マネージャー


四代目 市川 猿之助(いちかわ えんのすけ、1975年〈昭和50年〉11月26日 - )は、日本の俳優、歌舞伎役者。屋号は澤瀉屋。定紋は澤瀉、替紋は三ツ猿。歌舞伎名跡「市川猿之助」の当代。東京都出身。本名は喜熨斗 孝彦(きのし たかひこ)。2012年6月、二代目市川亀治郎改め、四代目市川猿之助を襲名。ケイファクトリー所属。…
70キロバイト (8,910 語) - 2023年5月19日 (金) 13:16
こんな大事になってしまい隠れてるだけだといいのですが。複雑な状況ですね。

1 jinjin ★ :2023/05/20(土) 00:16:47.56ID:70I3NVMF9
〈市川猿之助・自殺未遂〉発見者のマネージャー兼俳優に「愛している」と宛てた遺書と財産分与を示すメモが。
俳優の母は「兄のように慕っていた」「昨日から連絡がとれません」…両親の死因は向精神薬中毒の疑い


梨園に激震が走った惨事はなぜ起こったのか――。

歌舞伎俳優・市川猿之助(47)が都内の自宅で倒れ、父の段四郎さん(76)と母(75)が亡くなった事件から一夜明けた19日も、ワイドショーやSNSはこのニュースで溢れた。
「女性セブン」による猿之助のセクハラ報道があったばかりのタイミングということもあって憶測が乱れ飛んでいるが、事件の詳細はいまだ判然としない。

舞台やテレビで圧倒的な存在感を放ってきた猿之助の半生を振り返りながら、事件の背景を探る。


繊細かつ傲慢で毒舌…弟子に「お前らは家畜だ」

猿之助こと本名、喜熨斗(きのし)孝彦は1975年11月26日、四代目段四郎と妻・延子の長男として生まれ、一人っ子として育った。後に名跡を受け継ぐ三代目猿之助(現二代目猿翁)は段四郎の兄であり、伯父にあたる。

猿之助と段四郎が二大看板の澤瀉屋(おもだかや)にあって、そのど真ん中に生を受けた孝彦は二代目亀治郎を襲名して7歳で初舞台を踏んだ。
以降は亀治郎の名で歌舞伎や舞台、テレビ、映画で活躍し、慶應義塾大学文学部を卒業。2012年に四代目猿之助を襲名して以降は京都芸術劇場「春秋座」の芸術監督に就任するなど、活動の幅をどんどん広げてきた。


その一方で、水面下ではしばしばパワハラ体質も噂されてきた。
梨園と関係の深い松竹関係者はこう証言する。

「孝彦はひとことで言うと、繊細かつ傲慢で毒舌。頻繁に手を洗い、スキンケアにこだわるなど美意識が高い反面、傲慢なエピソードもこと欠かない。女性誌にも書かれてしまったけど、特に弟子の扱いが酷い。気分次第で理不尽にキレて『お前らは家畜だ』とか、平然と放送禁止用語で罵倒するんです」


俳優の母は「昨日から連絡がつきません」

私生活では、結婚するつもりがないことを公言していたため、跡取りは必然的に、もうけにくい。
しかし、このことで両親との仲が険悪になるようなことはなかったという。

関係者が続ける。

「孝彦と段四郎の仲はいいですよ。亀治郎時代から『妻も娶らないし、子供も要らない』と公言していたが、段四郎もこれを認めていて、跡取りがいないことに文句も言っていませんでした。孝彦は、かつては恋人と家を出たこともあったが、別れてからは実家に戻っていることからも、親子関係は良好だったことがわかります。
そもそも澤瀉屋は血縁を重視しない、容姿と芸の実力主義で、お母さんの延子さんもそれをよくわかっていました。延子さんは肝っ玉かあさんで人柄もすばらしく、歌舞伎界の他の家のおかみさんまでをもまとめていた影の実力者です。京都の友禅図案家のご出身で、芸事にも通じておられた方と存じ上げています。ただし、段四郎が十年ほど前から肝臓の重い病気で、自宅療養を続けていたので、延子さんの負担もかなり大きくなっていたようです」

そんな中で巻き起こった今回の事件。直前の「女性セブン」による報道との関連性はあるのだろうか。

「誌面化するにあたり、女性セブンは15日の月曜日に事実関係を本人に直撃しています。猿之助はそれを受けて考え込んだのでしょう。自身のマネージャーも務める俳優宛てに謝罪の言葉とともに『愛してる』といった文面の遺書を残し、それとは別にこの俳優に遺産をすべて相続させるという内容のメモまで残していたようです。
事件当日に現場から119番通報したマネージャーというのはこの俳優のことと思われ、救急車で段四郎さんらが搬送された後に現場で泣き崩れていたのを報道陣にも目撃されています」(社会部記者)


この俳優の母は取材にこう答えた。

「昨日の猿之助さんのことがあってから子どもとは連絡がとれていません。歌舞伎関係のお仕事もしているとは聞いていましたが、猿之助さんの身の回りの世話までしていたとは聞いていません。猿之助さんはとても素晴らしい方だと聞いていました。舞台でもご一緒しており、兄のように慕っていました」

