ドラマ


101回目のプロポーズ』(ひゃくいっかいめのプロポーズ)は、1991年(平成3年)7月1日から9月16日まで毎週月曜日21:00 - 21:54に、フジテレビ系「月9」枠で放送された日本テレビドラマ。浅野温子と武田鉄矢ダブル主演で、平均視聴率は23.6%、最終では36.7%視聴率を記録した(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。…
29キロバイト (3,454 語) - 2023年1月14日 (土) 09:25
携帯電話が無かったから会えない時は家に電話しまくるか、直接家に行くしかなかったのよね。今だとストーカーみたいな事しないと会えないんだからしょうがないとは思います。でもドラマの達郎はやりすぎでしたね。

1 朝一から閉店までφ ★ :2023/01/29(日) 14:45:40.66ID:w2zzXyyj9
記事投稿日:2023/01/29 06:00 最終更新日:2023/01/29 06:00

牛窪恵

住んでいた場所は違っても、年齢が近ければ「そうそう! わかる」って盛り上がれるのが、青春時代、欠かさず見ていたドラマの話。活躍する同世代の女性と一緒に、“’90年代”を振り返ってみましょう――。

「『101回目のプロポーズ』(’91年・フジテレビ系)はバブル期のフジテレビ“月9”で放送されていたため、トレンディドラマとして語られることが多いですが、かなり異色の作品といえます。トレンディドラマの定番といえば、その源流ともいえる『抱きしめたい!』(’88年・フジテレビ系)のように、
都会的でおしゃれな生活を送る美男美女の華やかな恋愛模様が大半。さえない中年を演じた武田鉄矢さんの起用には、誰もが驚いたのではないでしょうか。当時フジテレビ局員だった私の父も、放送前は局内で視聴率を心配する声が上がったと言っていました」

そう話すのは、世代・トレンド評論家の牛窪恵さん(55)。

ドラマは、99回もお見合いで断られ続けたモテない男(武田)が、浅野温子演じるヒロインに猛アタックしていく展開。

「ダブル浅野として人気絶頂だった浅野温子さんを、武田さんがどのように振り向かせるのか、その恋の行方に注目が集まりました。今でも語り継がれる第6話の、『僕は死にましぇ~ん』と叫びながら、走ってくるトラックの前に立ちはだかるシーン。これが大きな話題となり、そこからドラマを見始めた人も多かったようです」




■女性の社会進出が生んだ“逆格差”ドラマ
https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/2171791/

【101回目のプロポーズ 「ストーカーみたい」 まるで響かないZ世代の恋愛観 】の続きを読む


連続テレビ小説 > 舞いがれ! 『舞いがれ!』(まいあがれ)は、2022年度後期放送のNHK「連続テレビ小説」の第107作目である。 2022年10月3日から 放送中。桑原亮子作、嶋田うれ葉と佃良太の脚本協力。ヒロインは福原遥。 物語の舞台は1990年代から現代。空とパイロットにあこがれ
161キロバイト (24,808 語) - 2023年1月27日 (金) 00:26
今見てきたけど15~16%と安定してましたけどね。ちゃんと調べてからにして欲しい。最後に舞い上がるための布石でしょう。

1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2023/01/27(金) 09:55:34.42ID:K6J+waD+9
1/27(金) 7:33配信

リアルすぎるストーリーが不評?

 NHKの朝ドラ『舞いあがれ! 』がタイトルとは裏腹に、いつまで経っても舞いあがらない。

 「荒唐無稽な話の展開がネットを中心に批判された『ちむどんどん』よりも視聴率が悪く、制作陣は頭を抱えています」(NHK関係者)

 引っ込み思案のヒロイン・岩倉舞(福原遥)が、試行錯誤を重ねながら、旅客機のパイロットという夢に向かって努力していく―。そんな展開を期待して見ていた視聴者は多いはずだ。

 ところが、舞が航空会社に内定した後、事態は一転する。リーマン・ショックによる不況で就職は延期に。実家の町工場は経営不振に陥り、父親(高橋克典)は心労から突然死。後を継いだ母親(永作博美)を手伝うため、舞はパイロットになる夢を諦めるのだった。作業服に身を包み、従業員をリストラし……。

 「朝からこんな重いストーリーを見たくないというのが、視聴者の正直な反応でしょう。これまで朝ドラが扱ってこなかったリーマン・ショックを題材にした背景には、制作統括を務める熊野律時氏の存在があります。

 熊野氏は'21年に『しかたなかったと言うてはいかんのです』というドラマの制作統括を務めました。このドラマは、太平洋戦争末期に米軍捕虜を生きたまま解剖した実話がベースとなっており、凄惨な内容がNHK内でも物議を醸しました。そんな熊野氏なので、リーマン・ショック後の町工場をリアルに描いて、『おしん』並みのヒロインの苦労話を見せたいのかもしれませんが、空回りしている感も強い」(同前)

