興行収入


新田 真剣佑(あらた まっけんゆう、Mackenyu, 1996年〈平成8年〉11月16日 - )は、日本の俳優。本名は前田 真剣佑(まえだ まっけんゆう)。旧芸名は真剣佑(まっけんゆう)。 父は千葉真一、弟は眞栄田郷敦、異母姉は真瀬樹里、叔父は矢吹二朗、再従兄弟は千葉忠輝。…
37キロバイト (4,398 語) - 2023年5月12日 (金) 04:40
配信とかにすれば良かったのかも。無理に実写にせずアニメのままの方が人気出たのかなあ。

1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2023/05/15(月) 22:14:29.25ID:8MabIIUQ9
5/15(月) 19:07配信 女性自身

4月28日に日本公開された、新田真剣佑(26)主演のバトルアクション映画『聖闘士星矢 The Beginning』。本作は80年代を席巻した漫画家・車田正美氏による同名作品をハリウッドで実写映画化したもの。

公開前から話題作として注目を集めていたが、なんと日本のみならずアメリカでも“大コケ”の窮地に陥っているというのだ。

日本ではアニメ映画『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』と鈴木亮平(40)主演の『劇場版TOKYO MER 走る緊急救命室』が、本作と同じ日に公開された。

映画ランキングサイトによれば、『スーパーマリオ』は10日間で興行収入65億円を突破し3週連続で首位をキープ。そして2位には『TOKYO MER』が、そして3位には4月14日に公開された『名探偵コナン 黒鉄の魚影(サブマリン)』がランクインしている。

一方で、GWの幕開けと同時の公開という好条件が揃っていたが『聖闘士星矢』はまさかの8位スタートで、直近ではトップ10圏外に沈んでしまっている。そうした不調ぶりは、アメリカでも同じようだ。

「アメリカでは5月12日に『Knights of the Zodiac』のタイトルで公開されましたが、初週からトップ10圏外です。586カ所の劇場で上映されたにもかかわらず、スタートを切った週末3日間で興行収入はわずか53万5000ドル(約7千270万円)でした。本作の総製作費は6000万ドル(約72億円)だと言われており、東映アニメーションが全て出資していると聞きました。ハリウッドで活躍する俳優やスタッフを集めて製作した作品でもあるので、もし赤字が続けば製作サイドは頭を抱えることになるでしょう」(映画製作関係者)

そんな本作の主役・星矢を演じる真剣佑といえば、長年の夢だった海外進出のために21年4月末から国内での俳優活動を休止。所属していた芸能事務所も退所し、退路を断って活動の場を海外に移した。Netflix製作によるオリジナル実写ドラマシリーズ『ONE PIECE』も年内に配信される予定だが……。

「『聖闘士星矢』は続編も想定して製作されており、星矢役はオーディションではなく先方からのオファーで決まったそうです。端正な顔立ちと高いアクション能力で役を射止めた真剣佑さんのギャラは、億を超えると聞いています。

しかし、このまま興行収入が伸びないようであれば、ハリウッド進出した真剣佑さんのキャリアに傷がついてしまうかもしれません。主要キャストを演じる『ONE PIECE』で挽回できるといいのですが……」(芸能関係者)

本作の出演にあたって、これまで以上にアクションの訓練に励んだという真剣佑。努力が報われることを願うばかりだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f88fa21cfe39d6e1d84df8f80fa8b097b237fb32

【新田真剣佑 主演・聖闘士星矢 アメリカでも大コケの窮地】の続きを読む


仮面ライダーシリーズ > シン仮面ライダーシン仮面ライダー』(シン かめんライダー)は、2023年3月18日に公開された日本の映画。シネバザール制作、庵野秀明脚本・監督による「仮面ライダーシリーズ」のリブート作品である。仮面ライダー生誕50周年企画作品のひとつ。…
86キロバイト (11,887 語) - 2023年4月23日 (日) 07:18
私は面白いと思いました。大人向けの内容で池松壮亮さんの演技はとても良かったです。メイキング映像を先に見るともっと感情移入できたかもしれないと思いました。

1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2023/04/24(月) 12:11:56.24ID:++xAMyWW9
2023-04-24 12:00 ORICON NEWS

 3月18日から全国公開された映画『シン・仮面ライダー』が、きのう23日までで興行収入20億2000万円を突破した。この数字は、歴代の『仮面ライダー』映画史上最高記録&初の興行収入20億円突破の快挙となった。

