カート・コバーン


ウィリアム・パトリック・コーガンJr.(William Patrick Corgan Jr.、1967年3月17日 - )、通称ビリーコーガン(Billy Corgan)は、アメリカのミュージシャン、詩人である。オルタナティヴ・ロックバンド、スマッシング・パンプキンズ、及びズワンの中心人物として知…
10キロバイト (1,067 語) - 2023年5月17日 (水) 13:06
カート・ドナルド・コバーン(英語: Kurt Donald Cobain, 1967年2月20日 - 1994年4月5日)は、アメリカ合衆国のシンガーソングライターである。 ロックバンド「ニルヴァーナ」のフロントマンであり、ギタリスト、リードボーカリスト、メインソングライターとして活躍していた。怒…
41キロバイト (5,171 語) - 2023年5月20日 (土) 17:24
当時のグランジはニルヴァーナとパールジャムがいなければそこまでカウンターにはなってなかっただろうと個人的には思います。

1 湛然 ★ :2023/05/17(水) 06:27:13.93ID:oVktyo509
スマッシング・パンプキンズのビリー・コーガン、カート・コバーンへの思いについて語る
2023.5.16 火曜日 NME Japan
https://nme-jp.com/news/129240/


スマッシング・パンプキンズのフロントマンであるビリー・コーガンは亡くなったニルヴァーナのカート・コバーンへの思いについて語っている。

スマッシング・パンプキンズは3部作となる最新作『オータム:ア・ロック・オペラ・イン・スリー・アクト』を今月リリースしており、アップル・ミュージックのゼイン・ロウのインタヴューを受けている。

ビリー・コーガンはグランジというムーヴメントを担った同世代のミュージシャンへの思いについて語っている。「スマッシング・パンプキンズには自分たちの世代で一番上に立ってもらいたいと思っているんだ」

「そのために800曲を書かなきゃいけないんだとしたら、そうするし、それに尻込みすることもない。カート・コバーンが僕らの世代で最も才能のある人物だったということは今後も言っていくだろう。カートにはすごく才能があったし、恐ろしいくらいだった。ジョン・レノンぐらいの才能で、『どうしてこんなに才能があるんだ?』と思うような感じだった。あとはプリンスかな? でも、悲しいことにカートはもういない。だから、見てみても『じゃあ、他の奴らは間違いなく倒せる』と思ったんだ」

カート・コバーンが亡くなったことについてビリー・コーガンは次のように続けている。「カートが亡くなった時、僕は泣いた。最高の相手がいなくなったわけだからね。最高の相手を倒したかった。選手権を優勝したいわけじゃない。プロレス用語を使うなら、自分と噛ませ犬しかいないわけだからね。マイケル・ジョーダンは人生で観た最高のスポーツ選手だと思うけれど、やっぱり一番上の存在について話をしたいだろ」

ビリー・コーガンはデフトーンズのチノ・モレノを「本物」、レディオヘッドを「地球上のどのバンドよりも先に来たるべき世界を分かっていた」と評しながら、U2が2000年に発表したアルバム『オール・ザット・ユー・キャント・リーヴ・ビハインド』にまつわる逸話も明かしている。

「2000年頃、ダブリンにいて、ボノの家を訪れたんだ。夜通し起きていて、朝になると、起きているのは彼と僕だけになって、『何か音楽をかけたいけど、家の人たちを起こしたくないから、車で出掛けないといけないな』とボノが言ったんだ」

「車道で僕と彼で凍えていたら、彼は車に飛び乗って、“Beautiful Day”が収録されるアルバムを聴かせてくれた。全編じゃなくて一部だったけど、『正直に思ったことを言ってくれ』と彼は言ってね。僕は『私の意見が聞きたいんですか?』と言いながら、自分の思ったことを言った。そうしたら、僕のアドバイスを採用してくれて、後々になって『君のアドバイスを使わせてもらったよ』と教えてくれたんだ」

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

【ビリー・コーガン カート・コバーンへの思い 「最高の相手を倒したかった」】の続きを読む


ブライアン・ハロルド・メイ(英語: Sir Brian Harold May、CBE、1947年7月19日 - )は、イギリスのミュージシャン、天文学者(天体物理学博士)。 ロックバンド・クイーンのギタリストであり、自作のギター「レッド・スペシャル」とピックの代わりに使用する硬貨により独特の音色を…
29キロバイト (3,520 語) - 2023年3月15日 (水) 12:52
カート・ドナルド・コバーン(Kurt Donald Cobain、1967年2月20日 - 1994年4月5日)は、アメリカ合衆国のシンガーソングライターである。 ロックバンド「ニルヴァーナ」のフロントマンであり、ギタリスト、リードボーカリスト、メインソングライターとして活躍していた。怒りに満ちた…
40キロバイト (5,113 語) - 2023年2月11日 (土) 01:45
曲はそこまで好きでもないけどギタープレイが神がかってるギタリストも居ればギタープレイはそこまででもないがプレイヤー自体がカリスマ性があったり曲は好きっていうのはあると思います。

