大谷翔平


鈴木 紗理奈(すずき さりな、本名:宗廣 華奈子〈むねひろ かなこ〉、1977年7月13日 - )は、日本のタレント 俳優 大阪府出身。2003年より、MUNEHIRO名義でレゲエシンガーソングライターとしても活動している それぞれに会社経営をする両親の下に4番目の子として生まれる。兄弟は兄が3人。…
27キロバイト (3,349 語) - 2023年5月21日 (日) 18:14
そこまで容姿批判とは思わないけどなあ。でも色んな言動聞いてると最近は女が男に対して投げたブーメランが帰ってきてる様な気がします。

1 jinjin ★ :2023/05/21(日) 22:34:59.01ID:rTwzLGmd9
「顔がパンパン」大谷翔平の“容姿”を指摘した鈴木紗理奈に批判噴出!「男女逆なら大炎上」


5月16日放送の情報番組『ゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜』(TBS系)にて、エンゼルス・大谷翔平投手の特集が放送された。
その中で、同番組のレギュラーコメンテーターでタレントの鈴木紗理奈のある発言が、ネット上で物議を醸している。


大谷は現地時間15日(日本時間16日)、オリオールズ戦で今季9度目の先発登板。
番組では、エンゼルスを勝利に導いた大谷の活躍ぶりを特集として伝えていた。


「男女逆だったら大炎上」

「試合後、現地の取材陣からインタビューを受ける大谷選手の映像も流れました。鈴木さんはこれを見て、『コメントは全然耳に入ってこない。野球のことはわからないので、ビジュアルばっかり見ちゃう』と、大谷選手の“容姿”に注目していたことを正直に告白。そして、1日10時間とも言われる大谷選手の睡眠に触れつつ、『よく寝られるからか、すごくむくんでる日と、むくんでない日があるんです。今回のインタビューは全然むくんでなくて、シュッとしてて、カッコよかったですね』と、満足そうに話していました」(芸能ライター)


鈴木はさらに続けて、「試合前では、顔がパンパンの日もあるんです。よく寝たんだな」と感心したように一言。大谷の容姿を見て、その日のコンディションを判断しているようだったが、一連の発言にネット上では批判が噴出した。


「鈴木さんは『野球のことはわからない』と前置きしていましたが、ネット上には『野球のことわからないなら黙っとけ!』『大谷選手に失礼すぎる。しょうもないコメントはやめてほしい』といった苦言が続出。また、『これが男女逆だったら大炎上してるでしょ』『女性コメンテーターって、大谷の話題になると容姿とか結婚の話しかしないよね』など、鈴木を“女性コメンテーター”という立場で見た時に、不適切な発言だったと捉える人もいました」(前出・芸能ライター)
 

「大きなお世話だし、時代錯誤」

大谷への余計な一言で批判を浴びてしまった鈴木。実は過去にも、大谷をめぐる女性タレントの発言が物議を醸していた。

「お笑いタレント・山田邦子さんが、4月4日に自身のYouTubeチャンネルを更新。大谷選手の“結婚相手候補”を勝手に推薦する動画を公開しました。山田さんは、“身長が大きい男性は身長が小さい女性が好き”という仮説のもと、田中みな実さん、橋本環奈さん、広瀬すずさんらの名前を羅列。最終的に、『大谷翔平さんと広瀬すずさんで、推させていただきたいと思います』と、大谷選手の結婚相手に広瀬すずさんを推薦したのでした」(スポーツ紙記者)

この動画は、一部スポーツ紙によってネットニュースとなり、SNSを中心に広がっていった。

すると、ネット上で「これって明らかにハラスメントだよね?」「男女逆ならとっくに大炎上してる」「これの何が面白いの? 大きなお世話だし、時代錯誤」といった声が上がり、山田は批判を浴びていた。なお、のちにこのネットニュース記事も削除されている。

WBCを経て、いまや誰もが知る国民的大スターとなった大谷。
野球以外の面にも注目が集まるのは当然ともいえるが、“外野”の無責任な発言は、炎上を招くだけかもしれない。


https://news.yahoo.co.jp/articles/b47d71a35c08d56e91bb5a5a43ea34cd5db18c60

【鈴木紗理奈 大谷翔平への容姿批判発言に 厳しい声相次ぐ】の続きを読む


大谷 翔平(おおたに しょうへい、1994年7月5日 - )は、岩手県水沢市(現・奥州市)出身のプロ野球選手(投手、外野手)。右投左打。MLBのロサンゼルスエンゼルス所属。 近代のプロ野球では非常に稀な投手と打者を兼任して活躍する「二刀流(英: two-way player)」の選手。…
273キロバイト (37,475 語) - 2023年5月4日 (木) 02:00
まさに『令和のベーブ・ルース』ですね。三振と本塁打の両方を達成するとは!

