サッカー


キリングループが特別後援する「キリンチャレンジカップ」(英: KIRIN CHALLENGE CUP)や、同じくMS&ADインシュアランスグループホールディングスが特別協賛する「MS&ADカップ」(英: MS&AD CUP)などのタイトルがつけられる。「カップ
61キロバイト (3,653 語) - 2023年3月17日 (金) 12:37
前回のコロンビア戦は見応えがあったから、今回も面白い試合になると思う。

1 豆次郎 ★ :2023/03/24(金) 18:38:14.22ID:j49cQDf79
3/24(金) 18:37配信
ゲキサカ
三笘、堂安、鎌田ら先発!! 第2次森保J初陣、ウルグアイ戦のスタメン発表
Koki NAGAHAMA/GEKISAKA(ゲキサカ)
 日本代表は24日、キリンチャレンジカップでウルグアイ代表と対戦する。カタールW杯を経て発足した第2次森保ジャパンの初陣。午後7時30分のキックオフを前にスターティングメンバーが発表され、W杯で4試合連続ベンチスタートだったMF三笘薫(ブライトン)が先発起用された。

【写真】「弟としては恥ずかしくて見れないけど…」日向坂46影山優佳写真集に国士舘大FWが反応

 三笘の先発は森保一監督が前日会見で明言していた。招集メンバーのうち、新型コロナウイルスの陰性確認が取れていなかったMF久保建英(ソシエダ)はベンチメンバーから外れた。

 対戦相手のウルグアイはFIFAランキング16位(日本は20位)。過去の通算対戦成績は2勝2分4敗で負け越している。直近の対戦は2019年6月20日のコパ・アメリカで2-2のドロー。親善試合では18年10月16日のキリンチャレンジ杯で対戦し、4-3で撃ち合いを制している。


[日本代表]
▽先発
GK 23 シュミット・ダニエル(シントトロイデン)
DF 4 板倉滉(ボルシアMG)
DF 26 伊藤洋輝(シュツットガルト)
DF 22 瀬古歩夢(グラスホッパー)
DF 2 菅原由勢(AZ)
MF 6 遠藤航(シュツットガルト)
MF 13 守田英正(スポルティング)
MF 15 鎌田大地(フランクフルト)
MF 9 三笘薫(ブライトン)
MF 8 堂安律(フライブルク)
FW 18 浅野拓磨(ボーフム)
▽控え
GK 1 大迫敬介(広島)
GK 12 谷晃生(G大阪)
DF 3 橋岡大樹(シントトロイデン)
DF 16 町田浩樹(サンジロワーズ)
DF 24 藤井陽也(名古屋)
DF 4 バングーナガンデ佳史扶(FC東京)
DF 27 半田陸(G大阪)
MF 14 伊東純也(スタッド・ランス)
MF 19 西村拓真(横浜FM)
MF 17 田中碧(デュッセルドルフ)
FW 24 前田大然(セルティック)
FW 21 上田綺世(セルクル・ブルージュ)
FW 20 町野修斗(湘南)
FW 7 中村敬斗(LASKリンツ)
▽監督
森保一

https://news.yahoo.co.jp/articles/1f5d2bd89e0305b848d4c2c17eff2a07a6364b92

【サッカー日本代表 ウルグアイ戦スタメン発表!】の続きを読む


市川 紗椰(いちかわ さや、1987年2月14日 - )は、日本のファッションモデル。2011年に芸名を耶(日本名)から現在の芸名に改名した。フルネームはシュック 市川 紗椰 ジェニファ。父親はアメリカ人、母親は日本人。現在は東京都在住。所属事務所はBLUE LABEL。…
38キロバイト (5,123 語) - 2023年2月21日 (火) 21:26
子供の頃から大人たちに野球中継の度にテレビを占領されて見たい番組を我慢する羽目になっていたのでプロ野球が嫌いでした。スピード感もなく何が楽しいのか分かりませんでした。

1 フォーエバー ★ :2023/03/01(水) 23:11:29.22ID:d70dY1tN9
3/1(水) 22:07配信

スポニチアネックス

 モデルでタレントの市川紗椰(36)が1日放送の日本テレビ系「上田と女が吠える夜」(水曜後9・00)に出演し、サッカーや野球といったスポーツを応援できない理由を明かした。

 「人と同じはつまらない!我が道をゆくひねくれ女子が大集合」のゲストで出演した市川は「スポーツで盛り上がれない」とポツリ。「走るのが速いとか泳ぐのが速いとか高く跳べるとかはわかる」と、陸上や水泳など体を使ったスポーツには熱狂できるとした。

 だが、サッカーや野球については「勝手にルール作って、勝手にやって、勝手に盛り上がって“凄いね”って。自然界に存在しないじゃないですか」と持論。これにスタジオは「どういうこと?」と理解できずに困惑していた。

