トップガン・マーヴェリック


トップガン マーヴェリック』(原題:Top Gun: Maverick)は、2022年公開のアメリカ合衆国のアクション映画。1986年の『トップガン』の36年振りの続編。監督はジョセフ・コシンスキー、脚本はアーレン・クルーガー、エリック・ウォーレン・シンガー、クリストファー・マッカリーが務める。ト
65キロバイト (7,537 語) - 2022年8月1日 (月) 12:14

(出典 i.ytimg.com)


知り合いも2回見に行ってます。本当に大ヒットですね。続編って失敗する作品が多いけど、これは前作を凌いでるんじゃないだろうか。

1 鉄チーズ烏 ★ :2022/08/01(月) 19:46:24.32ID:CAP_USER9
2022年8月1日 13時44分
https://www.cinematoday.jp/news/N0131572

(出典 img.cinematoday.jp)


 大ヒット公開中の映画『トップガン マーヴェリック』の日本国内興行収入が、100億円を突破したことが明らかになった。(数字は配給調べ)

 トム・クルーズが主演を務めた『トップガン』(1986)の続編となる本作は、史上最高のパイロットで常識破りな性格のマーヴェリック(トム)が、「トップガン」と呼ばれるエリート・パイロット養成機関に教官として戻り、新世代の若きパイロットとともに極秘ミッションに命を懸けるさまを描く。

 5月27日に公開された本作は、公開65日目となる7月30日に、累計興行収入100億円を突破。7月31日までに観客動員数642万342人、興行収入101億3,036万3,030円を記録した。7月下旬には、平日も前週比が100%超えを記録する日もあり、熱狂的なリピート鑑賞者や、新規の鑑賞者の熱烈な支持を受けている。

 先日、池袋の映画館グランドシネマサンシャインの 4DX SCREEN 興行成績が、世界の 4DX SCREEN シアター(4DX、SCREENX シアター含む)において世界No.1を獲得したことを筆頭に、ラージフォーマット(IMAX、ドルビーシネマ、4D、ScreenX など)のチケット争奪戦はいまも毎夜に発生中。さらに、並みいる大作が公開されるなか、夏休み期間中の動員を維持。老若男女問わず評判が評判を呼び続け、前作公開当時の36年前を知らない若年層がこぞって劇場に足を運んでいるという。

 実写映画が累計興行収入100億円を突破するのは、2019年公開の『アラジン』以来。トムにとって100億円を突破は、2003年公開『ラスト サムライ』以来2作目で、約18年ぶりの快挙となった(『ラストサムライ』の100億円突破は2004年1月26日)。

 そして、100億円突破を記念したことを記念して、新たな特別映像が公開された。“本物の空”での撮影を成し遂げるため、トム・クルーズと共に人気となった新トップガンチームの俳優陣が挑んだトレーニングの模様が映し出される。「36年ぶりに訓練を受けた」と笑うトムは、飛行訓練プログラムを自ら考案して現場を牽引。キャスト陣が、天地がわからなくなるほど回転する特殊装置を用いた水中訓練や、段階を追ってGが上がっていく飛行訓練で悶絶する瞬間や、見事に達成して晴れやかな表情を浮かべる印象的なメイキング映像となっている。

 なお、全米では『アベンジャーズ』1作目を超えて歴代興行収入9位に浮上。全世界でも大ヒットしている。(編集部・梅山富美子)

【トップガン・マーヴェリック 興収100億円突破! 特別映像も公開】の続きを読む


トップガン マーヴェリック』(原題:Top Gun: Maverick)は、2022年公開のアメリカ合衆国のアクション映画。1986年の『トップガン』の36年振りの続編。監督はジョセフ・コシンスキー、脚本はアーレン・クルーガー、エリック・ウォーレン・シンガー、クリストファー・マッカリーが務める。ト
63キロバイト (7,302 語) - 2022年7月14日 (木) 00:54

(出典 www.banger.jp)