 リアルにこだわりすぎると、ドラマとして二度と舞いあがれなくなるかもしれないが、大丈夫か? 
 「週刊現代」2023年1月28日号より

https://news.yahoo.co.jp/articles/12a9706d686cfa696a5e25a547ac0c28a7db2c13

【舞いあがれ! “おしん”並みの苦労話しが空回り? 】の続きを読む


大河ドラマ > どうする家康どうする家康』(どうするいえやす)は、2023年(令和5年)1月8日から放送されているNHK大河ドラマ第62作でNHKテレビ放送開始70周年及び大河ドラマ放送60周年記念作品。室町時代後期から江戸時代を舞台に徳川家康の生涯を描く。…
32キロバイト (3,597 語) - 2023年1月23日 (月) 09:57
信長の言いなりで妻も子供も見殺しにしちゃうんだから精神崩壊しないものなのかなと思う。歴史は今になると面白いなあと思えます。

1 muffin ★ :2023/01/23(月) 14:27:04.17ID:iDTBTm0F9
https://hochi.news/articles/20230123-OHT1T51014.html?page=1
2023年1月23日 10時22分スポーツ報知

嵐の松本潤が戦国大名の徳川家康を演じるNHK大河ドラマ「どうする家康」(日曜・午後8時)の第3話が22日に放送され、世帯平均視聴率が14・8%だったことが23日、分かった。

初回は15・4%でスタート。第2話は15・3%。今回は前回から0・5ポイント減。個人視聴率は8・8%となった。

第3話は「三河平定戦」。故郷の岡崎へ戻った松平元康(松本)は、打倒・信長(岡田准一)を決意するが、弱小の松平軍はまったく歯が立たない。一方、今川氏真(溝端淳平)は援軍をよこさず、本多忠勝(山田裕貴)らは、織田に寝返るべきだと言い始め、駿府に瀬名(有村架純)を残す元康は、今川を裏切れないと悩む。そんな中、伯父の水野信元(寺島進)が岡崎城にある人を連れて来る。それは16年前に生き別れた元康の母於大(松嶋菜々子)だった…という展開だった。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

【どうする家康 第3話 視聴率14.8%】の続きを読む


女神の教室~リーガル青春白書~』(テミスきょうしつ リーガルせいしゅんはくしょ)は、2023年1月9日よりフジテレビ系「月9」枠にて放送中テレビドラマ。主演は北川景子。 法律家を目指す者が通う法科大学院(ロー・スクール)を舞台にしたオリジナル青春群像劇。題名女神
26キロバイト (2,881 語) - 2023年1月17日 (火) 22:15
外国人の入店を拒否したならわかるけど差別と言うには無理があるように思いました。タトゥー禁止と言ってるのに無理矢理入ろうとしたんだから人となりなんていう次元の話ではないです。

1 爆笑ゴリラ ★ :2023/01/19(木) 11:08:22.46ID:eBHxw7F79
2023.01.19 10:32

1月16日、北川景子主演の月9ドラマ『女神の教室~リーガル青春白書~』(フジテレビ系)第2話が放送された。〝タトゥーを認めよう〟とするストーリーに、視聴者からドン引きの声が相次いでいる。

第2話で柊木雫(北川)がおこなった実務演習の課題は〝銭湯〟だった。

タトゥーがある男性Xが銭湯の店主に入店を拒否され、それでも無理矢理入ろうとするXは店主に押され、転倒して負傷。Xは店主に治療費と慰謝料合わせて1000万円の請求を求めた。柊木は学生たちに、Xの請求について検討するように促す。

ロースクールの優等生・照井雪乃(南沙良)は、1000万円が法外な値段のうえ、そもそもタトゥー禁止の銭湯にわざわざ入ろうとしたXが悪いと主張。こんな案件、自分が弁護士だったら取り合わないと切り捨てる。

一方で水沢拓磨(前田拳太郎)は、タトゥーが入っているからといって悪い人とは限らず、差別されるのはかわいそうだと主張する。


「タトゥー推奨ドラマか?」

結局、水沢の主張に心を打たれたロースクールの生徒たちは、タトゥーの人たちの人権も配慮するべきだと結論をまとめる。タトゥーを入れた人たち用に、銭湯側が別枠を作るべきなのではないかと訴えるのだった…。