 市川は「スゴい人工的だから。冷静になって、何を…棒を持って…。しかも野球に関しては何にもしてない人めっちゃ多い」と説明。これにプロ野球の阪神の熱狂的ファンでもある千秋が「なんもしてるよ!してるって!めちゃくちゃおもしろいじゃん。阪神と巨人の伝統の一戦とかめちゃくちゃおもしろいじゃん。え?阪神タイガースの悪口言ってる?」と反論してスタジオを笑わせた

https://news.yahoo.co.jp/articles/81f9ca42b36183178af00d923bc6b5e6eebf75b3


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
?pri=l

【市川紗椰 サッカー、野球で盛り上がれない独特すぎる理由にスタジオ困惑】の続きを読む


本田 圭佑(ほんだ けいすけ、1986年6月13日 - )は、日本のサッカー選手、サッカー指導者、実業家。ポジションはミッドフィールダー。元日本代表。カンボジア代表のGM・監督を務める。 アジア(日本)、ヨーロッパ(オランダ・ロシア・イタリア・アゼルバイジャン・リトアニア)、北中米(メキシコ)、オ…
156キロバイト (18,296 語) - 2022年12月9日 (金) 12:20
私もそう思います。例え自分が嫌いなものでも大好きって応援してる人もいます。殺伐としていて何が楽しいのかなといつも嫌な気持ちになってます。

1 フォーエバー ★ :2022/12/09(金) 18:11:55.12ID:psRDjBTt9
12/9(金) 17:20配信

FOOTBALL ZONE
「対立する理由なんて全くないですよね」と共感の声
元日本代表MF本田圭佑【写真:徳原隆元(FOOTBALL ZONE特派)】

 本田圭佑が自身のツイッターを更新。スポーツファン同士の“対立”を諌め、「1つのスポーツしか楽しめてないのは勿体ない」と持論を語っている。

【写真】「ほんと凄い!」「ほぼ格闘家!」「目が釘付けに…」 日本代表MF三笘薫の筋肉バキバキの身体

 本田は「ABEMA」でカタールW杯プロジェクトのGM(ゼネラルマネージャー)を担当し、日本戦を解説。ざっくばらんに本音を語る本田の解説は大好評となり、ネット上でも話題となった。

 現在もカタールに滞在する本田は、12月9日にツイッターを更新。「別に野球もサッカーもバスケもその他スポーツも全部楽しめばよくない?」と、持論を展開している。

 W杯が盛り上がりを見せるなか、日本のメジャースポーツである野球など、他スポーツのファンによる反発や、ファン同士の対立などもネットでは散見される。流行語大賞に関してW杯日本語公式ツイッターが「ブラボーじゃないんですか?」と投稿したことで、その流れが加速してしまった経緯があったが、本田は「1つのスポーツしか楽しめてないのは勿体ない。スポーツが違うファン同士で対立するのも勿体ない」と思いを綴った。

 この投稿には「色んなスポーツが好きで良いんですよ」「マジそれなのよ」「対立する理由なんて全くないですよね」と共感の声が集まっている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/bea13aa3e95e024c1557b24162617de872056605

【本田圭佑 「全部楽しめばよくない?」 スポーツファンの“対立”に持論】の続きを読む


大谷翔平(おおたに しょうへい、1994年7月5日 - )は、岩手県水沢市(現:奥州市)出身のプロ野球選手(投手、外野手)。右投左打。MLBのロサンゼルスエンゼルス所属。 投手としても打者としても活躍する「二刀流(英: two-way player)」の選手として広く知られる。…
230キロバイト (30,912 語) - 2022年10月29日 (土) 23:23
三浦 知良(みうら かずよし、1967年2月26日 - )は、静岡県静岡市葵区出身のプロサッカー選手。JFL・鈴鹿ポイントゲッターズ所属。ポジションはフォワード。元日本代表。血液型はA型。 Jリーグ史上最高齢の54歳でJ1リーグでプレーした経験を持ち、世界最高齢での得点記録【世界記録*ギネスワールドレコーズ認定】を持っている。…
147キロバイト (18,620 語) - 2022年10月30日 (日) 23:33
大谷選手もさることながら、三浦知良選手の人気はすごいですね。サッカーファンでなくても、その偉業は称賛に値します。しかも現役。やっぱりレジェンドですね。

1 征夷大将軍 ★ :2022/10/30(日) 16:01:16.66ID:x3cBLKhI9
日本テレビ2022年10月27日 13時0分
https://news.livedoor.com/lite/article_detail_amp/23094996/

