花澤 香菜(はなざわ かな、1989年2月25日 - )は、日本の声優、女優、歌手。東京都出身。大沢事務所所属。夫は声優の小野賢章。 芸能界に入るきっかけは、子役のオーディションのチラシを持ってきた母に「やる?」と言われて即答したからである。幼稚園児の頃より子役として活動した。バラエティ番組『やっ…
391キロバイト (41,224 語) - 2023年4月9日 (日) 15:24
『言の葉の庭』の雪野先生の演技がとても好きです。本当に声がいい。甘露寺蜜璃役と知った時はこんな声も出せるんだと驚いたし嬉しくなりました。

1 爆笑ゴリラ ★ :2023/04/11(火) 08:49:33.75ID:It7bJNQE9
アニメ「鬼滅の刃」の甘露寺蜜璃の声で知られる声優の花澤香菜が自身のYouTubeチャンネル〈花澤香菜♪〉で、デビュー当時のさんざんな体験を明かした。

 幼稚園の頃から子役として活動していた花澤は、バラエティー番組「やっぱりさんま大先生(フジテレビ系・96~00年)に出演。声優デビューしたのは14歳で、03年にテレビアニメ「LAST EXILE」(テレビ東京系)で9歳の少女を演じた。以降、順調に実績を積み上げていく。

 20年10月公開のアニメ映画「鬼滅の刃-無限列車編-」の興行収入が日本歴代1位の400億円を突破すると、話題性も相まって21年6月18日放送のトークバラエティー番組「さんまのまんま初夏SP」(関西テレビ)にゲストで招かれ、明石家さんまと懐かしい再会を果たしている。

 そんな彼女にあってさんざんな体験というのは06年、ヒロインとして初のレギュラー声優を務めたアニメ「ゼーガペイン」(テレビ東京系)のことだった。花澤が振り返る。

「すごい棒読みだって『2ちゃんねる』で叩かれまくって、あの当時の私にはきつかったよ。同級生で、同じ事務所に所属してた子から『あんな棒読みだったら、オレにもできるな』って言われちゃって『きちぃ~』と思って…」

 当時はあまりのショックから、声優のみならず芸能界の仕事から身を引こうと、マネージャーに相談。

「声がいいからやめないで、って止めていただいて。『声がいい? そう?』って」

 そのマネージャーがいなければ、現在の活躍はなかったかもしれない。

 声優デビュー20周年を迎えた現在、生放送のバラエティー番組「ぽかぽか」(フジテレビ系)に火曜レギュラーで出演するなど、活躍の場を広げている。

https://www.asagei.com/excerpt/254706

(出典 i.imgur.com)



(出典 Youtube)


【声優・花澤香菜 “棒読み”と叩かれ引退決意も 思いとどまったマネージャーの一言】の続きを読む