長浜ロマンロボシリーズ > 超電磁マシーン ボルテスV > ボルテスV: レガシー 『ボルテスV:レガシー』(原題:Voltes V: Legacy)は、2023年放送のフィリピンのサイエンス・ファンタジー系のテレビドラマシリーズである。 日本のテレビアニメ『超電磁マシーン ボルテスV』をフィリピンで実写化した作品で、GMAネットワークで放送されている。…
26キロバイト (2,196 語) - 2023年5月20日 (土) 09:58
私は見たことがないのですが兄は知ってました。クオリティが高いし日本で公開すればいいのにって言ってました。

1 朝一から閉店までφ ★ :2023/05/16(火) 15:57:47.71ID:l3vkPdiM9
2023.05.14

 東映は12日、東映特撮ユーチューブチャンネルに4月18日にフィリピンで開催された「VOLTES V LEGACY(原題)」完成披露プレミア会見、特別上映会のダイジェスト映像を公開した。
同作は1977年に放送がスタートしたロボットアニメ「超電磁マシーン ボルテスV(ファイブ)」のリメイク。フィリピンでは国民的人気を集めた同作を実写化した新作で、同国では5月8日からテレビ放送がスタートした。

 堀江美都子が歌うアニメ主題歌「ボルテスVの歌」をバックに映像が流れ、監督をはじめとしたスタッフ、メインキャスト総勢22人が集結。多くのマスコミと観客が駆け付け、盛り上がる様子が映し出された。
フィリピンでは「超電磁マシーンボルテスV(ファイブ)」の主題歌は誰でも歌えると言われるほど愛されおり、完成した実写作品に興奮し喜んでいる様子が伝わる映像となっている。

 「VOLTES V LEGACY」は、ボアザン星人を名乗るヒューマノイド・エイリアンたちから侵略を受け、ビースト・ファイターたちを世界中に放たれた危機の中、
侵略者たちから地球を護るべくアームストロング三兄弟と、彼らの友人たちによる特別部隊が、5台のメカが合体して1体の人型ロボットとなる「Voltes V」に搭乗し、ボアザン星人に立ち向かうストーリー。

 海外で本国を上回るほどの人気を集めた日本作品としては、ブラジルでの特撮ヒーロー作品「巨獣特捜ジャスピオン」、インドでのアニメ「おぼっちゃまくん」などが有名。
「ボルテスV」の動画には「これこそ正しいリメイク」「是非とも日本でも配信してほしい」などの声が寄せられた。

(よろず~ニュース編集部)

https://www.daily.co.jp/gossip/subculture/2023/05/14/0016350686.shtml?pg=2

【ボルテスV フィリピン版新作動画 東映が配信「これこそ正しいリメイク」】の続きを読む