ユニット


BENNIE K(ベニー ケー)は、シンガーのYUKIとラッパーのCICOの2人からなる音楽ユニット。 1999年の夏、渡米したYUKIのホームステイ先が偶然ロサンゼルスのCICOの伯母の家だったことで二人は出会い、意気投合する。帰国後はお互い別々に音楽活動を始めるが、クリスマスのイベントでユニット
20キロバイト (1,576 語) - 2021年11月20日 (土) 22:54



(出典 bldblg.up.seesaa.net)


あっという間に今日がきてしまいました。昔よく聞いてたなあ。コロナでなければ、きっとライブでフィナーレを迎えられたかもと思うと、寂しいですね。

1 フォーエバー ★ :2022/01/24(月) 17:18:55.21

BENNIE K、本日をもって21年の活動に終止符 21時よりベストアルバムツアー全曲ノーカットプレミア公開

 ヴォーカルYUKI、ラッパーCICOからなる2人組ユニット・BENNIE Kは、2022年1月24日24時をもって、その活動にピリオドを打つ。

その他の画像

 そこで20年間の感謝とFreaksへのエールを込めて、24日21時より2008年7月17日、Zepp Tokyoで行われた【Funky Freaks Tour’ 08 ~BEST OF THE BESTEST~】のライブ映像を全曲ノーカットで、YouTubeプレミア公開する。

 これは、チケットも即完売となったBENNIE K最後のツアー、最終日のライブ映像で本邦初公開。BENNIE Kの2人もチャットにてライブに参戦する予定だ。なお、直前にはBENNIE Kの名前の由来を歌った「弁慶&牛若丸」のMV公開もあるとのことだ。


◎BENNIE K コメント全文
1/24のフィナーレをどのように迎えたいかBKチームで色々話し合いました。
正直言うと「ライブをして大盛況の中で今まで待ち続けてくれた方々に感謝の気持ち伝えたい。」それが1番の理想でしたが、やるならば昔と変わらない、或いはそれ以上のモノでなければ自分達が納得行かない。かといって、今、自分たちが置かれている状況の中で、納得のいくステージを作り上げることは難しい…。
そんなジレンマに話が進まない状態がしばらく続きました。

そんな中で、当初公開予定の無かった記録用のライブ映像が見つかりました。
活動休止から12年という長い時を経て、自分たちのライブを見たことは、忘れていた記憶を鮮明に蘇らせてくれただけでなく、見えていなかったことを気付かせてくれた、貴重な体験でした。
改めて、その映像を皆で確認した時「これ置き土産にしようぜ」と誰となく言い出しました。

このライブ映像は「2008年の私達」から「今の私達」へのメッセージでもあり、あの日それぞれが全てを出し尽くして叩き出したベスト・オブ・ザ・ベステストだから、みんなと最後にそれを見て終わりたいと思いました。
本日24:00をもってBENNIE Kは永久冬眠に入りますが、その通過儀礼としてBENNIE Kフォーエバーでブチ上がりたいと願っています。


◎配信情報
YouTube『Funky Freaks Tour’ 08 ~BEST OF THE BESTEST~』
2022年1月24日(月)20:30~
〈配信詳細〉
20:30「弁慶&牛若丸」の新作MV公開
21:00【Funky Freaks Tour’ 08 ~BEST OF THE BESTEST~】のライブ映像公開
〈BENNIE Kチャンネル〉

1/24(月) 16:35配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/674c9b2cd014b7575960b36fcf281166d1f914c1

(出典 i.imgur.com)


【BENNIE K 本日をもって活動にピリオド 21時よりベストアルバムツアー全ノーカット公開】の続きを読む


YOASOBI(ヨアソビ)は、ボーカロイドプロデューサーのAyaseとシンガーソングライターのikura(幾田りら)による2人組の音楽ユニットである。 ソニーミュージックが運営する小説&イラスト投稿サイト「monogatary.com」に投稿された小説を音楽にするプロジェクトから誕生。以降、同サイ
49キロバイト (4,841 語) - 2021年12月11日 (土) 14:44



(出典 static.chunichi.co.jp)


レコーディングも、何回もTakeを重ねて1番良い仕上がりを選んでます。無修正だとこうなるよってことでしょう。再現率が低下するような難曲を歌ってるんだし、今後は生歌でも聞ける作曲すればいいと思います。

1 Anonymous ★ :2021/12/12(日) 02:10:34.53 ID:CAP_USER9.net

YOASOBI“初の有観客ライブ”に酷評…「生歌が下手すぎてびっくり」


若者を中心に人気を集める音楽ユニット『YOASOBI』が、12月4日と5日に初の有観客ライブを開催。
ファンから絶賛の声が寄せられている一方で、ボーカル・ikuraの〝歌声〟に関する指摘も相次いでいる。


