安全地帯


サザンオールスターズ(英語: Southern All Stars)は、日本の5人組ロックバンド。所属芸能事務所はアミューズ、所属レコード会社はJVCケンウッド・ビクターエンタテインメント、所属レーベルはタイシタレーベル。略称は「サザン」、「SAS」。公式ファンクラブ名は「サザンオールスターズ応援団」。…
263キロバイト (26,218 語) - 2023年5月11日 (木) 03:16
全部知ってました。サザンは親子3代で歌えるんじゃないでしょうか。

1 muffin ★ :2023/05/15(月) 15:49:31.20ID:Sapom3pJ9
https://sirabee.com/2023/05/14/20163074456/
2023/05/14


『スージー鈴木のニッポンの民意』第6回は、前回に続いて「Z世代」分析。今回は音楽の視点から斬り込みます。
今回は、「Z世代が親しんでいるX世代歌謡」というテーマでお届けします。現在の「X世代」……てか、私が「Z世代」くらい若かった頃にヒットした曲に対して、現在の「Z世代」がどれだけ親しんでいるのかを、データに基づいて分析したいと思います。私が勝手に選んだ候補曲は、この10曲(リリース順)。

・矢沢永吉『時間よ止まれ』(78年)
・サザンオールスターズ『勝手にシンドバッド』(78年)
・山下達郎『RIDE ON TIME』(80年)
・大滝詠一『君は天然色』(81年)
・松山千春『長い夜』(81年)
・松任谷由実『守ってあげたい』(81年)
・佐野元春『SOMEDAY』(81年)
・中島みゆき『悪女』(81年)
・安全地帯『ワインレッドの心』(83年)
・井上陽水『いっそセレナーデ』(84年)

これら10曲それぞれに対して、以下の選択肢を1つ選んでもらいました。

1.歌うことができる
2.歌えないが聴いたことはある
3.聴いたことはないが曲名を知っている
4.知らない

今回は、これら選択肢の「1」と「2」を足し上げたもの、つまり「聴いたことがある」割合でランキングを作成しました。

■圧倒的1位は、リリースから45年も経ったこの曲

1位:サザンオールスターズ『勝手にシンドバッド』

サザンオールスターズ『勝手にシンドバッド』。回答率は『RIDE ON TIME』の倍以上で5割を超えています。つまり「Z世代」の半分以上が聴いたことがあるという、驚異的な数値と言えましょう。こうなったら、『勝手にシンドバッド』はもう、一種の「国民歌」にしてもいいのではないでしょうか。

結果

(出典 i.imgur.com)


(出典 i.imgur.com)


(出典 i.imgur.com)


(出典 i.imgur.com)


全文はソースをご覧ください

【Z世代もハマる! X世代歌謡の名曲ランキング】の続きを読む


玉置 浩二(たまき こうじ、1958年9月13日 - )は、北海道旭川市出身のシンガーソングライター・俳優。ロック・バンド『安全地帯』のボーカリスト。日本コロムビア所属。 北海道旭川農業高等学校中退。身長177cm。血液型はA型。妻はタレント・女優の青田典子。…
89キロバイト (8,064 語) - 2023年1月5日 (木) 10:20
NHKのブッキングの仕方が問題なだけでしょう。そういう前例のあるアーティストであるし、気難しいところもあるのなら根回しはきっちりやらないと。視聴者にも失礼。

1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2023/01/26(木) 11:37:51.49ID:VS2Ijyzy9
2023.01.26 11:00  女性セブン

「安全地帯」が37年ぶりの紅白出場──本番8日前のサプライズ発表にファンは沸き、当日は出場者中5位タイの視聴率を記録した。ところがその裏では、玉置浩二(64才)が激怒するというトラブルが起こっていたという。

「紅白にはもう二度と出ない」──2022年の大晦日、NHKホール(東京・渋谷区)で開催された『第73回NHK紅白歌合戦』から約1か月。周囲にこう漏らしている出場者がいるという。

 今回の紅白といえば、28年ぶりの篠原涼子(49才)、24年ぶりの工藤静香(52才)など、久方ぶりの出場者のパフォーマンスに期待が高まった。

 なかでも、ひときわ注目を集めたのが、1985年以来実に37年ぶりとなる出場を果たした「安全地帯」だ。「特別企画」で『I Love Youからはじめよう』を演奏すると発表があったのは、12月23日のことだった。

「その日は、奇しくもドラマーの田中裕二さん(享年65)が、2019年からの闘病の末に亡くなったと公表された日でもあり、より一層注目度は増しました」(テレビ局関係者)

