タイタニック


タイタニック』(原題: Titanic)は、ジェームズ・キャメロンが監督・脚本・共同製作・共同編集した、1997年のアメリカ合衆国のロマンス映画。レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット、ビリー・ゼイン、キャシー・ベイツ、フランシス・フィッシャー、バーナード・ヒル、ジョナサン・ハイドらが出演する。…
83キロバイト (10,979 語) - 2023年5月23日 (火) 10:01
また放送するんですね。嬉しい。不思議と長さを感じない作品です。娘が中学生の頃に何度も見ていたのを思い出します。

1 muffin ★ :2023/05/23(火) 14:53:36.71ID:Qj9IELZG9
https://www.oricon.co.jp/news/2279995/full/
2023-05-23 07:00

6月24日、7月1日の2週連続にわたり、フジテレビの土曜プレミアム枠で映画『タイタニック』(1997年)放送することが決定した。今年2月の再上映をきっかけに、劇場公開から25年の時を経て再び感動を巻き起こした不朽の名作をデジタルリマスター版で届ける。

1997年に劇場公開されるや世界中に一大ムーブメントを巻き起こし、1998年のアカデミー賞で作品賞、監督賞を含む歴代最多タイとなる11部門受賞という偉業を成し遂げた同作。20世紀最大の海難事故と言われたタイタニック号沈没事故をベースに、画家を目指す奔放な青年・ジャック(レオナルド・ディカプリオ)と上流階級の娘・ローズ(ケイト・ウィンスレット)との身分違いの愛とその行く末を描いた美しくも切ないラ*トーリー。

映画公開から25年の時を経た2023年2月、ジェームズ・キャメロン25周年3Dリマスター版が劇場で再上映されると、連日満席続出の驚異の大ヒットを記録。多くの人々から感動の声が上がり、観客からは「何度見ても感動する」などと称賛の声がSNSなどに多く寄せられた。現在も日本の洋画歴代興行収入でトップ(277.7億円※5月17日現在、興行通信社調べ)の座に君臨する不朽の名作は、25年の時を経て再び“タイタニック旋風”を巻き起こしている。

同局では今回、初回の映画公開当時に制作され、ジャック役を松田洋治が担当した吹替版のデジタルリマスター版を2週連続で放送する。

続きはソースをご覧ください


(出典 i.imgur.com)


https://eiga.com/news/20230523/4/

■キャスト(吹き替え)

ジャック:レオナルド・ディカプリオ(松田洋治)
ローズ:ケイト・ウィンスレット(日野由利加)
キャル:ビリー・ゼイン(山寺宏一)
モリー:キャシー・ベイツ(谷育子)
ブロック・ラベット:ビル・パクストン(石塚運昇)

【【映画】タイタニック 2週連続!土曜プレミアムでデジタルリマスター版放送】の続きを読む


タイタニック』(原題: Titanic)は、ジェームズキャメロンが監督・脚本・共同製作・共同編集した、1997年のアメリカ合衆国の叙事詩的ロマンス災害映画。 レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット、ビリー・ゼイン、キャシー・ベイツ、フランシス・フィッシャー、バーナード・ヒル、ジョナサン・ハイドらが出演する。…
78キロバイト (10,238 語) - 2023年2月11日 (土) 16:17
初回上映から数年後にDVDで見ましたが3時間があっという間で長さを感じませんでした。当時中学生の娘が何度も見てました。

1 愛の戦士 ★ :2023/02/16(木) 10:07:37.99ID:cTRJtKIi9
斉藤博昭 | 映画ジャーナリスト
2023年2月16日 8時28分 配信

今この瞬間、映画館で最もチケットが取りづらい作品は何か。それは観客動員トップの「鬼滅の刃」や2位の『THE FIRST SLAM DUNK』ではない。『タイタニック』である。

公開25周年を記念してリバイバル上映中のあの名作が、各所で満席続出の事態になっている。たとえばグランドシネマサンシャイン池袋のIMAX3D。当日にチケットを取ろうと思っても、まず不可能。2日前でこのように、ほぼ埋まっている状況である。(2/15昼の時点での、2/17の予約状況。赤が販売済み)

グランドシネマサンシャイン池袋のHPより
TOHOシネマズ新宿でも、これが2日後の回。似たような、ほぼ完売状態だ。(同じく2/15昼の時点での2/17の回)


