BAND・MAID


BAND-MAID(バンドメイド)は、世界的人気を獲得している日本のガールズロックバンド。所属事務所はプラチナム・パスポート。レーベルはポニーキャニオン。海外のマネジメントはユナイテッド・タレント・エージェンシーが行い、ライブ・ネイションと提携。 メイドの衣装を身に纏いつつビジュアルとは相反する重…
58キロバイト (5,487 語) - 2023年5月21日 (日) 00:58
日本での知名度はあまりないけどワンマンライブも成功したと記事になっていたので実力があるということなのでしょう。日本人が評価されるのは素直に嬉しいことです。

1 フォーエバー ★ :2023/05/20(土) 19:03:24.27ID:RM43R6cg9
5/20(土) 18:11配信

MusicVoice
BAND-MAID

 世界的人気のガールズバンド・BAND-MAIDが、2023年5月14日より北米ツアーを開催中。初日からの2公演と、延べ2万人がステージに集まった、米国大型野外フェスの速報レポートをお届けする。

【写真】「Welcome to Ro*ville」の模様

 北米ツアー初日となったヒューストン・Bayou Music Center公演とオースティン・Emo's公演では、サポート・アクトに現地のアーティストSHADOW CLIQを迎え開催。力強い演奏で会場を盛り上げると、場内は熱気を帯びていく。満を持してメイン・アクトのBAND-MAIDが登場し、代表曲のひとつである「DOMINATION」がスタートすると、会場は一気に最高のボルテージへ。英語でのMCも昨年行われた前ツアーより手慣れ、トークでも一気に観客の心をつかむと、両公演セットリストの異なる19曲を一気に駆け抜けた。2日間ともにラストを飾った「endless Story」ではシンガロングで会場をひとつにし、テキサス州での公演を締めくくった。

 3日目はフロリダ州デイトナビーチにあるサーキットレース場・Daytona International Speedwayで4日間に亘り開催された超大型の野外フェス「Welcome to Ro*ville」へ出演。Slipknot、PANTERA、TOOL、AVENGED SEVENFOLDなどの世界的人気のロック・バンドがヘッドライナーに名を連ねる本フェス。初日となったこの日は、Slipknotをヘッドライナーに迎えて開催された。

 晴れ渡る青空の下始まったフェスだが、夕方には突如天候が崩れ、観客も含めてステージ周りから避難するようにアナウンスがされる。当初は夕方の予定だったBAND-MAIDのステージも、雨風の通過を待ち、約2時間押しとなる20時50分からのパフォーマンスとなった。

 天候のトラブルがあったにも関わらず、BAND-MAIDを待ち侘びる観客でいっぱいとなったROCKVILLIAN STAGE にメンバーが現れると、大歓声が響き渡る。北米ツアー1曲目と同様「DOMINATION」で幕を開け、「One and only」「Blooming」と立て続けに演奏すると、激しく力強いパフォーマンスで聴衆を惹きつける。観客がみるみる増えていき、ステージ間にある歩道も見えなくなるほどに、BAND-MAIDの観客で会場が埋め尽くされていく。ツアーではラストを飾り会場をひとつにしていた「endless Story」を3曲目に演奏すると、初見の観客も多いだろうフェスにも関わらず、シンガロングが巻き起こる。30分という短い時間ながらも、こうやって海外の観客をしっかり魅了できるのは、この10年間、海外での公演も数多く重ねてきたBAND-MAIDだからこそ。お給仕(ライブ)人気の特に高い「NO GOD」からの「Warning!」で締めくくり、鳴り止まない歓声のなか、ステージを後にした。

 昨年出演した米国の野外フェス「Aftersho* Festival」では延べ1万人以上の集客をしたが、今回の「Welcome to Ro*ville Fest」では昨年の倍となる延べ2万人以上を集める超満員を記録するなど、急激に注目度を上げているBAND-MAID。公式インスタグラムには超満員の動員の様子がアップされており、全世界の様々な言語でのコメントが殺到。さらにはこの日、ヘッドライナーのSlipknotメンバーもSNSでBAND-MAIDのライブの模様をSNSでアップするなど、海外での人気がとどまるところを知らない彼女たち。国内でも、11月に行われる10周年ツアーファイナルは横浜アリーナと、国内でもますます人気を拡大している。横浜アリーナ公演のチケットは本日から先行販売が始まるとのこと。

