邦画


仮面ライダーシリーズ > シン仮面ライダーシン仮面ライダー』(シン かめんライダー)は、2023年3月18日に公開された日本の映画。シネバザール制作、庵野秀明脚本・監督による「仮面ライダーシリーズ」のリブート作品である。仮面ライダー生誕50周年企画作品のひとつ。…
97キロバイト (13,546 語) - 2023年5月6日 (土) 00:32
佐々木 (ささき たけし、1947年5月7日 - )は、日本の俳優。本名:福井 憲雄(ふくい のりお)、旧芸名:八代 悠(やしろ ゆう)。 新潟県新発田市出身。新潟県立新発田高等学校卒業。身長172cm(1972年3月)。 高校卒業後に俳優を目指して上京。東宝芸能学校に入るが、『セールスマンの死…
44キロバイト (6,037 語) - 2023年5月7日 (日) 16:09
私は面白く見ました。大人の仮面ライダーですね。アクションは実写だと限界はあると思います。当時の仮面ライダーの世界観はちゃんと踏襲していて良かったと思います。

1 朝一から閉店までφ ★ :2023/05/08(月) 13:23:40.20ID:EOh/mdC69
5/7(日) 21:02配信

週刊女性PRIME

 現在公開中の映画『シン・仮面ライダー』。'71年にテレビ朝日系で放送された『仮面ライダー』を基に監督・庵野秀明の新解釈と、現代風のアレンジ、CG技術を多用したアクションを交えたリブート作品だが、映画を観賞した人は、

《初代のオマージュが多く庵野監督のこだわりを感じた》

《旧作のファンとして、違和感しかない……》

 と、賛否両論。そんな仮面ライダーが現在も愛され続けているのは、一人の男の貢献が大きいとされている。

「仮面ライダー2号こと、一文字隼人を演じた佐々木剛さんですよ。企画段階では登場の予定はなかったのですが、1号を演じる藤岡弘、さんがケガで撮影離脱中に番組を継続させるために生まれたのが2号でした。佐々木さんの明るいキャラクターで番組の人気は上昇。ファンの間で佐々木さんは、ライダーシリーズの方向性を作り上げた救世主のような存在です」(仮面ライダーファンの60代男性)




関係者から招待され『シン・仮面ライダー』を観たが…

 佐々木氏は現在、都内の居酒屋『バッタもん』で店主を務めている。シリーズの立役者として『シン・仮面ライダー』はどのように映ったのか。取材を申し込むと、店内で話を聞くことができた。

「映画は関係者から招待されて見に行ったよ。正直、別物で不愉快だったね。なにか作りたいものがあるなら一から新しく作れと言いたい」(佐々木氏、以下同)

 初代2号の目には、映画から“肉体感”が感じられなかったようだ。

「俺がやっていたころはトランポリンを使って生身のアクションをしていた。撮影で一番大変な殺陣やスーツアクターを一緒にやった大野剣友会の連中も命を張っていたし。今じゃCGで富士山だって飛び越えられるんだからね」

 全身全霊で撮影に臨んだ佐々木氏は今でもヒーローを演じた責任を感じているという。

「もし俺がなにか悪いことをして、作品のファンから“俺の人生を返してくれ”って言われても返せないからね。間違ったことはできないよ」

 熱き仮面ライダーのスピリットを語る佐々木氏。自身が演じた2号を『シン・仮面ライダー』で務めた柄本佑に対しては、

「俺の演じたときは1号のほうが身長が高かったんだけど、映画では逆になっていたね。でも原作の石ノ森章太郎先生の描いた、明るいキャラクターになっていたと思うよ」

 と認めているようだ。

『バッタもん』の店内には往年のグッズやライダーを演じた俳優たちのサインのほかに戦禍に苦しむウクライナへの募金箱が設置されている。

「仮面ライダーは演じてよかったと思っている。初代で描いた“人間の本質は愛”というのを今の人にも見てもらいたいね」

 人間の自由のために戦った仮面ライダー2号。彼の戦いは今も続いている―。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c03d09ee707335d1059f7f4f6e74c638feb0c89a
最終更新:5/7(日) 23:27
週刊女性PRIME