アーティストの聖地・日本武道館にて、2日間にわたって開催された「YOASOBI」の有観客ライブ『NICE TO MEET YOU』。
デビューから約2年、コロナ禍の影響もあり、今回が初めてのファンと対面するライブだという。

「YOASOBI」は1682枚に及ぶLEDパネルが輝くステージで、大ヒット曲『夜に駆ける』や『もう少しだけ』など全15曲を熱唱。
ライブ中には、ikuraが涙する一幕もあったようだ。


ちなみにライブはネットで配信もされた。
念願の武道館ライブを成功させた「YOASOBI」にファンも大興奮のようで、

《とても楽しくて涙止まんなかったです》
《YOASOBIへの愛が爆発しそうで辛い。あのライブ見て落ちない人間いない!》
《配信も楽しかったけど、今度は絶対に会場でikuraちゃんの声を聴くから!》

など、絶賛の声が寄せられている。


ikuraの歌唱力にファンは気づかないフリ?

彼らのライブはさまざまなメディアで取り上げられ、情報番組ではライブ映像の一部を交えて会場の熱を伝えていた。
しかしメディアで紹介されたことにより、ファンではない人たちにもikuraの歌声が届いてしまうことに…。

そこで彼女の生歌を聞いた人たちは、彼女の歌唱力にドン引き。

ネット上には、

《映像の時間は短かったけど、一秒たりとも歌が上手に聞こえなかった…》
《YOASOBIのライブ映像見ると、やっぱ生歌はダメだな》
《生歌のレベルにビビった。悪い意味で》
《YOASOBIのボーカル、生歌こんなに下手だったっけ? いや下手すぎん? 緊張してるにしてもどの曲も音程外しまくりだしwww》
《生歌初めて聞いた。下手すぎて驚いた!》
《YOASOBI、生歌が下手すぎてびっくり。もう少しだけ上手くなろう?》

などの辛辣な声が続出していた。


「ikuraの歌唱力と美しいメロディで人気を集めた『YOASOBI』は、音楽番組で楽曲を披露するたびに《めっちゃ歌うまい!》などと騒がれていました。しかし近年は、あまりの上手さに口パク疑惑も浮上し、11月17日放送の『ベストアーティスト2021』(日本テレビ系)出演時も口パクでは?と話題に。さすがにライブでは口パクができず、本来の歌声を隠し通せなかったのかもしれませんね」(芸能ライター)

ストリーミング時代の寵児になった「YOASOBI」だが、ファンを目の前にしたライブは苦手なのかもしれない。


https://myjitsu.jp/archives/320295

★1 2021/12/11(土) 23:56:55.86
※前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1639234615/


【YOASOBI 音楽番組は口パクじゃない? 初の有観客ライブでの生歌が下手すぎ問題】の続きを読む


YOASOBI(ヨアソビ)は、ボーカロイドプロデューサーのAyaseとシンガーソングライターのikura(幾田りら)による2人組の音楽ユニットである。 ソニーミュージックが運営する小説&イラスト投稿サイト「monogatary.com」に投稿された小説を音楽にするプロジェクトから誕生。以降、同サイ
47キロバイト (4,610 語) - 2021年12月4日 (土) 03:42



(出典 i.ytimg.com)


日本人なのに!私は日本人なのに!知らない人がいる!海外の人の方が柔軟なのかな。アニメ関係が多いのもうなずけます。よし、聞いてみよう。

1 muffin ★ :2021/12/07(火) 15:25:57.58 ID:CAP_USER9.net

https://nlab.itmedia.co.jp/research/articles/493215/

2021年のSpotify年間ランキングの中から「海外で最も再生された日本のアーティストランキングTop10」をご紹介します。

第1位:YOASOBI
第2位:LiSA
第3位:Eve
第4位:澤野弘之
第5位:Linked Horizon
第6位:久石譲
第7位:RADWIMPS
第8位:ONE OK ROCK
第9位:たかやん
第10位:米津玄師

2位にランクインしたのはLiSAさんです。アニメ「鬼滅の刃」の主題歌となった「紅蓮華」は、国内でも100万ダウンロードを達成するなど大ヒット曲となっていますが、「海外で最も再生された日本の楽曲」部門でも上位です。2020年は1位で、2021年もその勢いを失うことなく2位にランクインしました。

今年海外で最も再生された日本のアーティストは「YOASOBI」となりました。ボカロPであるAyaseさんとシンガーソングライターのikura(幾田りら)さんの2人からなるユニットで、小説をもとにして制作される物語性にあふれた楽曲が支持を集めています。2020年には紅白歌合戦に初出場し、「夜に駆ける」を披露しました。


