サザンオールスターズ


サザンオールスターズ(英語: Southern All Stars)は、日本の5人組ロックバンド。所属芸能事務所はアミューズ、所属レコード会社はJVCケンウッド・ビクターエンタテインメント、所属レーベルはタイシタレーベル。略称は「サザン」、「SAS」。公式ファンクラブ名は「サザンオールスターズ応援団」。…
263キロバイト (26,218 語) - 2023年5月11日 (木) 03:16
全部知ってました。サザンは親子3代で歌えるんじゃないでしょうか。

1 muffin ★ :2023/05/15(月) 15:49:31.20ID:Sapom3pJ9
https://sirabee.com/2023/05/14/20163074456/
2023/05/14


『スージー鈴木のニッポンの民意』第6回は、前回に続いて「Z世代」分析。今回は音楽の視点から斬り込みます。
今回は、「Z世代が親しんでいるX世代歌謡」というテーマでお届けします。現在の「X世代」……てか、私が「Z世代」くらい若かった頃にヒットした曲に対して、現在の「Z世代」がどれだけ親しんでいるのかを、データに基づいて分析したいと思います。私が勝手に選んだ候補曲は、この10曲(リリース順)。

・矢沢永吉『時間よ止まれ』(78年)
・サザンオールスターズ『勝手にシンドバッド』(78年)
・山下達郎『RIDE ON TIME』(80年)
・大滝詠一『君は天然色』(81年)
・松山千春『長い夜』(81年)
・松任谷由実『守ってあげたい』(81年)
・佐野元春『SOMEDAY』(81年)
・中島みゆき『悪女』(81年)
・安全地帯『ワインレッドの心』(83年)
・井上陽水『いっそセレナーデ』(84年)

これら10曲それぞれに対して、以下の選択肢を1つ選んでもらいました。

1.歌うことができる
2.歌えないが聴いたことはある
3.聴いたことはないが曲名を知っている
4.知らない

今回は、これら選択肢の「1」と「2」を足し上げたもの、つまり「聴いたことがある」割合でランキングを作成しました。

■圧倒的1位は、リリースから45年も経ったこの曲

1位:サザンオールスターズ『勝手にシンドバッド』

サザンオールスターズ『勝手にシンドバッド』。回答率は『RIDE ON TIME』の倍以上で5割を超えています。つまり「Z世代」の半分以上が聴いたことがあるという、驚異的な数値と言えましょう。こうなったら、『勝手にシンドバッド』はもう、一種の「国民歌」にしてもいいのではないでしょうか。

結果

(出典 i.imgur.com)


(出典 i.imgur.com)


(出典 i.imgur.com)


(出典 i.imgur.com)


全文はソースをご覧ください

【Z世代もハマる! X世代歌謡の名曲ランキング】の続きを読む


サザンオールスターズ(英語: Southern All Stars)は、日本の5人組ロックバンド。所属芸能事務所はアミューズ、所属レコード会社はJVCケンウッド・ビクターエンタテインメント、所属レーベルはタイシタレーベル。略称は「サザン」、「SAS」。公式ファンクラブ名は「サザンオールスターズ応援団」。
217キロバイト (20,270 語) - 2022年7月26日 (火) 10:34

(出典 www.cinemacafe.net)


車では洋楽ばかり聞いてますが、確かにサザンいいかも。聞くなら『DIRTY OLD MAN』かな。なぜか好きなんです。

1 muffin ★ :2022/07/28(木) 21:20:11.76ID:CAP_USER9
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000361.000016205&g=prt
2022年7月28日

駐車場予約アプリ「akippa」を運営するakippa株式会社は、akippaで駐車場を利用するユーザーを対象に「夏のドライブで聴きたいアーティスト」を調査いたしましたので、その結果をランキング形式で発表いたします

総合TOP10
第1位:サザンオールスターズ
第2位:TUBE
第3位:ケツメイシ
第4位:山下達郎
第5位:ゆず
第6位:Mr.Children
第7位:BTS
第8位:松任谷由実
第9位:Official髭男dism
第10位:スピッツ・湘南乃風

男女別

(出典 prtimes.jp)


年代別

(出典 prtimes.jp)


夏のドライブで聴きたいアーティストランキングで第1位に輝いたのは「サザンオールスターズ」でした。
理由をみてみると「夏といえば」「夏の定番」などサザンオールスターズ=夏をイメージする人が多いことが伺えます。
第2位には「TUBE」、第3位には「ケツメイシ」がランクインする結果となりました。理由としてサザンオールスターズと同様に夏をイメージする人が多い一方で、TUBEは「あー夏休み」、ケツメイシは「夏の思い出」とそれぞれ特定の曲を挙げる人も多数となっており、夏を代表する楽曲として、広く認知されていることがわかります。

