PK戦


三笘 (みとま かおる、1997年5月20日 - )は、神奈川県川崎市宮前区出身の日本のサッカー選手。プレミアリーグ・ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンFC所属。日本代表。ポジションはFW、MF。名字を「三苫」と表記されることがあるが、正確には「三笘」である。兄は俳優、ファッションモデルの結木滉星。…
51キロバイト (6,335 語) - 2023年4月23日 (日) 18:49
マンUは選手を何度も交代できるくらいの余裕がありました。接戦だったけど今までブライトンがボール奪える球際で奪えないで繋がれたりしてたからなあ。残念。

1 久太郎 ★ :2023/04/24(月) 03:23:13.73ID:odjyK3A59
 現地時間4月23日に開催されたFAカップ準決勝で、ブライトンはマンチェスター・ユナイテッドと聖地ウェンブリーで対戦。今大会の全4試合でゴールまたはアシストを記録している三笘薫は、いつも通り左サイドハーフで先発した。

 40年ぶり2回目の決勝進出を目ざすブライトンは開始7分、三笘が果敢な仕掛けを見せてペナルティエリア手前の好位置でFKを獲得。マク・アリステルがゴール右隅へ鋭いシュートを飛ばすも、GKデ・ヘアの好守に遭う。

 さらに32分、三笘が敵陣中央からエリア手前で持ち上がると、最後はワン=ビサカのブロックのこぼれに反応したエンシソが右足を一閃。しかし、枠の右に外れる。

 44分には、出場停止のマグワイアに代わり、腕章を巻くブルーノ・フェルナンデスにエリア左からシュートを浴びるも、枠の外。

 スコアレスで折り返すと、56分にCKの流れから三笘がシュート。これがブロックされた後、エンシソがエリア内で左足を振り抜くが、デ・ヘアのビッグセーブに阻まれる。
 
 その後も互いにチャンスを作りながら、ゴールは奪えず。白熱の一戦は延長戦に突入する。

 迎えた113分には、三笘がエリア内でワンツーを行ない、ビッグチャンスを迎えるが、ワンタッチ目が大きくなり、デ・ヘアに防がれる。

 結局、120分通して均衡は破れず、ついにはPK戦へ。こちらもサドンデスまでもつれる死闘となるなか、ユナイテッドは全員が成功させたのに対し、ブライトンは7人目のマーチが痛恨の失敗。

 ブライトンは死闘を落とし、40年ぶりの決勝進出とはならず。ファイナルはユナイテッドとシティのマンチェスター・ダービーとなった。なお、フル出場した三笘にキックの順番は回ってこなかった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8c0d329c891f0552c2013e519803528f573e8707

【三笘薫 フル出場もマンUにPKで敗れ FAカップ決勝進出を逃す】の続きを読む


2022 FIFAワールドカップ(英: 2022 FIFA World Cup)は、2022年11月20日から12月18日にかけてカタールで開催されている22回目のFIFAワールドカップ。大会スローガンは、“Now is All“(今こそがすべて)。 2022
100キロバイト (11,197 語) - 2022年12月5日 (月) 13:40
相手のキーパーが凄かった!PKって難しいものなんですね。サッカーでこんなに応援したのは初めての経験でした。お疲れ様でした。

1 ギズモ ★ :2022/12/06(火) 02:47:41.31ID:CZlrHGd69

(出典 pctr.c.yimg.jp)

後半、クロアチア・ペリシッチに同点ゴールを許した権田修一(カメラ・小林 泰斗)

日本、PK戦の末に敗退…8強の壁4度目挑戦も越えられず クロアチアと1―1死闘の延長戦
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20221206-12061005-sph-socc

◆カタールW杯 ▽決勝トーナメント1回戦 日本1(PK●―○)1クロアチア(5日・アルジャヌーブ競技場)

 【アルワクラ5日=内田知宏】 FIFAランキング24位の日本は、史上初の8強を懸けて、決勝トーナメント(T)第1戦で同12位のクロアチアと対戦。1―1で今大会初の延長戦の末にPK戦に突入したが、敗退した。

 試合は日本時間5日の24時過ぎにキックオフ。序盤はクロアチアがボールを保持した。前半3分、日本が右CKでチャンスを得る。DF谷口彰悟がクロスに頭を合わせるも、枠を捉えられなかった。同12分には、MF伊東純也が低い弾道の右クロスを送り、FW前田大然とDF長友佑都が滑り込んだが、ともに伸ばした足は届かなかった。さらに同20分、再び伊東が好機を作る。右サイドで仕掛けて相手を振り切り、クロスを送るも、走り込んだ前田の前にGKがキャッチした。

 同26分、クロアチアがロングボール一本でゴールに迫る。抜け出したFWペトコ*はペナルティーエリア左に進入し、パスを試みるが、DF冨安健洋が処理した。その後、クロアチアが敵陣深くで立て続けに左右からクロスを送り、揺さぶる。だが、日本は集中力を切らさず、我慢の時間を乗り切った。

 そして同43分、日本に待望のゴールが生まれる。変化を付けた右CKで、MF堂安律がゴール前にクロスを入れると、DF吉田麻也が折り返し、最後は前田が左足で押し込んだ。

 日本は1点リードで後半へ。開始直後、MF鎌田大地がペナルティーエリア手前中央から右足を振り抜くも、枠上に外れた。同10分、クロアチアが1点を返す。DFロブレンのクロスをFWペリシッチが頭でたたき込んだ。同点とされた日本は、その2分後、MF遠藤航が右足のミドルシュート。ギアを上げるクロアチアは、同18分、MFモドリッチが右足で強烈なシュートを放つ。これは権田のスーパーセーブで阻止した。その後、長友に代わってMF三笘薫、前田に代わって浅野拓磨がピッチに立つ。追加点を狙う中、一進一退の展開が続いた。そして1―1のまま延長戦に突入した

 延長前半終了間際には三笘がドリブルで突破し、強烈なシュートを放ったが相手GKの好セーブに阻まれた。

 そして延長後半、痛恨の失点で敗れた。  日本は過去3度、決勝トーナメントに進出。2010年南アフリカ大会の決勝トーナメント1回戦でPK戦まで持ち込んだが、敗れていた。…
続きはソース参照

【W杯 クロアチア戦 1-1引分けもPKの末敗退 8強の壁越えられず 】の続きを読む

このページのトップヘ