川本真琴


川本 真琴(かわもと まこと、女性、1974年(昭和49年)1月19日 - )は、日本のシンガーソングライター。本名は川本 和代(かわもと かずよ)。福井県福井市出身。仁愛女子高等学校音楽科ピアノ科、仁愛女子短期大学音楽科ピアノ科卒業。血液型はO型。独身。デビュー直前から東京都で活動中。1990年…
58キロバイト (6,738 語) - 2022年7月10日 (日) 12:24
愚痴ってばかりいてもはじまりませんから切り替えていかないと。しかしCD1枚千円くらいで買ってたんですからね。今になってみると逆にその方が異常に思えてきます。

1 muffin ★ :2022/10/29(土) 16:18:18.17ID:fIvo2sua9
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/10/29/kiji/20221029s00041000346000c.html
2022年10月29日 16:01

シンガー・ソングライターの川本真琴(48)が29日、TBSラジオ「井上貴博 土曜日の『あ』」(土曜後1・00)に生出演。9月にツイッターに投稿したサ*クリプション(定額聴き放題)への恨み節の真意を説明した。

中略

「CDからサ*クに今もう完全に移行しているんですが、サ*クになって早い話、サ*クからの利益っていうのは物凄く少ないんですね」とし、「で、そうなってくると、あたしみたいな個人で制作活動してる人は、今まではCDの売り上げがあって、それを次のレコーディングの制作費にしていたんですね。今のサ*クからの利益は少なすぎて次の制作費が生めないんですね。そうなってくると限られたレコーディングとか、ミュージックビデオ撮りとかも限られたものになってきてしまうんですよ。前だったらバンドでやれたものが、ギター一本でしかできなくなったり、スタジオに入ってレコーディングできたものが家で録るしかなくなったとか。そういうふうにだんだん質も落ちて来ちゃったり。制作費っていうのは凄い大切なんですね」と説明した。

「そういう事情がありまして。そういうので、結構私の知り合いなんかも個人でやってる方って言うのは、辞められちゃう方とかもいるんですよ。仕事として成り立たない職業だっていうふうに音楽は、と思ってる方もいらっしゃって」とした。ただし、これは個人で制作活動を行っている場合だとし、「メジャーの方とかって特に制作費っていうのは会社に出していただけるんですよね。もちろん私も制作費を出してもらえる場合もあるんですよ。そうじゃない場合もあったり、半分半分で制作費を出すこともあるんですね。大ヒットしてる方っていうのは再生回数が多いんですよ。必ず制作費も会社的にも回収して、会社入ってない方も利益を回収できると。で次のことができるってなってるんですけど」と続けた。

だが「大ヒットしてない音楽でも凄く素晴らしい音楽っていうのもあって。再生回数が少なくても素晴らしい音楽っていうのはあるんですよ。で、そういう音楽が作りづらくなっていってしまうっていうことにやっぱなってしまっているのを、本当にリスナーの方とか知らないだろうなと思って、ちょっと知ってほしいなと思ったんですね」と強調した。

この状況を都市開発で昔ながらの店舗がなくなってしまうことなどに例え、「やっぱり大ヒットしなくても“あの店(音楽)なんか良かったんだよね”っていうのを残したいという気持ちもありですね」とも話した。

中略

「ただ、サ*クって制作者側にもいいところもあるんですよ。海外の人が聴いてくれるっていうことに関しては凄くサ*クって良くて。あと新しく音楽をやり始めるって方でもパッとサ*クって音楽出せるんで発見してもらえるっていうチャンスがあるっていうか。そういういい点もやっぱりあるので。サ*クが悪いっていう否定はしてないんですよね。ただ、知ってほしいこともあるなってことなんですよね」「サ*クはサ*クで楽しむものとしてあっていいと思うんですけど、制作者側は困難なことになっておりますという事なんです」と強調した。

全文はソースをご覧ください

【川本真琴 “サブスクへの怨み節” 真意を説明  「利益少なく次の制作費が生めない」】の続きを読む


川本 真琴(かわもと まこと、女性、1974年(昭和49年)1月19日 - )は、日本のシンガーソングライター。本名は川本 和代(かわもと かずよ)。福井県福井市出身。仁愛女子高等学校音楽科ピアノ科、仁愛女子短期大学音楽科ピアノ科卒業。血液型はO型。独身。デビュー直前から東京都で活動中。1990年…
58キロバイト (6,738 語) - 2022年7月10日 (日) 12:24

(出典 diskunion.net)


尾崎世界観さんのように、ライブ活動はメインに据えて、サブスクは宣伝くらいの感覚でないとこれからもしんどいでしょうね。いい曲を作って、ライブをするのが一番だけど時流に合わせた柔軟な思考も必要かもしれません。

1 muffin ★ :2022/09/26(月) 21:28:21.07ID:CAP_USER9
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/09/26/kiji/20220926s00041000539000c.html
2022年9月26日 19:24

シンガーソングライターの川本真琴(48)が26日、自身のツイッターを更新。20日につづった“サ*クリプション(定額聴き放題)への恨み節”について自身の考えを説明した。

