東映


長浜ロマンロボシリーズ > 超電磁マシーン ボルテスV > ボルテスV: レガシー 『ボルテスV:レガシー』(原題:Voltes V: Legacy)は、2023年放送のフィリピンのサイエンス・ファンタジー系のテレビドラマシリーズである。 日本のテレビアニメ『超電磁マシーン ボルテスV』をフィリピンで実写化した作品で、GMAネットワークで放送されている。…
26キロバイト (2,196 語) - 2023年5月20日 (土) 09:58
私は見たことがないのですが兄は知ってました。クオリティが高いし日本で公開すればいいのにって言ってました。

1 朝一から閉店までφ ★ :2023/05/16(火) 15:57:47.71ID:l3vkPdiM9
2023.05.14

 東映は12日、東映特撮ユーチューブチャンネルに4月18日にフィリピンで開催された「VOLTES V LEGACY(原題)」完成披露プレミア会見、特別上映会のダイジェスト映像を公開した。
同作は1977年に放送がスタートしたロボットアニメ「超電磁マシーン ボルテスV(ファイブ)」のリメイク。フィリピンでは国民的人気を集めた同作を実写化した新作で、同国では5月8日からテレビ放送がスタートした。

 堀江美都子が歌うアニメ主題歌「ボルテスVの歌」をバックに映像が流れ、監督をはじめとしたスタッフ、メインキャスト総勢22人が集結。多くのマスコミと観客が駆け付け、盛り上がる様子が映し出された。
フィリピンでは「超電磁マシーンボルテスV(ファイブ)」の主題歌は誰でも歌えると言われるほど愛されおり、完成した実写作品に興奮し喜んでいる様子が伝わる映像となっている。

 「VOLTES V LEGACY」は、ボアザン星人を名乗るヒューマノイド・エイリアンたちから侵略を受け、ビースト・ファイターたちを世界中に放たれた危機の中、
侵略者たちから地球を護るべくアームストロング三兄弟と、彼らの友人たちによる特別部隊が、5台のメカが合体して1体の人型ロボットとなる「Voltes V」に搭乗し、ボアザン星人に立ち向かうストーリー。

 海外で本国を上回るほどの人気を集めた日本作品としては、ブラジルでの特撮ヒーロー作品「巨獣特捜ジャスピオン」、インドでのアニメ「おぼっちゃまくん」などが有名。
「ボルテスV」の動画には「これこそ正しいリメイク」「是非とも日本でも配信してほしい」などの声が寄せられた。

(よろず~ニュース編集部)

https://www.daily.co.jp/gossip/subculture/2023/05/14/0016350686.shtml?pg=2

【ボルテスV フィリピン版新作動画 東映が配信「これこそ正しいリメイク」】の続きを読む


綾瀬 はるか(あやせ はるか、1985年〈昭和60年〉3月24日 - )は、日本の女優。広島県広島市出身。ホリプロ所属。 2000年、第25回ホリプロタレントスカウトキャラバンで審査員特別賞を受賞し、芸能界デビュー。受賞当時は蓼丸綾の名義であり、のちに綾瀬はるかの芸名で活動を開始する。…
90キロバイト (10,011 語) - 2023年5月2日 (火) 22:02
メディア総動員して信長祭りやったり宣伝費も大きいから10億の赤字じゃすまないのでは。東映はアニメの業績がうなぎ登りだから無問題なのかな。実写映画はコスパ悪すぎますね。

1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2023/05/06(土) 13:19:51.97ID:orjfT2279
5/6(土) 9:06配信 日刊ゲンダイDIGITAL

【あの騒動と事件の今】

 今年2月に62歳の若さで亡くなった東映の手塚治社長が「この作品は間違いなく映画の神に選ばれる一本になる」と予言した「レジェンド&バタフライ」(以下レジェバタ)の最終興行収入が約25億円前後になることが決定的になった。

 1月27日の公開当初に総製作費は20億円と報じられたため、「興収は最低でも50億円が目標になる」とみられていたが、その半分にとどまることになる。「劇場側との利益折半を考慮すると、実質的に10億円近い赤字になりそう」(映画関係者)ともいわれる「レジェバタ」。映画の神様は、木村拓哉(50)の“黒歴史”リストにそのタイトルを書き添えた。

 実は、今作品に関して奇妙な出来事も発生していた。「東映創立70周年記念作品」という勝負作でありながら、公開から1カ月強しか経っていない今年2月、綾瀬はるか(38)主演で8月11日公開予定の「リボルバー・リリー」の製作発表が帝国ホテルでド派手に開催されたのだ。

「レジェバタ」が興行的に大苦戦を強いられているその裏で、ダブル主演に近い形で共演した綾瀬の新作映画を大勢のマスコミを集めて開催したことに、首をかしげる映画関係者もいた。確かに、「レジェバタ」が好評なら何ら問題はないが、しばらくタイムラグを置いて製作発表するのが常識的な感覚かもしれない。