【シン・仮面ライダー 初代2号・佐々木剛が見解 「別物で不愉快」】の続きを読む


仮面ライダーシリーズ > 仮面ライダー555仮面ライダー555』(かめんライダーファイズ、欧文表記:MASKED RIDER Φ's) は、2003年1月26日から2004年1月18日まで、テレビ朝日系列で毎週日曜8時から8時30分(JST)に全50話が放映された、東映制作の特撮テレビドラマ作品…
95キロバイト (12,061 語) - 2023年5月6日 (土) 00:44
半田 健人(はんだ けんと、1984年6月4日 - )は、日本の俳優、作曲家、タレント、歌手、コラムニスト。兵庫県出身。以前はウッドオフィスに所属していた。現在の業務提携はぐあんばーる。 2001年、ジュノン・スーパーボーイ・コンテストの最終選考会出場者(ファイナリスト)に選ばれたことをきっかけに芸能界入りした。…
30キロバイト (3,834 語) - 2023年5月5日 (金) 13:01
YouTube見たらスマホになってました。時代を感じますね。『クリムゾンスマッシュ』また見れるといいな。

1 muffin ★ :2023/05/05(金) 23:10:07.15ID:kc+cnxhf9
https://www.cinematoday.jp/news/N0136632
2023年5月5日

特撮ドラマ「仮面ライダー555(ファイズ)」(2003~2004)の20周年を記念した新作Vシネクスト『仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド』の製作が決定し、2024年に期間限定上映されることが、令和5年5月5日(555の日)に発表された。テレビシリーズ最終話から20年後を描く正統続編となり、主演の半田健人をはじめ、芳賀優里亜、村上幸平、唐橋充らオリジナルキャストが再集結。監督は田崎竜太、脚本は井上敏樹が担当する。

「仮面ライダー555」は、巨大企業スマートブレインが開発した「ファイズギア」を使い、仮面ライダーファイズに変身する主人公・乾巧(半田)の戦いを描く、平成ライダーシリーズ第4弾。怪人・オルフェノクと戦う人間サイドの物語はもちろん、オルフェノクになってしまった者たちの苦悩にもスポットが当てられるなど、深みのある人間ドラマが現在も多くのファンに愛されている。

続編では、半田が乾巧、芳賀がヒロインの園田真理、村上が草加雅人、唐橋が海堂直也と当時のキャラクターを再演。ティザーポスターには、バージョンアップした新型ファイズの姿も描かれている。最終回で夢を語った巧と真理、海堂の現在、草加の存在など、20年後の世界がどのように描かれるのか期待が高まる。(編集部・倉本拓弥)

『仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド』特報


(出典 Youtube)




(出典 i.imgur.com)

【仮面ライダー555 20周年で新作続編特報公開! 半田健人らキャスト再び】の続きを読む


聖闘士星矢 > 聖闘士星矢 The Beginning聖闘士星矢 The Beginning』は『聖闘士星矢』の日本とアメリカの共同制作による実写映画(原題: Knights of the Zodiac)。日本では東映配給で2023年4月28日に公開。邦題が決定する以前はカタカナ表記の『ナイツ…
11キロバイト (1,205 語) - 2023年4月30日 (日) 19:55
同じ東映のスラダンやワンピースに比べるとあまり宣伝見かけなかった気がします。制作費にかかりすぎたのかな。

1 ネギうどん ★ :2023/05/04(木) 10:00:54.55ID:6iIsLuup9
1980年代に一世を風靡した伝説の漫画をハリウッドで実写化した、映画『聖闘士星矢 The Beginning』が4月28日から公開スタート。しかし、早くも大爆*声が広がっている。

「興行通信社が発表した国内映画ランキングで同作は初登場8位に。公開から3日間の興行収入は、約5000万円と言われています。また、映画館の座席数に対し、どれほどチケットが販売されたかを示す?着席率?は、わずか5%ほどのようです」(映画ライター)

同映画は、原作者の漫画家・車田正美氏の長年の希望が叶い、実写映画化された。

映画『ONE PIECE FILM RED』、『THE FIRST SLAM DUNK』の大成功によって2022年に最高益を更新した東映が、製作費6000万ドル(約82億円)を調達し、ハリウッドで制作したことも話題になったのだが…。
「俺の小宇宙が燃え上がらなかった」