1 湛然 ★ :2023/03/30(木) 06:01:19.11ID:obFAnRiI9
クイーンのブライアン・メイ「ギター演奏のいいところは、みんな違うこと。競争ではない」&カート・コバーンのギターのレガシーを称賛
2023/03/29 17:33掲載 amass
https://amass.jp/165581/


クイーン(Queen)のブライアン・メイ(Brian May)は新しいインタビューの中で、「ギター演奏のいいところは、みんな違うこと。人をランク付けすることはできない」「素晴らしいギタリストはたくさんいる」「競争ではない。カート・コバーンがいい例。彼は技術的なことにそれほど熱心ではなかったけど、彼は史上最高のギター音楽のレガシーを残してくれた」と話しています。

ブライアン・メイは以前、Total Guitar誌の歴代最強ギタリスト・ランキングでファン投票の1位に選ばれましたが、米ラジオ番組『The Howard Stern Show」のインタビューの中で、この栄誉について、こう話しています。

「ギター演奏のいいところは、みんな違うこと。人をランク付けすることはできない。もちろん、僕にも好きなギタリストはいるよ。みんなが僕をその位置に置いてくれたという事実が、僕を笑顔にさせる。素敵な気分だよ。

僕は世界のトップ・ギタリスト100万人の中には入っていない、それは分かっている。毎日聴いているギタリストの中には、僕には到底できないようなことをやっている人がいるからね」

では、史上最高のギタリストは誰だと思うか、という話になったとき、ブライアンはこう話しています。

「ヌーノ・ベッテンコートを聴くと、とても美しく、僕には到底できないことなので、ただ微笑むだけ。競争意識はないから気にならない。彼が大好きで、彼がやっていることが大好きなんだ。ジェフ・ベックも、エド(エディ)ヴァン・ヘイレンも同じだよ。僕たちは一緒に仕事をして、それは最高に素晴らしい経験だった。彼が弦に触れるたびに顎が外れたよ。とにかく美しかった。

素晴らしいギタリストはたくさんいる。スティーヴ・ヴァイなんて、とんでもないし、美しい。もちろん、僕には昔からのヒーローもいる。エリック・クラプトンや、ジミ・ヘンドリックスは今でも僕のヒーローだ。もちろん、これからもずっとそうだろうね。ジェフ・ベックは、僕にとって、とても特別な存在で、想像を絶するものなんだ。

どんなギタリストも、何かを証明しなければならないと思う必要はないと思う。競争ではないんだ。カート・コバーンがいい例だよ。技術的なことはあまりないし、技術的なことにそれほど熱心だったわけでもないのに、彼は史上最高のギター音楽のレガシーを残してくれた。だから、テクニックが大事なのではない。

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


●Brian May Reacts to Being Named the Greatest Guitarist by Guitar World


(出典 Youtube)


【ブライアン・メイ カート・コバーンを称賛する ギター演奏の真髄とは】の続きを読む


カート・ドナルド・コバーン(Kurt Donald Cobain、1967年2月20日 - 1994年4月5日)は、アメリカ合衆国のシンガーソングライターである。 ロックバンド「ニルヴァーナ」のフロントマンであり、ギタリスト、リードボーカリスト、メインソングライターとして活躍していた。怒りに満ちた…
38キロバイト (4,766 語) - 2022年11月19日 (土) 10:14
昔はしらふでライブをすることがないだろうからドラッグやお酒のせいもあるのかも。気持ちがハイになってしまうのかな。ライブを盛り上げるために計算してたりもするのかな。ピート・タウンゼントも壊してましたね。

1 少考さん ★ :2022/11/15(火) 01:31:22.93ID:m9DSIOsi9
カート・コバーンが89年にステージで叩き壊した73年製フェンダー・ムスタング 6840万円で落札 - amass
https://amass.jp/162424/

2022/11/15 00:27掲載

https://amassing2.sakura.ne.jp/image/ja*et/300/2022b/126552.jpg

ニルヴァーナ(Nirvana)のカート・コバーン(Kurt Cobain)は1989年のツアー中、ステージで何度もギターを叩き壊したため、全てのギターを壊してしまい、まったくギターを弾かない公演もありました。その公演後、彼はステージで壊した1973年製フェンダー・ムスタングと友人が持っていたギブソンSGを交換しました。今回、そのムスタングがオークションに出品され、486,400ドル(約6840万円)で落札されています。落札予想価格は20万ドルから40万ドル(約3000万円~約6000万円)でした。

この1973年製フェンダー・ムスタングは、1989年のデビュー・アルバム『Bleach』リリース後に行われたニルヴァーナ初のアメリカ・ツアーでカートが使用したものです。ツアー中、カートはギターを壊すことを日常的に行っており、フェンダー・ストラトキャスター2本など、壊されたギターの多くはすでにオークションに出品されています。