前作も当時映画館で見た時は、映像がものすごい迫力でした。人気も高くバイクのニンジャは、伝説になってます。続編はほとんど失敗することが多い中、ここまでヒットするとは、さすがトム・クルーズですね。

1 muffin ★ :2022/07/14(木) 12:45:16.27ID:CAP_USER9
https://www.cinematoday.jp/news/N0131256
2022年7月14日

米パラマウント・ピクチャーズは現地時間13日、映画『トップガン マーヴェリック』の全米累計興行収入(6億192万1,383ドル・約782億円)が、『タイタニック』初公開当時の成績(6億78万8,188ドル・約781億円)を抜き、同社の米国興収ランキングで歴代1位になったと発表した。(数字は Box Office Mojo 調べ・1ドル130円計算)

トム・クルーズの出世作『トップガン』(1986)の36年ぶりとなる続編は、世界中で社会現象を巻き起こしており、世界興収はトムのキャリア史上最高となる10億ドル(約1,300億円)超えを達成。公開7週目でも全米ボックスオフィスランキングで3位に入る好調ぶりで、このまま行けば『インクレディブル・ファミリー』や『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』を抜き、全米歴代トップ10入りする可能性も見えてきた。なお、『タイタニック』は3D版を含む再上映の成績も反映すると、全米累計興収6億5,936万3,944ドル(約865億円)で全米歴代7位にランクインしている。

パラウント・ピクチャーズ社長兼CEOのブライアン・ロビンスは、「パラウント・ピクチャーズはこの110年間、25周年を迎える往年の名作『タイタニック』をはじめ、ハリウッドの歴史を象徴する映画を数多く製作・配給してきました。『トップガン マーヴェリック』は驚異的な映画です。トム・クルーズをはじめ、製作陣やキャスト、マーケット&配給チーム、新旧『トップガン』ファンのみなさんと、この偉大な業績を祝福することができてとても光栄です」と声明を発表している。(編集部・倉本拓弥)


(出典 img.cinematoday.jp)

【トップガン 快挙! 全米興収パラマウント歴代1位に 『タイタニック』越え】の続きを読む


BEST GUY』(ベストガイ)は、1990年12月15日に公開された日本映画。 航空自衛隊の撮影協力で日本版『トップガン』を目指して作られたスカイアクション。 航空自衛隊千歳基地を舞台に、パイロットに与えられる最高の栄誉とされるBEST GUYの座を賭けて特別強化訓練に臨むF-15J イーグルのパイロットたちの姿を描く。
15キロバイト (2,126 語) - 2022年6月5日 (日) 07:07

(出典 i.ytimg.com)


気になったので、YouTube見てきました。それほど悪くはないし、戦闘機の迫力もあります。ただ、どこから見ても『トップガン』のパクリでした。『トップガン』を知らなければ、楽しめそうではあります。

1 鉄チーズ烏 ★ :2022/06/06(月) 05:54:15.60

2022年06月06日 05時15分
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/4237289/

(出典 img.tokyo-sports.co.jp)


 先月27日に日米で同時公開された、トム・クルーズ(59)の代表作の続編「トップガン マーヴェリック」の興行収入の勢いがすさまじい。

 北米では前月27~29日で1億2400万ドル(約159億円)を叩き出し、トムの主演作としては史上最高のスタートを記録した。日本でも、土日2日間で観客動員52万5000人、興行収入8億2500万円のロケットスタート。公開初日から3日間の累計では、動員74万7000人、興収11億5800万円の大ヒットとなっている。

「トムと同世代に近い映画ファンが客層の中心になっています。青春時代に夢中になった作品が、36年ぶりによみがえるわけですから、見たくもなりますよね。前作の続きのようなシーンに涙するファンも多く、大ヒットするのも当然でしょう」(映画ライター)

 そんな傑作映画となった「トップガンシリーズ」とは打って変わって、過去〝爆死〟したのが〝日本版トップガン〟として製作された織田裕二主演の「BEST GUY」(1990年公開)だ。航空自衛隊の全面協力の下、航空自衛隊千歳基地を舞台に、パイロットに与えられる最高の栄誉「BEST GUY」の座を賭けて、特別強化訓練に臨むパイロットたちの姿を描いているのだが…。

