内田篤人


内田 篤人(うちだ あつと、1988年3月27日 - )は、静岡県田方郡函南町出身の元プロサッカー選手、サッカー指導者。元日本代表。現役時代のポジションはディフェンダー(右サイドバック)。 函南中学校時代は目立った活躍をしていなかったが、高校入学にあたり静岡県中部地区の強豪校を志望し、将来の大学進…
64キロバイト (5,465 語) - 2023年5月21日 (日) 08:27
川﨑 宗則(かわさき むねのり、1981年6月3日 - )は、鹿児島県姶良市出身のプロ野球選手(内野手)、コーチ、野球解説者。右投左打。愛称は「ムネリン」他(後述)。 兄の影響で野球を始めると、「重富少年野球クラブ」という軟式野球のスポーツ少年団に入団。当初は右打ちだったが、重富中学校時代にイチローの影響で左打ちに変更した。…
108キロバイト (12,859 語) - 2023年5月9日 (火) 00:09
野球はかなり記録にこだわるスポーツなのに球場の大きさ違うっていうのも不思議ですね。

1 征夷大将軍 ★ :2023/05/22(月) 22:01:01.11ID:VISnxtTb9
スポニチ
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2023/05/22/kiji/20230522s00001173486000c.html
2023年5月22日 19:28

サッカー元日本代表の内田篤人氏がYouTube番組「SDGsスクール!」に、サッカー元日本代表の中田浩二氏とプロ野球選手の川崎宗則を招いてサッカーと野球について語り合った。

野球界に対する疑問として、内田氏は「ずっと思っていた。球場の大きさが違うのはいいの?」と切り出した。

球場の広さやフェンスの高さが違うのはサッカーのフィールドのサイズが短かったりゴールの大きさが違うみたいなものだがいいのだろうか、と疑問をぶつけた。

それに対する川崎の答えが斜め上をいっていた。

川崎は「メジャーリーグは162試合、日本は143試合、オープン戦や日本シリーズなども入れると180試合近くある。1年の半分も試合してる。飽きるんですよ。同じ景色に耐えられない。きつい」と明かした。

まさかの答えに内田氏も「そういう理由なんですか?」と半信半疑だった。

【内田篤人 野球場の大きさの違いに関する疑問に 川崎宗則が回答】の続きを読む


川﨑 宗則(かわさき むねのり、1981年6月3日 - )は、鹿児島県姶良市出身のプロ野球選手(内野手)、コーチ、野球解説者。右投左打。愛称は「ムネリン」他(後述)。 兄の影響で野球を始めると、「重富少年野球クラブ」という軟式野球のスポーツ少年団に入団。当初は右打ちだったが、重富中学校時代にイチローの影響で左打ちに変更した。…
108キロバイト (12,859 語) - 2023年5月9日 (火) 00:09
W杯は出場国全てが本気だけどWBCはそうではないところがありますし、怪我した時の保険がWBCにはないからじゃない?根本的なシステム変えないと無理だと思います。

1 尺アジ ★ :2023/05/15(月) 21:29:38.77ID:E9n+keHG9
 プロ野球選手の川崎宗則が、サッカー元日本代表の内田篤人氏のYouTube番組「SDGsスクール!」に出演。サッカー元日本代表の中田浩二氏らと野球とサッカーについて語り合った。

 内田氏からWBCに出場辞退者が多く出る理由を聞かれた川崎はサッカーのW杯と比較して「サッカーの場合は卒業文集にW杯に出たいと書くんですよ。選ばれたらうれしい。絶対いく」と切り出した。

 そして、「僕は野球選手になりたいと書いた。WBCに出たいと思ったことはない。モチベーションの差」と説明した。

 サッカーW杯と野球のWBCでは歴史に大きな差がある。

※続きは以下ソースをご確認下さい

5/15(月) 21:17配信
スポニチ
https://news.yahoo.co.jp/articles/5b2a2b4fde7e05a66b82f88d225c88cadf4deb31

【川崎宗則 WBC出場辞退の理由明かす サッカーとの違いに注目】の続きを読む


内田 篤人(うちだ あつと、1988年3月27日 - )は、 日本代表ロールモデルコーチ、元プロサッカー選手、元日本代表、タレント。現役時代のポジションは、DF(右サイドバック)。静岡県田方郡函南町出身。 日本代表では、アルベルト・ザッケローニ監督在任時に長友佑都と両翼のサイドバックを形成し、一時代を築いた。
61キロバイト (4,980 語) - 2021年9月21日 (火) 09:32



(出典 i.daily.jp)


今や冠番組も持ってて、メディアやCMでも引っ張りだこ。報ステでのスポーツコーナーも、すごく明瞭で分かりやすいです。聡明な人だなと感じます。だから余計に言葉の説得力が増すのかもしれません。

1 Egg ★ :2021/10/07(木) 20:01:34.01 ID:CAP_USER9.net

元日本代表DFの内田篤人氏が、DAZNで配信中の冠番組『内田篤人のFOOTBALL TIME』の中で、10月7日に森保ジャパンが相まみえるサウジアラビアについて言及している

 日本代表は、カタール・ワールドカップのアジア最終予選第3節で、敵地ジッダに乗り込み、この中東の雄と対戦する。オーストラリアと並ぶ、グループ最大のライバルとの大一番だ。

