優勝


ギャロップは、吉本興業大阪本社に所属する林健と毛利大亮からなる日本のお笑いコンビ。2003年12月結成、M-1グランプリ2018ファイナリスト。『THE SECOND 〜漫才トーナメント〜』2023優勝(初代王者)。 林 健(はやし たけし、 (1978-05-17) 1978年5月17日(45歳)…
18キロバイト (2,363 語) - 2023年5月20日 (土) 14:52
セカンド (SECONDからのリダイレクト)
SECOND漫才トーナメント〜 - 20232月から開催される結成16年以上の漫才師による大会吉本興業と共同主催フジテレビで決勝戦放送される。 「セカンド」で始まるページ一覧 タイトルに「セカンド」を含むページ一覧 「second」で始まるページ一覧 タイトルに「second」を含むページの一覧…
2キロバイト (318 語) - 2023年5月20日 (土) 11:03
録画見始めましたがM-1のすごさがよく分かりますね。テンダラーは面白いなあと思いながら見ています。

1 ギズモ ★ :2023/05/20(土) 23:09:35.16ID:nCyGH31M9

(出典 pctr.c.yimg.jp)

ギャロップの林健(左)、毛利大亮

【THE SECOND】ギャロップがマシンガンズに勝利し初代王者 113組の頂点に
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20230520-35201803-nksports-ent

<THE SECOND>◇20日◇グランプリファイナル◇決勝◇フジテレビ

 ギャロップがマシンガンズに勝利し、初代王者に輝いた。133組の頂点に立ち、賞金1000万円などを手にした。…
続きはソース参照

【THE SECOND ギャロップが初代王者 113組の頂点に!】の続きを読む


本田 圭佑(ほんだ けいすけ、1986年6月13日 - )は、日本の元サッカー選手、サッカー指導者、解説者、実業家。ポジションはMF。元日本代表。 アジア(日本)、ヨーロッパ(オランダ・ロシア・イタリア・アゼルバイジャン・リトアニア)、北中米(メキシコ)、オセアニア(オーストラリア)、南米(ブラジ…
159キロバイト (18,864 語) - 2023年3月21日 (火) 05:09
様々な業界から祝福コメントが寄せられています。やはりスポーツで日本が1つになるのはとても嬉しいし気持ちがいいです。サッカーも望みは高くですね。

1 爆笑ゴリラ ★ :2023/03/22(水) 14:14:09.92ID:jGpia4Y99
3/22(水) 14:06配信
スポニチアネックス

本田圭佑「野球大国。いつかサッカーも」世界一を勝ち取った侍ジャパンを祝福

 サッカー元日本代表の本田圭佑(36)が22日、自身の公式ツイッターを更新。第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で世界一を勝ち取った侍ジャパンを祝福した。

 米マイアミの「ローンデポ・パーク」で行われた決勝戦で、日本は3-2で米国を下し、09年の第2回大会以来、3大会ぶりに世界一の頂点に立った。

 本田は、8回にダルビッシュ有投手が登板すると「ダルビッシュさん!」、9回の大谷翔平投手の登板には「大谷さん!」とツイート。優勝が決まると、「Congratulations」と祝福するとともに、「野球大国。いつかサッカーも」とつづった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/81b1de1053ca769253a4bd6f4e798fbbe9babf5a

【本田圭佑 侍ジャパンの世界一を祝福! 「いつかサッカーも」】の続きを読む


ワールド・ベースボール・クラシック(英: World Baseball Classic、略称:WBC)は、メジャーリーグベースボール(MLB)機構とMLB選手会により立ち上げられたワールド・ベースボール・クラシック・インク(WBCI)が主催する、世界野球ソフトボール連盟(WBSC)公認の野球の国・地域別対抗戦で、かつ、世界一決定戦。…
68キロバイト (7,553 語) - 2023年3月22日 (水) 02:53
おめでとうございます!忘れられない決勝戦でした。興奮が止まりません。

