岸辺露伴は動かない


『ジョジョの奇妙な冒険』Part4『ダイヤモンドは砕けない』の登場人物、漫画家の岸辺露伴を中心として展開するスピンオフ作品。タイトルの「動かない、「露伴は主人公ではなく、あくまで物語のナビゲーターである」という意味である。 第1作『懺悔室』が1997年に発表され、
89キロバイト (14,046 語) - 2021年12月28日 (火) 13:56



(出典 img.cinematoday.jp)


第1弾から見てますが、毎回出演するゲストと、高橋一生さんの演技での掛け合いは楽しいです。『富豪村』と『D.N.A』は子役たちの不気味な雰囲気が好きです。

1 muffin ★ :2021/12/28(火) 23:19:50.13

https://www.chunichi.co.jp/article/392457?rct=on_entertainment

俳優の高橋一生が主演するNHK特集ドラマ『岸辺露伴は動かない』(27日~29日 後10:00~10:49)の第5話「背中の正面」が28日、放送された。

「背中の正面」は『ジョジョの奇妙な冒険』の本編が原作。露伴の家にリゾート開発を請け負う会社の営業部に勤める男、乙雅三(市川猿之助)が尋ねてきた。家の中に招き入れると、男は背中を壁につけたままはいずるようにして入ってくる。靴を脱ぐときも、椅子に座るときも、紅茶を飲むときも、愛想笑いは返しても、男は決して露伴に背中を見せようとしなかった。

その奇妙な行動に猛烈に好奇心をかきたてられた露伴は策を弄して無理やり男の背中を見てしまう。すると背中を見られた乙雅三を異変が襲い、その異変はやがて露伴にも…というストーリー。

SNSでは「猿之助さんさすがだった」「所作がジョジョ立ち」「乙雅三の再現度もすごかった」「高橋一生が猿之助を始終おんぶしてる絵面がもう面白い」など、体を張った高橋と猿之助の演技合戦が話題を集めている。


(出典 static.chunichi.co.jp)


【岸辺露伴は動かない・背中の正面 市川猿之助 体を張った“乙雅三”の再現度がスゴイ!】の続きを読む



【今夜の岸辺露伴は動かない】第5話「背中の正面」市川猿之助“いっちゃん”との久々映像共演に喜び
 昨年12月末に反響を呼んだ俳優・高橋一生(41)主演のNHKドラマ「岸辺露伴は動かない」の新作(第4~6話)が今年も27日から3夜連続(後10・00…
(出典:スポニチアネックス)


『ジョジョの奇妙な冒険』Part4『ダイヤモンドは砕けない』の登場人物、漫画家の岸辺露伴を中心として展開するスピンオフ作品。タイトルの「動かない、「露伴は主人公ではなく、あくまで物語のナビゲーターである」という意味である。 第1作『懺悔室』が1997年に発表され、
89キロバイト (14,029 語) - 2021年12月28日 (火) 02:10


待ってました!前回、高橋一生さんは原作とイメージが違うんじゃないかと思ったのですが、やっぱり演技力なんですね。ハマリ役ではないでしょうか。

【岸辺露伴は動かない 第2弾・3夜連続スタート 本編原作のエピソードも!】の続きを読む


高橋 一生(たかはし いっせい、1980年12月9日 - )は、日本の俳優。所属事務所は舞プロモーション。所属レーベルはユニバーサルシグマ。弟はnever young beachの安部勇磨。 幼少期にふさぎがちだったのを見ていた祖母が様々な習い事をさせてくれたが、どれも長くは続かなかった。しかし、
88キロバイト (12,069 語) - 2021年11月3日 (水) 05:06



(出典 www.webuomo.jp)