(出典 research.image.itmedia.co.jp)


【Spotify・2021 『海外で最も再生された日本のアーティストランキング』TOP10!】の続きを読む


樫野 有香(かしの ゆか、1988年12月23日 - )は、日本の女性歌手で、テクノポップユニット・Perfumeのメンバー。愛称は「かしゆか」。 広島県出身。アミューズ所属。身長161cm。髪型は前髪ぱっつん(または右寄せ)のストレートロングヘア。星座は山羊座。
15キロバイト (1,749 語) - 2021年10月22日 (金) 21:21



(出典 livedoor.blogimg.jp)


この番組も結構長く放送してますね。確か山田孝之さん、宮﨑あおいさんがナレーションしてた頃によく見てました。また見てみようかな。ほっこりしますよね。

1 少考さん ★ :2021/12/03(金) 17:00:33.41 ID:CAP_USER9.net

ネコ大好きPerfumeかしゆか「世界ネコ歩き」でナレーションに挑戦 - 音楽ナタリー:
https://natalie.mu/music/news/456164

2021年12月3日 16:33


(出典 ogre.natalie.mu)

Perfume。中央がかしゆか。

12月7日(火)22:00からNHK BSプレミアム、NHK BS4Kで放送される「岩合光昭の世界ネコ歩き」で、かしゆか(Perfume)がナレーターを務める。

この番組は動物写真家・岩合光昭が世界中のネコを撮影して歩くドキュメンタリー。今回は岩合が山形を訪れ、蔵王連峰のすそ野にあるラフランス畑、フランス人のオーナーが営むボードゲームカフェ、乗馬クラブなどで個性的なネコたちと出会う。愛猫家として知られるかしゆかがどんなナレーションを聞かせてくれるのか楽しみにしておこう。なお、この回は12月15日(水)12:00に再放送される。


【Perfume・かしゆか 猫好きで抜擢 『世界ネコ歩き』のナレーション担当!】の続きを読む


BENNIE K(ベニー ケー)は、シンガーのYUKIとラッパーのCICOの2人からなる音楽ユニット。 1999年の夏、渡米したYUKIのホームステイ先が偶然ロサンゼルスのCICOの伯母の家だったことで二人は出会い、意気投合する。帰国後はお互い別々に音楽活動を始めるが、クリスマスのイベントでユニット
20キロバイト (1,576 語) - 2021年11月20日 (土) 22:54



(出典 pbs.twimg.com)


元々SEAMOの曲を聞いてた時に、BENNIE Kとコラボした『a love story』という曲がカッコよくて、そこから聞くようになりました。残念ですね。また、聞いてみよう。

1 湛然 ★ :2021/11/20(土) 06:01:59.69

BENNIE Kが2022年デビュー記念日に活動終了、最後の新曲リリース
2021年11月19日 7:00 音楽ナタリー
https://natalie.mu/music/news/454131
BENNIE K「FINALE」配信ジャケット

(出典 ogre.natalie.mu)



BENNIE Kが12月1日に12年ぶりとなる新曲「FINALE」を配信リリース。本作を最後に、デビュー21周年の節目にあたる2022年1月24日にBENNIE Kとしての活動を終了することを発表した。

YUKIがボーカリストのポジションから離れ、プロデュースに専念するため2009年から活動を休止していたBENNIE K。今後もBENNIE Kとして新曲を継続して発表し、万全の状態で演奏し続けることが難しい状況と判断し、活動を終了する結論に至った。

彼女たちの最後の作品となる「FINALE」は閉園が近づく夕暮れどきのテーマパークをイメージし、後ろ髪を引かれながらゲートを出るよりも最後の瞬間まで思い切り楽しんでしまおうというBENNIE Kらしい応援ソング。「さまざまな『終わり』の場面では、最高に楽しい瞬間や、悲しくて打ちひしがれた時を思い出し、心が揺れてしまうが、『終わり』を迎えることで次に進むことができる。だったら、最後の瞬間まで笑い飛ばしたら、心残りも悲しみも消し飛んで、次の始まりがハッピーになるはず」というエールが込められている。

またBENNIE KのYouTube公式チャンネルでは新曲のリリースに際し、思い出の品や秘蔵グッズなどを紹介するショート動画を公開中。さらに本日より2016年リリースのDVD「BENNIE K Trippin‘ Channel~LIVE Japana-rhythm~」より「Japana-rhythm~sound trip tour」のライブ映像も公開されている。

(おわり)

BENNIE K - YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCGD3RAsHmJuwFsqt78Yyl8Q


【BENNIE K 2022年デビュー記念日に活動終了 「最後は笑い飛ばしてハッピーに」】の続きを読む

このページのトップヘ