謝罪


東山 紀之(ひがしやま のりゆき、1966年〈昭和41年〉9月30日 - )は、日本の俳優、歌手、タレント、司会者。少年隊のメンバー。ジャニーズ事務所所属。血液型はA型。本名は同じ。愛称は、ヒガシ。 妻は女優の木村佳乃。2021年5月時点で、ジャニーズ事務所に所属するアーティスト・タレントの最年長者となっている。…
97キロバイト (12,601 語) - 2023年5月10日 (水) 05:53
具体性がないなあと思います。問題に言及したのはいいけど謝罪とか再発防止とか誰にでも言えることではなくて自身がどうなのかというところを話して欲しかったです。まあこれ以上は何の進展も見込めなさそう。

1 ひかり ★ :2023/05/21(日) 08:23:10.39ID:Dx0Rei4p9
5/21(日) 6:40配信 モデルプレス
https://news.yahoo.co.jp/articles/65c8713315bd1a79dc3f30501ac8fb76c37d7792

【モデルプレス=2023/05/21】21日放送のテレビ朝日系「サンデーLIVE!!」(毎週日曜あさ5時50分~)にて、ジャニーズ事務所の代表取締役社長・藤島ジュリーK.氏が、故・ジャニー喜多川さんによる性加害問題についての事務所の見解・今後の対応に答えた件を報道。メインキャスターを務める東山紀之がコメントした。

◆東山紀之、ジャニー喜多川さんの性加害報道にコメント

報道後、「ここで少しお時間をいただきます」と切り出した東山は「先週事務所より喜多川氏に関する公式見解が出されましたので、私自身の考えを伝えさせていただきます」と説明。「この件に関しましては、最年長である私が最初に口を開くべきだと思い、後輩たちには極力待ってもらいました。彼等の心遣いに感謝します」とした。

そして「今回の喜多川氏に対する元Jr.たちの勇気ある告白は真摯に受け止めねばなりません。実際に被害を訴えられていることは本当に切実で、残念でなりません。未成年に与えた心の傷、人生の影響は計り知れません」と語り、「今回事務所から再発防止策が出されましたが、我々もどのような未来を迎えるべきなのか、現在在籍しているタレントはどうすべきなのか、告白された皆さんにどう対処するべきなのか、そもそもジャニーズという名前を存続させるべきなのかを含め、外部の方とともに全てを新しくし、透明性を持ってこの問題に取り組んでいかなければならないと思っています」とコメント。

「心を痛めた全ての方々、本当に申し訳ありませんでした」と頭を下げ、「今後は、今いる皆とともに安心して応援していただけるよう、一丸となって全力を尽くしてまいります。日曜の朝にこのような話をしてしまい、重ね重ねお詫びを申し上げます」と結んだ。

また弁護士の意見を聞いた後、改めて「しっかり道しるべを作って、これを第1歩としていきます」と伝えた。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

前スレ
【ジャニーズ】東山紀之、ジャニー喜多川さんの性加害報道受け謝罪「心を痛めた全ての方々、本当に申し訳ありませんでした」 [鉄チーズ烏★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1684619597/

【東山紀之 性加害報道受け謝罪 「本当に申し訳ありませんでした」】の続きを読む


藤島 ジュリー景子(ふじしま ジュリーけいこ、1966年〈昭和41年〉7月20日 - )は、日本の実業家、芸能プロモーター。芸能事務所・ジャニーズ事務所代表取締役社長。関連会社「ジェイ・ストーム」、「エム・シィオー」、「ユニゾン」、「東京・新・グローブ座」、「TOKIO」の代表取締役会長。…
14キロバイト (1,592 語) - 2023年5月6日 (土) 16:22
多分メディアも報道しないだろうし、名乗り出れない加害者をいいことにこれで幕引きにしたいんでしょうね。恐ろしい。

1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2023/05/14(日) 21:44:37.37ID:pGuwQ2E19
5/14(日) 21:00配信 スポニチアネックス

 ジャニーズ事務所の故ジャニー喜多川前社長から性加害があったとする元ジャニーズJr.の男性の告発などを巡り、同事務所の藤島ジュリー景子社長が14日、謝罪する動画と文書を発表した。

 元ジャニーズJr.の歌手カウアン・オカモトさん(26)が性的被害を受けていたことを先月12日、日本外国特派員協会で告発したが、今回の問題で事務所が本格対応するのは初めてとなった。