前作も見ました!面白いです!字幕もジョジョっぽく再現してくれて楽しい。製作スタッフのサービス精神と、心意気を感じます。

1 muffin ★ :2021/11/12(金) 18:08:49.01

https://natalie.mu/comic/news/453315

荒木飛呂彦原作によるTVドラマ「岸辺露伴は動かない」について、新作エピソードの内容が発表された。

NHK総合にて12月27日から29日の3夜連続で22時から放送される「岸辺露伴は動かない」。第4話「ザ・ラン」では露伴が会員制のスポーツジムで橋本陽馬という若い男と出会う。第5話は「ジョジョ」シリーズ本編からのエピソード「背中の正面」。露伴の家にリゾート開発を請け負う会社に勤める男・乙雅三が尋ねてくるところから物語は展開されていく。また第6話「六壁坂」では妖怪伝説の謎を追う露伴の前に、村一番の名家の跡取り娘・大郷楠宝子が現れる。

また新作エピソードに登場する5人のソロショットが到着。高橋一生演じる露伴をはじめ、飯豊まりえ演じる泉京香、第4話ゲストの笠松将演じる橋本陽馬、第5話ゲストの市川猿之助演じる乙雅三、第6話ゲストの内田理央演じる大郷楠宝子の写真が公開された。

ドラマ「岸辺露伴は動かない」
NHK総合:2021年12月27日(月)~12月29日(水)22:00~22:49

キャスト
岸辺露伴:高橋一生

(出典 ogre.natalie.mu)

泉京香:飯豊まりえ

(出典 ogre.natalie.mu)

第4話ゲスト:笠松将

(出典 ogre.natalie.mu)

第5話ゲスト:市川猿之助

(出典 ogre.natalie.mu)

第6話ゲスト:内田理央

(出典 ogre.natalie.mu)


【高橋一生 『岸辺露伴は動かない』 新作エピソードに登場する5人のソロショット公開】の続きを読む


高橋 一生(たかはし いっせい、1980年12月9日 - )は、日本の俳優。所属事務所は舞プロモーション。所属レーベルはユニバーサルシグマ。弟はnever young beachの安部勇磨。 幼少期にふさぎがちだったのを見ていた祖母が様々な習い事をさせてくれたが、どれも長くは続かなかった。しかし、
87キロバイト (11,889 語) - 2021年10月3日 (日) 12:46



(出典 img.cinematoday.jp)


実写でしか知らないのですが、前作見てファンになりました。学校の道徳の授業の教材にしたらいいのにと思うエピソードが、たくさんあります。

1 muffin ★ :2021/10/14(木) 18:05:22.88 ID:CAP_USER9.net

https://www.oricon.co.jp/news/2210307/

俳優の高橋一生が主演するNHK特集ドラマ『岸辺露伴は動かない』第2弾の放送日が12月27日から29日まで3夜連続(後10:00~10:49)となることが決定し、新たなキービジュアルが公開された。

同ドラマは、荒木飛呂彦の漫画『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズの同名スピンオフ作品を初めて実写化。特殊能力を備えた漫画家・岸辺露伴(高橋)が、遭遇する奇怪な事件や不可思議な現象に、女性編集者・泉京香(飯豊まりえ)と立ち向かうサスペンス・ホラー。2020年12月28~30日に3夜連続で放送され、高橋の絶妙な演技はもちろん、登場人物たちの風貌から小道具、せりふ回しまで、原作の世界の再現度の高さで大きな反響を呼んだ。

高橋は去年の第1弾の撮影中、「続編が出来るのならば『次に出来ること』は何かと考えていました。まだその時点で続編が決定していたわけじゃあないのに。演出の一貴さん、プロデューサーの土橋さん、人物デザイン監修の柘植さん、撮影の山本さん、照明部、衣裳部、メイク部、制作部も、『次』があるなら、とよく現場で話していました」と振り返る。

第2弾について「俳優部の一人としては、一つの役を長く演じることが出来る幸福感を噛み締めると同時に、『次に出来ること』を楽しみながら、その時出来ることを詰め込みました」と紹介し、「益々洗練されたこの奇妙な世界をご一緒に、冒険しましょう」と呼びかけた。

新作の脚本は、第1弾と同じ小林靖子氏が担当。高橋&飯豊の続投のほか、4話に笠松将、5話に市川猿之助、6話に内田理央のゲスト出演が決定している。


(出典 ogre.natalie.mu)


【高橋一生 『岸辺露伴は動かない』第2弾放送決定 新たなキービジュアルが公開】の続きを読む

このページのトップヘ