール』というのはその名残なんです」と宮原。なお『ちかいの魔球』のときと違って、3種類出てくる大リーグボールの「変化」と「原理」はすべて梶原が考えたものだ。

梶原が最初に挙げたタイトルは『巨人軍の星』だったが、「野球よりも人間ドラマを描いてほしい」という宮原の意見で「軍」が取られ、より文学的な『巨人の星』になった。

連載を始めるに当たって、ひとつ厄介な問題があった。当時、集英社が読売ジャイアンツを雑誌に載せる独占使用権を持っていたのだ。そのままでは飛雄馬に巨人軍のユニフォームを着せられないし、川上監督や長嶋選手など実在の人物を登場させることもできない。

内田編集長は正面から巨人の球団事務所を訪ね、必死に協力を依頼する。その説得が実り、広報責任者の坂本幸夫はその場で全面的な協力を約束してくれた。集英社に契約の破棄を申し入れ、「マガジン」には使用料も請求しなかったという。

※一部略

【巨人の星 主人公の名前が『飛雄馬』になった理由を知っていますか?】の続きを読む


ONE PIECE』(ワンピース)は、尾田栄一郎による日本の少年漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて1997年34号より連載中。略称は「ワンピ」。 海賊王を夢見る少年モンキー・D・ルフィを主人公とする、「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を巡る海洋冒険ロマン。
280キロバイト (35,724 語) - 2022年7月22日 (金) 13:02

(出典 game.watch.impress.co.jp)


長い漫画ですね。知り合いの旦那さんが、40過ぎから『ONE PIECE』にハマったそうなのですが、半年もたずにガンで亡くなってしまいました。もっと早く完結してたら読めたのにと、知り合いが悔やんでました。病気リスクも高くなる40~50代のためにも、是非、早く書き終えて欲しいと思います。

1 muffin ★ :2022/07/23(土) 19:52:22.97ID:CAP_USER9
https://game.watch.impress.co.jp/docs/news/1427065.html
2022年7月23日 15:10

8月4日発売予定のマンガ「ONE PIECE」第103巻の表紙が本日7月23日に公開された。

これは、“全ての「ONE PIECE」ファンに捧ぐ”配信番組「ONE PIECE DAY」にて公開されたもの。
ワノ国編のクライマックスが描かれる第103巻の表紙には“衝撃的な姿”のルフィが描かれている。

https://twitter.com/Eiichiro_Staff/status/1550723822692999168

(出典 pbs.twimg.com)


8月4日(木)発売コミックス103巻の
表紙が解禁されました!!
〝最悪の世代〟と四皇の激闘…
ワノ国編のクライマックスを物語る
イラストとなっております

【7/23 全世界同時配信!】ONE PIECE DAY ワンピースのすべてがここにある DAY2


(出典 Youtube)


https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

【ONE PIECE 第103巻表紙 ルフィに注目! ワノ国編のクライマックスが描かれる】の続きを読む

このページのトップヘ