ユニット


B'z(ビーズ)は、ギタリストの松本孝弘とボーカリストの稲葉浩志からなる日本のロックユニットである。所属事務所はVERMILLION。所属レーベルはVERMILLION RECORDS。公式ファンクラブは「B'z Party」。 1988年にシングル『だからその手を離して』とアルバム『B'z
159キロバイト (17,210 語) - 2022年8月16日 (火) 14:09

(出典 img-fan.pia.jp)


ダブルミリオンなんて本当にあったのかと思うくらいの数字ですね。聞く聞かないではなく、手元に形として残るCDはいいものです。ジャケットを見てると、思い出が詰まった宝物だなあと感じるようになりました。

1 ネギうどん ★ :2022/08/18(木) 23:22:32.66ID:CAP_USER9
8月10日、令和の歌姫・Adoと平成のトップアーティスト『B’z』が共にニューアルバムをリリース。発売前から大きな注目を集めていた〝令和vs平成〟の真っ向勝負に、ついに決着がついたようだ。

Adoは、自身が歌唱キャストとして出演した映画『ONE PIECE FILM RED』の主題歌と劇中歌を収録した最新アルバム『ウタの歌 ONE PIECE FILM RED』を発売。

「B’z」は全国ツアーの開催に合わせたアルバム『Highway X』を発売し、2組の直接対決の火ぶたが切って落とされた。

そしてリリースから1週間後の17日、『オリコン』発表の『週間アルバムランキング』では推定売上枚数15万6391枚という驚異的な数字で「B’z」が1位に。一方のAdoは、推定売上枚数10万4362枚で2位という結果に。令和と平成を代表するアーティスト対決は、5万枚以上の差をつけて「B’z」の勝利となった。

平成最強アーティスト『B’z』の大勝利!

「B’z」の完全勝利に、ファンも大喜び。ネット上では、

《B’zが1位でホッとしました》
《正直、下剋上もあるかと思ったけど、やっぱりB’zは強いな》
《B’z、オリコン1位さすが。Adoから逃げ切ったね!》
《これはAdoに賛辞を贈りたいところだな。B’zには一歩及ばずだけど大健闘だろう》
《B’z、週間アルバムランキング1位獲得おめでとうございます!》
《Ado、オリコンランキングでB’zと張り合うとか凄いな》
《B’zはオリコン1位おめでとうございます。Adoも凄いけど、やっぱB’zは強いね》

といった反響が続出している。

「『B’z』は以前から『オリコン週間アルバムランキング』にて、〝アルバム通算1位獲得作品数〟を更新し続けてきました。そして今回も1位を獲得したため、さらに記録を伸ばすことに。一方のAdoは『ONE PIECE』とのタイアップということで、ブーストがかかると予想したファンも多かったのですが、今回は横綱の貫録勝ちといったところでしょう。ただCD売上では負けたAdoですが、ストリーミングのランキングはトップを独占。YouTube動画の再生回数では『B’z』に10倍以上の差をつけて圧勝しています」(音楽ライター)

ファン層の違いはあるものの、どちらも時代を代表するアーティストであることは間違いないだろう。

https://myjitsu.jp/archives/373236

【B’z vs Ado 新アルバム売上枚数 制したのはどっち?】の続きを読む


B'z(ビーズ)は、ギタリストの松本孝弘とボーカリストの稲葉浩志からなる日本のロックユニットである。所属事務所はVERMILLION。所属レーベルはVERMILLION RECORDS。公式ファンクラブは「B'z Party」。 1988年にシングル『だからその手を離して』とアルバム『B'z
158キロバイト (17,039 語) - 2022年8月3日 (水) 12:13

(出典 i.ytimg.com)


近くにいる人は気になるでしょうね。B'zの音楽を聞くために行ってるのに、側で鳴らされたら、雑音ですね。常識的に考えたら良くないと思います。

1 muffin ★ :2022/08/08(月) 18:41:47.35ID:CAP_USER9
https://www.jprime.jp/articles/-/24776?display=b