 内田氏は、「サウジとかオマーンとかUAEとか(の中東勢)は、わけがわからない。試合の流れがあり、それにガチャンとハマってしまうと、本当に強い。勢いに乗ってハマったらね。ただ、(日本が)先に点が取れてしまうと、『どうしたんだ?』という感じになる」と印象を語った。

 2019年のアジアカップで対戦した時は、ボール支配率77%を許した日本が圧倒された。ただ、内田氏は「蹴られたほうが嫌だけどね。裏にボーンと。繋いでくれたほうが、守備の体形を作れるから」と持論を語った。

 番組内では、サウジの注目選手として、「キャプテンを務める左利きのトップ下」アル・ファラジがピックアップされた。ドリブルやパスの映像を見た内田氏は、「これだけでも上手いのが分かる。優しいパス」と称賛。「ボールミスをしてくれない選手には何人かでいくのがいい。コンパクトな守備をしなければいけない」と対策を明かした。

 最後に「先に点を取られると、同点、逆転までいくのは相当な力がいる。絶対に先に点をとられちゃダメ」と念を押した内田氏。視聴したファンも「内田さんの説得力は凄い」「うっちーが監督かわってやってくれー」「内田の言葉は分かりやすい」「実体験ってすごい貴重」と納得の様子だった。

サッカーダイジェスト 10/7(木) 17:32
https://news.yahoo.co.jp/articles/b03eaa333025a03862b1d05e338b7cb674d36845


【内田篤人 サウジ戦の分かりやすい対策に 「監督かわってやってくれー」】の続きを読む


内田 篤人(うちだ あつと、1988年3月27日 - )は、 日本代表ロールモデルコーチ、元プロサッカー選手、元日本代表、タレント。現役時代のポジションは、DF(右サイドバック)。静岡県田方郡函南町出身。 日本代表では、アルベルト・ザッケローニ監督在任時に長友佑都と両翼のサイドバックを形成し、一時代を築いた。
61キロバイト (4,980 語) - 2021年9月8日 (水) 14:07



(出典 www.soccerdigestweb.com)


ある程度力がついて、活躍し始めると簡単に海外に出ていくけど、出ていかせないように国内のクラブが強くなっていかないとダメだと思います。有望な選手やファンが「こんな所にいたら潰れる」なんて思うようなリーグ自体に問題があるのではないでしょうか。

1 Egg ★ :2021/09/13(月) 12:17:33.25 ID:CAP_USER9.net

「世紀の惨敗」だった。

 9月2日、W杯アジア最終予選第1戦に臨んだ日本代表は、格下のオマーン代表に0対1で敗れた。

「番狂わせというよりは完全な力負け。1カ月の事前合宿で日本対策を徹底してきた相手に対して、決定機さえほとんど作れませんでした」(サッカーライター)

 唯一の“見せ場”は、むしろ試合後にあった。

「0ー1という結果ですが、どう感じていますか」

 キャプテンの吉田麻也(33)に対して、単刀直入にそう切り込んだのは、昨年8月に現役を引退した元日本代表の内田篤人(33)。

「今年3月からテレビ朝日の『報道ステーション』でスポーツキャスターを務める内田は、東京五輪でも同局のレポーターを担当。元選手ならではの核心を衝いた質問が好評でした。日本代表の森保一監督も『ウッチーが相手なら』と予定外の取材に応じたほどサッカー界での信頼が厚い」(同前)

 この日はプライベートで“マイブラザー”と呼ぶほど仲がいい吉田に対して厳しい口調で迫り、「負けるべくして負けた」という言葉を引き出すと、最後にこう呼びかけた。

「本来なら結果がついてきてインタビューしたいんで、次はぜひ勝ってください」

 すると吉田は、「あの……」と何か言いかけたが、結局「はい、頑張ります」とだけ応じたのである。

「いつも冷静に喋る吉田にしては珍しい瞬間でした。相手が内田だったからこそ、本音を垣間見せたのでしょう。ネット上でも〈今日のMVPはウッチー〉といった声が溢れました」(同前)

現役引退会見でのバッサリ発言

 実はサッカー界きっての“直言居士”として知られる内田。昨年の現役引退会見では、「(日本と世界の差は)広がったなと思う、正直」とバッサリ。若手の海外挑戦についても、まずは国内で実績を残すべきとして「行きたきゃ行けばいい、今すぐ。どうせすぐ帰ってくるんだろうなと思います」と切り捨てた。

「その忖度のなさが取材者としての“突破力”になっている。現役引退後は、『何でもやってみよう』というスタンスで、キャスターのほか、ユニクロのCMにも出演して話題になりました」(スポーツ紙記者)

 日本サッカー協会では若年層の強化に関わる「ロールモデルコーチ」を務める。

「自分の経験を若手に伝えたいという想いは強い。18年のクラブW杯で、当時所属していた鹿島がレアル・マドリードに1対3で敗れたとき、若手の安部裕葵(ひろき・現バルセロナB)が号泣していた。それを見て、ウッチーが『オレにはその気持ちがわかる』と涙ぐんだんです」(同前)

 ウッチーの“突破力”を、日本代表も見習ってほしい。

週刊文春 9/13(月) 11:12
https://news.yahoo.co.jp/articles/bf7938f106e6a18be26ca8c9ab3b91fbb73c5ac3

写真

(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
?w=426&h=640&q=90&exp=10800&pri=l


【内田篤人 サッカー界きっての“直言居士” 忖度のなさが取材者としての“突破力”】の続きを読む

このページのトップヘ