スマッシング・パンプキンズ


ウィリアム・パトリック・コーガンJr.(William Patrick Corgan Jr.、1967年3月17日 - )、通称ビリーコーガン(Billy Corgan)は、アメリカのミュージシャン、詩人である。オルタナティヴ・ロックバンド、スマッシング・パンプキンズ、及びズワンの中心人物として知…
10キロバイト (1,067 語) - 2023年5月17日 (水) 13:06
カート・ドナルド・コバーン(英語: Kurt Donald Cobain, 1967年2月20日 - 1994年4月5日)は、アメリカ合衆国のシンガーソングライターである。 ロックバンド「ニルヴァーナ」のフロントマンであり、ギタリスト、リードボーカリスト、メインソングライターとして活躍していた。怒…
41キロバイト (5,171 語) - 2023年5月20日 (土) 17:24
当時のグランジはニルヴァーナとパールジャムがいなければそこまでカウンターにはなってなかっただろうと個人的には思います。

1 湛然 ★ :2023/05/17(水) 06:27:13.93ID:oVktyo509
スマッシング・パンプキンズのビリー・コーガン、カート・コバーンへの思いについて語る
2023.5.16 火曜日 NME Japan
https://nme-jp.com/news/129240/


スマッシング・パンプキンズのフロントマンであるビリー・コーガンは亡くなったニルヴァーナのカート・コバーンへの思いについて語っている。

スマッシング・パンプキンズは3部作となる最新作『オータム:ア・ロック・オペラ・イン・スリー・アクト』を今月リリースしており、アップル・ミュージックのゼイン・ロウのインタヴューを受けている。

ビリー・コーガンはグランジというムーヴメントを担った同世代のミュージシャンへの思いについて語っている。「スマッシング・パンプキンズには自分たちの世代で一番上に立ってもらいたいと思っているんだ」

「そのために800曲を書かなきゃいけないんだとしたら、そうするし、それに尻込みすることもない。カート・コバーンが僕らの世代で最も才能のある人物だったということは今後も言っていくだろう。カートにはすごく才能があったし、恐ろしいくらいだった。ジョン・レノンぐらいの才能で、『どうしてこんなに才能があるんだ?』と思うような感じだった。あとはプリンスかな? でも、悲しいことにカートはもういない。だから、見てみても『じゃあ、他の奴らは間違いなく倒せる』と思ったんだ」

カート・コバーンが亡くなったことについてビリー・コーガンは次のように続けている。「カートが亡くなった時、僕は泣いた。最高の相手がいなくなったわけだからね。最高の相手を倒したかった。選手権を優勝したいわけじゃない。プロレス用語を使うなら、自分と噛ませ犬しかいないわけだからね。マイケル・ジョーダンは人生で観た最高のスポーツ選手だと思うけれど、やっぱり一番上の存在について話をしたいだろ」

ビリー・コーガンはデフトーンズのチノ・モレノを「本物」、レディオヘッドを「地球上のどのバンドよりも先に来たるべき世界を分かっていた」と評しながら、U2が2000年に発表したアルバム『オール・ザット・ユー・キャント・リーヴ・ビハインド』にまつわる逸話も明かしている。

「2000年頃、ダブリンにいて、ボノの家を訪れたんだ。夜通し起きていて、朝になると、起きているのは彼と僕だけになって、『何か音楽をかけたいけど、家の人たちを起こしたくないから、車で出掛けないといけないな』とボノが言ったんだ」

「車道で僕と彼で凍えていたら、彼は車に飛び乗って、“Beautiful Day”が収録されるアルバムを聴かせてくれた。全編じゃなくて一部だったけど、『正直に思ったことを言ってくれ』と彼は言ってね。僕は『私の意見が聞きたいんですか?』と言いながら、自分の思ったことを言った。そうしたら、僕のアドバイスを採用してくれて、後々になって『君のアドバイスを使わせてもらったよ』と教えてくれたんだ」

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

【ビリー・コーガン カート・コバーンへの思い 「最高の相手を倒したかった」】の続きを読む


スマッシングパンプキンズ(The Smashing Pumpkins)は、アメリカのロックバンド。1988年にイリノイ州シカゴで結成。日本における略称は「スマパン」。2000年に解散するまでの間にグラミー賞に10度ノミネートされ、4枚のアルバムがプラチナムに認定されるなど、90年代のオルタナティヴ
23キロバイト (2,318 語) - 2022年2月23日 (水) 03:23

(出典 m.media-amazon.com)


久しぶりに名前聞きました。90年代頃のバンドでしたっけ。オルタナ系だけど、中にはロックとか、メタルの要素が強い曲もあったような記憶があります。

1 湛然 ★ :2022/04/21(木) 21:54:45.66

スマッシング・パンプキンズ、『メロンコリーそして終りのない悲しみ』の続編が完成したことが明らかに
2022.4.21 木曜日 NME Japan
https://nme-jp.com/news/114941/


スマッシング・パンプキンズはギタリストのジェフ・シュローダーによれば、「壮大」な通算12作目のアルバムを完成させたという。

本作については2020年に『CYR』がリリースされる前から言及されており、フロントマンのビリー・コーガンは本作が1995年発表の『メロンコリーそして終りのない悲しみ』、2000年発表の『マシーナ』の続編となると語っていた。ビリー・コーガンはアルバムについて「ロック・オペラのような感じなんだ」と語っており、昨年3月にはレコーディングが始まったことが明らかになっていた。

レコーディングは順調に進んだようで、昨年7月の時点でジェフ・シュローダーは新作について「取り組んでいる途中」だと語っていた。この時、ポッドキャスト『オーディオ・インク・ラジオ』でジェフ・シュローダーは改めて通算12作目となる新作が『メロンコリーそして終りのない悲しみ』で始まり、『マシーナ』でも続いた物語が終わるもので、33曲が収録されると語っていた。

今回、再びポッドキャスト『オーディオ・インク・ラジオ』に出演したジェフ・シュローダーは「まだ詳細を明*ことのできない」ものの、タイトルの発表されていないアルバムについて完成したことを明かしている。彼はアルバムが今年中にリリースされることを示唆しており、「北米ツアー中のどこかの時点でエキサイティングな発表がある」と述べている。

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

Smashing Pumpkins' Jeff Schroeder, Detroit's Tommy Marz - Interview

(出典 Youtube)
' target='_blank'>(出典 Youtube)
" target="_blank">https://www.youtube.com/watch?v=voAu56USb3M


【スマッシング・パンプキンズ 『メロンコリーそして終りのない悲しみ』の続編完成】の続きを読む

このページのトップヘ