1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2023/05/04(木) 10:26:50.46ID:GcnOzI079
5/4(木) 10:20配信 スポニチアネックス

 ◇インターリーグ エンゼルス―カージナルス(2023年5月3日 セントルイス)

 エンゼルスの大谷翔平投手(28)が3日(日本時間4日)、敵地セントルイスでのカージナルス戦に「3番・投手兼DH」の二刀流で今季7度目の先発登板。5回に自己最多タイの13個目の三振を奪い、メジャー通算500奪三振に到達。ベーブ・ルース以来史上2人目の通算「500奪三振&100本塁打」を達成した。

 試合前の時点で大谷の通算奪三振は487だった。ベーブ・ルースは、記録専門会社エライアスによると通算501奪三振で、あと「1」三振でルースに並ぶ。

 完全休養2日間の“フル充電”でマウンドに上がり、初回は、初対決となったヌートバーから空振り三振。ゴールドシュミットも連続三振に仕留めたが、ゴーマンに甘く入った2シームを中越えソロされて先制点を許した。味方打線が同点に追いついた直後の2回は二ゴロ失と2暴投で無死三塁としたが、3者連続三振でピンチを切り抜けた。3回は2三振を奪って無失点で、4回は連続二塁打で1点差に迫られ、さらにカールソンに中越え2ランを浴びて逆転された。5回は3三振を奪い、先発全員から奪三振となった。

 登板前日が休養日だったのは今季初めてで、2連休後に登板するのは球宴休み明けだった昨年7月22日(同23日)のブレー*戦以来。勝てば開幕5連勝で、日本時代は2015年に7連勝しているが、メジャーでは初となる。

 打っては、初回2*第1打席でカ軍の先発右腕、元巨人マイコラスの初球の内角直球を右前打。4月26日(同27日)のアスレチックス戦から続く連続試合安打を今季自己最長の「6」に伸ばした。同点の3回1死一、三塁の第2打席では勝ち越しの右前適時打して今季10度目のマルチ安打を記録した。5回1死一塁の第3打席は遊飛だった。

 前回登板の4月27日(同28日)のアスレチックス戦は「3番・投手兼DH」で出場し、6回3安打5失点で開幕から無傷の4勝目を挙げた。打っては今季初の3安打と、二刀流ならではのパフォーマンスを見せた。

 前戦4月30日(同5月1日)のブルワーズ戦は「3番・DH」で出場し、8号ソロを放つなど3打数1安打。通算の打撃成績は、28試合で109打数32安打、7本塁打、18打点、打率・294、5盗塁、投手成績は6試合に登板し4勝、防御率1・85となっていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/487da3cb9f2ec4493566f393de9923b02fd926f9

【大谷翔平 ベーブ・ルース以来史上2人目の偉業 500奪三振&100本塁打達成!】の続きを読む


大谷 翔平(おおたに しょうへい、1994年7月5日 - )は、岩手県水沢市(現・奥州市)出身のプロ野球選手(投手、外野手)。右投左打。MLBのロサンゼルスエンゼルス所属。 近代のプロ野球では非常に稀な投手と打者を兼任して活躍する「二刀流(英: two-way player)」の選手。…
271キロバイト (37,326 語) - 2023年4月29日 (土) 03:58
19、20歳頃なんて女の私ですら色ボケ真っ只中なのに、そういう当たり前の欲でさえシャットアウトできるからこそこれだけの偉業を達成できるんですね。

1 原島 ★ :2023/04/29(土) 12:48:00.74ID:rY0s5blF9
 投打の二刀流で異次元の活躍を見せるエンゼルスの大谷翔平。今年は6試合登板で4勝0敗、防御率1.85の好成績を残し、打撃でも25試合で6本塁打とシーズン40本塁打に迫るペースで打っている。NPBの侍ジャパン選手は不調や故障で離脱する選手が目立つが、大谷にその心配はない。目に見える結果だけでなく、野球に向き合うストイックな姿勢も徹底している。4月18日のヤンキース戦で初回に先制の4号2ランを放ったが、試合後の囲み取材でニューヨークの街についての印象を聞かれ、「1回も出たことがないので分からないです」と明かしたことが報じられて話題になった。