タトゥー擁護で終わった今回のストーリーに、ネット上では

《なんでタトゥーを正当化しようとするの? 言うほど世間で認められてないよ》
《人権云々というか単純に銭湯を切り盛りしてる店主がタトゥーお断りと言ってるなら入っちゃいけんよね》
《タトゥー入れてて1000万も請求するような人はヤバいと思うけど》
《なんやこれ タトゥー入れてる人拒否って店側はちゃんと示してるんだから強行突破しようとした人が悪いだろ》
《タトゥー推奨ドラマか?》
《何このドラマ。タトゥーを当たり前みたいなのやめてほしいな》
といった反発する声が殺到している。

タトゥーを認める意識も高まっているが、一方で反発の声もまだまだ多いようだ。

https://myjitsu.jp/archives/404520

【月9・女神の教室 タトゥー推奨ドラマ? タトゥーの正当化に視聴者反発】の続きを読む


連続テレビ小説 > 舞いがれ! 『舞いがれ!』(まいあがれ)は、2022年度後期放送のNHK「連続テレビ小説」の第107作目である。 2022年10月3日から 放送中。桑原亮子作、嶋田うれ葉と佃良太の脚本協力。ヒロインは福原遥。 物語の舞台は1990年代から現代。空とパイロットにあこがれ
157キロバイト (23,418 語) - 2023年1月18日 (水) 23:21
二人の頑張りに社員の人たちが少しずつ協力する展開はいいんだけど『下町ロケット』をすごーく薄ーくしたような感じ。主人公もなんだか薄ーく見えてしまう。

1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2023/01/19(木) 10:50:24.63ID:nmUyBpOV9
1/19(木) 9:00配信 スポニチアネックス

 【牧 元一の孤人焦点】NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」で、ヒロイン・舞(福原遥)の母・めぐみ(永作博美)が夫・浩太(高橋克典)の急死を受けて町工場の社長として生きていく姿が描かれている。

 制作統括の熊野律時チーフプロデューサーは、めぐみを主軸とする展開について「朝ドラのヒロインの母親は後半、ヒロインを見守るだけの存在になり、存在感が薄くなることが多い。母親がここまで人生の大きな転換期を迎えることはなかなかない」と異色さを指摘する。

 このエピソードが盛り込まれた理由の一つとして、ドラマを制作するに当たっての事前取材があった。

 熊野氏は「物語の舞台になっている東大阪をはじめ、京都、奈良、東京の100社以上の町工場に取材させていただいた。その中に、夫を亡くした妻が町工場の危機を迎えて奮起して、工場を立て直したという話がいくつもあった」と明*。

 そんな事実が、物語に求められる要素のひとつに合致した。

 熊野氏は「この作品では、祖母・祥子(高畑淳子)、めぐみ、舞という女性三代の三者三様の人生を大事に描きたかった。3人が荒波の中でどう生きていくのかという中で、めぐみは夫を亡くして大きな変化を迎え、眠っていたポテンシャルを存分に発揮して、社長として会社を率いていく。自ら変わろうと決断すれば変わることができる。そういう意味でのある種の夢や希望、たくましさをめぐみのキャラクターに託した。舞は母親の背中を見て、それを受け止めて、変わっていく。めぐみの背中が、舞がもう一度舞いあがっていく時の原動力になれば良いと考えた」と説明する。

 めぐみは元々、祥子の強い反対を押し切って駆け落ち同然で浩太と結婚し、悠人(横山裕)と舞を育てながら、町工場の仕事を手伝うという、たくましい面を持っている。

 熊野氏は「そこは、やはり祥子の娘。ある時期は支える側に回ることを選択して生きていたが、自分が表に立つ必要に迫られた時には、祥子のセリフにもあったように『ばか力』を発揮する。めぐみがそういう人物であるなら、舞もそういう人物であるだろう」と話す。

 そんなめぐみのキャラクターを支えているのが、永作博美の芝居だ。

 「この展開があることもあって、めぐみ役を永作さんにお願いした。めぐみは、もろさと強さを持っている。夫の急死を知った時は事態を飲み込むことができずに崩れ落ちた。そこから前を向き、母親として深い愛情を持ちながら経営者として会社を担っていく。そのひとつひとつのお芝居が素晴らしく、何度見ても心を震わせられる。永作さんのおかげで、共感していただけるものになったと思う」と話す。

 楽しみなのは今後の展開だ。舞は実家の危機で、夢だったパイロットへの道から外れてしまった。しかし、会社を立て直した後はどうするのか。祥子、めぐみの強さを受け継いでいるのなら、再び大きな夢を抱くに違いない。そして、次の恋の相手は…。

 ◆牧 元一(まき・もとかず) 編集局総合コンテンツ部専門委員。テレビやラジオ、映画、音楽などを担当。

https://news.yahoo.co.jp/articles/3a87f106951b8a647410607dba9a39536f369f70

【舞いあがれ! 母親主軸の異色の展開 NHK制作統括「女性三代の人生を大事に描く」】の続きを読む

このページのトップヘ