1 THE FURYφ ★ :2023/03/22(水) 11:47:13.63ID:Q7mPb6vx9
栗山監督「アメリカを倒すために来た」…東京プールから7戦負けなし、有言実行で夢の結実

野球日本代表「侍ジャパン」【写真:Getty Images】

 第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の決勝戦が21日(日本時間22日)、米フロリダ州マイアミのローンデポ・パークで行われ、野球日本代表「侍ジャパン」が米国代表を3-2で破り、2009年の第3回大会以来、3度目の世界一に輝いた。ダルビッシュ有投手(パドレス)と大谷翔平投手(エンゼルス)がリリーフ登板する総動員。日本を代表する2投手の“世界一リレー”もあり、栗山英樹監督は悲願を達成した。

【実際の動画】打順近づき外野からダッシュ…ブルペンから慌ててベンチに戻る大谷翔平

 米国代表と決勝戦で戦うのは初めてだった。メジャーリーガーが並ぶ、銀河系軍団にも侍ジャパンは臆することはなかった。日本は2回。先発・今永昇太投手(DeNA)がトレイ・ターナー内野手(フィリーズ)にソロを浴び、先取点を許すも、その裏に村上宗隆内野手(ヤクルト)が右翼席へ同点ソロ。ラーズ・ヌートバー外野手(カージナルス)の内野ゴロで逆転に成功した。

 3回からマウンドに上がった2番手・戸郷翔征投手(巨人)が2回を無失点に抑える好リリーフを見せた。直後、岡本和真内野手(巨人)が貴重な左中間への本塁打を放って、1点を加点。5回から3番手の高橋宏斗投手(中日)もマイク・トラウト外野手(エンゼルス)、ポール・ゴールドシュミット内野手(カージナルス)から三振を奪うなど好投。若き投手陣が粘りの投球を見せた。

 8回からはダルビッシュが登板。しかし、カイル・シュワバー外野手(フィリーズ)にソロを浴び、1点差に迫られた。そして最終回。「3番・指名打者」で出場した大谷が登板。無失点に抑え、接戦をものにした。

 2006年、2009年と優勝した日本は2013年はプエルトリコに1-3、2017年は1-2で米国に準決勝で敗れた。20日(日本時間21日)のメキシコとの準決勝では9回にサヨナラ逆転勝利を収め、そのままの勢いで決勝もメジャー軍団を破った。栗山監督が「アメリカを倒すために来た」と話していた通り、有言実行。“最強チーム”の呼び声高く、日本列島に大きな感動と興奮を与えてくれた侍ジャパンは最後に大きな贈り物をマイアミから届けてくれた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/0fc20b5a0263f2459b11ab89eb35bf6814a31d08

【WBC 日本優勝! アメリカ破り3度目の世界一】の続きを読む


大谷 翔平(おおたに しょうへい、1994年7月5日 - )は、岩手県水沢市(現:奥州市)出身のプロ野球選手(投手、外野手)。右投左打。MLBのロサンゼルスエンゼルス所属。 投手としても打者としても活躍する「二刀流(英: two-way player)」の選手として広く知られる。…
250キロバイト (33,808 語) - 2023年1月7日 (土) 08:35
ダルビッシュ選手と同じチームというだけでもワクワクします。期待もあるけどケガなく終わって欲しいです。

1 ひかり ★ :2023/01/07(土) 08:35:04.00ID:8UJf6A+89
 3月に行われる第5回WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)に出場する侍ジャパンのメンバー12人が6日、先行発表され、初出場となるエンゼルス・大谷翔平投手(28)をはじめダルビッシュ、村上、山本ら中心選手が順当に選出された。都内で行われた会見に栗山英樹監督(61)と出席した大谷は「勝つことだけ考えてやっていきたい」と3大会ぶり世界一への熱い思いを語った。残り18選手は今月下旬に発表され、全30選手が出そろう。

 熱い思いを、力強い言葉に乗せた。背番号16のユニホームを着てマイクを持った大谷は、初のWBCへの決意を明かした。

 「優勝だけ目指して、勝つことだけ考えていきたいなと思っている。前回(17年)出られなかったですし、自身としても初のWBCなので、楽しみにしながら頑張りたいと思っています」

