森保 (もりやす はじめ、1968年8月23日 - )は、静岡県掛川市生まれ、長崎県長崎市出身の元プロサッカー選手、サッカー指導者(JFA 公認S級コーチ)。現役時代のポジションはミッドフィールダー。元日本代表で、現在は日本代表の監督を務める。 静岡県掛川市で生まれたが、父親が造船関係者だったため…
45キロバイト (4,676 語) - 2023年4月11日 (火) 01:27
古橋 亨梧(ふるはし きょうご、本名:古橋〈読み同じ〉、1995年1月20日 - )は、奈良県生駒市出身のサッカー選手。スコティッシュ・プレミアシップ・セルティックFC所属。ポジションはFW。元日本代表。 欧州リーグでの1シーズンにおける日本人最多得点者である。…
33キロバイト (4,099 語) - 2023年4月14日 (金) 08:38
クラブチームだったら問題ないだろうけど代表だとそうもいかないのでは。合わせる時間もすくないとか色々厳しい気がします。

1 久太郎 ★ :2023/04/15(土) 00:50:41.11ID:f9VD5aa69
 日本代表の森保一監督は4月14日、欧州視察前に囲み取材に応じ、スコットランド1部セルティックで好調をキープするFW古橋亨梧に言及した。3月の代表活動でメンバー外となった古橋について、「日本代表の戦力としてプレーできるだけの価値がある選手だと見ている」と述べた

古橋は今季のセルティックでゴールを量産し、スコティッシュ・プレミアシップで22ゴールと得点王レースでトップに立っている。一方で、昨年のカタール・ワールドカップでは日本代表メンバー入りを果たせず、第2次森保ジャパンの船出となった3月の代表活動でも招集外となった。

 成田空港で取材に応じた森保監督は、古橋について「常に代表候補の選手。選べるかどうかは枠が決まっているので分からないが、常に日本代表の戦力として、結果を出しているところは見ている」とコメント。「いつでも日本代表の戦力としてプレーできるだけの価値がある選手だと見ている」と、見解を明かした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b9d22e99d2d3ab4590faeabb3a9fe7aa6365121a

【森保監督 古橋亨梧の代表招集に見解 「戦力としての価値がある選手」】の続きを読む