TOHOシネマズ新宿のHPより
結果的にこんな反響が頻出している。

シネコンによっては一日一回の上映というところもあり、回数を限定しての公開。とはいえ新作ではないにもかかわらず、この反響は異例で、配給側や劇場側からもうれしい悲鳴が聞こえる。

この熱狂は日本だけではない。世界各国で、この『タイタニック:ジェームズ・キャメロン25周年3Dリマスター』は2/10に公開され、イギリス、韓国、イタリア、インド、インドネシア、マレーシア、香港、タイなどで週末ナンバーワンのヒットを記録。北米でも3位となった。ちなみに日本では観客動員5位で初登場。それでも上記のとおり、「観たいけど観られない」人が続出しているようである。

海外の記事には「バレンタインデーにぴったり」というタイミングの良さを指摘するものもある。実際に日本で観た人の

「こんなにも心を動かされる映画は後にも先にもない」

という反応に代表されるように、25年前、アカデミー賞で作品賞など11部門を受賞(過去最多タイ)し、日本で洋画の歴代ナンバーワンヒットの地位を今も維持している名作への素直な賞賛で溢れている。

※続きはリンク先で
https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/byline/saitohiroaki/20230216-00337375/&preview=auto

(出典 i.imgur.com)


(出典 i.imgur.com)

【映画・タイタニック 25年前の名作 満席続出】の続きを読む


ケイトウィンスレット, CBE(Kate Winslet, CBE, 1975年10月5日 - )は、イギリスの女優。7度のアカデミー賞ノミネート経験を持つ実力派女優として知られ、第81回アカデミー賞では『愛を読むひと』で主演女優賞を受賞した。 イングランド・バークシャー州レディングで生まれる。祖父母、両親、叔父、姉と妹も俳優である。…
26キロバイト (1,203 語) - 2022年12月9日 (金) 09:16
ジャックは最初乗ろうとしたけど諦めていましたね。体も凍えて泳ぐこともできないと思うし、ローズがジャックの手を離す演出がないと約束通り生きるための究極の選択をする重要なシーンは撮れないと思います。

1 征夷大将軍 ★ :2022/12/19(月) 16:43:17.03ID:ByHZVa5C9
東スポ2022年12月19日 15:44
https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/248603

 1997年のクラシック映画「タイタニック」のクライマックスシーンをめぐり、「海上に浮かんだ壊れたドアに、なぜローズはジャックを一緒に乗せなかったのか」という論戦に、ローズ役を演じた英女優ケイト・ウィンスレット(47)が四半世紀を経て初めて参戦した。

 ウィンスレットは先週末、人気ポッドキャスト番組「ハッピー・サッド・コンフューズド」に出演し、ローズを擁護したのだ。

 論争になったシーンとは、凍える海で沈没する豪華客船「タイタニック号」から脱出し、かろうじて生き延びたローズとジャック(レオナルド・ディカプリオ)だったが、闇夜に包まれた周りに救命ボートは見えず、ジャックはローズを浮いていた船の壊れたドアの上に乗せ、自分はドア枠につかまるが、力尽きて凍える海中に沈んでいく。

 米紙ニューヨーク・ポストによると、この場面について、2人の無事を願っていた多くのファンは、「もし、ローズがジャックに少しスペースを譲っていれば、一緒に助かった」と主張し、公開から25年経っても、このシーンについては議論が絶えない。

 ウィンスレットは「(2人がどうなっていたか)分からないわ。それが答えよ。ただ、言えることは、私は海がどういうものなのかよく知っている」とし、これまでスタンドアップパドルボードやスキューバダイビング、カイトサーフィンの経験があることを明かした。

 その上で、「もし大人2人がスタンドアップパドルボードに乗ったら、すぐ、とても不安定になる」と説明。「正直に言って、もし2人があの壊れたドアに乗ろうとしたら、どちらも助からなかったと思う。彼が乗れるスペースはあったかも知れないけど、乗ったら沈んでいた」と推測した。

【ケイト・ウィンスレット 『タイタニック』の謎 ジャックをドアに乗せなかった理由明かす】の続きを読む


タイタニック』(原題:Titanic)は、ジェームズ・キャメロンが監督・脚本・共同製作・共同編集した、1997年のアメリカの叙事詩的ロマンス災害映画。 レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット、ビリー・ゼイン、キャシー・ベイツ、フランシス・フィッシャー、バーナード・ヒル、ジョナサン・ハイドらが出演する。…
70キロバイト (9,073 語) - 2022年11月14日 (月) 12:19
年齢によっても感じ方や共感する所が変わる映画だと思います。そこが面白い。映画館で見たことがないから見ておけば良かったな。もし今の年齢で見たら泣くと思います。