以下、ソース
https://news.yahoo.co.jp/articles/59042ff88f949e1e1b8f9e27a6936e9a8fe236dc

【市川猿之助 「愛してる」 遺書に登場したマネージャーと母が消息不明】の続きを読む


中森 明菜(なかもり あきな、1965年(昭和40年)7月13日 - )は、日本の歌手、女優。本名同じ。1982年5月1日デビュー。1980年代を代表する女性アイドル歌手であり、数多くのヒットナンバーを世に送った。アイドルの当たり年と言われた1982年のデビューで、「花の82年組」の1人であった。
117キロバイト (14,541 語) - 2022年9月10日 (土) 02:00

(出典 jprime.ismcdn.jp)


またおかしな記事が出始めましたね。足を引っ張ろうとする輩でもいるんでしょうか。情報が少ない上に、明菜ちゃんもあまり発信しないから、憶測ばかりで気持ちが悪い。

1 ネギうどん ★ :2022/09/10(土) 22:30:08.57ID:CAP_USER9
 東京都北部のとある住宅街。目の前には小学校があり、2学期が始業した9月からは、登下校する多くの児童で賑わいを見せている。まさに、庶民の生活の場にある一軒家に設置された郵便ポストには、真新しい名前のシールが張られており、こう書かれていた。

《中森 HZ ROOM》

 じつはこの一軒家こそ、歌手の中森明菜(57)が、新たな自宅住所として新事務所「HZ VILLAGE」の登記に記載した場所だった。別の近隣住民は、この住所についてこう話す。

「あの家は、地元で長く続く会社を経営している方の家族が住んでいて、近所に別の豪邸もお持ちです。でも、音楽関係や芸能関係のお仕事に関わっているとは聞いたことがありません。ましてやここは、埼玉県まで徒歩10分という都心から離れた場所。中森さんほどの有名人が住まわれるとはとうてい思えません」

 歌手デビュー40周年を迎え、新たな個人事務所設立を発表したのは8月30日のこと。ツイッターの公式アカウントを立ち上げ、中森は本格復帰への意思を明らかにした。同時に、東京・港区内にオフィスを構えたことが明らかになっている。

 明菜が新たに住所を定めた一軒家は、築27年の3階建て。玄関には「中森」ではない名前の表札も並び、もともと別の一家が住んでいるようだ。明菜はここに居候している、ということなのか――。

 9日、この家から出てきた男性に話を聞こうとしたが、何を聞いても「嫌です」と、ひと言返すのみだった。

 近所に住む、この一家の親族も困惑の表情を見せる。

「あそこは、会社員の父親と専業主婦の母親、それに成人した子供が2人いるごく普通の家族だよ。中森明菜が同居しているなんて話は聞いていないが、事実だとしたら、たんに友達なんじゃないか。ここは東京都の端っこだけど、べつに、明菜が住んだっていいじゃないか」

 謎は、縁もゆかりもない土地に引っ越したことだけではない。中森の新事務所の監査役を務める弁護士との関係も、まったく見えてこないのだ。一部では“敏腕弁護士”と報じられているが、いったい彼は何者なのか。同氏について、法曹関係者が語る。

「彼は地裁の調停委員の経験があり、家族、相続問題のエキスパート弁護士です。ただ、芸能界とはまったく関係のない方のはずですが、どうして中森さんの事務所の監査役になったのか、不思議でなりません」

 この弁護士に、中森の新事務所設立と復帰の経緯を問い合わせると、次のような答えが返ってきた。

「前事務所において5年間活動休止状態が続いており、このまま前事務所にいても活動の見込みが立たない。中森の活動を待っていただいているファンのご期待に沿えるとは思えなかったことから、中森が前事務所との契約関係を解消し、新たに『HZ VILLAGE』を設立する決断をしたものです」

 ところが、肝心の中森と知り合った経緯や新居については、「回答できません」と、にべもない返答だった。

 中森の近況については、謎が深まるばかりだが、はたして本格復帰は実現するのか。力強い口調で意気込むのは、あるNHK関係者だ。

「NHKは、中森明菜を『紅白』で復活させるというプロジェクトチームを組んでいて、万全の体制でサポートしていく予定です。まずは7月に、明菜さんの『伝説のコンサート』を放送しましたが、さらに、11月から年末に向けて、特別枠でスペシャル番組を予定しています。明菜さん自身からも『すべてをさらけ出します』という覚悟の言葉をいただいています。今回は、NHKも彼女も本気ですよ」

 一方、強引な事務所独立を不安視する声もある。多数の楽曲の原盤権を持つワーナーミュージック・ジャパン社員はこう語る。

「中森さんは、若いころから何度もトラブルを起こし、世間を騒がせてきました。それが、この数年は前マネージャーで、恋人といわれたK氏がそばにいて公私にわたる支えがあったのか、目立ったトラブルはありませんでした。ところが今回、K氏との別れを選んだと聞いています。監査役に就いた弁護士を含め、新事務所スタッフがどこまで中森さんを精神的に支えることができるかは未知数です」

 自宅を庶民の街に移し、明菜の復活は本当に実現できるのか。

https://smart-flash.jp/entame/200305

【中森明菜 縁のない土地に引っ越し 同居人の男性は一体? 謎だらけの再出発】の続きを読む

このページのトップヘ