「日本でも大ヒットした『THE FIRST SLAM DUNK』は、今や海を超えて、韓国や中国でも爆発的なヒットを記録しています。

一方の『聖闘士星矢』はGWにもかかわらず、どの映画館でも空席ばかり目立っており、このままでは制作費を回収するのは無理でしょう。

公開前から物議をかもしていた?聖衣(クロス)?のデザインも、案の定、ボロカスに言われています。GWは『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』『名探偵コナン』『東京リベンジャーズ』など人気作が目白押しで、今後の伸びはほぼ期待できません」(アニメライター)

では映画のどこがまずかったのだろうか。

原作ファンの小宇宙(コスモ)は燃え上っておらず、《熱い展開は一切無く、原作への愛が1ミリも感じられない映画でした》《星矢が小宇宙を発動させて立ち上がるその時、大音量のペガサス幻想が高らかと鳴り響けば全て許されるはずなのですが、そういうことはせずに戦っていましたよ》《俺の小宇宙がなかなか燃え上がらなかった》《星矢が「ペガサス流星拳!」って叫びながら技出すだけで、どんなクソ映画でも1万点あげたのに…なんで技名を叫ばないんだよ…》といった冷めた声が飛び交っている。

東映は『シン・仮面ライダー』が興行収入20億円を突破し、歴代『仮面ライダー』映画史上最高記録を樹立した。しかし、あくまでも過去のライダーシリーズと比較しての数字で、映画自体は爆死している。

「スラダン」や「ワンピース」で莫大な利益をあげた東映だったが、さすがに「聖闘士星矢」の実写ハリウッド化は無理があったのかもしれない。

主人公を務めた新田真剣佑の黒歴史にならなければいいのだが…。

https://myjitsu.jp/archives/422190

【実写版・聖闘士星矢  着席率5% 原作への愛感じられず失敗?】の続きを読む


ビートたけし (北野武からのリダイレクト)
ビートたけし(1947年〈昭和22年〉1月18日 - )は、日本のお笑い芸人。本名は、北野 (きたの たけし)で、漫才師・俳優・映画脚本家・監督としても活動している。 1980年代初頭に起こった漫才ブームで、漫才コンビ・ツービートとして活躍した。社会風刺を題材としたシニカルな笑いで人気を獲得し、テレビ番組『THE…
182キロバイト (24,000 語) - 2023年4月30日 (日) 09:00
スケールがすごいですね。ピリピリした感じが画面から伝わります。映画館で見たい!

1 ひかり ★ :2023/05/03(水) 08:57:26.98ID:sr7wn+BQ9
 北野武(ビートたけし)監督の6年ぶりの新作映画「首」。第76回カンヌ国際映画祭「カンヌ・プレミア」への出品作である本作の正式上映が、現地時間5月23日に決定。世界最速ワールドプレミアとして上映されることになり、北野監督もカンヌ国際映画祭へ登壇する運びとなった。あわせて、カンヌ国際映画祭用に制作したプロモーション映像(

(出典 Youtube)

)が披露された。

 北野監督が初期の代表作の1本「ソナチネ」と同時期に構想し、30年もの長きに渡って温めていた本作は、巨匠・黒澤明が生前「北野くんがこれを撮れば、『七人の侍』と並ぶ傑作が生まれるはず」と期待していた念願の企画。“本能寺の変”が、戦国武将や忍、芸人や百姓といった多彩な人物の野望や裏切り、運命とともに描かれる。

 北野監督自らが“本能寺の変”を策略する羽柴秀吉を演じ、織田信長に複雑な感情を抱く明智光秀を西島秀俊が演じる。加瀬亮が狂乱の天下人・織田信長を怪演し、浅野忠信と大森南朋も秀吉を支える軍師・黒田官兵衛と弟の羽柴秀長をユーモアたっぷりに演じ切った。さらに、秀吉に憧れる百姓・難波茂助を演じる中村獅童が北野組に初参戦。そのほか木村祐一、遠藤憲一、桐谷健太、小林薫、岸部一徳らが歴史上の重要人物に独自のキャラでなりきっている。