■WELCOME TO ROCKVILLE 2023

開催日程:2023年5月18日〜22日 ※米現地時間
https://welcometoro*ville.com/

MAY 18 Welcome to Ro*ville Fest
BAND-MAID Set List

1 DOMINATION
2 One and only
3 Blooming
4 endless Story
5 Screaming
6 Play
7 NO GOD
8 Warning!

https://news.yahoo.co.jp/articles/e2c3dcf9534f342f97fd1da2410517d659410d9f


(出典 www.musicvoice.jp)

【BAND-MAID 米大型フェス・Welcome to Rockvilleで超満員動員!】の続きを読む


BAND-MAID(バンドメイド)は、世界的人気を獲得している日本のガールズロックバンド。所属事務所はプラチナム・パスポート。レーベルはポニーキャニオン。海外のマネジメントはユナイテッド・タレント・エージェンシーが行い、ライブ・ネイションと提携。 メイドの衣装を身に纏いつつビジュアルとは相反する重…
57キロバイト (5,512 語) - 2023年3月24日 (金) 08:33
日本での知名度や人気があまりないのが残念。メイドのコスプレがオタクのイメージから抜け出せないのがもったいない気がします。『スリル』好きで今もよく聞いてます。

1 muffin ★ :2023/03/23(木) 23:08:22.62ID:iJTFTxFS9
https://www.barks.jp/news/?id=1000231482
2023.3.22 1:00

BAND-MAIDがアメリカ三大ロックフェス<Lollapalooza Chicago(ロラパルーザ・シカゴ>に出演することが決定した。

世界最大級の野外音楽フェスティバルでもある<Lollapalooza Chicago>への出演は、日本人アーティストとしては13年ぶり、日本の女性アーティストとしては史上となる快挙だ。

BAND-MAIDは2023年、海外フェスに多数出演が決定しており、フロリダでの<Welcome to Ro*ville>、オハイオでの <Sonic Temple>、セントルイスでの<POINTFEST RADIOSHOW>に続き四本目となり、いずれもアメリカで人気を誇る大型フェスへの出演となっている。

全文はソースをご覧ください


(出典 img.barks.jp)

【BAND-MAID、アメリカ三大ロックフェスに出演決定 日本女性アーティスト史上初】の続きを読む


BAND-MAID(バンドメイド)は、日本のガールズロックバンド。所属事務所はプラチナム・パスポート。レーベルはポニーキャニオン。海外のマネジメントはユナイテッド・タレント・エージェンシーが行い、ライブ・ネイションと提携。 メイドの衣装を身に纏いつつビジュアルとは相反する重厚なハードロックを基調と…
56キロバイト (5,394 語) - 2023年1月12日 (木) 11:24
豪華すぎる前座。BABYMETALの次点で人気がありますね。

1 muffin ★ :2023/01/25(水) 20:02:51.57ID:sFNpoorg9
https://www.oricon.co.jp/pressrelease/1427127/
2023-01-25 16:16

2月3日(金)より開催する、THE LAST ROCKSTARSの初ライブ『THE LAST ROCKSTARS Live Debut 2023 Tokyo – New York – Los Angeles』米国公演のオープニングアクトにBAND-MAIDの出演が決定した。

THE LAST ROCKSTARSの米国公演は、2月4日のNY公演、2月10 日のLA公演がすべて完売。世界中からの大反響を受け、2月3日にNY公演が追加されている。BAND-MAIDは、この米国3公演すべてに出演する。

BAND-MAIDは、米国をはじめ世界中で高い人気を誇るガールズバンド。昨年 10月には米国最大級の音楽フェス『AFTERSHOCK FESTIVAL2022』で観客を熱狂させ、11月には『GUNS N’ ROSES JAPAN TOUR』のサポートアクトを務めるなど、国際的に強い支持を集めている。さらに、今年はオハイオの大型スタジアムフェス『SONIC TEMPLE 2023』や、フロリダの『Welcome to Ro*ville 2023』など、米国の音楽フェスへの出演が続々と決定し、大きな注目を集めている。

今回BAND-MAIDからのオファーを受け、オープニングアクトとしての出演が実現。YOSHIKI、HYDE、SUGIZO、MIYAVIによるスーパーバンド・THE LAST ROCKSTARSの、米国での記念すべき初ライブに出演することは、BAND-MAIDにとっても貴重な機会となるだろう。
続きはソースをご覧下さい