オークション大手のJulien's Auctionsによると、ニルヴァーナの7月9日公演を「Blew」で締めくくった際、カートはこのムスタングを修理不能なまでに破壊したという。その4日後の公演でカートは別のギター、ユニヴォックスを叩き壊しました(これは2016年にオークションに出品されています)。

そのため、7月15日のニルヴァーナのライヴでは、カートはギターを持たず、すべてギターなしでパフォーマンスを行いました。

ライヴ終了後、カートは当時Hullabalooというバンドで活動していたスラッゴ・コーリーのアパートに泊まった際、壁に壊れたギブソンSGがかかっているのを見つけます。

カートはスラッゴに、自分のムスタングと、彼のSGの交換を持ちかけます。カートは、ギブソンの方が修理が簡単で、将来的にライヴに使える可能性があったと考えたようです。

(略)

https://amassing2.sakura.ne.jp/image/ja*et/other/2022/126552a.jpg

https://amassing2.sakura.ne.jp/image/ja*et/other/2022/126552b.jpg

https://amassing2.sakura.ne.jp/image/ja*et/other/2022/126552c.jpg

(略)

※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

【カート・コバーン 89年にステージで叩き壊したフェンダー・ムスタング 6840万円で落札】の続きを読む


カート・ドナルド・コバーン(Kurt Donald Cobain、1967年2月20日 - 1994年4月5日)は、アメリカ合衆国のシンガー、ソングライター、アーティスト、ミュージシャンである。ロックバンド「ニルヴァーナ」のフロントマンであり、ギタリスト、リードボーカリスト、メインソングライターと
38キロバイト (4,733 語) - 2022年5月9日 (月) 14:20

(出典 blogger.googleusercontent.com)


高校生の頃にカートの訃報を知りました。壮絶な人生を思うと、幸せって何だろうと思う時があります。本当の幸せを知らないまま、生涯を駆け抜けた人って感じがします。

1 少考さん ★ :2022/05/23(月) 12:22:57.06

ニルヴァーナ「Smells Like Teen Spirit」のMVに登場したカート・コバーンのギター 5億7290万円で落札 - amass
https://amass.jp/157766/

2022/05/23 11:45掲載

https://amassing2.sakura.ne.jp/image/ja*et/300/2019/100657.jpg

ニルヴァーナ(Nirvana)の「Smells Like Teen Spirit」のミュージックビデオに登場したカート・コバーン(Kurt Cobain)の象徴的なエレキギターがオークションに出品され、約450万ドル(約5億7290万円)で落札されています。落札予想価格の60万ドルから80万ドル(約7520万円~約1億円)をはるかに上回る金額で落札したのは、NFL(アメリカンフットボール)のチーム、インディアナポリス・コルツのオーナーで楽器収集家のジム・アーセイ。

ジム・アーセイは、これまでに、プリンスが1980年代後半から90年代前半にかけてツアーやレコーディングで使った特注品のエレキギター「Yellow Cloud guitar」、ジャーニーのニール・ショーンがバンドのヒット曲「Don't Stop Believin'」のレコーディングで使用したギター、リンゴ・スターがビートルズ初期に使っていたドラムセットをはじめ、ボブ・ディラン、ジョン・レノン、ジェリー・ガルシア(グレイトフル・デッド)などが使用した楽器も所有しています。最近では、エルトン・ジョンが愛用し、ポール・マッカートニーやフレディ・マーキュリーも演奏したピアノもオークションで落札しています。

今回、オークションにかけられたギターは、コンペティション・レイクプラシッド・ブルー仕上げの左利き用1969年製フェンダー・ムスタング。

コバーンはGuitar World誌の最後のインタビューの中で「僕は左利きなんだけど、リーズナブルで高品質な左利き用ギターを見つけるのはとても簡単じゃないんだ」「世界中のギターの中で、フェンダー・ムスタングが一番好きなんだ。今まで2本しか持っていないけど」と話していました。

このギターは象徴的なビデオに登場するだけでなく、時折ライヴでも使用されました。

このギターは5月22日に開催されたJulien's Auctionsの「ミュージック・アイコンズ」イベントにて競売が行われました。このイベントの売上金の一部は、ジム・アーセイが設立したメンタル*関連の慈善団体Ki*ing The Stigmaを支援するために使われます。

(略)



(出典 Youtube)



https://amassing2.sakura.ne.jp/image/ja*et/other/2022/100657a.jpg

[source] https://www.indystar.com/story/sports/nfl/colts/2022/05/09/why-helping-sell-kurt-cobains-guitar-personal-jim-irsay-family/9694602002/

※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。


【カート・コバーン 『Smells Like Teen Spirit』MV使用のギター 5億7290万円で落札】の続きを読む

このページのトップヘ