森保 一(もりやす はじめ、1968年8月23日 - )は、静岡県掛川市生まれ、長崎県長崎市出身の元プロサッカー選手、サッカー指導者(JFA 公認S級コーチ)。現役時代のポジションはミッドフィールダー。元日本代表で、現在は日本代表の監督を務める。 静岡県掛川市で生まれたが、父親が造船関係者だったため…
45キロバイト (4,676 語) - 2023年4月11日 (火) 01:27
親善試合ならメキシコとかアメリカとかヨーロッパ以外でも見たい対戦国はあるんだけどなあ。韓国戦は他でも当たるしW杯前にもやったばかりなのに。サッカー協会は韓国と何か契約でもしてるのだろうか。

1 久太郎 ★ :2023/04/12(水) 06:57:48.73ID:4Ci0We7N9
 森保ジャパンの6月(15、20日)の国際Aマッチの対戦相手に、韓国が“再浮上”していることが11日までに分かった。

 3月の森保第2次政権初陣でも候補に挙がり、そのときは韓国側の入国ビザ申請手続きが遅れたことで破談に終わったというが、韓国協会関係者は「韓国側は年内での日本戦実現を強く希望している。今は6月での対戦へ向け交渉中だ」と証言した。

 日本代表は3月に南米の強豪ウルグアイ、コロンビアと親善試合を行い、1分け1敗。6月の2試合は、新体制の初勝利を目指すほか、導入されたばかりの偽サイドバック戦術などの熟成を深める戦いとなる。マッチメークを務める日本協会の反町技術委員長は「森保監督からランク上位のチームを要望されている」と明かしており、韓国はFIFAランク27位と同20位の日本に後れを取っているものの、常にしのぎを削ってきた永遠のライバルだけに、相手に不足はない。

 韓国は昨年W杯カタール大会後に、元ドイツ代表FWで、監督としてもドイツ、米国を率いてW杯で指揮を執った経験を持つユルゲン・クリンスマン氏(58)を新指揮官に招へい。日本では18年W杯ロシア大会後の新指揮官候補に挙がった“因縁”もある。

 また、イングランド・プレミアリーグを席巻するブライトンMF三笘薫(25)、先日の三笘との直接対決でアジア人初のプレミア通算100ゴールを達成したトットナムFW孫興民(ソン・フンミン、30)のアジア2大スターの競演にも注目が集まる。

 関係者によれば、韓国協会は現在、過去の八百長問題に関する“お家騒動”で大混乱。日本協会との交渉も難航しているもようだが、国内組中心だった昨年7月のE―1選手権以来のライバル対決が実現すれば、今回はスター選手が勢ぞろいするだけに、両国ともに大いに盛り上がりそうだ。

 ≪就任後2勝1敗≫日本と韓国の国際Aマッチは1954年のW杯予選で始まり日本の通算15勝23分け40敗、森保監督就任後は2勝1敗。両国の欧州組も出場した直近の対戦は21年3月の親善試合で、日本が3―0で快勝している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/cc105b4648c769a3cdbe931d866f191525f80b37

【森保ジャパン 韓国戦再浮上? 6月の親善試合が実現か】の続きを読む