 これまでWBCには縁がなかった。17年は右足首痛で辞退。21年東京五輪も出場できなかった。それでも、11歳だった06年の第1回大会、14歳だった09年の第2回大会には憧れた。韓国などとの死闘を制して頂点に立った感動が脳裏に深く刻み込まれている。

 「僕自身が一番野球を楽しい時期に、そういうプレー、試合を見せてもらって、いつか自分がここでプレーできたらおもしろいだろうなと、ひとつ夢として思っていた」

 一番の原動力は「夢」だった。打者では指名打者で中軸を担うことが確実で、投手では先発だけではなくほぼ経験のない救援登板にも意欲を示している。エンゼルスとの調整段階にあって、どの時期からチームに合流できるかも未定。侍ジャパンでは自身初となる二刀流の起用法にこだわりはなく、調整法も流動的だが、覚悟は決まっている。

 「勝つことだけを考えて、それ以外はなんでもいいかなと思う。野球を始めてからきょうまで、1位以外を目指したことはない。負けていいと思ったことはない。自分の中で目標の一つである大会で勝ちたいというのは自然な流れ」

 村上(ヤクルト)、佐々木朗(ロッテ)ら大谷とプレーするのを夢見る選手もメンバー入り。どんな選手ともタッグを組んで、世界一を狙う意気込みは十分だ。

 「ダルビッシュさんとやるのも楽しみですけど、勉強したいというのは二の次。勝つことだけ考えてやっていきたい。大会が終わって、個々の勉強になったと感じることはあると思いますけど、やっている時は、そういうことを抜きにして本当に対等に頑張りたい」

 全員に敬語から 言葉ではなくプレーで引っ張るのが大谷スタイル。不安を口にしたのは初対面の選手とのコミュニケーションだ。この日は、隣に座った栗山監督を笑顔でイジる余裕もあったが、謙虚な姿勢は変わらない。

 「自己紹介からだと思います。年齢も上なのか下なのかちょっと分からない選手もいると思うので、とりあえず最初は全員敬語から入りたいなと思います(笑い)」

 会見では「勝つ」「勝ちたい」と計6度も口にした。頂点に立つことだけを考えている大谷。侍ジャパンの先頭に立つときが迫ってきた。(安藤 宏太)
報知新聞社

https://news.yahoo.co.jp/articles/a4b3304e6bc2ada634579de91fa3f464b633e174

【大谷翔平 初WBCに決意 「優勝だけ目指す」】の続きを読む


ウエストランドは、タイタン所属の日本のお笑いコンビ。M-1グランプリ2022王者。2021年6月1日より、つやま産業支援センター特命大使。 ともに岡山県津山市の出身で、津山市立津山西中学校、岡山県立津山商業高等学校の同級生。コンビ名は、津山市に所在していたショッピングセンター「ウエストランド」から。…
48キロバイト (6,973 語) - 2022年12月18日 (日) 13:46
おめでとうございます!スピード感があって面白かったです。見に覚えがあるし自分も本当はどこかでそう思ってるから笑いが込み上げるんですよね。言いにくいことを一刀両断にしてくれてスッキリしました。

1 牛丼 ★ :2022/12/18(日) 22:06:15.11ID:QTai3MpJ9
決勝
ウエストランド(タイタン・結成14年・2年ぶり2回目)
さや香(大阪吉本・結成8年・5年ぶり2回目)
ロングコートダディ(大阪吉本・結成13年・2年連続2回目)

審査員
山田邦子/松本人志(ダウンタウン)/立川志らく/博多大吉(博多華丸・大吉)/礼二(中川家)/富澤たけし(サンドウィッチマン)/塙宣之(ナイツ)
https://twitter.com/M1GRANDPRIX/status/1604451344156266496?s=20&t=HgcplM0iocJIKU3PEQJpkQ
https://www.m-1gp.com
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

【ウエストランド M-1グランプリ18代王者に決定!】の続きを読む

このページのトップヘ