 藤島ジュリー社長は公式サイトに動画を公開。深々と頭をさげた後「株式会社ジャニーズ事務所代表取締役社長、藤島ジュリーでございます。この度は、創業者ジャニー喜多川の性加害問題について世の中を大きくお騒がせしておりますこと心よりお詫び申し上げます。何よりもまず被害を訴えられている方々に対して深く、深くお詫び申し上げます。そして関係者の方々、ファンの皆様に大きな失望とご不安を与えてしまいましたこと、重ねてお詫び申し上げます。大変遅くなりましたが、各方面よりいただいていたご質問に対して、このあと書面にて回答させていただきます」と沈痛の面持ちで話した。動画は1分9秒ではあったが、冒頭から4度、頭を下げた。

 メディアなどからの質問に答える形で一問一答形式の文書で見解も示した。「カウアン・オカモトさんの告発は事実か」の問いに「当然のことながら問題がなかったとは一切思っておりません。加えて会社としても、私個人としても、そのような行為自体は決して許されることではないと考えております。一方で、当事者であるジャニー喜多川に確認できない中で、私どもの方から個別の告発内容について『事実』と認める、認めないと一言で言い切ることは容易ではなく、さらには憶測による誹謗中傷等の二次被害についても慎重に配慮しなければならないことから、この点につきましてはどうかご理解いただきたく存じます。とは言え、目の前に被害にあったと言われる方々がいらっしゃることを、私たちは大変重く、重く受け止めております」とした。


 また、「ジャニー喜多川氏の性加害を事務所、またジュリー社長は知らなかったのか?」という部分については「知らなかったでは決してすまされない話だと思っておりますが、知りませんでした」と回答した。

 事務所の意思決定について「週刊文春から取材のあった1999年の時点で、私は取締役という立場ではありましたが、長らくジャニーズ事務所は、タレントのプロデュースをジャニー喜多川、会社運営の全権をメリー喜多川が担い、この二人だけであらゆることを決定していました。情けないことに、この二人以外は私を含め、任された役割以外の会社管理・運営に対する発言は、できない状況でした。また管轄外の現場で起きたことや、それに対してどのような指示が行われていたのか等も、そもそも全社で共有されることはなく、取締役会と呼べるようなものも開かれたことはありませんでした。本件を含め、会社運営に関わるような重要な情報は、二人以外には知ることの出来ない状態が恒常化していました」と説明した。

続きはソースをご覧ください
https://news.yahoo.co.jp/articles/92c899f0b77766e1c49393e8961dd2ef4bb47c60

故ジャニー喜多川による性加害問題について当社の見解と対応
https://www.johnny-associates.co.jp/news/info-700/

★1: 2023/05/14(日) 21:03:34.76
前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1684065814/

【ジュリー社長 前社長性加害問題を謝罪 事実認否は「知らなかった」】の続きを読む


三笘 (みとま かおる、1997年5月20日 - )は、神奈川県川崎市宮前区出身の日本のサッカー選手。プレミアリーグ・ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンFC所属。日本代表。ポジションはFW、MF。名字を「三苫」と表記されることがあるが、正確には「三笘」である。…
51キロバイト (6,260 語) - 2023年4月6日 (木) 19:01
サッカーって1点が大きいから謝罪だけってことはないでしょう。何か救済措置はないのかな。八百長を疑われても仕方ないようなレフェリングで萎えます。

1 ゴアマガラ ★ :2023/04/09(日) 23:10:24.45ID:fdd9RhDE9
ブライトンが誤審で謝罪を受けたようだ。

プレミアリーグは第30節、トッテナム対ブライトンが8日に開催。リーグ戦で5位に位置するトッテナムを勝ち点4差で追う6位のブライトンの対戦は、2-1でトッテナムが勝利していた。

この試合では、71分にゴール正面でトラップからシュートモーションに入った三笘薫がホイビュアと接触して倒れるも、主審のスチュアート・アトウェルとVARの両方からPKは無いと判定されていた。

試合後、ブライトンの主将DFルイス・ダンクは「VARが何のためにあるのか分からない。決定的なジャッジのために持ち込んでおきながら、そのジャッジを下さない。ポイントは一体何だ?明確にファウルだった」と判定に不満を示していた。

プレミアリーグやフットボールリーグなどの審判に関する独立組織「Professional Game Match Officials Limited (PGMOL)」はこの判定がPKとなるべきだったことを認め、ロベルト・デ・ゼルビ監督に謝罪したと『GOAL』の取材で判明した。