 米国に駐在するスポーツ紙記者はこう語る。

「メジャーに挑戦して6年目になりますが、大谷は自宅と球場の往復で遠征先でも外に出歩くことは皆無に近い。出歩くのを我慢しているのでなく、興味がないのでしょう。外で飲み歩く時間があるなら体を回復させるために睡眠時間に充てたい。食生活も体調管理のために脂分を避けるなど徹底しています。大谷にとってみればストイックという意識はない。好きな野球をやっているのだから、十分に幸せという考え方なんです」

 軸がブレない大谷の生き方は、日本ハム時代から変わらないという。北海道のテレビ関係者はこう振り返る。

「大谷が若手の時は、西川遥輝(現・楽天)、中島卓也ら甘いマスクのスター選手が多かった。日本ハムの選手たちは北海道でスーパースターです。なかには、女性との飲み会の誘いは絶えず、毎晩のように合コンを行っていた選手もいました。そこで勘違いして、野球がおろそかになって消えた若手選手もいます。しかし、大谷は先輩から飲み会の誘いがきても断わっていました。もちろん、合コンが嫌いな選手もいます。付き合いで嫌々行くパターンもあるわけですが、大谷が偉いところは『嫌なものは嫌』と先輩でもきっちり断われるところです。女性たちは大谷に当然来てほしいと思っていたでしょうが、合コンの幹事を務めたある選手は『翔平は誘っても来ないんだよ』と伝えていました」

全文は↓から読めます
https://www.news-postseven.com/archives/20230429_1865417.html?DETAIL

【大谷翔平 日ハム時代から軸がブレない生活 合コンはスルー「誘っても来ない」】の続きを読む


松井 秀喜(まつい ひでき、1974年6月12日 - )は、石川県能美郡根上町(現在の能美市)出身の元プロ野球選手(外野手)。右投左打。現役引退後はMLBのニューヨーク・ヤンキースでGM特別アドバイザーを務める。愛称は「GODZILLA」または「ゴジラ松井」。…
316キロバイト (45,258 語) - 2023年4月25日 (火) 15:11
松井選手だってそれなりの意識はあるからこそここまでの実績を残せたわせですが、大谷選手は野球の才能だけではなく精神面でもとても成熟していると感じます。

1 ネギうどん ★ :2023/04/29(土) 10:22:01.32ID:5YRntUL/9
 巨人、ヤンキースなどで活躍した松井秀喜氏が28日、都内のホテルで「第123回日本外科学会定期学術集会」に出席。「人にない“武器”をどう身につけるのか」というテーマで講演を行った。最後は素振りも披露するなど盛況だった1時間。その中でワールドシリーズMVPにもなった松井氏が次々とメジャーで記録を打ち立てる大谷との差について、言及する場面があった。

<略>

 松井氏はメジャー移籍の際「ヤンキースの一員として、ワールドシリーズでチャンピオンになりたい」と胸に抱き、渡米した。2009年にその夢が実現し、MVPになるなど、その功績は色褪せることはない。ただ「今の選手たちから比べると志が低かったかなぁ。大谷選手を見ていると……」と今をときめく大谷翔平の名を口にした。

大谷は「ハンサム」「どこのユニホームでも似合う。僕の場合は限られている」

 松井氏の目標、夢はチームの一員としてワールドシリーズ制覇すること。それを達成することでもすごいことだが、大谷の場合は、個人の目標においても、細かく設定している。松井氏は「首位打者を獲りたいとか個人的なものはなかったのかもしれない」と“武器”でもある思考の変化という点で、大谷と自分自身を比較してみると、そこに差があったと感じているようだ。

 今年は夏頃に大谷の周辺で移籍報道が過熱すると見られる。メジャーでFAを経験し、4球団でプレーした松井氏は「大谷選手はハンサムですから。どんなユニホームでも似合う。僕の場合はかなり限られていたので」と笑う。松井氏は2010年にエンゼルス、2011年にアスレチックス、そして最後はレイズと移籍したが、プレーヤーとして全盛期の移籍ではなかったため、好条件は望めなかった。それでも最後までファンに本塁打を打って勝利する姿を見せるために戦い抜いた。

 大谷の場合、ある程度の要望は契約する球団には受けてくれるだろう。講演後、報道陣の取材に応じた松井氏は「二刀流を見ていたいか?」という問いに「あくまで個人的な意見」と前置きした上でこのように述べた。