(出典 i.imgur.com)


(出典 i.imgur.com)

【BAND-MAID THE LAST ROCKSTARS 米国公演オープニングアクトに出演決定!】の続きを読む


ガンズアンドローゼズ(英語: Guns N' Roses/略称GN'R)は、アメリカ合衆国出身のロックバンド。1980年代末からヒットを連発し、全米で4,200万枚、全世界で1億枚以上のアルバムセールスを記録した。その後、活動の停滞期が長く続いていたが、2000年代中頃からまた活発な展開をした。…
56キロバイト (5,570 語) - 2022年7月2日 (土) 11:33
行きたいなあ。スラッシュも来るのかあ。LOUDNESSも見たいなあ。ちょっと…かなり悔しいです。

1 湛然 ★ :2022/10/20(木) 23:11:29.66ID:e826djQ99
ガンズ・アンド・ローゼズ来日公演 サポートアクトにLOUDNESS/GRANRODEO/BAND-MAID出演決定
2022/10/19 18:38掲載 amass
https://amass.jp/161747/


11月に開催されるガンズ・アンド・ローゼズの来日公演。各日にサポート・アクトの出演が決定。5日(土)公演にLOUDNESS、6日(日)公演にGRANRODEOとBAND-MAIDが出演します。ガンズ・アンド・ローゼズは各日共に18:00?の開演を予定しています。

現在のメンバーは Axl Rose、SLASH(guitar)、Duff McKagan(bass)、Dizzy Reed(keyboards)、Richard Fortus(guitar)、Frank Ferrer(drums)、Melissa Reese(keybords)。

(※中略)

詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
https://gunsnrosesjapantour.com/

【Guns N' Roses 来日公演 サポートアクトはLOUDNESS・GRANRODEO・BAND-MAID】の続きを読む


BAND-MAID(バンドメイド)は、日本のロックバンドである。プラチナム・パスポート所属。レーベルはポニーキャニオン。海外のマネジメントはユナイテッド・タレント・エージェンシーが行い、ライブ・ネイションと提携。 メイドの衣装を身に纏いつつビジュアルとは相反する重厚なハードロックを基調とするバンド
51キロバイト (4,771 語) - 2022年2月21日 (月) 19:55



(出典 livecong.com)


すすめられて『Unseen World』聞きましたが、素直にカッコいい。日本よりも海外で先に火がついたのも、分かります。いい意味で、かわいい所は一切なしです。ボーカルも上手い。一度聞いて欲しいです。

1 ストラト ★ :2022/03/06(日) 09:46:22.60

BAND-MAID

(出典 ogre.natalie.mu)

「BAND-MAID US TOUR 2022」

(出典 ogre.natalie.mu)


https://news.yahoo.co.jp/articles/82f67b2d317a384a0d0dab4611944233c20fc731


女性5人組バンド、BAND-MAIDが10月に展開する初の北米ツアーの公演チケットが次々に即日完売していることが5日、分かった。

ツアーは10月9日にカリフォルニア州サクラメントで開催される世界的音楽フェスティバル「AFTERSHOCK FESTIVAL」に出演後、同12日のシアトルから29日のボストンまで11都市を転戦する内容。

日本時間4日に一般発売がスタートするや、最終日のボストンはあまりの売れ行きに急遽(きゅうきょ)、大きな会場に変更するも即完売。
ボストンに続き、ニューヨーク、サンフランシスコ、シアトル、フェニックスの5公演もソールドアウトした。

また、先行入場などの特典が付くVIPチケットは11公演中10公演で即日完売となり、改めて全世界での人気の高さを証明する形となった。

5人はメイド姿の世界観と相反する重厚なハードロックサウンドで国内外から注目され、2016~19年まで世界ツアーを毎年開催し、YouTubeは総再生回数1億3000万回超を誇る。

彼女らにとって約3年ぶりの海外公演となる北米ツアーの〝前座〟である音楽フェス「AFTERSHOCK」では米バンド、KISSやSlipknotら世界的スターと競演を繰り広げる。


【BAND-MAID 北米ツアーチケット即日完売の大人気!キッスやスリップノットらと競演】の続きを読む

このページのトップヘ