イエス


アランホワイト(Alan White、1949年6月14日 - 2022年5月26日)は、イングランド出身のロック・ミュージシャン、ドラマー。 プログレッシブ・ロック・バンド「イエス」のメンバーとして知られる。若き日には「ビートルズ」メンバーの作品に参加し、そのほか様々なセッションの実績を持つ。
9キロバイト (822 語) - 2022年5月26日 (木) 23:16

(出典 nme-jp.com)


デペッシュ・モードのアンディ・'フレッチ'・フレッチャーさんの訃報とたて続けで気持ちが沈みます。華のあるドラマーでした。ご冥福をお祈りいたします。

1 湛然 ★ :2022/05/27(金) 05:10:12.43

イエスのドラマー、アラン・ホワイト死去
2022/05/27 02:03掲載(Last Update:2022/05/27 02:31) amass
https://amass.jp/157893/


イエス(Yes)のドラマー、アラン・ホワイト(Alan White)が死去。アラン・ホワイトの公式サイトおよびFacebookページなどで家族が明らかにしています。72歳でした。

以下、声明より

「私たちの最愛の夫であり、父親であり、そして祖父であるアラン・ホワイトは、短い闘病生活の末、2022年5月26日にシアトル地域の自宅で72歳の生涯を閉じました。

アランはその人生と60年にわたるキャリアを通して、多くの人にとって多くの存在でした。世界中のファンにとってはロックスター、一部の人たちにとってはバンド仲間、そして会う人すべてにとって紳士であり友人でありました。

アランは1949年6月14日にイングランドのダーラム州ペルトンで生まれました。彼は6歳でピアノのレッスンを始め、12歳でドラムを始め、13歳からは公の場で演奏するようになりました。

1960年代を通じて、アランはDownbeats、The Gamblers、Billy Fury、Alan Price Big Band、Bell and Arc、Terry Reid、Happy Magazine (後のGriffin) 、Balls with Trevor Burton (The Move) 、Denny Leine (Wings) など、さまざまなバンドで腕を磨きました。

1968年、アランは、クリームの元ドラマー、ジンジャー・ベイカーや、元トラフィックのスティーヴ・ウィンウッドなどイギリスの音楽シーンで活躍するミュージシャンたちによって結成された新しいグループ、Airforceに参加しました。

1969年、アランはいたずら電話だと思った電話を受けました。それはジョン・レノンがアランにPlastic Ono Bandへの参加を呼びかけたものでした。翌日には、アランはレノン、オノ・ヨーコ、エリック・クラプトン、クラウス・ヴォールマンとともにトロントに向かう旅客機の後部座席で曲を覚えていました。その後発売されたアルバム『Live Peace in Toronto』は何百万枚も売れ、チャートで10位を記録しました。

アランとレノンの関係は続き、“Instant Karma”などのシングルを録音し、その後の画期的なアルバム『Imagine』では、タイトル曲、“Jealous Guy”、“How Do You Sleep at Night”でアランがドラムを担当しています。レノンとの仕事をきっかけにジョージ・ハリスンに紹介されたアランは、1970年にリリースされたシングル“My Sweet Lord”を含むアルバム『All Things Must Pass』への参加をアランに依頼します。その後、アランはBilly Preston、Rosetta Hightower、Doris Troyなど、アップル・レーベルの多くのアーティストと仕事をしました。

1972年7月27日にイエスに加入したアランは、わずか3日間で楽曲を習得し、1972年7月30日、テキサス州ダラスで1万5千人のファンの前でUSツアーの幕開けを飾りました。 以来、アランはイエスに在籍し、2015年6月に創設メンバーであるクリス・スクワイアが亡くなった後は、アランは最も長くバンド活動を続けているメンバーとなりました」

今週初め、イエスはホワイトが健康上の問題から、6月からスタートする『Close To The Edge(危機)』の50周年を記念した英国ツアーに参加しないことを発表したばかりでした。

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


Alan White
@AlanWhiteYes
https://twitter.com/AlanWhiteYes/status/1529869562119786498

(出典 pbs.twimg.com)

https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


【イエス ドラマー・アラン・ホワイトさん(72)  死去】の続きを読む


イエス(英語: Yes)は、イギリス出身のロックバンド。1969年にデビュー。代表作にアルバム『こわれもの』(1971年)、『危機』(1972年)、『ロンリー・ハート』(1983年)などがある。1985年度グラミー賞受賞。2017年、「ロックの殿堂」入り。 結成からデビューまで
65キロバイト (7,861 語) - 2022年3月13日 (日) 00:59

(出典 img.barks.jp)


『ロンリーハート』は、ディスコでよくかかってました。あまりにもポップで、あのイエスが?と驚きました。近未来的な感じがして、大好きな曲です。明菜ちゃんの『サザンウィンド』の間奏の所の音がよく似てるなと思いました。

1 湛然 ★ :2022/05/18(水) 23:07:37.70

イエス、『危機』を完全再現する来日公演が9月に決定
2022.5.18 水曜日 NME Japan
https://nme-jp.com/news/115947/
Photo: PRESS

(出典 nme-jp.com)



イエスは1972年発表の名作『危機』を完全再現する来日公演が9月に行われることが決定している。

イエスは昨年10月に7年ぶり通算22作目となる最新作『ザ・クエスト』をリリースしている。イエスの来日公演は2019年以来3年ぶりとなる。

来日メンバーは以下の通り。

スティーヴ・ハウ(G.)
アラン・ホワイト(Dr.)
ジェフ・ダウンズ(Key.)
ジョン・デイヴィソン(Vo.)
ビリー・シャーウッド(B.)
ジェイ・シェレン(Dr/Per)

来日公演の詳細は以下の通り。

9月5日(月)Bunkamuraオーチャードホール
開場18:15 開演19:00
(※中略)

9月6日(火)Bunkamuraオーチャードホール
開場18:15 開演19:00
(※中略)

9月8日(木)NHK大阪ホール
開場18:15 開演19:00
(※中略)

9月9日(金)名古屋ビレッジホール
開場18:15 開演19:00
(※中略)

更なる公演の詳細は以下のサイトで御確認ください。

https://www.livenation.co.jp/artist-yes-40059


【イエス 1972年発表の名作『危機』完全再現ライブ 日本開催決定】の続きを読む

このページのトップヘ