ドラマ


フジテレビ系列にてテレビドラマ化され、2020年1月に『教場』、2021年1月に『教場II』がSPドラマとして放送された。2023年4月期に『風間公親-教場0-』が連続ドラマとして放送中。 第1作『教場』は『週刊文春ミステリーベスト10 2013年』にて第1位に、『このミステリーがすごい!…
30キロバイト (4,020 語) - 2023年5月5日 (金) 03:39
少しずつ下がってますね。キムタクの当たり役かなあと思ったのですが。

1 ひかり ★ :2023/05/23(火) 10:49:30.98ID:mwZ7mvFi9
 俳優木村拓哉(50)が主演を務めるフジテレビ系連続ドラマ「風間公親-教場0-」(月曜午後9時)の第7話が22日に放送され、平均世帯視聴率が8・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが23日、分かった。第1話から12・1%、10・7%、9・8%、9・6%、9・1%、8・3%だった。平均個人視聴率は5・3%。第1話から7・2%、6・6%、5・7%、5・8%、5・4%、4・9%だった。

 木村の同局看板枠「月9」での主演は、14年「HERO 第2シーズン」以来9年ぶりで、歴代最多を更新する11度目の登場。今作はフジテレビ開局65周年特別企画となる。

 木村は、長岡弘樹氏の「教場」シリーズをドラマ化した新春スペシャルの20年「教場」、21年「教場2」で、冷徹“最恐”の教官・風間公親役を熱演。今作は風間が教官として警察学校に赴任する以前、「刑事指導官」として新人刑事の教育していた時代の「教場0 刑事指導官・風間公親」「教場X 刑事指導官・風間公親」を舞台に描く。「教場」ではなく「風間道場」という新たな舞台で、風間がなぜここまで冷酷無比な人格となったのか、その謎が明らかとなる。バディ役の刑事として、赤楚衛二、新垣結衣、北村匠海、白石麻衣、染谷将太が出演する。

 第7話で風間と遠野章宏(北村匠海)は、強盗犯の張り込み要請を受けて雑居ビルの屋上で待機していた際に、男に襲われた。15年前に殺人事件を起こし、風間に逮捕された男だった。遠野は意識不明の重体だった。風間も右目を刺されていたが、事件現場での実況見分に加わった。そこには隼田聖子(新垣結衣)の姿もあった。

 別の日、風間たちは、舞台俳優の元木伊智朗(前原瑞樹)が死亡したというアパートへ臨場する。そこにやってきたのが、新たに風間の指導を受けることになった新人刑事の鐘羅路子(白石麻衣)だった。

 この事件には2人の参考人がいた。元木が死亡した部屋の住人で、主演舞台を控えている同じ劇団の女優・筧麻由佳(瀧本美織)と、隣室に住む佐久田肇(大村わたる)だ。麻由佳の証言によれば、舞台の打ち合わせで麻由佳の部屋に来ていた元木は、彼女がお茶を入れている間に突然首をつって自*ようとしたのだという。麻由佳は隣室の佐久田に助けを求めたが、元木はふたりの目の前で首をつったらしい。警察と消防に通報したのは佐久田だった。

 風間とともに元木の遺体を調べた路子は、ロープが首にかかっていた時間が短いこと、そしてナイロン製ではなく古い麻のロープが使われていることに不審を抱く。風間から「君の見立ては?」と問われた路子は、自殺ではなく犯罪の疑いがある、麻由佳は仮面を被っていて本性を見せないタイプの女だと返した。

日刊スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/5bc6ffe01514617ee54305789a9dcc2d947a89f1

【風間公親-教場0- 第7話視聴率8.9% 白石麻衣登場】の続きを読む


大河ドラマ > どうする家康どうする家康』(どうするいえやす)は、2023年(令和5年)1月8日から放送されているNHK大河ドラマ第62作。徳川家康の生涯を新たな視点で描く。 2021年(令和3年)1月19日、原案・脚本は古沢良太、主演は松本潤と発表された。 2022年6月5日、愛知県内でクランクイン。…
85キロバイト (11,701 語) - 2023年5月16日 (火) 14:48
見せ方が悪いと言う意見がありますがその通りで作品としてちゃんと出来てるかどうかですね。これは令和版の徳川史観だと思って見ています。