 2月28日の帝国ホテルでの製作発表は長谷川博己(46)、豊川悦司(61)といった豪華共演陣も顔を揃え、関係者からはそのゴージャス感にため息が漏れていたともいう。さらに、「東宝」に大事に育てられたはずの綾瀬が「レジェバタ」に続いて2本目の「東映」作品に出演することに対し、「綾瀬は東宝と決別したのか?」と勘繰る映画関係者もいた。

「綾瀬の動きを見る限り『レジェバタ』での木村との共演が、いわゆる“相思相愛”ではなかったことをうかがわせます。木村の相手役選びには、松たか子(45)や宮崎あおい(37)、柴咲コウ(41)といった名前も囁かれていましたが、最終的に綾瀬に決まった背景にはこの『リボルバー~』の“抱き合わせ交渉”があった可能性も否定できませんね。“映画史上最強のダークヒロイン”をキャッチコピーにした人気小説の映画化に、アクションの好きな綾瀬の食指が動かないわけはありませんから。木村との共演は約12年ぶりと話題になりましたが、むしろ主演が確約された『リボルバー~』のための『レジェバタ』出演だったのかもしれません」(芸能プロダクション関係者)

 時代設定が大正時代末期とされる「リボルバー~」の現場は、大正ロマンを彷彿とさせるモダンなセットや衣装、メークにかなりの製作費がかけられているとも証言する。

「『世界の中心で、愛をさけぶ』の行定勲監督、プロデューサーは『孤狼の血』『恐怖の村』シリーズの紀伊宗之さんです。特に紀伊さんは『製作に5年をかけ、行定監督のアクションで東映っぽい女性ヒーローを強く美しくしなやかに誕生させますよ!』と意気込みを語っています。綾瀬さんも大好きなアクションに完全に“和製ニキータ”が入り込んでいて、現場では大ヒット間違いなしの雰囲気があふれ、活気づいています」

「東映」創立70周年記念の看板作品は、ひっそりと「レジェバタ」から「リボルバー~」に変更されるかもしれない。

(芋澤貞雄/芸能ジャーナリスト)

https://news.yahoo.co.jp/articles/00e80d415577c66434b1d27e85cc3a6100b5b2b2

【綾瀬はるか 『レジェバタ』振るわずも木村拓哉との共演の裏事情】の続きを読む


SLAM DUNK > THE FIRST SLAM DUNKTHE FIRST SLAM DUNK』(ザ・ファーストスラムダンク)は、2022年(令和4年)12月3日に公開されたアニメーション映画。 原作『SLAM DUNK』の最終回を迎えてから実に26年半を経ての映画公開であり、原作者の井…
48キロバイト (5,998 語) - 2023年2月9日 (木) 04:59
1回目より2回目の方がさらに良く思えました。映画館に2回見た行ったのは『スラダン』だけかも。音楽も凄く良かったし何がこんなにいいのか自分でも分からないくらいいい!

1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2023/02/08(水) 13:47:44.91ID:bEbuaqPV9
2023-02-08 12:47 ORICON NEWS

 昨年12月3日に公開されたアニメ映画『THE FIRST SLAM DUNK』の最新興収情報が配給の東映より発表され、公開67日間で観客動員数 687万384人、興収100億2152万1390円を記録した。アニメ映画『ONE PIECE FILM RED』(最終興収197億円)に続き、東映の2作品目の興収100億円突破作品となった。

 また、1月4日より公開している韓国では、1月27日に初めてボックスオフィス1位に浮上し、以後12日間連続で1位を記録中、累計動員数は243万人を突破している。

 東映の広報によると「公開から2カ月経った今もファンの熱は冷めやらず、動員数を伸ばし続けている」と説明した。

 同作は、『週刊少年ジャンプ』で1990年42号から1996年27号まで連載していたバスケットボール漫画『SLAM DUNK(スラムダンク)』が原作。湘北高校バスケ部に入部したバスケ初心者の主人公・桜木花道が、チームメイトの流川楓との衝突や強豪校との試合の中で才能を急速に開花させていく姿が描かれている。

 手に汗握る試合の描写やバスケに青春を懸ける登場人物たちが、読者の共感を呼び圧倒的な支持を受け、国内におけるシリーズ累計発行部数は1億2000万部を突破。1993年~1996年にテレビアニメが全101話放送された。

 新作映画では、監督・脚本を原作者の井上雄彦氏、アニメーション制作は東映アニメーション/ダンデライオンアニメーションスタジオが担当。湘北メンバー5人のボイスキャストは、テレビアニメ版から一新され、宮城リョータ役を仲村宗悟、三井寿役を笠間淳、流川楓役を神尾晋一郎、桜木花道役を木村昴、赤木剛憲役を三宅健太が担当している。