「(投打を続けていくことは)彼の気持ち次第だと思います。続けたいとなれば、ほとんどのチームはOKすると思います。見る側としては(二刀流は)夢がありますが、いい野球人生を送ることが一番大切なのではないかなと思います」

 大谷との“思考の差”は確かにあった。だが、それは選手個人の“幸福”のとらえ方による。松井氏の「いい野球人生を送ること」と話したその言葉に集約されるのではないだろうか。松井氏の人生、大谷の人生……進んでいく歩幅も時代背景も、夢だって違う。思考の違い、つまり『歩む』と決めた道こそが、それぞれの強い“武器”となる。

全文はソースで
https://full-count.jp/2023/04/29/post1372975/

【松井秀喜 大谷翔平とのプロ意識の差に 「私は志が低かった」】の続きを読む


狩野 舞子(かのう まいこ、女性、1988年7月15日 - )は、日本の元バレーボール選手。東京都三鷹市出身。ニックネームはマイコ。マネジメント契約先はスポーツビズ。 父親は中央大学から実業団で活躍したバレーボールの名選手、母親は八王子実践高校から東京女子体育大学で活躍した選手、次姉の狩野
13キロバイト (1,070 語) - 2023年1月29日 (日) 00:51
どう転ぼうが悪く言われるんでしょうね。これだって本人が言ったことじゃなくても記事になれば『言ったこと』にすり変わっちゃうんだろうし。なぜ狩野さんばかりが叩かれるのか気の毒です。

1 ネギうどん ★ :2023/04/27(木) 11:30:09.60ID:fdzVSJMe9
 ジャニーズWEST・桐山照史(33)と真剣交際中であることがわかった元バレーボール選手・狩野舞子(34)。『女性セブン』の報道によると、狩野がゲスト解説、ジャニーズWESTが大会スペシャルサポーターを務めた『ワールドカップバレー2019』(フジテレビ系)が出会いの場となり、交際は3年に及ぶという。

 狩野は大谷翔平(28)との熱愛のうわさが長年ささやかれてきた。それだけに桐山との交際報道が出ると、ネット上では〈大谷と付き合ってるんじゃなかったの?〉と驚く声が相次いだ。狩野と大谷の関係に注目が集まったのは、2018年頃のことだ。

「2人が同じブランドのブレスレットを着用しているのにファンが気づいたことが発端となりました。2018年7月には狩野さんが自分の誕生日にロサンゼルスのスタジアムで、大谷選手の出場した試合を観戦。そして狩野さんは、食の専門的なサポートができるアスリートフードマイスターの資格を取得。

 SNSで『バドミントン始めました』と投稿すると、大谷選手の母親が実業団にも所属した元バドミントン選手だったことで、『母親へのアピールでは?』とも騒がれました」(スポーツ紙記者)

 狩野と大谷が否定のコメントを出さないことが、うわさに拍車をかけた。一方で、双方の家族もメディアからの取材にノーコメントを貫いてきた。

「2021年春に週刊文春が大谷選手の父親を直撃したところ、『聞いていない』との対応でした。狩野さんの父親も文春の取材に『一切ノーコメント』『話せるわけない』と答えたことで、否定も肯定もしない記事となり、交際の匂わせぶりがより増してしまいました」(前出・スポーツ紙記者)

 しかし業界内では“2人は交際していない”という見方が有力だった。

「もともと2人は付き合ったこともなく、会ったこともないと聞いています。偶然の一致や先入観で話が独り歩きして、事実のように広がってしまったのが真相のようです。これだけ一挙手一投足が注目される大谷さんと狩野さんのツーショット写真が撮られていないことも、そういった理由からです」(テレビ局関係者)

 なぜ本命の恋人がいるにもかかわらず、狩野はうわさをそのままにしていたのか。

「大谷選手との関係を深読みしたテレビ局などから舞い込む仕事も多くあったようです。実際に、占い番組からオファーがかかって恋愛運を占われたりしていました。

 現役の人気アイドルである桐山さんとの交際がスタートしてからは、“ダミー彼氏”の存在で本命がバレず、助かっていたのかもしれません」(前出・テレビ局関係者)

続きはソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/95343b8661b8d7e60bdb4218dd73d2fb640442b7

【狩野舞子 大谷翔平との噂に沈黙の理由 本命をカムフラージュするため?】の続きを読む

このページのトップヘ