「アクションシーンはかなりリアリティーがあり、『トップガン』をオマージュするようなシーンもいくつかありましたが、興行収入は振るいませんでした。自衛隊の実機は迫力があっても、ソ連の戦闘機が特撮だったので、観客はガッカリ。それ以来、織田にとってすっかり〝黒歴史〟になってしまいましたね」(芸能関係者)

 2022年のナンバーワンヒット作の呼び声も高い「トップガン マーヴェリック」だが、織田の胸中はいかに――。


【『トップガン』続編の超ヒットで思い出す…32年前 織田裕二主演のあの映画】の続きを読む


トップガン マーヴェリック』(原題:Top Gun: Maverick)は、2022年公開予定のアメリカ合衆国のアクション映画。1986年の『トップガン』の続編。監督はジョセフ・コシンスキー、脚本はアーレン・クルーガー、エリック・ウォーレン・シンガー、クリストファー・マッカリーが務め、トム・クルー
45キロバイト (4,599 語) - 2022年5月19日 (木) 12:10

(出典 img2.animatetimes.com)


ほとんど字幕なので、今までは吹替の声優を気にせず見てました。大活躍中の人ばかりですごく豪華です。たまには吹替も楽しんでみようと思います。

1 muffin ★ :2022/05/16(月) 16:49:17.27

https://natalie.mu/eiga/news/477751
2022年5月16日

トム・クルーズ主演作「トップガン マーヴェリック」の日本語吹替キャストが明らかに。中村悠一、内田真礼、武内駿輔、木村昴、内田雄馬、杉村憲司ら14名の参加が発表された。

1986年公開作「トップガン」の続編となる本作は、主人公ピート・ ミッチェル / マーヴェリックがアメリカ海軍のパイロット養成機関に教官として帰還することから始まる物語。クルーズ演じるマーヴェリックに森川智之、マイルズ・テラー演じるかつての相棒グースの息子ルースターに宮野真守が声を当てるのは既報の通りだ。

前作から続投するキャストの吹替は、2009年のテレビ東京放送版を踏襲する形に。アンソニー・エドワーズ演じるグースには平田広明、メグ・ライアン演じるキャロルには斎藤恵理が息を吹き込む。ヴァル・キルマー演じるアイスマンに再び声を当てる東地宏樹は「彼らは、あのあと互いにどのような人生を歩んでいるのか、かつての宿敵マーヴェリックと、どのように絡んでいくのか? 前作以上の迫力の映像と共に、是非ともご期待下さい!!」と語っている。

新キャラクターには新たな声優陣を起用。トップガンの新世代パイロットであるハングマンに中村、フェニックスに内田真礼、ボブに武内、ペイバックに木村、ファンボーイに内田雄馬、コヨーテに杉村が声を当てる。またパイロットを支えるクルーのホンドー役で三宅健太、サイクロン役で加瀬康之、ウォーロック役で楠大典が起用された。マーヴェリックと深く関わる2人の女性、ジェニファー・コネリー演じるペニーには本田貴子、リリアナ・ウレイ演じるアメリアには水瀬いのりが息を吹き込む。

YouTubeでは航空自衛隊の協力のもと、森川が吹替キャストを発表する特別映像が公開。フライトジャケットに身を包んだ森川は音楽隊による「Top Gun Anthem」の生演奏が響く中、戦闘機が並ぶ滑走路を横目に、宮野を含む15名の吹替キャストの名前を読み上げる。さらに森川が戦闘機のコックピットに乗り込み、テイクオフする様子も。

「オブリビオン」のジョセフ・コシンスキーが監督を務めた「トップガン マーヴェリック」は5月27日より全国ロードショー。


(出典 ogre.natalie.mu)


(出典 ogre.natalie.mu)


(出典 ogre.natalie.mu)


「トップガン マーヴェリック」特別映像


(出典 Youtube)