1 ネギうどん ★ :2023/05/16(火) 09:50:56.57ID:a5Yx+1HL9
 戦国武将には気が休まるときがなかった。奪うか奪われるか、*か*れるか、いつも紙一重の状況に置かれ、ひとつの判断ミスが文字どおり命とりになった。だから、常に情実を排除した冷静な判断が求められ、キレイごとをいっている余裕などなかった。

 むろん家臣たちも、正しい判断を重ねられない主人に仕えて一緒に滅ぶのはいやだから、主人に判断力がなければすぐに離れた。また、すぐれた武将ほど、家臣の力量や人間性をシビアに評価した。天下をねらうほどの名将であれば、人を見る目も一級だった。

 ところが、NHK大河ドラマ「どうする家康」では、徳川家康(松本潤)は情にほだされてばかりで、ほかの武将たちも、よくいえばエッジが立ち、厳しくいえば、一面的なキャラクターでわかりやすく描かれすぎている。

 感情の起伏を誇張したほうがドラマとして描きやすい、という事情はわかる。だが、その結果、歴史への理解どころか誤解を促してしまうとしたら、いかがなものだろうか。

<略>

秀吉も光秀もキャラクターが一面的すぎる

 同様のこと、すなわちキャラクターの極端な単純化は、ほかの登場人物の描き方にも指摘できる。たとえば、周囲のだれもがわかる体で信長に露骨に媚びを売る、ムロツヨシ演じる木下秀吉(のちの豊臣秀吉)である。

 朝倉を討つために越前(福井県)の金ヶ崎にいた織田信長は、浅井の裏切りを知って急いで逃げ、しんがりを秀吉に託す。なんとか役目を果たして京都に帰った秀吉は、家康が見ている前で額に鉢巻を巻き、それを木の実で赤く染め水で濡らし、這う這うの体で帰ったように見せかけて信長に面会した。

 秀吉はいつもこのように描かれているが、コバンザメのように主君だけを見て周囲を顧みない人物が、家臣を厳しい目で見て、信賞必罰を貫いた信長のお眼鏡にかなったはずがない。周囲を惹きつけて天下をとることもできなかっただろう。

 明智光秀(酒向芳)も同様で、ひたすら陰湿で嫌味っぽい人物に描かれている。 第14話「金ヶ崎でどうする!」では、家康が重臣とともに信長に、浅井が裏切った可能性を打診した際には、「戦には流言が飛び交うもの」「三河者は臆病にすぎる。足手まといにならぬといいが」と、家康に嫌味を言う。

 だが、以前は足利義昭に仕えていた光秀は、信長の家臣としては新参者なのに、うなぎ上りの出世を遂げた人物だ。このように外れたことばかり言っていたら、信長が登用したはずもなく、その後、出世を遂げたわけもない。

あの光秀に本能寺の変は起こせない
 脚本家の古沢良太は『コンフィデンスマンJP』と同じ感覚で、戦国武将たちのキャラクターを設定したのだろうか。詐欺師の世界を描いたコメディなら、人物のキャラクターは一面的なほうがおもしろく描けるかもしれない。

 しかし、当時の信長や家康、その周囲にいた人たちは、生き馬の目を抜くような連中ばかりのなかで生き残ってきた人物である。みなしたたかで、冷静で、複雑だったはずで、人前で簡単に馬脚を現さなかったと思われる。

 たとえば、昨年の『鎌倉殿の13人』では、主役の北条義時は冷徹に判断して人を*ながら、心に負の感情を積み重ね、私情を*て鎌倉のために働きながら、私情とのせめぎ合いに苦しむ、複雑な人物に描かれていた。

 残念ながら、『どうする家康』の登場人物は、いずれもあまりにも単純だ。光秀がたんに陰湿でものの見方が浅薄な武将だったら、信長は彼に大軍を預けていない。だから本能寺の変も起きなかったことになる。そのあたりの真実味を、せめて後半から少し増してはもらえないものだろうか。

デイリー新潮編集部
https://news.yahoo.co.jp/articles/c0bf8e5d8b7d27e25474f30a6b5e7f922772ebd8?page=3

