森保一


森保 (もりやす はじめ、1968年〈昭和43年〉8月23日 - )は、日本の元サッカー選手(MF)、指導者(JFA 公認S級コーチ)。静岡県掛川市で生まれ、長崎県長崎市育ち。元サッカー日本代表。日本代表監督。 静岡県掛川市で生まれたが、父親が造船関係者だったため、幼少期から名古屋市、横須賀市、佐…
38キロバイト (3,643 語) - 2022年12月5日 (月) 23:39
森保監督って今までの日本人の監督で一番好きになりました。どんな人かも分からないけど人柄が画面を通して伝わってくるからかな。サッカーも好きになったし思い出に残る大会でした。

1 jinjin ★ :2022/12/07(水) 09:28:42.86ID:rEa+hrAD9
【W杯】「なぜ日本人はお辞儀するのか?」 森保監督が敗退後に見せた行為に海外注目


日本代表は12月5日、カタール・ワールドカップ(W杯)のラウンド16で、クロアチア代表と120分の死闘を1-1で終え、PK戦の末に1-3で敗れた。

試合後、スタンドのファンに向けて深々とお辞儀する森保一監督の姿に注目が集まったなか、ブラジルメディア「UOL」は「なぜ日本人はW杯で挨拶にお辞儀をするのか?」と特集を組んだ。


クロアチアに敗れたあと、森保監督は1人でゆっくりとスタンドの前に向かい、 胸に手を当てる仕草を見せ、頭を深く下げてファン・サポーターに謝意を示した。

ブラジルメディア「UOL」は「なぜ日本人はW杯で挨拶にお辞儀をするのか?」と注目。
「ファンにお辞儀する森保一監督」と写真付きで取り上げつつ、日本文化に注目を寄せている。


「日本がほかの社会と異なるのはお辞儀だ。このジェスチャーは『こんにちは』にとどまらず、『ありがとう』や『すみません』の意味にもなる」と説明。さらにお辞儀の「傾き」もポイントと補足し、「日常生活では15度程度のお辞儀が最も一般的。目上に敬意を示す際には30度程度。一方、最も敬意を表す形は45度から70度のお辞儀(最敬礼)」と日本文化を紹介した。

日本人ファンのゴミ拾いなどで日本文化への注目度が世界的に高まるなか、指揮官のお辞儀も脚光を浴びていた。


https://news.yahoo.co.jp/articles/33e2b0005e19e421f288f8dcca9ea609b030f1e4

(出典 i.imgur.com)

【森保監督 敗退後に見せた行為に海外注目 「日本がほかの社会と異なるのはお辞儀だ」】の続きを読む


森保 (もりやす はじめ、1968年8月23日 - )は、日本の元サッカー選手(MF)、指導者(JFA 公認S級コーチ)。静岡県掛川市で生まれ、長崎県長崎市育ち。元サッカー日本代表。日本代表監督。 静岡県掛川市で生まれたが、父親が造船関係者だったため、幼少期から名古屋市、横須賀市、佐賀県唐津市と各…
37キロバイト (3,642 語) - 2022年11月28日 (月) 08:11
日頃サッカーを見たことない私でも日本の試合は見ます。コスタリカ戦のような中途半端な采配ではなく、序盤から泥臭く勝ちに行く布陣で挑んで欲しいです。

1 ひかり ★ :2022/11/30(水) 22:49:51.79ID:B6fGIA8t9
【FIFAワールドカップ】日本代表の森保一監督(54)が、カタールW杯1次リーグ最終戦のスペイン戦(12月1日=日本時間同2日)に向けて公式会見に出席した。