 ロックユニット・B'zが、7月27日~30日にかけてAichiSkyExpo(愛知県国際展示場)で「B'z LIVE-GYM 2022」を開催。根強い人気を誇るユニットだけに、ネット上にはファンが書き込んだ感想も散見されるが、「一部の観客がライブ中に“タンバリンを叩いていた”との目撃談がTwitterユーザーから報告されていて、物議を醸している」(音楽誌ライター)ようだ。

 当該Twitterユーザーの投稿によると、ある公演にて「ちょい斜め2列前の女の人がタンバリン持参してた。ずーっとタンバリン叩いてた」ということがあったという。

「B'zの公式サイト上では、新型コロナウイルス感染防止対策の協力を求めるアナウンスや、酒類の持ち込み禁止、飲食はロビーのみ可であるといった記載はありますが、具体的に“楽器の持ち込みはNG”とは書かれていません。ただ、B'zに限らず、ほかのアーティストの公演においても、演奏を妨害したり、周囲への迷惑になったりするような行為は許されないでしょう」(同・前)

 今回、タンバリン持参客について報告したTwitterユーザーはハッキリと「迷惑でしかない」とコメントしており、また、別のユーザーたちからも「そんなマナー守れない人がいたんですね」「非常識にもほどがある」「タンバリンなんて耳障り」「ステージに集中したいのに迷惑な人」といった声が寄せられていることから、B'zファンの間では“楽器の持ち込みはNG”というルールが暗黙の了解とされているのだろう。実際、とあるB'zのファンサイトでは、「持ち込み出来ない物」の項目で「鳴り物も禁止」と呼びかけている。

そんなB'zのライブにタンバリンを持参し、周囲がみんな手拍子で盛り上げている中、堂々とタンバリンを鳴らし続ける観客がいたという報告に、ほとんどのファンは驚いている様子。ただ、報告者のツイートに対して「タンバリン女の真横でした」とリプライを送っている人物もいたので、やはりマナー違反の問題客は実在したらしい。

「問題客の真横にいたというこの人物は、“あまりにも腹立つので終演後、タンバリンはやめたほうがいいですよと注意した”そうですが、“無反応、逃げるように席を立って行きました”と、謝罪もないまま立ち去られてしまったようです」(同・前)


なお、ジャニーズ事務所のアイドルグループ・KAT-TUNが今年5月に東京・国立代々木競技場第一体育館で行った「KAT-TUN LIVE TOUR 2022 Honey」でも、ライブ会場にタンバリンを持ち込んだ客がいたという問題が取り沙汰されていた。

続きはソースをご覧下さい

【B'z ライブで観客が堂々と“タンバリン” 「非常識にもほどがある」】の続きを読む


PUFFY(パフィー)は、日本の女性ボーカルデュオ、ユニット。メンバーは大貫亜美と吉村由美。1996年に奥田民生プロデュースのシングル『アジアの純真』でデビュー。力の抜けた自然体のスタイル、親しみやすいキャラクター、ハイクオリティな楽曲が特徴。2000年にSXSWに出演、2002年にPuffy
57キロバイト (5,488 語) - 2022年7月23日 (土) 04:25

(出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)


今はなくなってしまいましたが、昔近所のプールでこの曲が何回もかかってました。今も曲を聞くと、あのプールで泳いだことを思い出します。

1 湛然 ★ :2022/07/26(火) 05:28:40.86 ID:CAP_USER9.net
2022年7月25日 9時48分 ナリナリドットコム
PUFFY「アジアの純真」の謎、吉村由美「パンダは白じゃない」
https://www.narinari.com/Nd/20220773241.html

(出典 cdn.narinari.com)