【どうする家康 家康は弱すぎ、秀吉は媚びすぎ キャラ造形に批判】の続きを読む


大河ドラマ > どうする家康どうする家康』(どうするいえやす)は、2023年(令和5年)1月8日から放送されているNHK大河ドラマ第62作。徳川家康の生涯を新たな視点で描く。 2021年(令和3年)1月19日、原案・脚本は古沢良太、主演は松本潤と発表された。 2022年6月5日、愛知県内でクランクイン。…
84キロバイト (11,660 語) - 2023年5月15日 (月) 02:00
脚本家が歴好きじゃないんですかね。昔見ていた時代劇は民放だけど子供の自分にも面白いというイメージがあります。現代に寄りすぎて俯瞰で見れてないのかも。

1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2023/05/15(月) 10:26:28.88ID:8MabIIUQ9
5/15(月) 10:18配信

 嵐の松本潤が戦国大名の徳川家康を演じるNHK大河ドラマ「どうする家康」(日曜・午後8時)の第18話が14日に放送され、世帯平均視聴率10・9%だったことが15日、分かった。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

 初回は15・4%でスタート。前回の第17話は10・1%。今回は前回から0・8ポイントアップし、2桁台をキープ。個人視聴率は6・7%だった。

 小国の三河(現・愛知県)に生まれ、周囲に翻弄(ほんろう)されながらも、天下統一を果たした徳川家康の生涯を描く物語。「リーガルハイ」「コンフィデンスマンJP」などで知られる脚本家の古沢良太氏が、新たな視点で家康を描く。

 第18話は「真・三方ヶ原合戦」。金荼美(きんだみ)具足の遺体が信玄(阿部寛)のもとに届けられると、家康(松本)討ち*知らせは全国に広まった。瀬名(有村架純)は動転しつつも、籠城戦への備えを家中に伝え、信長(岡田准一)は武田との決戦を覚悟する。勝頼(眞栄田郷敦)たちは浜松城に攻め込むが、酒井忠次(大森南朋)の機転で徳川軍は難を逃れた。浜松を後にして西に兵を進めた信玄だが、体の異変に襲われていた。そんな中、徳川家臣団の前にある男が現れる…という展開だった。

報知新聞社
https://news.yahoo.co.jp/articles/a879fca497a9e3119448dd00e87ceeb52a4ae2cc

【どうする家康 第18話視聴率10.9% 二桁維持】の続きを読む


伝説の教師』(でんせつきょうし)は、2000年4月15日から6月24日まで日本テレビ系毎週土曜21時 - 21時54分「土曜ドラマ」枠で放送された日本テレビドラマ。ダウンタウン松本人志と当時SMAP中居正広ダブル主演作。原案は松本が手掛けた。 いわゆるコメディ学園ドラマで、従来「ドラ…
28キロバイト (4,012 語) - 2023年5月4日 (木) 11:59
全盛期の二人をキャスティングしたことでかなり楽しみに見ていた記憶。最初の方の「フンコロガサセラレや」の所とか名言ですね。アドリブ満載の今では考えられない内容でした。また見たい。

1 ネギうどん ★ :2023/05/11(木) 15:25:46.20ID:pIUPqjyM9
 松本人志、中居正広によるレギュラー番組『まつもtoなかい』(フジテレビ系)が4月30日にスタートし、話題を呼んでいる。初回のゲストは香取慎吾。中居と香取は実に6年ぶりの共演を果たし、反響を呼んだ。

 そんな松本と中居のタッグで思い出される作品が、もう1つある。2000年に日本テレビ系で放送された連続ドラマ『伝説の教師』だ。同作は2人のダブル主演作。教師を演じる彼らは劇中、アドリブを連発。さらに松本演じる破天荒なキャラ・南波次郎による型破りな教育法も相まって人気に。最終回の世帯視聴率は21.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。

 だが、これまでVHSしか販売されておらず、また再放送もされていない同作。その理由は、コンプライアンスに厳しい現代社会にとっては許容しづらいドラマの設定にあるようだ。

 例えば南波(松本)は、イジメが横行するクラスで“イジメられっ子当番制”を導入。これまでイジメ側だった生徒も、イジメられっ子の役を身をもって経験し、その無意味さを知ってもらおうというものだ。ドラマの中ではいじめ問題は解決している。

 第5話「愛のコンドーム!! 恋愛中毒生徒の妊娠!?」では、クラスの生徒にコンドームを配ることになったのだが、南波は生徒たちに*する覚悟と責任を説くため、「年齢とか関係なく責任をもってやるのが*なんちゃうんか?」と言いながら、ボールペンでコンドームに穴をあけながら配布していた。