 初戦のドイツ戦で劇的勝利を飾ったが、続くコスタリカ戦でまさかの敗戦を喫したことで日本は現在2位ながら苦しい状況に追い込まれた。

 スペイン戦では勝利が求められる中、指揮官は「明日のスペイン戦に向けてチームとしていい準備ができてきている。プレッシャーがかかる試合だと思うが、自分たちの力を信じて仲間を信じて戦いに臨んでほしい。選手たちが個として100%力を発揮すれば結果はついてくる」と自信をみなぎらせた。そして「国民の皆さんに喜んでもらえる結果を出せるようにしたい。応援、共闘をよろしくお願いいたします」と日本中の団結を呼びかけた。

 ドイツ戦では強豪相手の歴史的勝利で大きな称賛を浴びたが、続くコスタリカ戦では格下相手に屈辱的な敗戦を喫して指揮官や選手への批判が爆発している。

「手のひら返しをされるというのは勝負の世界なので、勝てば称賛、負ければ批判されるのは当たり前のことだと思っている」と強い覚悟を激白。それでも動揺することはなく「称賛も批判も含めて日本の国民の皆さんにサッカーに興味を持ってもらい、そこで議論してもらえるのはうれしく思う。それだけサッカーが日本国民の皆さんの日常生活に寄り添って見てもらえる。喜ぶのもいいし、ストレスをぶつけるのもすべてがうれしい」と批判も歓迎する度量を見せた。

 平常心で運命の決戦に臨む指揮官。その采配に注目が集まる。
東スポWEB

https://news.yahoo.co.jp/articles/f9736a2f5298267b23ce43fae639c4f1e1149ef2

【森保監督 批判も歓迎 「称賛も批判も含めて…議論してもらえるのはうれしい」】の続きを読む


森保 (もりやす はじめ、1968年8月23日 - )は、日本の元サッカー選手(MF)、指導者(JFA 公認S級コーチ)。静岡県掛川市で生まれ、長崎県長崎市育ち。元サッカー日本代表。日本代表監督。 静岡県掛川市で生まれたが、父親が造船関係者だったため、幼少期から名古屋市、横須賀市、佐賀県唐津市と各…
37キロバイト (3,645 語) - 2022年11月22日 (火) 06:34
試合はやってみるまで分かりませんね。こうしてこきおろしたりするのも頑張って欲しい気持ちの裏返しなのかな。

1 ひかり ★ :2022/11/24(木) 00:30:40.62ID:yPDJQ8Wx9
 サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は23日、グループリーグで日本―ドイツ戦が行われ、日本は2-1で勝利。格上の強豪を相手に、衝撃の逆転劇を演じた。1点を追う後半、途中出場の堂安律、浅野拓磨が続けて得点。采配を的中させた森保一監督に、ネット上が“謝罪”する展開となった。

 最高の形でW杯初戦をものにした。前半、GK権田が相手を倒してPKを献上し、1点を先取された日本。後半に入ると、森保監督は積極的に選手交代。すると後半30分、左サイドから三笘が切り込み、スルーパスに南野が反応。中央に折り返したボールをGKノイアーが弾くが、これに堂安が反応。冷静に左足で押し込み、同点ゴールで歓喜を爆発させた。

 さらにその8分後、自陣からのFKから板倉がロングボールを送ると、抜け出した浅野がスピードに乗った。ペナルティエリア右まで運び、角度のないところからシュート。これがニアサイドに決まり、逆転に成功。歓喜の試合後、森保監督は中継インタビューで「選手、スタッフ一丸となって、粘り強く戦おうというのが勝利に繋がった」と語った。

 これまで批判に晒されることが多かった森保監督に対し、ツイッター上では「森保さん、ごめんなさい」の大合唱。「さあ皆さんご一緒に」「まず言いたいこと」「日本代表舐めてました」「もう悪くいません」「システム変更はまってました」「日本最高!」などの声が上がり、掌返しの“謝罪”する人が続出した。
THE ANSWER編集部

https://news.yahoo.co.jp/articles/dd7a57a7d01e3e91f5579b016e5cd9c2409108dd

【W杯 日本大金星に掌返し 「森保さん、ごめんなさい…日本代表舐めてました」】の続きを読む

このページのトップヘ