ブライトンがPGMOLから謝罪を受けるのは、FAカップ・リヴァプール戦でファビーニョにレッドカードが出されなかったこと、クリスタルパレス戦で誤ったオフサイド判定を受けたことに続き、今シーズン3度目となる。
https://news.yahoo.co.jp/articles/63bd2d3b3b5a080883febe8841cfb6cf0e69954d
関連スレ
【サッカー】「強盗だ。恐ろしい判定がミトマを不利に」英識者が“不可解ジャッジ”に怒り心頭!「世界中の誰もがPKだと分かる」 [ゴアマガラ★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1681022927/

【三笘薫 PK疑惑は誤審だった! 審判協会がブライトンに謝罪】の続きを読む


加藤 浩次(かとう こうじ、本名:加藤 浩二、1969年〈昭和44年〉4月26日 - )は、日本のお笑いタレント、俳優、司会者。お笑いコンビ・極楽とんぼのツッコミ担当。相方は山本圭壱。身長177cm。 北海道小樽市出身。小樽ふれあい観光大使。 吉本興業(東京吉本)との専属マネジメント契約→エージェ…
64キロバイト (9,227 語) - 2023年3月22日 (水) 14:12
スッキリ』は、2006年(平成18年)4月3日から2023年(令和5年)3月31日まで日本テレビ系列で生放送されている朝のワイドショー・情報番組。ステレオ放送。 2017年(平成29年)9月29日までの番組名は『スッキリ!!』(英:SUKKIRI!!)。 公式サイトでは本番組を「情報バラエティ」と位置付けている。…
153キロバイト (19,442 語) - 2023年3月27日 (月) 10:23
15年やってきてあと数日で終わるのに最後にこんなことになって後味が悪いですね。

1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2023/03/27(月) 17:20:42.93ID:ZfbpCXo69
3/27(月) 17:10配信 SmartFLASH

 現在、物議を醸している、3月24日の『スッキリ』(日本テレビ系)生放送中に発生した“ペンギン池落下騒動”。27日には、同番組のMC・加藤浩次が謝罪するも、火に油を注ぐ事態となりつつある。

 問題となった24日の生放送では、オードリー・春日俊彰が「那須どうぶつ王国」で、ペンギンのお世話にチャレンジ。バケツを片手に餌やりをするなかで、池に体ごと落ちるというハプニングが起きた。スタジオから中継を見ている加藤が「気をつけろよ」「落ちんなよ!」としつこく振り続けたため、春日がそれに応えてしまった形だ。多くのペンギンが集まるなかでのできごとで、放送直後から「まったく笑えない」「危険すぎる」と批判が殺到していた。

 園側は24日、公式Twitterで《事前打ち合わせにはなかった状況》と明かし、テレビ局側に厳重抗議したと発表した。《不快な思いを抱かせてしまったことに深くおわび申し上げます。何よりも飼育スタッフ、関わった広報スタッフも心苦しく思っております》ともつづっている。

 日本テレビ側も、24日に番組サイトを更新。《本日3月24日(金)、那須どうぶつ王国からの中継で、出演者が園内の池に入る場面がありました。動物がいない池に入る可能性があることは事前に打合せしておりましたが、本番ではペンギンのいる池に入ってしまう放送となりました》と謝罪した。

「事態をうけ、演者からも説明する必要があると判断したのでしょう。27日の放送では、冒頭で騒動に関する謝罪がおこなわれました。加藤さんの説明によると、番組スタッフと那須どうぶつ王国との事前打ち合わせでは、『(動物たちに)危害を加えなければ、池に落ちても大丈夫』という話になっていたといいます。

『僕自身、当日、しっかりスタッフと打ち合わせすることを怠ってしまった。そこに関しては本当に反省しなくちゃいけない』と語り、『春日くんが落ちなきゃいけない状況に、MCとしての僕が追い込んでしまった。配慮がまったく足りなかった』と謝罪しました。

 加藤さんがおもに経緯の説明・謝罪をおこなっていたのですが、これがさらに“燃料”を投下した形に。冒頭で、森圭介アナや岩田絵里奈アナが頭を下げる場面がありましたが、加藤さんはひとり、棒立ちで、終盤にやっと頭を下げた程度でした。