 迎えた紅白当日。司会の大泉洋(49才)が「今夜、安全地帯が37年ぶりの紅白でスペシャルステージを届けてくれます」と紹介すると、NHKのスタジオにいる玉置浩二が映し出された。まずは、玉置がソロで『メロディー』を歌い上げる。その後、スタジオの向かい側にいる安全地帯のメンバーのもとに駆け寄り、『I Love Youからはじめよう』を熱唱。歌い終えた瞬間には、大泉が「ありがとう、安全地帯!!」と絶叫し、彼らの37年ぶりの紅白の舞台は幕を閉じた。

 彼らが登場した場面の瞬間視聴率は、全アーティスト中5位タイの36.3%を記録するなど、大きなインパクトを残した。しかし、当の玉置は手応えを感じているどころか、怒り心頭だという。

「紅白で使用された映像をめぐって、玉置さんとNHKサイドの間にトラブルが勃発したと聞いています。玉置さんの怒りは相当で、『紅白にもNHKにも二度と出ない!』とまで言っているとか。妻の青田典子さん(55才)は『お願いだからそんなこと言わないで』と頭を抱えているようです」(NHK関係者)

 笑顔の出演シーンの裏で、一体何があったのか──。

 12月上旬、NHKのスタジオに玉置と安全地帯のメンバーが姿を見せた。

「久しぶりの歌の収録に、現場の雰囲気も盛り上がっていました。ただ、この収録が後に玉置さんを激怒させることになってしまったようです。

 というのも、当日の収録スタジオの掲示板には『SONGSスペシャル』と明記され、NHK側からの説明も『紅白でも映像を使うかもしれない』という曖昧なものだった。通常の出演枠ではなく、特別企画枠という扱いだったことも後から知らされ、玉置さんは“話が違う”“聞いていない”ということになってしまったようです」(音楽関係者)

 話を整理していこう。

 実際、『SONGS』では玉置&安全地帯の特集が組まれ、昨年12月22日に放送されている。

「ただし、そこで放送されたのはインタビューと過去の歌唱シーンで、12月に収録した感動的な歌の場面はありませんでした。その場面は22日には使わず『紅白』本番に流したのです。

 NHKサイドが黙ってそのようなことをすることは考えられないので、何かしらの“連絡ミス”があったようです」(前出・音楽関係者)

https://www.news-postseven.com/archives/20230126_1835310.html?DETAIL

【玉置浩二 紅白 安全地帯の映像使用をめぐって激怒 「二度と出ない」】の続きを読む


安全地帯(あんぜんちたい)は、日本のロックバンド。 1973年にボーカルの玉置浩二およびギタリストの武沢豊を中心に北海道の旭川市で結成。バンド名は、道路交通法による「安全地帯」から命名。北海道内でのアマチュア活動後、井上陽水のバックバンドとしての全国ツアーを経て1982年にシングル「萠黄色のスナッ…
61キロバイト (4,596 語) - 2022年12月23日 (金) 02:54
そんなに経つんですね。どんな歌だったか忘れてましたがYouTube見たら思い出しました。ドラムの田中裕二さんの追悼にもなりますね。

1 muffin ★ :2022/12/23(金) 12:13:08.27ID:SWnPp/9B9
https://www.oricon.co.jp/news/2261898/full/
2022-12-23 11:02

玉置浩二が率いるロックバンド・安全地帯が、大みそかの『第73回NHK紅白歌合戦』(後7:20~11:45)に出場することが決定した。23日に同局が発表した。特別企画で名曲「I Love Youからはじめよう」を歌う。

安全地帯は、1985年に「悲しみにさよなら」で初めて出場して以来、37年ぶりの紅白歌合戦。「かけがえのない愛と平和を願って。I Love You からはじめよう。」とコメントしている。

今年デビュー40周年となる安全地帯は、ボーカルの玉置はソロデビュー35周年を迎え、11月には安全地帯のアニバーサリーコンサートを東京で4日間にわたって開催。衰えを知らないパワフルなパフォーマンスは大きな感動を呼んだ。

また、2019年に病気を患い療養生活を送っていた安全地帯のメンバー・田中裕二さん(Drums)が、12月17日に亡くなった。同局はサイトを通じて「心より哀悼の意を表します」と追悼している。


(出典 contents.oricon.co.jp)

【安全地帯 37年ぶり紅白出場決定 特別企画で名曲『I Love Youからはじめよう』歌唱】の続きを読む

このページのトップヘ