全文はソースをご覧ください

調査方法:アンケート調査
エリア:全国
有効回答数:5,439
対象:akippaユーザー
調査対象期間:2022年6月10日(金)~6月16日(木)
(akippa株式会社調べ)

【『夏のドライブで聴きたいアーティストは?』 性別・年代問わず第1位になったのは?】の続きを読む


サザンオールスターズ(英語: Southern All Stars)は、日本の5人組ロックバンド。所属芸能事務所はアミューズ。所属レコード会社はJVCケンウッド・ビクターエンタテインメント、所属レーベルはタイシタレーベル。略称は「サザン」、「SAS」。公式ファンクラブ名は「サザンオールスターズ応援団」。
198キロバイト (18,002 語) - 2022年3月14日 (月) 08:22

(出典 img.barks.jp)


サザンは納得です。ライブで子供の姿を見かけるバンドって、そうそういないですね。ブランキーとハイスタ、MODS、スタークラブが見たいです。昔、名古屋のE.L.Lによく通ってました。色々思い出して懐かしい。海外なら、ビートルズです。

1 フォーエバー ★ :2022/03/15(火) 22:19:12.59

 ねとらぼ調査隊では、アンケートサイト「ボイスノート」協力のもと、全国20~70代の男女を対象に「ライブに行きたいと思うバンド」に関するアンケート調査を実施しました。

【画像:ランキング24位~1位を見る】

 ランクインしたのは現在も精力的に活動しているバンドから、既に活動を停止しているバンドまでさまざま。多くのオーディエンスから「ライブに行きたい」と思われているのはどのバンドだったのでしょうか?

 それでは結果を見ていきましょう。

●第2位:X JAPAN
 第2位は「X JAPAN」でした。得票率は9.3%です。1997年12月31日に東京ドームでラストライブ「THE LAST LIVE~最後の夜~」を開催し、そのまま紅白歌合戦にも出演。一度は解散するも、2007年に再結成を果たしました。

 最後に実施されたライブは、2018年の「X JAPAN Live日本公演 2018 ~紅に染まった夜~ Makuhari Messe 3Days」。最終日は台風の影響で、無観客ライブとなり生中継されました。

●第1位:サザンオールスターズ
 第1位は「サザンオールスターズ」でした。得票率は14.7%です。1978年に「勝手にシンドバッド」でメジャーデビューした日本を代表するロックバンドで、これまで「真夏の果実」「TSUNAMI」など、数々のヒットソングを生み出してきました。

 ライブは活気にあふれ、年越しライブの元祖とも言われています。2020年6月に横浜アリーナで無観客配信ライブが開催され、想定視聴者数は約50万人と注目を集めました。

3/15(火) 19:35配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/63e353edee6185c34ffd975ac1f165b51adde87a


【『あなたがライブに行ってみたい“バンド”は?』  第1位は…老若男女に人気のあの5人組!】の続きを読む


サザンオールスターズ(英語: Southern All Stars)は、日本の5人組ロックバンド。所属芸能事務所はアミューズ。所属レコード会社はJVCケンウッド・ビクターエンタテインメント、所属レーベルはタイシタレーベル。略称は「サザン」、「SAS」。公式ファンクラブ名は「サザンオールスターズ応援団」。
200キロバイト (17,608 語) - 2021年10月13日 (水) 03:43



(出典 www.cinemacafe.net)


今でも『旅姿六人衆』です。しかもシングルじゃない(笑) シングルだと『いとしのエリー』かな。子供心になんてキレイなメロディーだろうと感動しました。『勝手にシンドバッド』との落差も凄かったです。

1 フォーエバー ★ :2021/10/14(木) 20:47:31.65 ID:CAP_USER9.net

1978年に「勝手にシンドバッド」でメジャーデビューした「サザンオールスターズ」。これまでにさまざまな名曲を発表してきました。

【画像:ランキング59位~1位を見る】

 今回は、サザンオールスターズのシングル曲のなかから、オリコンシングル売上ランキングでTOP3の曲を紹介します。

●TSUNAMI
 「TSUNAMI」は、2000年に発売された44作目のシングル曲です。第14回日本ゴールドディスク大賞や第42回日本レコード大賞を受賞しており、オリコンによる2000年度の年間シングル売上ランキング1位にも輝いています。

●エロティカ・セブン EROTICA SEVEN
 「エロティカ・セブン EROTICA SEVEN」は、1993年に発売された32作目のシングル曲です。エロス3部作の第2弾であり、「シュラバ★ラ★バンバ」から、本作へと続きます。フジテレビ系ドラマ「悪魔のKISS」の主題歌にも

●涙のキッス
 「涙のキッス」は、1992年に発売された31作目のシングル曲です。30枚目のシングル「シュラバ★ラ★バンバ」と同時に発売された作品です。第7回日本ゴールドディスク大賞や第34回日本レコード大賞を受賞しています。この作品は、サザンオールスターズにとって初のミリオンセラーとなりました。

●あなたが一番好きなサザンオールスターズのシングル曲は?
 サザンオールスターズのシングル曲から、3作品を紹介しました。あなたが好きなシングル曲はどれですか?