 プロモーション映像は、不安げなピアノの旋律とともに、野ざらしにされた屍があまた転がっている戦場の様子が俯瞰で映し出されて始まる。血肉飛び散る“山崎の戦い”、燃え上がる本能寺……“北野武作品”史上随一のスケールと迫力が存分に味わえる映像となっている。さらに、秀吉(ビートたけし)、光秀(西島)、信長(加瀬)、難波茂助(中村)、黒田官兵衛(浅野)、羽柴秀長(大森)、曽呂利新左衛門(木村)、荒木村重(遠藤)、徳川家康(小林)、千利休(岸部)が次々と姿を現す。日本映画界を代表する俳優陣が“画圧高め”に登場しており、彼らの演技合戦にも期待が高まる。

 「首」は、今秋に全国公開。

映画.com
https://news.yahoo.co.jp/articles/83f7d6a49268132167e5fb7febc7fa67ba9ce178

映画『首』カンヌ国際映画祭 特別プロモーション映像【2023年秋全国公開】


(出典 Youtube)


【北野武監督 『首』のプロモーション映像公開! カンヌ映画祭での上映決定】の続きを読む


仮面ライダーシリーズ > シン仮面ライダーシン仮面ライダー』(シン かめんライダー)は、2023年3月18日に公開された日本の映画。シネバザール制作、庵野秀明脚本・監督による「仮面ライダーシリーズ」のリブート作品である。仮面ライダー生誕50周年企画作品のひとつ。…
86キロバイト (11,887 語) - 2023年4月23日 (日) 07:18
私は面白いと思いました。大人向けの内容で池松壮亮さんの演技はとても良かったです。メイキング映像を先に見るともっと感情移入できたかもしれないと思いました。

1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2023/04/24(月) 12:11:56.24ID:++xAMyWW9
2023-04-24 12:00 ORICON NEWS

 3月18日から全国公開された映画『シン・仮面ライダー』が、きのう23日までで興行収入20億2000万円を突破した。この数字は、歴代の『仮面ライダー』映画史上最高記録&初の興行収入20億円突破の快挙となった。

 同作は、“原点”をリスペクトしつつ生まれた、新たなオリジナル作品で、脚本・監督を庵野秀明が担当。望まぬ力を背負わされ、人でなくなった男。与えられた幸福論に、疑問を抱いた女。SHOCKERの手によって高い殺傷能力を持つオーグメントと化した本郷猛は、組織から生まれるも反旗を翻した緑川ルリ子の導きで脱走。迫りくる刺客たちとの壮絶な戦いに巻き込まれていくストーリー。

 本郷猛/仮面ライダーを池松壮亮、ヒロイン・緑川ルリ子を浜辺美波、一文字隼人/仮面ライダー第2号を柄本佑、緑川イチロー/チョウオーグ/仮面ライダー第0号というキーパーソンを森山未來が演じている。

 また、ゴールデンウィーク特別企画として、4月28日から5月11日の14日間に限り、すべての『シン・仮面ライダー』上映回の冒頭に『シン・エヴァンゲリオン劇場版』Blu-ray&DVD収録特典映像『EVANGELION:3.0(-46h)』が上映される。本作のメガホンをとった庵野秀明監督が企画・原作・脚本・総監督を務めた『シン・エヴァンゲリオン劇場版』。『シン・』の冠をもつ作品群が集合したプロジェクト『シン・ジャパン・ヒーローズ・ユニバース』でも共に活動しており、『シン・エヴァンゲリオン劇場版』は3月8日にBlu-ray&DVD発売、『シン・仮面ライダー』は3月17日より全国最速公開と、同時期に節目を迎えたことから、今回コラボレーションが実現した。

 さらに今月28日から配布の第7弾入場者プレゼントの詳細も発表。全国合計100万パック限定で『シン・仮面ライダーカード劇場版 エヴァンゲリオンコラボver.』となる。『エヴァンゲリオン』シリーズのキャラクターと『シン・仮面ライダー』のキャラクターがコラボした描き下ろし絵柄のスペシャルカードとなっている。

https://www.oricon.co.jp/news/2276528/full/

【シン・仮面ライダー ライダー映画史上初 興行収入20億円を超えのヒット!】の続きを読む

このページのトップヘ