 そんな南波も、ドラマ終盤、教員免許を持っていないことが発覚するなど、過激なシーンや斬新な設定が話題だった。そして最終回では、中居の友情出演として、木村拓哉が教師役として登場したことも、ファンの注目を集めた。

 SMAPはその後解散。中居と木村の共演シーンがあることでドラマのDVD化、再放送が立ち消えになっているとすれば悲しいことだ。だが今回、香取と中居が「まつもtoなかい」で夢の共演。松本も、SMAPの再結成を望んでいた。今後再放送もありうるのだろうか?

https://npn.co.jp/article/detail/200029193

【松本人志・中居正広W主演 『伝説の教師』が再放送できない理由】の続きを読む


大河ドラマ > どうする家康どうする家康』(どうするいえやす)は、2023年(令和5年)1月8日から放送されているNHK大河ドラマ第62作。徳川家康の生涯を新たな視点で描く。 2021年(令和3年)1月19日、原案・脚本は古沢良太、主演は松本潤と発表された。 2022年6月5日、愛知県内でクランクイン。…
80キロバイト (11,054 語) - 2023年5月8日 (月) 02:14
脚本家が歴史好きじゃないんでしょう。史実を真正面からきちんと描くだけでも大変だしどう面白くするのか手腕が問われます。そんな脚本家としての醍醐味を放棄して逃げと開き直りの印象しかありません。

1 鉄チーズ烏 ★ :2023/05/09(火) 05:41:18.03ID:MDTr360S9
2023年5月9日 05:15
東スポWEB
https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/262570?page=1

(出典 tokyo-sports.ismcdn.jp)


 NHK大河ドラマ「どうする家康」は、主演で徳川家康役の「嵐」松本潤(39)が5日に「浜松まつり」に参加して大盛り上がりとなったが、視聴率は上昇の兆しが見えない。その要因の一つとして挙げられているのが、松潤家康と岡田准一演じる織田信長による〝BL〟(ボーイズラブ)展開だ。一部のジャニーズファンは大喜びしている一方で、付いていけない往年の大河ファンも多い。

 戦国モノの王道であり、人気の家康を題材にした今回の大河だが、初回から視聴率は苦しんでいた。初回の平均世帯視聴率は15・4%で、歴代の大河で過去2番目の低さだった。

 WBC日本 vs オーストラリア戦(3月12日)と真正面からぶつかり7・2%だった第10回を除いて、ギリギリで2ケタを維持するので精いっぱいという状況で、7日放送の第17回も10・1%だった。

 なぜ視聴率は落ち込んでいるのか? さまざまな理由が言われているが、その中の一つが松潤家康と岡田信長のBLっぽい展開だ。第15回では信長が家康の耳を噛むシーンが2度も出てきた。

 さらに第17回では、織田勢が加勢に来ないことに業を煮やした家康が信長と対面し、加勢を要求。そのシーンで信長は必要以上に家康の顔を引き寄せ、目を見ながら「俺とお前は一心同体。ずっとそう思っておる」と告げた。

「このシーンでは『2人がキスしそう』などと喜んだ視聴者がいたのは間違いない。そもそも初回では信長が家康を思って『待ってろよ、竹千代。俺の白兎』と言うなどBLっぽい展開がありました。そういうのが好きなジャニーズファンは喜んでいました」(芸能関係者)

 新しい大河ドラマ、若者に向けた大河ドラマと考えれば、新規の視聴者層を獲得することに成功しているだろう。ただその一方で「これまでの大河ファンの中には、やっぱりこういうファンタジーな世界に付いていけないという人も少なくないようです。第17回のシーンにしても、『そもそもなんで戦の直前に城を抜け出して2人で会っているの?』と冷静に見てしまう人もいますから。BL展開も良しあしといったところかもしれません」(同)

 このまま視聴率が一ケタに落ち込んでしまうようなことがあれば、主演の松本にとっては〝黒歴史〟となりかねない。14日の第18回では三方ヶ原合戦を描いた「真・三方ヶ原合戦」が放送される。前半の大きな山ともいえるが、ここで盛り返せるか。

【どうする家康 視聴率低迷の原因? 家康と信長の〝BL化〟に違和感】の続きを読む

このページのトップヘ