三菱UFJリサーチ&コンサルティングが27日、15~69歳の男性1000名、女性1000名の計2000名の回答をもとに、最も好きなスポーツと選手を発表しました。

最も好きなスポーツに選ばれたのは「野球」で、18%の支持を集め19年連続で1位。そして2位にはサッカーが入りました。

またプロ野球のファンが1番多かったのは阪神で404万人。2番目は巨人の373万人で、3番目は広島の214万人。4番目はソフトバンクの208万人、5番目は日本ハムの194万人という結果になりました。

そしてスポーツ選手の好感度調査では、5年連続でMLBロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が1位。

続く2位には元サッカー日本代表の三浦知良選手、3位には競泳の池江璃花子選手、4位には卓球の石川佳純選手、5位にはスノーボードで北京五輪金メダルに輝いた平野歩夢選手が入りました。

【『最も好きなスポーツ』 野球が19年連続で1位 好感度調査で大谷翔平5年連続1位】の続きを読む


内田 篤人(うちだ あつと、1988年3月27日 - )は、 日本代表ロールモデルコーチ、元プロサッカー選手、元日本代表、タレント。現役時代のポジションは、DF(右サイドバック)。静岡県田方郡函南町出身。 日本代表では、アルベルト・ザッケローニ監督在任時に長友佑都と両翼のサイドバックを形成し、一時代を築いた。
61キロバイト (4,980 語) - 2021年9月8日 (水) 14:07



(出典 www.soccerdigestweb.com)


ある程度力がついて、活躍し始めると簡単に海外に出ていくけど、出ていかせないように国内のクラブが強くなっていかないとダメだと思います。有望な選手やファンが「こんな所にいたら潰れる」なんて思うようなリーグ自体に問題があるのではないでしょうか。

1 Egg ★ :2021/09/13(月) 12:17:33.25 ID:CAP_USER9.net

「世紀の惨敗」だった。

 9月2日、W杯アジア最終予選第1戦に臨んだ日本代表は、格下のオマーン代表に0対1で敗れた。

「番狂わせというよりは完全な力負け。1カ月の事前合宿で日本対策を徹底してきた相手に対して、決定機さえほとんど作れませんでした」(サッカーライター)

 唯一の“見せ場”は、むしろ試合後にあった。

「0ー1という結果ですが、どう感じていますか」

 キャプテンの吉田麻也(33)に対して、単刀直入にそう切り込んだのは、昨年8月に現役を引退した元日本代表の内田篤人(33)。

「今年3月からテレビ朝日の『報道ステーション』でスポーツキャスターを務める内田は、東京五輪でも同局のレポーターを担当。元選手ならではの核心を衝いた質問が好評でした。日本代表の森保一監督も『ウッチーが相手なら』と予定外の取材に応じたほどサッカー界での信頼が厚い」(同前)

 この日はプライベートで“マイブラザー”と呼ぶほど仲がいい吉田に対して厳しい口調で迫り、「負けるべくして負けた」という言葉を引き出すと、最後にこう呼びかけた。

「本来なら結果がついてきてインタビューしたいんで、次はぜひ勝ってください」

 すると吉田は、「あの……」と何か言いかけたが、結局「はい、頑張ります」とだけ応じたのである。

「いつも冷静に喋る吉田にしては珍しい瞬間でした。相手が内田だったからこそ、本音を垣間見せたのでしょう。ネット上でも〈今日のMVPはウッチー〉といった声が溢れました」(同前)

現役引退会見でのバッサリ発言

 実はサッカー界きっての“直言居士”として知られる内田。昨年の現役引退会見では、「(日本と世界の差は)広がったなと思う、正直」とバッサリ。若手の海外挑戦についても、まずは国内で実績を残すべきとして「行きたきゃ行けばいい、今すぐ。どうせすぐ帰ってくるんだろうなと思います」と切り捨てた。

「その忖度のなさが取材者としての“突破力”になっている。現役引退後は、『何でもやってみよう』というスタンスで、キャスターのほか、ユニクロのCMにも出演して話題になりました」(スポーツ紙記者)

 日本サッカー協会では若年層の強化に関わる「ロールモデルコーチ」を務める。

「自分の経験を若手に伝えたいという想いは強い。18年のクラブW杯で、当時所属していた鹿島がレアル・マドリードに1対3で敗れたとき、若手の安部裕葵(ひろき・現バルセロナB)が号泣していた。それを見て、ウッチーが『オレにはその気持ちがわかる』と涙ぐんだんです」(同前)

 ウッチーの“突破力”を、日本代表も見習ってほしい。

週刊文春 9/13(月) 11:12
https://news.yahoo.co.jp/articles/bf7938f106e6a18be26ca8c9ab3b91fbb73c5ac3

写真

(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
?w=426&h=640&q=90&exp=10800&pri=l


【内田篤人 サッカー界きっての“直言居士” 忖度のなさが取材者としての“突破力”】の続きを読む

このページのトップヘ