 同作は、“原点”をリスペクトしつつ生まれた、新たなオリジナル作品で、脚本・監督を庵野秀明が担当。望まぬ力を背負わされ、人でなくなった男。与えられた幸福論に、疑問を抱いた女。SHOCKERの手によって高い殺傷能力を持つオーグメントと化した本郷猛は、組織から生まれるも反旗を翻した緑川ルリ子の導きで脱走。迫りくる刺客たちとの壮絶な戦いに巻き込まれていくストーリー。

 本郷猛/仮面ライダーを池松壮亮、ヒロイン・緑川ルリ子を浜辺美波、一文字隼人/仮面ライダー第2号を柄本佑、緑川イチロー/チョウオーグ/仮面ライダー第0号というキーパーソンを森山未來が演じている。

 また、ゴールデンウィーク特別企画として、4月28日から5月11日の14日間に限り、すべての『シン・仮面ライダー』上映回の冒頭に『シン・エヴァンゲリオン劇場版』Blu-ray&DVD収録特典映像『EVANGELION:3.0(-46h)』が上映される。本作のメガホンをとった庵野秀明監督が企画・原作・脚本・総監督を務めた『シン・エヴァンゲリオン劇場版』。『シン・』の冠をもつ作品群が集合したプロジェクト『シン・ジャパン・ヒーローズ・ユニバース』でも共に活動しており、『シン・エヴァンゲリオン劇場版』は3月8日にBlu-ray&DVD発売、『シン・仮面ライダー』は3月17日より全国最速公開と、同時期に節目を迎えたことから、今回コラボレーションが実現した。

 さらに今月28日から配布の第7弾入場者プレゼントの詳細も発表。全国合計100万パック限定で『シン・仮面ライダーカード劇場版 エヴァンゲリオンコラボver.』となる。『エヴァンゲリオン』シリーズのキャラクターと『シン・仮面ライダー』のキャラクターがコラボした描き下ろし絵柄のスペシャルカードとなっている。

https://www.oricon.co.jp/news/2276528/full/

【シン・仮面ライダー ライダー映画史上初 興行収入20億円を超えのヒット!】の続きを読む


SLAM DUNK > THE FIRST SLAM DUNKTHE FIRST SLAM DUNK』(ザ・ファーストスラムダンク)は、2022年(令和4年)12月3日に公開されたアニメーション映画。 原作『SLAM DUNK』の最終回を迎えてから実に26年半を経ての映画公開であり、原作者の井…
67キロバイト (8,369 語) - 2023年4月21日 (金) 07:13
報ステでもニュースになっていました。中国史上でも初めての快挙らしいです。嬉しいことです。

1 ブルーベリーフラペチーノうどん ★ :2023/04/21(金) 09:36:50.39ID:YCo5K0Ct9
https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000296313.html?display=full

 20日、中国で公開された日本のアニメ映画「スラムダンク」が、中国の劇場版海外アニメ史における新記録を打ち立てるなど、異例の盛り上がりを見せています。背景には、何があるのでしょうか?

■「すずめの戸締まり」も大ヒット

 「THE FIRST SLAM DUNK」の中国での公開初日の20日、北京市内の多くの映画館は午前0時から上映。20日の一日だけで、中国国内での上映回数は13万回以上に上りました。

 前売り券の売り上げは、前日までに22億円を超え、中国で上映された海外アニメ作品の過去最高額を更新しました。

 観客:「(登場人物の一人)安西先生の言葉のように、『ここで諦めたら、試合終了』。どんな時代の人も励まされているはずです」「スラムダンクは25回見ました」「(Q.25回?)イエス」「(Q.きょうの公開では?)(先に上映していた)韓国、香港、マカオで全部で25回です」

 中国では、新海誠監督の最新作「すずめの戸締まり」も、日本での興行収入を上回る大ヒットになっています。

■熱狂の背景に…90年代“化学反応”

続きはソースで

【SLAM DUNK 中国で大ヒット! 日本アニメブームの原点は90年代】の続きを読む


すずめの戸締まり』(すずめのとじまり、英: Suzume)は2022年(令和4年)に公開された日本アニメーション映画。脚本・監督は新海誠。日本各地廃墟に点在する災い出口である“扉”を閉じていく少女解放と成長を描くロードムービー。 宮崎県静かな町で叔母・岩戸 環(いわと たまき)と暮らす17歳の女子高校生・岩戸…
122キロバイト (14,728 語) - 2023年4月19日 (水) 02:50
テーマは普遍的だし政治的な要素が無いのと日本的なファンタジー要素があるから良かったんじゃないかな。

