木村拓也


フジテレビ系列にてテレビドラマ化され、2020年1月に『教場』、2021年1月に『教場II』がSPドラマとして放送された。2023年4月期に『風間公親-教場0-』が連続ドラマとして放送中。 第1作『教場』は『週刊文春ミステリーベスト10 2013年』にて第1位に、『このミステリーがすごい!…
30キロバイト (4,020 語) - 2023年5月5日 (金) 03:39
少しずつ下がってますね。キムタクの当たり役かなあと思ったのですが。

1 ひかり ★ :2023/05/23(火) 10:49:30.98ID:mwZ7mvFi9
 俳優木村拓哉(50)が主演を務めるフジテレビ系連続ドラマ「風間公親-教場0-」(月曜午後9時)の第7話が22日に放送され、平均世帯視聴率が8・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが23日、分かった。第1話から12・1%、10・7%、9・8%、9・6%、9・1%、8・3%だった。平均個人視聴率は5・3%。第1話から7・2%、6・6%、5・7%、5・8%、5・4%、4・9%だった。

 木村の同局看板枠「月9」での主演は、14年「HERO 第2シーズン」以来9年ぶりで、歴代最多を更新する11度目の登場。今作はフジテレビ開局65周年特別企画となる。

 木村は、長岡弘樹氏の「教場」シリーズをドラマ化した新春スペシャルの20年「教場」、21年「教場2」で、冷徹“最恐”の教官・風間公親役を熱演。今作は風間が教官として警察学校に赴任する以前、「刑事指導官」として新人刑事の教育していた時代の「教場0 刑事指導官・風間公親」「教場X 刑事指導官・風間公親」を舞台に描く。「教場」ではなく「風間道場」という新たな舞台で、風間がなぜここまで冷酷無比な人格となったのか、その謎が明らかとなる。バディ役の刑事として、赤楚衛二、新垣結衣、北村匠海、白石麻衣、染谷将太が出演する。

 第7話で風間と遠野章宏(北村匠海)は、強盗犯の張り込み要請を受けて雑居ビルの屋上で待機していた際に、男に襲われた。15年前に殺人事件を起こし、風間に逮捕された男だった。遠野は意識不明の重体だった。風間も右目を刺されていたが、事件現場での実況見分に加わった。そこには隼田聖子(新垣結衣)の姿もあった。

 別の日、風間たちは、舞台俳優の元木伊智朗(前原瑞樹)が死亡したというアパートへ臨場する。そこにやってきたのが、新たに風間の指導を受けることになった新人刑事の鐘羅路子(白石麻衣)だった。

 この事件には2人の参考人がいた。元木が死亡した部屋の住人で、主演舞台を控えている同じ劇団の女優・筧麻由佳(瀧本美織)と、隣室に住む佐久田肇(大村わたる)だ。麻由佳の証言によれば、舞台の打ち合わせで麻由佳の部屋に来ていた元木は、彼女がお茶を入れている間に突然首をつって自*ようとしたのだという。麻由佳は隣室の佐久田に助けを求めたが、元木はふたりの目の前で首をつったらしい。警察と消防に通報したのは佐久田だった。

 風間とともに元木の遺体を調べた路子は、ロープが首にかかっていた時間が短いこと、そしてナイロン製ではなく古い麻のロープが使われていることに不審を抱く。風間から「君の見立ては?」と問われた路子は、自殺ではなく犯罪の疑いがある、麻由佳は仮面を被っていて本性を見せないタイプの女だと返した。

日刊スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/5bc6ffe01514617ee54305789a9dcc2d947a89f1

【風間公親-教場0- 第7話視聴率8.9% 白石麻衣登場】の続きを読む


教場』(きょうじょう)は、長岡弘樹による警察学校を舞台とした日本の警察小説シリーズ。既刊は連作短編集5巻、長編1巻。「教場」とは、警察学校における「クラス」のこと。 フジテレビ系列にてテレビドラマ化され、2020年1月に『教場』、2021年1月に『教場II』がSPドラマとして放送された。2023年…
123キロバイト (18,697 語) - 2023年4月25日 (火) 03:19
「できることは一人で、できないことは二人で」というガッキーの台詞が刺さりました。佐々木蔵之介のサイコパスな演技も良かったです。

1 ひかり ★ :2023/04/25(火) 10:58:22.38ID:iWg8K9qV9
 俳優木村拓哉(50)が主演を務めるフジテレビ系連続ドラマ「風間公親-教場0-」(月曜午後9時)の第3話が24日に放送され、平均世帯視聴率が9・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが25日、分かった。第1話から12・1%、10・7%だった。平均個人視聴率は5・7%。第1話から7・2%、6・6%だった。

