高橋 一生(たかはし いっせい、1980年12月9日 - )は、日本の俳優。所属事務所は舞プロモーション。所属レーベルはユニバーサルシグマ。弟はnever young beachの安部勇磨。 幼少期にふさぎがちだったのを見ていた祖母が様々な習い事をさせてくれたが、どれも長くは続かなかった。しかし、
87キロバイト (11,889 語) - 2021年10月3日 (日) 12:46



(出典 img.cinematoday.jp)


実写でしか知らないのですが、前作見てファンになりました。学校の道徳の授業の教材にしたらいいのにと思うエピソードが、たくさんあります。

1 muffin ★ :2021/10/14(木) 18:05:22.88 ID:CAP_USER9.net

https://www.oricon.co.jp/news/2210307/

俳優の高橋一生が主演するNHK特集ドラマ『岸辺露伴は動かない』第2弾の放送日が12月27日から29日まで3夜連続(後10:00~10:49)となることが決定し、新たなキービジュアルが公開された。

同ドラマは、荒木飛呂彦の漫画『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズの同名スピンオフ作品を初めて実写化。特殊能力を備えた漫画家・岸辺露伴(高橋)が、遭遇する奇怪な事件や不可思議な現象に、女性編集者・泉京香(飯豊まりえ)と立ち向かうサスペンス・ホラー。2020年12月28~30日に3夜連続で放送され、高橋の絶妙な演技はもちろん、登場人物たちの風貌から小道具、せりふ回しまで、原作の世界の再現度の高さで大きな反響を呼んだ。

高橋は去年の第1弾の撮影中、「続編が出来るのならば『次に出来ること』は何かと考えていました。まだその時点で続編が決定していたわけじゃあないのに。演出の一貴さん、プロデューサーの土橋さん、人物デザイン監修の柘植さん、撮影の山本さん、照明部、衣裳部、メイク部、制作部も、『次』があるなら、とよく現場で話していました」と振り返る。

第2弾について「俳優部の一人としては、一つの役を長く演じることが出来る幸福感を噛み締めると同時に、『次に出来ること』を楽しみながら、その時出来ることを詰め込みました」と紹介し、「益々洗練されたこの奇妙な世界をご一緒に、冒険しましょう」と呼びかけた。

新作の脚本は、第1弾と同じ小林靖子氏が担当。高橋&飯豊の続投のほか、4話に笠松将、5話に市川猿之助、6話に内田理央のゲスト出演が決定している。


(出典 ogre.natalie.mu)


【高橋一生 『岸辺露伴は動かない』第2弾放送決定 新たなキービジュアルが公開】の続きを読む