10/14(木) 18:35配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/59552d8440c396e82aadcf022e89ebcce003bab1

(出典 i.imgur.com)


【サザンオールスターズ 『あなたが好きなシングル曲は?』 ありすぎて選べない!】の続きを読む


桑田 佳祐(くわた けいすけ、1956年〈昭和31年〉2月26日- )は、日本の男性ミュージシャン、シンガーソングライター。自身がバンドマスターを務めるサザンオールスターズのボーカル・ギターを担当。神奈川県茅ヶ崎市出身。所属事務所はアミューズ。所属レコード会社はJVCケンウッド・ビクターエンタテイ
172キロバイト (15,547 語) - 2021年9月21日 (火) 23:35



(出典 www.cinemacafe.net)


『「俺の若い頃は~」って言い出したら成長が止まったと思え』誰かが言った言葉です。成長し続けていれば、昔の自分が恥ずかしいと思えるのだと。桑田さんは、今も成長してるってことですね。そりゃあ世代を越えるのもうなずけます。

1 湛然 ★ :2021/09/21(火) 05:32:14.71

桑田佳祐、5年代でアルバム1位!男性アーティスト初、時代を超え愛される理由
9/21(火) 4:00 サンケイスポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/782a0154703cc3df7c0eba1ba9ba28fbaac91196
男性アーティスト初の〝5年代連続アルバム首位〟を達成した桑田。末永く愛されている証拠だ

(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)



サザンオールスターズの桑田佳祐(65)の最新アルバム「ごはん味噌汁海苔お漬物卵焼きfeat.梅干し」が27日付オリコン週間アルバムランキングで初登場1位を獲得。男性アーティストで初めて5年代(1980年代~2020年代)連続アルバム首位を記録したことが20日、分かった。松任谷由実(67)と並ぶ史上2組目の快挙で、昭和・平成・令和の3時代でも首位に。桑田人気の高さを改めて証明した形だ。

■ユーミンに続き2組目■ 幅広い世代にわたって愛される桑田ならではの記録が樹立された。

ソロ名義で約4年ぶりに発売した自身初のEP(ミニアルバム)盤「ごはん味噌汁海苔お漬物卵焼きfeat.梅干し」(15日発売)が初登場1位を記録。1987年にソロ活動を始めた桑田は、88年の「Keisuke Kuwata」から2017年の「がらくた」まで全年代でアルバム首位を獲得しており、これで5年代連続首位獲得となった。

アルバム首位は5作連続、通算7作目で、5年代連続首位は、松任谷(1970~2010年代)に並び2組目、男性アーティストでは史上初の快挙。昭和・平成・令和の3時代アルバム1位は矢沢永吉(72)、竹内まりや(66)に続き史上3組目だ。

桑田はサザンとしても、同アルバムランキングで1985年の「kamakura」から2018年の「海のOh,Yeah?」まで4年代で1位を獲得しており、15年4月には史上初となるソロとグループで4年代連続1位の偉業を達成。ソロでもバンドでもファンを魅了し続けている。

■常に新しい要素■ 1978年にサザンとしてデビューした桑田は、40年以上にわたって第一線で活躍。その時代の人々に寄り添いながら社会情勢からエロスまで幅広い要素を歌詞に盛り込み、高揚感あふれるサウンドで提供してきた。

ある関係者は「桑田さんは最新曲が一番いい。大変なことだけど、常に新しい音楽の要素を取り入れて良い楽曲を作り続けているので、新しいファンも増えるし、長くファンで居続けるんだと思う」と分析。「ライブもクオリティーが高くてサービス精神も旺盛。親しみを感じる人が多いのでは」と明*。

現在も全国ツアー(10カ所20公演)を展開するなど精力的に活動。7月のラジオでは「私の元気の素は歌を作ること。そして作った歌を皆さまに聴いていただくこと、これに尽きます」と話していた。時代や世代を超えて普遍的な音楽を届けるレジェンドは暗い世相を明るく元気に吹き飛ばす。

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


【桑田佳祐 男性アーティストで初 1980~2020年代でアルバム1位 年代を越えた人気】の続きを読む

このページのトップヘ