この日川本は「尾崎世界観さんは、サ*クは宣伝でしかないと言っているけど、サ*クだとしても、私は音楽を宣伝という扱いに思ったことはないです。今、音楽活動をしようとしてる方が個人的に音源を出す場合、サ*クだけの売上では活動を続けていくのが難しい状況であることを伝えたかったです。これは、私だけの話でなく、レーベル側の経営にも関わってきます。サ*クで楽しんでもらいたいとおもっていますが、そういう現実があることも知ってほしかったです」とつづり、投稿のきっかけは「音楽でやっていきたい友人が、サ*クの売り上げが一回0.01円以下で40回しか売れてなく、これを仕事にしていくことはできない、というのを聞いてツイートしました」と明かした。

その上で「サ*クを否定してるわけではないので、いろんな音楽を聴いて楽しんでください♪」「運やタイミングがない人にも音楽を仕事にする夢をもってもらいたいとおもっています。売れているもの以外にも素晴らしい音楽はあります。そういうものを切り捨てるようなことは言ってほしくないです」と続けて投稿した。

関連
尾崎世界観、川本真琴の”サ*ク恨み節”に 自身は「あの時『CDが売れない世代でかわいそうだね』と言われた世代で逆によかった」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1664002626/

【川本真琴 「サブスクの否定ではなく、サブスクの売上では活動を続けるのが難しい」】の続きを読む


尾崎世界観(おざき せかいかん、 (1984-11-09) 1984年11月9日(37歳) - ) ボーカル、ギター担当。 東京都葛飾区出身。「世界観」という名前は、初期メンバー時代の2005年頃にライブの観客から言われた「世界観がいいね」という言葉に対する疑問から。以前は本名の尾崎祐介(おざき…
90キロバイト (6,350 語) - 2022年8月18日 (木) 01:07

(出典 www.lmaga.jp)


サブスクは宣伝としての媒体、稼ぐのはライブと割りきってるということでしょうか。分析もしていて冷静な対応だなと思います。CDだけではもはや厳しい現実を柔軟に受け入れないとダメかもしれません。

1 muffin ★ :2022/09/24(土) 15:57:06.87ID:CAP_USER9
https://www.sanspo.com/article/20220924-P4AFVXXGKZD5ZGTK4NATHUAFWA/
2022/09/24 15:20

ロックバンド、クリープハイプのボーカル兼ギターの尾崎世界観(37)が、24日放送のTBSラジオ「土曜ワイドラジオTOKYO ナイツのちゃきちゃき大放送」(土曜前9・0)にゲスト出演。

シンガー・ソングライター、川本真琴(48)が20日、ツイッターに月額など一定期間利用できる権利に対して料金を支払う「サ*クリプション」、通称「サ*ク」への不満をあらわにしたことについて、自身の考えを語った。

川本は「サ*クでの利益がどれだけ少ないかを知ってほしい」と投げかけ、続けたツイートで「サ*クというシステムを考えた人は地獄に堕ちてほしいと思っている」と“恨み節”を記し、反響を呼んでいた。

話題のニュースを振り返るコーナーで、パーソナリティーのナイツがこの話題に触れると、尾崎は「僕も興味深くて…」と話し出した。

2012年にメジャーデビューした尾崎によると、当時から「CDが売れない世代でかわいそうだね」と周囲に言われていたといい、「確かに全盛期に比べたら、だいぶ売り上げも落ちていたし。でも今よりは売れていたし、だから何とも言えない世代なんですよね」と自身の境遇を分析。「だからこそ、すぐにサ*クに移行できたんですよ。川本さんぐらいCDが売れてる時代だったら、もしかしたら(サ*クに)抵抗があったかもしれない」と推測した。

続けて、サ*クで曲を提供することにより、「聴かれるようになった。CDを出してた時よりも、幅広く聴かれているって印象がある。過去の曲が急に広まっていたりもする」とメリットもあると発言。

ナイツの塙宣之(44)から「宣伝みたいなもんですか?」と問われると、「そうですね。そこは宣伝していって。ライブでしっかり活動していく。いまはコロナでできなかったライブも徐々に再開し、声出しも始まったりもしてるので、ライブで稼いでいくっていう…」と割り切っていると説明した。

「川本さんはめちゃめちゃいい時を知っているというか。あの時、『CDが売れない世代でかわいそうだね』と言われた世代で逆によかったのかな」と振り返り、「(サ*クは)悪い事ではないのかな」と私見を述べた。

【尾崎世界観 川本真琴のサブスクへの不満に 「サブスクは悪いことではない」】の続きを読む


川本 真琴(かわもと まこと、女性、1974年(昭和49年)1月19日 - )は、日本のシンガーソングライター。本名は川本 和代(かわもと かずよ)。福井県福井市出身。仁愛女子高等学校音楽科ピアノ科、仁愛女子短期大学音楽科ピアノ科卒業。血液型はO型。独身。デビュー直前から東京都で活動中。1990年…
58キロバイト (6,738 語) - 2022年7月10日 (日) 12:24