 木村の同局看板枠「月9」での主演は、14年「HERO 第2シーズン」以来9年ぶりで、歴代最多を更新する11度目の登場。今作はフジテレビ開局65周年特別企画となる。

 木村は、長岡弘樹氏の「教場」シリーズをドラマ化した新春スペシャルの20年「教場」、21年「教場2」で、冷徹“最恐”の教官・風間公親役を熱演。今作は風間が教官として警察学校に赴任する以前、「刑事指導官」として新人刑事の教育していた時代の「教場0 刑事指導官・風間公親」「教場X 刑事指導官・風間公親」を舞台に描く。「教場」ではなく「風間道場」という新たな舞台で、風間がなぜここまで冷酷無比な人格となったのか、その謎が明らかとなる。バディ役の刑事として、赤楚衛二、新垣結衣、北村匠海、白石麻衣、染谷将太が出演する。

 第3話で、県警本部捜査一課の刑事指導官・風間のもとに、新たにバディを組むことになった新人刑事の隼田聖子(新垣結衣)がやってくる。隼田は、訳あって小学校4年生の娘・ゆかり(諏訪結衣)と2人で暮らしているシングルマザー。「出来ることは1人で。出来ないことは2人で」を合言葉に、娘と助け合って仲良く暮らしていた隼田だったが、真面目な性格ゆえ、刑事の仕事と娘との生活の両立に悩んでいた。

 ある日、住宅で変死体が発見される。死亡したのは大学の法医学教室で助教授を務める宇部祥宏(浅利陽介)。宇部は1人暮らしで、自宅の外で倒れているところを近所に住む主婦が発見していた。外傷がないことから、毒物による中毒*可能性が高かった。

 隼田とともに現場に向かった風間は、宇部宅のテーブルの上にあった「先にテンゴクへ行ってます」というメモを発見する。風間から「他殺か自殺か?」と問われた隼田は、天国という文字がカタカナであること、遺書のようにも見えるそのメッセージが、便箋などではなくメモ用紙であることへの違和感を口にする。

 その日の午後、風間と隼田は、宇部の司法解剖に立ち会う。解剖を行ったのは、宇部の上司で、次期医学科長に内定している椎垣久仁臣教授(佐々木蔵之介)だった。椎垣は、死因は青酸塩を服毒したことによる中毒死で、他殺と思える所見はなかったとの見解を示す。

日刊スポーツ

https://news.yahoo.co.jp/articles/ec03e2c022e4002ec9a6ed15fc212a8a5965c999

【風間公親-教場0- 第3話視聴率9.8% バディ役に新垣結衣登場】の続きを読む


BUTTERFLY』(レジェンド・アンドバタフライ)は、2023年1月27日に公開された日本映画。監督は大友啓史、脚本は古沢良太。主演は東映映画初出演となる木村拓哉。PG12指定。 東映70周年記念作品として総製作費20億円を投じて製作されている。タイトルの「レジェンド」は織田信長のことであり、「バタフライ
21キロバイト (2,544 語) - 2023年1月30日 (月) 09:56
来週は『鬼滅の刃』に行く予定なのでこっちはどうしようかな。

1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2023/01/30(月) 19:09:38.63ID:EPRZ1YzH9
1/30(月) 18:44配信 スポニチアネックス

 木村拓哉(50)と綾瀬はるか(37)が共演した映画「レジェンド&バタフライ」(監督大友啓史)が公開初日の27日から3日間で37万人を動員、興行収入4億9000万円を記録して週末の興行ランキングで1位を獲得した。配給の東映が30日に発表した。この数字は、同社の歴代実写映画1位の「男たちの大和/YAMATO」(05年12月公開、興収51億1000万円)の3日間対比で117%となっている。

 織田信長と濃姫の激動の生涯を描いた感動巨編。SNS上でも「これぞthe映画」「日本映画の底力を見せつけてくれる映画」などの声が多く寄せられており、東映では最終興収40億円超えを見込んでいる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b6a672c20095093c0418206433baba9dee40d600