 謝罪の内容も、スタッフとの打ち合わせ不足が強調されていましたが、そもそもあの状況で春日さんを池に落とせば、ペンギンが危険にさらされることは明白。世間の批判もそこに集中している以上、ペンギンを危険な目に合わせてしまったことを重点的に謝罪したほうが、視聴者は納得したのでは、との指摘があります」(芸能記者)

 SNSを見ても、加藤の謝罪に批判の声が寄せられている。

《加藤浩次、嫌々謝罪してるのが見え見えな態度だったな》

《頭も下げず突っ立ってるだけ、って加藤浩次態度悪すぎ もう番組終わるからって不貞腐れてるの? 何様? もともと、偉そうで、意地悪そうなことを言うところが嫌いだったけど、顔も見たくないほど大嫌いになった》

《池に落ちる打ち合わせをしてたとかじゃないんだよね…そもそもやってはいけない行為をして笑いをとるやり方がダメなんだよ。回転寿司客テロと同じ… その部分が問題なことを分かってない加藤浩次があの態度なんだよなぁ》

 3月末で終了する『スッキリ』は、残す放送日はあと4日。17年続いた放送に有終の美を飾るはずが、なんとも後味の悪い幕引きとなってしまいそうだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7d427e8936e8ca2b537f76ed874135bffa2325e0

【加藤浩次 ペンギン池騒動謝罪の態度が悪すぎ? 反省の色が見えないと批判】の続きを読む


加藤 浩次(かとう こうじ、本名:加藤 浩二、1969年〈昭和44年〉4月26日 - )は、日本のお笑いタレント、俳優、司会者。お笑いコンビ・極楽とんぼのツッコミ担当。相方は山本圭壱。身長177cm。 北海道小樽市出身。小樽ふれあい観光大使。 吉本興業(東京吉本)との専属マネジメント契約→エージェ…
64キロバイト (9,227 語) - 2023年3月22日 (水) 14:12
池に落ちてもOKと聞いていたけど“池にペンギンがいない状態で”という条件つきなのを知らなかった。打ち合わせをしっかりやっていなかった自分が悪いってことですね。ちゃんと謝罪してました。コレ以上はもういいと思います。

1 ひかり ★ :2023/03/27(月) 08:38:43.98ID:jFyUi9J49
 日本テレビ系「スッキリ!」27日放送で、24日に放送された「那須どうぶつ王国」でのロケについて、冒頭、森圭介アナが謝罪。加藤浩次も「ぼくが春日君を追い込んでしまった部分もある」「配慮が全く足りなかった」と謝罪した。

 番組冒頭、森アナは24日のロケについて「先週金曜日、那須どうぶつ王国からの中継でペンギンのいる池に出演者が入る場面がありました。動物がいない池に入る可能性については打ち合わせしていましたが、本番では動物の安全性、衛生面に配慮が不足した危険な放送となりました。その責任は番組にあります」と謝罪。

 続けて加藤が「僕からも一言」と切り出し、今回の件の経緯について「スタッフが那須どうぶつ王国の方とお話しし、番組ですから事前に打ち合わせはあるが、池に落ちていいですかと説明していた。その時に動物に危害が加わらなければ落ちても大丈夫と聞いていた。実際に動物が池に入ってなければ良いというニュアンス」だったという。

 だが「僕自身、しっかりスタッフと打ち合わせするのを怠ってしまった。そこについてはぼくが反省しないといけない」「実際に春日君に対してもフリという形で追い込んでしまった。春日君が落ちないといけない状況に僕が追い込んだ部分もある」と謝罪した。

 続けて加藤は「動物がそこにいたということで、那須どうぶつ王国の方には取材に対して快くOKしてくれた気持ちをくめず、不快な思いをさせてしまった。担当者にも迷惑かかってると思う。動物に危害が加わらなければ入っていいというのに、危ない形になってしまった」とも語り、「僕自身、番組MCとして配慮が全く足りなかったと思う」「不快に思われた方、申し訳ありませんでした」と謝罪した。

 24日の「スッキリ!」では、オードリーの春日俊彰が「那須どうぶつ王国」から生中継し、ペンギンがいる池にわざと転落し、動物園側がツイッターで苦情を訴えていた。

デイリー

https://news.yahoo.co.jp/articles/c0b062da0d94d5cad65295185f8fcce126d71fb0

【加藤浩次 『スッキリ!』冒頭で謝罪 ペンギン池落下ロケの配慮不足を反省】の続きを読む

このページのトップヘ