ボーカルデュオ・PUFFYが、7月24日に放送されたバラエティ番組「青春スチャラカ学園」(ABEMA)に出演。「アジアの純真」で謎だった歌詞について語った。

この日の番組では、自他ともに認めるほど仲良しなPUFFYの意見がどれだけ一致しているのかを当てる「コンビ愛確認ゲーム」を実施。

「PUFFYの謎だった歌詞は?」というお題で、吉村由美が「白のパンダ」、大貫亜美は「北京 ベルリン ダブリン リベリア」と回答すると、同じ大ヒットナンバー「アジアの純真」を挙げながらも、指定歌詞はバラバラとなってしまうニアピンに、2人は悔しそうな表情を見せる。

しかしその後、吉村が大貫に「これは国だから普通じゃない?」とツッコむと、大貫さんは「いや冒頭に地域も被らない地名を羅列する歌なんてありますか? 私が歌うところだから、余計、最初歌う時に『なんだろう? これは…』って思ってた(笑)」とこれまで胸に秘めていた本音を明かし、現場の笑いを誘った。
また、一方の吉村は、自身の選んだ歌詞について「パンダは白じゃない」と断言しながら、「でも亜美さんが作詞の井上陽水さんに聞いたら、パンダは白地に黒だって…(笑)。陽水さんの意見だから知らないけどね?(笑)」と疑問を口にすると、これを聞いていたEXIT・兼近大樹も「(パンダは)白じゃないですね…(笑)」と吉村の意見に同調しながら、「じゃあ訳が分からんってことですね?(笑)」と問いかけ、現場では再び笑いに包まれた。

(おわり)

【PUFFY 『アジアの純真』の謎の歌詞 “白のバンダ”と“北京 ベルリン…”】の続きを読む


別れても好きな人』(わかれてもきなひと)は、佐々木勉が作詞・作曲した日本のヒット・ソングである。ロス・インディオス&シルヴィア盤の大ヒットで知られる。 本作のレコードはまず松平ケメ子盤が東芝音楽工業より発売され、パープル・シャドウズ盤がそれに続いた。ロス・インディオス盤は、男性ヴォーカル・バージ
5キロバイト (446 語) - 2021年10月3日 (日) 16:24

(出典 m.media-amazon.com)


面白い。よく思いつきましたね。普通に考えたら、何してるの?と疑問視されそうですが、こういう柔軟な発想と行動力、尊敬します。

1 朝一から閉店までφ ★ :2022/07/01(金) 17:17:31.71
2022年06月28日 19時00分 公開
「別れても好きな人」の歌詞通り渋谷から歩いたらどうなる?→約16キロの過酷な道程が発覚、驚きと笑いを呼ぶ
しかも、別れたときと同じ雨の夜に傘もささず。
[沓澤真二,ねとらぼ]

 別れた恋人たちが別れた渋谷で再会し、原宿や赤坂へと歩きながら思い出を振り返る――「別れても好きな人」(ロス・インディオス&シルヴィア)の歌詞通りに東京の町を歩いたらどれほどかかるのか? 計算で判明した約16キロにも及ぶ過酷な道程が笑いを呼んでいます。せっかくの機会に何をしてるんだこの2人……。



(出典 image.itmedia.co.jp)

GoogleMapで所要時間を計算すると3時間以上。雨の夜に傘もささず、どんだけ歩いてるんだよ……


 話題の主はTwitterユーザーの弓長九天(@yumilimi9)さん。歌詞の通りに渋谷から歩いてみようと思い立ち、決行の前にGoogleマップで移動距離と所要時間を調べました。

 歌詞に登場する2人は、別れたときと同じ雨の夜、まずは傘もささずに25分ほどかけて原宿へ向かいます。すっかりずぶ濡れでへとへとだろうになおも歩き続け、約40分ほど思い出を語るうちに赤坂へ到着。恋人同士に帰って、レストランかどこかでグラスを傾けます。もっと早めに盛り上がっていれば、青山あたりで済んだかもしれない。

 昔と変わらぬ優しい言葉に包まれて心を揺らすなか、カップルの1人は2番で唐突に「歩きたいのよ高輪」と発言。相手がこれを言葉通り受け取ったとすると、2人はここでディナーを切り上げ、1時間ほどかけて高輪まで行ったことになります。