【トップガン・新作 豪華! 日本語吹替声優陣発表!】の続きを読む


トーマス・クルーズ・メイポーサー4世(英: Thomas Cruise Mapother IV, 1962年7月3日 - )は、アメリカ合衆国の俳優、プロデューサー。ゴールデングローブ賞を3回、アカデミー賞に3回ノミネートされるなど、様々な賞を受賞している。出演した作品は、北米で40億ドル以上、全
57キロバイト (5,483 語) - 2022年5月5日 (木) 04:48

(出典 topgunmovie.jp)


当時のトム・クルーズは無敵のカッコよさでした。時代も好景気に沸いていて、ワクワクする感じがよみがえります。今、同じ気持ちでは見れないと思う分、いい時代に見れて幸せだったのかも。

1 muffin ★ :2022/05/05(木) 21:54:21.43

https://www.oricon.co.jp/news/2233739/full/

ハリウッドのベスト・オブ・ザ・ベスト、トム・クルーズが主演する映画『トップガン マーヴェリック』(5月27日公開)のグローバルプレミアが米サンディエゴで現地時間4日(日本時間5日)に開催された。そこでトムは日本の取材カメラに向かって「(この作品のプロモーションで)もちろん日本に行くよ! 行くのが楽しみで待ちきれないよ!」とコメントし、約4年ぶりに来日することを電撃発表。通算24回目の来日となり、前作でもタッグを組んだプロデューサーのジェリー・ブラッカイマーとともに日本へと飛んでくる。来日は5月下旬を予定している。

トム・クルーズ主演映画のプレミアが開催されるのは、2018年7月の『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』のジャパンプレミアなどから約4年ぶり。今回、グローバルプレミアが行われたサンディエゴは、1986年公開の映画『トップガン』、そして36年ぶりの続編『トップガン マーヴェリック』の舞台となった地。世界中が待ち焦がれていた本作の船出を祝うように、澄み切った青空が広がった。

コロナ禍以降で最大規模のプレミア会場には、プロペラの轟音が響き渡り、トップガン仕様のヘリコプターがレッドカーペットのすぐそばに着陸すると、姿を現したのはもちろんトム・クルーズ。

♪「Top Gun Anthem」が荘厳に響き渡り、大歓声が沸き起こる中、レッドカーペットを歩くトムは、トップガンを象徴するサングラスを着用し、この上なく晴れやかな表情。「本当に最高です。何年もロックダウンした中で映画の撮影を続けてきたけど、こうしてファンの皆と会えて、顔が見られるなんて、この場に立てて光栄です」と、時折胸をいっぱいにした様子も見せながら、喜びをかみしめコメント。

「過酷な訓練に次ぐ訓練だった。でも訓練だけではなく、若いキャストたちには映画作りについて学んでほしかったんだ。世界を旅して異文化に触れ、たくさんの異なる領域で常に努力して自分を高め、誰かの人生を生きてどう感じるか、映画製作を通じていつも学べる。僕も駆け出しのころは映画が大好きで、作りながら学べたし、彼らにもそれを経験してほしかった。何事も成し遂げるには覚悟と努力が必要で、それが僕の映画作りにとって大切で楽しい時間であり、すべては観客に楽しんでもらうため、それが重要だ」と、撮影を振り返りながら、教官としてトップガンに帰還するマーヴェリックの役柄とも通ずる心境も明かしたトム。

36年間誰にも『トップガン』の続編の企画を渡さなかったトムは「すごく悩んだけれど、考えるようにしたのは、『トップガン マーヴェリック』が、ビジュアルの上でも物語の上でも1作目と同じ世界観で、かつ現代に続いているものとして捉えられるかどうか。非常に面白い挑戦だったよ」と、本作への自信ものぞかせた。 

全文はソースをご覧ください


(出典 img.cinematoday.jp)


(出典 img.cinematoday.jp)


(出典 img.cinematoday.jp)


【トム・クルーズ 『トップガン』最新作のプロモーションで来日決定!】の続きを読む

このページのトップヘ