1 o(^・-・^)o ★ :2023/04/17(月) 16:46:11.08ID:CbzoyvjK9
アニメ映画「すずめの戸締まり」中国興収が日本超え約146億円 約1か月で観客2100万人超

中国紙、新京報(電子版)など中国メディアは17日、新海誠監督のアニメ映画「すずめの戸締まり」の中国本土での興行収入が同日に7億5200万元(約146億6700万円)となり、日本での興行収入を超えたと伝えた。日本で映画の興行成績を調べる興行通信社によると、「すずめ-」の日本での興行収入は16日までで144億7900万円。

「すずめ-」は中国本土で3月24日に公開されて以来、1カ月足らずで累計観客数が2100万人を突破。興行成績で日本アニメ映画の歴代記録を更新し、日中関係が緊張する中でも快進撃を続けている。(共同)

https://www.nikkansports.com/general/news/202304170000653.html

【すずめの戸締まり 中国で大人気! 日本を超える興行収入を記録】の続きを読む


名探偵コナン > 名探偵コナン (アニメ) > Template:名探偵コナン映画作品 > 名探偵コナン 黒鉄の魚影名探偵コナン 黒鉄の魚影』(めいたんていコナン くろがねサブマリン)は2023年4月14日に公開アニメ映画で、劇場版『名探偵コナン』シリーズ第26作目にあたる。…
52キロバイト (5,188 語) - 2023年4月15日 (土) 00:47
毎年確実に安定して映画がヒットしますよね。私も映画館で見ましたが内容が少し大人向けで面白いです。

1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2023/04/15(土) 13:03:12.06ID:iGZHTmZu9
4/15(土) 12:53配信

 アニメ映画「名探偵コナン 黒鉄の魚影(サブマリン)」(立川譲監督)の公開記念舞台あいさつが15日、都内で行われ、ゲスト声優を務めた俳優・沢村一樹、コナン役の声優・高山みなみらと出席した。

 劇場版第26弾の本作は、東京・八丈島に建設された世界中の警察が持つ防犯カメラを繋ぐ海洋施設「パシフィック・ブイ」を巡り、黒ずくめの組織やコナンらの対決を描く。

 14日に公開され、1日目で観客動員数58万人、興業収入8・5億円を突破した。シリーズ歴代1位の「ーハロウィンの花嫁」(2022年4月公開、興収97・8億円)対比で163%を記録。シリーズ初の興収100億円超が確実視される大ヒットスタートとなった

 コナン役の高山は、この記録に「正直驚いております。胸が熱くなります。本当にありがとうございます」と感謝し、「無事に初日迎えられたこと何より幸せです。この幸せが長く続きますように」と願いを語った。

 本作の中心人物となった灰原哀役の林原めぐみは、「哀ちゃんは、人は変われるんだなということを体現してくれた。いつ*でもいいと思っていた子が、生きることに強い意志を持てるようになっているんですよね。もう『哀』の字を『哀(かな)しい』と読んでいる人はいないと思う。みんなから愛をもらって、氷のような心が解けたんだと思います」と役への思いを語った。

 アニメ映画のアフレコに14年ぶり挑んだ沢村は、同施設の局長・牧野役の声を担当。「コナンファンの熱量とみなさん優しくてしれを間近に感じられたことが宝です。感謝の意味を込めて僕からプレゼントしちゃおうかなと、今回の犯人はね…」とネタバレ未遂し、共演陣に止められていた。

 立川監督は、沢村の声優ぶりを「すごく朗らかで、こちらの指示をものすごく吸収してくれた」と称賛。沢村は「スタッフの皆さんが0から1を生み出してくださって、それを監督が一身に背負っていらっしゃった。本当にありがとうございました」と感謝していた。イベントには、声優・小山力也、山崎和佳奈も出席した。

報知新聞社
https://news.yahoo.co.jp/articles/6507bf09367cd0ee7a2bc3193d2556f769b5c878

【劇場版・コナン最新作 公開初日の興行収入8.5億円突破の大ヒットスタート!】の続きを読む

このページのトップヘ