1 muffin ★ :2022/11/15(火) 16:39:35.09ID:qlNGEXrw9
https://www.narinari.com/Nd/20221175567.html
2022/11/15 0

映画「タイタニック」が、映画館で観るべき“最高の作品”に選ばれた。

ジェームズ・キャメロンが監督、レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットが不運な船に乗り合わせた恋人同士を演じる1997年公開の同大ヒット作が、英調査会社ワンポールがBFI IMAX向けに、11月1日から3日にかけて実施した調査により、「ジュラシック・パーク」「アバター」を抑えて、映画館で最高の経験を視聴者に提供する作品の1位に輝いた。

さらに、10人に4人の英国人が大作映画を大画面ではなく自宅で鑑賞した後に後悔していること、また2人に1人の英国人がネットフリックスやディズニープラスなどの配信サービスで鑑賞していると携帯電話に気を取られてしまうことから、映画館で観た方がより没頭できると感じていることも分かった。

BFI IMAXの広報担当者は「クリストファー・ノーラン、ピーター・ジャクソン、ジェームズ・キャメロン、スティーブン・スピルバーグなど、リストに名を連ねる一流の映画監督たちは、映画においてスクリーンとサウンドスケープを最大限に活用することにかけて卓越した技術を持っており、映画館でしか味わうことのできない体験を提供しています。映画館は、小さな物語から世界を驚かせる大作まで、あらゆるものを提供できる最高の媒体であることを映画製作者たちは実証しています」と話した。


(出典 cdn.narinari.com)

【『映画館で観るべき最高の作品』に選ばれたのは?】の続きを読む


トップガン マーヴェリック』(原題:Top Gun: Maverick)は、2022年公開のアメリカ合衆国のアクション映画。1986年の『トップガン』の36年振りの続編。監督はジョセフ・コシンスキー、脚本はアーレン・クルーガー、エリック・ウォーレン・シンガー、クリストファー・マッカリーが務める。ト
63キロバイト (7,302 語) - 2022年7月14日 (木) 00:54

(出典 www.banger.jp)


前作も当時映画館で見た時は、映像がものすごい迫力でした。人気も高くバイクのニンジャは、伝説になってます。続編はほとんど失敗することが多い中、ここまでヒットするとは、さすがトム・クルーズですね。

1 muffin ★ :2022/07/14(木) 12:45:16.27ID:CAP_USER9
https://www.cinematoday.jp/news/N0131256
2022年7月14日

米パラマウント・ピクチャーズは現地時間13日、映画『トップガン マーヴェリック』の全米累計興行収入(6億192万1,383ドル・約782億円)が、『タイタニック』初公開当時の成績(6億78万8,188ドル・約781億円)を抜き、同社の米国興収ランキングで歴代1位になったと発表した。(数字は Box Office Mojo 調べ・1ドル130円計算)

トム・クルーズの出世作『トップガン』(1986)の36年ぶりとなる続編は、世界中で社会現象を巻き起こしており、世界興収はトムのキャリア史上最高となる10億ドル(約1,300億円)超えを達成。公開7週目でも全米ボックスオフィスランキングで3位に入る好調ぶりで、このまま行けば『インクレディブル・ファミリー』や『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』を抜き、全米歴代トップ10入りする可能性も見えてきた。なお、『タイタニック』は3D版を含む再上映の成績も反映すると、全米累計興収6億5,936万3,944ドル(約865億円)で全米歴代7位にランクインしている。

パラウント・ピクチャーズ社長兼CEOのブライアン・ロビンスは、「パラウント・ピクチャーズはこの110年間、25周年を迎える往年の名作『タイタニック』をはじめ、ハリウッドの歴史を象徴する映画を数多く製作・配給してきました。『トップガン マーヴェリック』は驚異的な映画です。トム・クルーズをはじめ、製作陣やキャスト、マーケット&配給チーム、新旧『トップガン』ファンのみなさんと、この偉大な業績を祝福することができてとても光栄です」と声明を発表している。(編集部・倉本拓弥)


(出典 img.cinematoday.jp)

【トップガン 快挙! 全米興収パラマウント歴代1位に 『タイタニック』越え】の続きを読む

このページのトップヘ