【レジェンド&バタフライ 公開3日で興行収入4.9億円 動員37万人】の続きを読む


レンタルなんもしない人 (森本祥司からのリダイレクト)
レンタルなんもしない人(レンタルなんもしないひと)は、「なんもしない」サービスを提供する個人(森本祥司)のTwitterアカウント名。著作物では個人名としても使用される。 「なにも」や「なんにも」ではなく、「なんも」が公式の表記である。 ゲームの人数合わせ、花見の場所とりなど「ただ居るだけで(ごく簡…
10キロバイト (1,333 語) - 2023年1月19日 (木) 23:40
木村 拓哉(きむら たくや、1972年〈昭和47年〉11月13日 - )は、日本の歌手・俳優。男性アイドルグループSMAPの元メンバー。東京都調布市出身。ジャニーズ事務所所属。キムタクの愛称で知られ、当人も認めている。 本人の知らないうちに親戚が履歴書を送り、1987年11月、ジャニーズ
87キロバイト (11,362 語) - 2023年1月16日 (月) 04:27
『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(ニンゲンかんさつバラエティ モニタリング)は、2012年10月24日からTBS系列で放送されているバラエティ番組である。2013年3月27日まで毎週木曜日(水曜日の深夜) 0:20 - 0:50(JST、以下略)に放送されたが、同年4月25日からは毎週木曜日…
37キロバイト (3,754 語) - 2023年1月19日 (木) 21:21
なんのこっちゃ。つじつま合わせを必死にしてるとしか感じられない内容。ちょっと持ち上げられて天狗になっちゃったのかな。情けない人だね。

1 冬月記者 ★ :2023/01/19(木) 22:10:21.36ID:jqKhvJ4u9
https://news.yahoo.co.jp/articles/c7f4aff6baa0586d870eaa4194079c88b607ca30?page=1

木村拓哉「面白くない」で全カット騒動 『モニタリング』共演者が語る真相とスタッフへの不信感


《モニタリングに出たけどキムタクに「あんま面白くなかったね」と言われて全カットになった》。
1月5日、『ニンゲン観察バラエティ モニタリング 新春SP』(TBS系)の放送後、ツイッターにこんな一文が投稿された。


《キムタク嫌いとはいえいざ同じ空間にいるとなるとめっちゃ嬉しかったな。まさかもっと嫌いになるなんて思ってなかったけど》

 一連のつぶやきは、「レンタルなんもしない人」こと森本祥司氏(39才)によるもの。読んで字のごとく“なんもしない”自分自身を貸し出すことを仕事とする人なのだが、なぜか依頼が殺到。

 2019年には、彼に依頼した人と彼の仕事ぶりを取り上げた漫画が刊行され、2020年にはテレビドラマも放送された。そんな森本氏が怒りをぶちまけるキムタクとは、木村拓哉(50才)のことだ。

「森本さんのツイートは、彼が『モニタリング』の撮影に参加したものの、共演した木村さんの意向で、自分の出演シーンが全部カットされたと不満をあらわにしたものでした。その後、投稿は削除されたため、ネット上では真相を知りたいという声であふれました」(芸能関係者)

 1月27日に織田信長役として主演する映画『レジェンド&バタフライ』の公開が控える木村は、年末年始に多数の番組に出演した。『モニタリング』には、ジャニーズ事務所の後輩であるSnow Manへのドッキリ企画に仕掛け人として登場。メンバーのうち、目黒蓮(25才)、深澤辰哉(30才)が森本氏を含むゲストとトークをしているところを、カメラマンに扮した木村が撮影し、気づかれるか──というものだった。

 実際のオンエアで森本氏の姿は一瞬だけ画面の端に映っていたが、会話のシーンは一切なし。彼の主張通り“全カット”と言えるものだった。主演映画さながら、殿の“一言”いや“ご乱心”でカットされたのだろうか。番組関係者が明*。

「確かに木村さんは『面白くなかった』と言いましたが、それは、森本さんではなく目黒さんと深澤さんに向けてのものでした。ドッキリのネタばらしの後、彼らの森本さんに対するトークに、『面白くするためには、もっとこうした方がいい』と助言されていたのです。


 これはオンエアされていませんが、後輩に対しての公開説教のような形で2人とも熱心に聞いていましたし、“愛のムチ”という印象でした。木村さんが面識のない森本さんに突然『面白くない』なんて言うはずがありませんよ」

 つまり、森本氏の勘違いだという。事実を確認すべく森本氏に聞いてみたところ、「事実を面白く切り取ってツイートしたのですが、想像以上に本気に受け取る人が多かったので、投稿を削除したんです」と明かし、こう続けた。

「木村さんがぼくに『面白くない』と言ったわけではないのはわかっていましたが、自分が出演したシーンについてのことなので、自分も面白くないと言われた気分になってしまいました。それにスタッフさんにも不信感が残っていました。

 撮影で5時間以上も拘束されたのに放送日も知らされず、登場シーンもカット。そのことについてフォローの連絡もなくて……現場でもずっと“素人さん”と呼ばれ、モノ扱いされているようで嫌でした。その苛立ちもあったので、番組やスタッフさんへの配慮をあまり考えていなくて、木村さんには申し訳なかったと思っています」(森本氏)

 怒りと無念さがこんがらがってしまい、“誤ツイート”したということか。本来なら世に出なかった、木村の後輩への“愛のムチ”が思わぬ形で明らかになった。

【木村拓也の鶴の一声で全カット? 『モニタリング』出演・森本祥司が真相語る】の続きを読む

このページのトップヘ