三笘 (みとま かおる、1997年5月20日 - )は、神奈川県川崎市宮前区出身の日本のサッカー選手。プレミアリーグ・ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンFC所属。日本代表。ポジションはFW、MF。名字を「三苫」と表記されることがあるが、正確には「三笘」である。兄は俳優、ファッションモデルの結木滉星。…
51キロバイト (6,335 語) - 2023年4月23日 (日) 18:49
マンUは選手を何度も交代できるくらいの余裕がありました。接戦だったけど今までブライトンがボール奪える球際で奪えないで繋がれたりしてたからなあ。残念。

1 久太郎 ★ :2023/04/24(月) 03:23:13.73ID:odjyK3A59
 現地時間4月23日に開催されたFAカップ準決勝で、ブライトンはマンチェスター・ユナイテッドと聖地ウェンブリーで対戦。今大会の全4試合でゴールまたはアシストを記録している三笘薫は、いつも通り左サイドハーフで先発した。

 40年ぶり2回目の決勝進出を目ざすブライトンは開始7分、三笘が果敢な仕掛けを見せてペナルティエリア手前の好位置でFKを獲得。マク・アリステルがゴール右隅へ鋭いシュートを飛ばすも、GKデ・ヘアの好守に遭う。

 さらに32分、三笘が敵陣中央からエリア手前で持ち上がると、最後はワン=ビサカのブロックのこぼれに反応したエンシソが右足を一閃。しかし、枠の右に外れる。

 44分には、出場停止のマグワイアに代わり、腕章を巻くブルーノ・フェルナンデスにエリア左からシュートを浴びるも、枠の外。

 スコアレスで折り返すと、56分にCKの流れから三笘がシュート。これがブロックされた後、エンシソがエリア内で左足を振り抜くが、デ・ヘアのビッグセーブに阻まれる。
 
 その後も互いにチャンスを作りながら、ゴールは奪えず。白熱の一戦は延長戦に突入する。

 迎えた113分には、三笘がエリア内でワンツーを行ない、ビッグチャンスを迎えるが、ワンタッチ目が大きくなり、デ・ヘアに防がれる。

 結局、120分通して均衡は破れず、ついにはPK戦へ。こちらもサドンデスまでもつれる死闘となるなか、ユナイテッドは全員が成功させたのに対し、ブライトンは7人目のマーチが痛恨の失敗。

 ブライトンは死闘を落とし、40年ぶりの決勝進出とはならず。ファイナルはユナイテッドとシティのマンチェスター・ダービーとなった。なお、フル出場した三笘にキックの順番は回ってこなかった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8c0d329c891f0552c2013e519803528f573e8707

【三笘薫 フル出場もマンUにPKで敗れ FAカップ決勝進出を逃す】の続きを読む