 その後の「灯りがゆれてる(東京)タワー」「ちょっぴり寂しい乃木坂」から察するに、2人はまた1時間ほどかけて赤坂近辺まで戻った様子。さらに15分かけて赤坂の一ツ木通りへ行き、未練はありながらも別れています。

 赤坂で飲んだことも考慮すると、総所要時間は4時間を軽くオーバー。もし移動に電車を使ったとしても、乗車時間だけでも約50分かかります(※)。こんなむちゃくちゃなデートを楽しめる間柄のくせに、なんで別れたんだよお前ら。

※渋谷→原宿:山手線で2分/原宿(明治神宮前)→赤坂:千代田線で6分/赤坂(赤坂見附)→高輪(品川):銀座線・山手線経由で20分/高輪(品川)→東京タワー(浜松町):山手線で7分/東京タワー(御成門)→乃木坂:都営三田線・千代田線経由で12分(当時は大江戸線がなく、大門→六本木コースが使えない)
/乃木坂→一ツ木通り(赤坂):千代田線で2分。実際にはこれに加えて移動や乗り換えの時間も必要になるので、所要時間はもっとかかりそうです

https://nlab.itmedia.co.jp/nl/spv/2206/28/news176_0.html

【『別れても好きな人』 歌詞通り渋谷から歩いたら…? 検証すると大変な道程に!】の続きを読む


CHAGE and ASKA > YAH YAH YAH/夢の番人 『YAH YAH YAH/夢の番人』(ヤー・ヤー・ヤー/ゆめのばんにん)は、CHAGE&ASKA(現:CHAGE and ASKA)の31作目のシングル。「YAH YAH YAH」「夢の番人」との両A面シングル。ポニーキャニオンから1993年3月3日に発売された。
16キロバイト (1,982 語) - 2022年6月1日 (水) 18:47

(出典 auctions.c.yimg.jp)


『YA』という文字も、秋元康さんのイニシャルを表してるのでしょうか。子供からお年寄りまで、口ずさめるフレーズ。まさに名曲です。

1 牛丼 ★ :2022/06/16(木) 17:16:33.88
 フリーアナウンサー・古舘伊知郎(67)が15日、自身のYouTubeチャンネルを更新。シンガーソングライター・ASKA(64)がゲスト出演し、「CHAGE&ASKA(現:CHAGE and ASKA)」のヒット曲「YAH YAH YAH」で殴りに行こうとした“相手”の真相について語る場面があった。

 それは約30年前、古舘が司会を務めていたフジテレビの音楽番組「MJ -MUSIC JOURNAL-」での出来事。当時、構成を務めていた秋元康氏が「チャゲアスは演歌だ」という特集を組んだというが、古舘は「決してけなそうなんて微塵もないよ。だけど、ASKAは“あのテーマはないと思うんだよ”って」という騒動があったことを振り返る。

 ASKAは「あのときは本当に怒っていて。どういう曲でもアレンジすれば、演歌になるわけでしょ?それを面白おかしくしたっていうのはね…だから古舘さんに電話したんだよね」といい、また同番組で代演を頼まれたときでもあったため「話が違うじゃないか!」と抗議したという。

 その後、ASKAと秋元氏はラジオの共演などがきっかけで和解したという。古舘は「俺も間に挟まって、大変でさ。そこでまさか『YAH YAH YAH』の“殴りに行こうか”が生まれたとはね。いまだにあの曲を聴くと心が痛いんだよ」と、複雑な表情を見せた。

 ASKAは「ズバリ、これをテーマにしちゃえばいいやと。別に顔が浮かんだわけじゃなくて。“男、人間。ある場面に出くわしたら、拳を突き上げなきゃいけないときもあるんだ”と思った」と、歌詞に出てくる「そいつ」は番組への怒りであったと、告白した。
https://news.yahoo.co.jp/articles/1f0d3eacc2c7b58bcafe03f4f5970fc892e660c9

【名曲『YAH YAH YAH』の真実 殴りに行こうとした人物はあの人だった!】の続きを読む

このページのトップヘ