■映画興収の主な流れ
公開2日間:動員84万7000人、興収12億9600万円
公開9日間:動員202万4129人、興収30億3549万2950円
公開16日間:動員281万人、興収41億8900万円
公開23日間:動員340万7275人、興収50億6702万9010円
公開44日間:動員567万1527人、興収82億7517万4840円
公開67日間:動員 687万384人、興収100億2152万1390円

https://www.oricon.co.jp/news/2266743/full/

【映画・SLAM DUNK 公開67日間で興収100億円突破  東映2作品目の大記録】の続きを読む


ONE PIECE > ONE PIECE (アニメ) > ONE PIECE FILM REDONE PIECE FILM RED』(ワンピース フィルム レッド)は、2022年8月6日に公開された日本のアニメーション映画。漫画『ONE PIECE』を原作としたテレビアニメの劇場版第15作。FILMシリーズの第4作目。…
112キロバイト (16,200 語) - 2023年1月10日 (火) 04:58
東映株式会社(とうえい、英: TOEI COMPANY,LTD.)は、日本の映画の製作、配給、興行会社。1951年に東京映画配給株式会社が東横映画株式会社、太泉映画株式会社と合併して設立した。直営の映画館2館、2つ撮影所(東映東京撮影所と東映京都撮影所)を保有し、戦後日本映画
134キロバイト (17,326 語) - 2023年1月4日 (水) 01:52
『スラダン』は家族や知り合いとも話題にすることがあるけど、『ONE PIECE』はお互い具体的な中身の話がない気がします。面白いことは面白かったけど。目先の数字ばかり考えて特典で釣ると次作が大変になりそう。

1 ひかり ★ :2023/01/11(水) 13:38:44.73ID:D3cASZN99
 東映は11日、2022年の年間興行収入が325億円を突破し、歴代新記録を達成したことを発表した。興収をけん引したのは、8月6日より公開された『ONE PIECE FILM RED』で、12月30日までに興行収入187億円を記録。これまでの東映の年間興行収入最高記録は、09年の179億8025万4340円で、『ONE PIECE FILM RED』1作品だけで過去最高の興収を記録したことになる。

 東映は昨年9月30日時点で220億円を突破し、年間興行収入歴代新記録確定を発表していたが、2022年1月1日から12月31日までの年間興行収入は325億6366万570円、年間動員数は2364万6555人となり、興収をけん引したのは『ONE PIECE FILM RED』で、22年興行収入No.1作品となっている。

 これまでの年間興行収入最高記録は、09年の179億8025万4340円で、この年も『ワンピースフィルム ストロングワールド』の大ヒットがあった(ほかに『劔岳 点の記』『劇場版 仮面ライダーディケイド/侍戦隊シンケンジャー 銀幕版』など)。

オリコン

https://news.yahoo.co.jp/articles/35ef2b59bc553d41e39624ee8b95a288e3c8740c

【東映 『ONE PIECE』1作品だけで 年間興収歴代新記録を達成】の続きを読む


THE LEGEND & BUTTERFLY』(レジェンド・アンド・バタフライ)は、2023年1月27日に公開予定の日本映画。監督は大友啓史、脚本は 古沢良太。主演は東映映画初出演となる木村拓哉。 東映70周年記念作品として総製作費20億円を投じて製作されている。タイトルの「レジェンド」は織田信長
4キロバイト (356 語) - 2022年6月24日 (金) 22:27

(出典 encount.press)


海外ウケを狙ったようなタイトルですね。恋愛ものというと、ほぼファンタジーかな。なら、もう少し若手俳優の方が良かったと思います。

1 muffin ★ :2022/07/01(金) 14:03:05.55
https://natalie.mu/eiga/news/483693
2022年7月1日

木村拓哉と綾瀬はるかが共演した「THE LEGEND & BUTTERFLY」の特報とティザービジュアルが解禁された。

本作は武将・織田信長とその正妻・濃姫の知られざる愛の物語を紡ぐ歴史ドラマ。政略結婚で出会い対立していた2人が、やがて天下統一の夢を抱き、戦国時代を駆け抜けるさまが描かれる。「コンフィデンスマンJP」シリーズの古沢良太が脚本、「るろうに剣心」シリーズの大友啓史が監督を担った。

YouTubeで公開中の特報は、傷だらけの信長が炎の前で涙する姿から幕開け。信長と濃姫がともに馬で駆ける様子や、濃姫が信長の首に短刀を向ける場面も。「誰もが知る男の 誰も知らない妻との絆」というキャッチコピーが添えられた。

東映が総製作費20億円をかけた70周年記念作品「THE LEGEND & BUTTERFLY」は2023年1月27日より全国ロードショー。


(出典 ogre.natalie.mu)


映画『THE LEGEND & BUTTERFLY』特報【2023年1月27日(金)公開】


(出典 Youtube)


【木村拓哉・綾瀬はるか 『THE LEGEND & BUTTERFLY』特報解禁】の続きを読む

このページのトップヘ