(出典 former-cdn.cinra.net)


違法なアップロードを野放しにしてきたのが一番悪いと思います。CDだと三方よしでお互いに貢献できたけど、今ではCDを買うハードルが上がってしまったのも事実。

1 muffin ★ :2022/09/21(水) 15:39:58.94ID:CAP_USER9
https://biz-journal.jp/2022/09/post_318419.html
2022.09.21 12:45

90年代に「愛の才能」「DNA」「1/2」などのヒットを飛ばしたことで知られるシンガー・ソングライターの川本真琴が、音楽のサ*クリプションサービス(定額聴き放題)について「システムを考えた人は地獄に堕ちてほしい」などと発言して物議を醸している。

中略

今年2月、川本はデビュー25周年を記念してソニー・ミュージック在籍時代の全音源のサ*ク配信を解禁。当時は「配信の時代ですので、いろんな年代の方に気軽に聞いてもらえたらです!」と意気込んでコメントしていたが、それから約7カ月を経てサ*クへの考えが大きく変わったようだ。

現在、SpotifyやApple Musicなど月額1000円前後で聴き放題になるサ*クサービスが台頭し、スマホを通じて音楽を楽しむ人が急増している。とくに若年層は川本が指摘したように「CDを再生する機器すら持っていない」という人が珍しくない。音楽業界もこの流れは無視できず、B’z、サザンオールスターズ、松任谷由実などの大物も含めて多くのアーティストがサ*ク解禁に踏み切っている。

しかし、以前からサ*クサービスは「アーティスト側への配分率が少なすぎる」と指摘され、国内外で問題視されてきた。昨年時点で、1再生あたりのアーティスト収入の平均単価はSpotifyが0.27円、Apple Musicが0.81円ほどと推定されている。この金額では、よほどの大物ミュージシャンや超人気曲でもない限りはまとまった収入を得られそうにない。

山下達郎は6月のYahoo!ニュースのインタビュー記事で「表現に携わっていない人間が自由に曲をばらまいて、そのもうけを取っている」「それはマーケットとしての勝利で、音楽的な勝利とは関係ない」と断じ、サ*ク配信について「おそらく*までやらない」と宣言している。

だが、先述したように音楽業界としてはサ*クの台頭を無視することはできない。サ*クを通じて過去の曲が利益を生み出したり、新たなファン層を獲得できたりといったメリットもあり、もはやサ*クに曲がないアーティストは「存在しないも同然」とされてしまいかねない時代だ。

今回の川本の発言に対し、ネット上では「サ*クは文化の破壊にほかならない」「サ*クのせいでどんどん音楽の価値が安くなっていく」「アーティストへの還元が少ないのが問題」などと理解を示す声が集まった。

その一方で「音楽好きにとってサ*クほどありがたいものはない」「サ*クがなかったら音楽を聴く人が減って業界がもっと落ち込むと思う」「サ*クのシステムは素晴らしいし何も悪くないでしょ、配分率が問題なだけで」といった“サ*ク擁護”の意見も多く、賛否両論となっているようだ。

全文はソースをご覧ください

【川本真琴 「地獄に堕ちて」発言に賛否 サブスクは音楽業界を救ったのか】の続きを読む


川本 真琴(かわもと まこと、女性、1974年(昭和49年)1月19日 - )は、日本のシンガーソングライター。本名は川本 和代(かわもと かずよ)。福井県福井市出身。仁愛女子高等学校音楽科ピアノ科、仁愛女子短期大学音楽科ピアノ科卒業。血液型はO型。独身。デビュー直前から東京都で活動中。1990年…
58キロバイト (6,738 語) - 2022年7月10日 (日) 12:24

(出典 i.ytimg.com)


利用者は海賊版のサイトに安い会員料を払うだけで、とても便利なコンテンツになってます。でも、権利侵害していた人だけが儲けちゃったまま、今日に至ってるのが問題だと思います。

1 冬月記者 ★ :2022/09/20(火) 16:51:35.74ID:CAP_USER9
川本真琴 @19740119: サ*クでの利益がどれだけ少ないかを知ってほしい。
https://twitter.com/19740119/status/1571911398485262336
2022年09月20日 2:17 Twitter for IPhone

川本真琴 @19740119: サ*クというシステムを考えた人は地獄に堕ちてほしいと思っている。
https://twitter.com/19740119/status/1571914634554396675
2022年09月20日 2:30 Twitter for IPhone

川本真琴 @19740119: じゃあ、サ*クやめればというかもだけど、CDデッキを持ってない
人も多くなって、
どないしろという現実。
https://twitter.com/19740119/status/1571916248631644160
2022年09月20日 2:36 Twitter for IPhone


前スレ
【音楽】川本真琴「サ*クでの利益がどれだけ少ないかを知ってほしい。」「CDデッキを持ってない人も多く、どないしろという現実。」 [少考さん★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1663648285/
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

【川本真琴 「サブスクでの利益の少なさを知ってほしい…どないしろという現実」】の続きを読む

このページのトップヘ